「ほっ」と。キャンペーン
タグ:バラ ( 62 ) タグの人気記事

2016年 05月 07日
ローズウォーター(飲用)を作る
e0134713_2257729.jpg

ゴールデンウィークも後半の休みの日に朝寝してたら、末っ子がベッドに飛び込んできて、バラが満開だよ〜!もう起きなさ〜い!!と叫ばれた。ええ……やだよ……お母さん遊び疲れ中だよ……と布団を被ると、グイッと鼻先にバラの花びらを突きつけられる。うわ、爽やかな芳香。ちょっと目が覚めた。

それで玄関に出たら、暑かった。
ドアを出るなり、ゼフィリーヌ・ド・ルーアンがたくさん咲いてる。一昨日くらいまでは咲いてなかったのに、ここ数日の暑さで一気に咲いたみたいだ。良い匂いを深呼吸。
e0134713_2257526.jpg

ショッキングピンクの花は、すでに開ききって、散り始めているものもチラホラ。
つぼみもまだまだいっぱいあるけど、この調子だと今年は一気に咲いて、すぐ散っちゃうのかもなー。

もったいないので、香りを保存しておくべく、最近流行っているらしきフレーバーウォーターなるものを作ってみる。

作り方の参考にしたのは次のページ:
六耀社
加藤万理 SLOW LIFE IN BERKLEY

レシピによれば朝9時までに花を摘んで正午まで置いておくのが正統らしいが、すでに寝坊してるので、その辺は適当に……

芳香の強い薔薇を摘み、花びらをよく洗ってミネラルウォータに漬け込む。
薔薇だけだとちょっと寂しいかなと思って、今回は薔薇の香りのするローズゼラニウムの葉も少し加えてみた。
e0134713_2257466.jpg

で、そのままラップをして3時間くらい放置してから、コーヒーフィルターで水だけを濾してボトルに詰めた。
それだけだと見た目が寂しいので、花びらを数枚だけ入れて、蓋をして冷蔵庫で保管する。

それで夕食の時にサーブしたら、けっこう薔薇の香りがちゃんとする水になっていて面白かった。娘たちにも好評。

まあ、水だからゴクゴク飲んじゃって、すぐになくなっちゃうけどな。
まだまだ薔薇はたくさん咲きそうだから、次は長持ちする薔薇シロップ薔薇ジャムも作ろうっと。
e0134713_2257135.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

レシピを検索している時に知ったが、飲み水に香りづけするのがどうも最近流行ってるっぽい。

『フレーバーウォーター 野菜、果物、ハーブで作る』(福田 里香)

Amazonの「なか見!検索」で少し立ち読みしてみたが、キュウリ水とかトマト水、美味しそうかも!夏になったらやってみようっと。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-07 23:55 | 庭料理 | Comments(0)
2016年 05月 06日
春の庭のパレード
e0134713_20325344.jpg

連休明けだし、仕事を少し早めに切り上げて帰った。
細かい雨がしとしと降ってるけど、まだほんのり明るくて、空気が薄青く染まって見える。

庭に入ると、鬱蒼とし始めた気配のある緑の中で、あちこちに色んな花の色がチラチラしていた。
なんか最近、楽しいお出かけばかりで庭の記録を全然書いてないが、4〜5月の花は溢れるように咲いて散っちゃうからな。去年の冬に増やした植物に関しては、栽培結果は記録しておきたいなあ。
e0134713_20325053.jpg

そんな風に思いながら、あちこちの花を一つ一つ見て回りながら庭を巡回したら、頭の上の方から優しい甘い匂いがした。金木犀の大木を覆う羽衣ジャスミンの花の香りだ。咲いては散って、咲いては散って、もうだいぶ花の時期は終わりに近い気はするけど、それでもいまだ濃厚に甘く香る。
e0134713_20324947.jpg

それから奥に進むと、納屋の前あたりでレモンの花が満開だった。
木が白っぽく見えるくらい沢山の花を咲かせて、辺り一帯を柑橘系の爽やかな香りで包んでいる。その隣に咲いているオレンジの大輪の薔薇はジャストジョーイ。こちらもフルーツ香と呼ばれる、柑橘類に似た強い香りを放っている。
e0134713_20324750.jpg

夕方の庭を堪能して、家に入ろうとすると、今年は玄関を囲むようにゼフィリーヌ・ドルーアンが蔓をのばして沢山の花をつけている。いかにも薔薇っぽい少し青っぽいすっきりした香り。見た目も香りも透明感のある薔薇だ。
e0134713_20324542.jpg

以上、本当はしばらく虫の記事が続くはずだったが、夕方の春雨に濡れた庭があんまり風情があったので、庭の記録とした。明日からは、虫情報だけでなく、ここ最近の庭の様子もアップしようっと。

春って、花も虫も次々どんどん発生しては消えていくから、全部覚えて記録しておきたくなる。
小さいものがみんなで一斉にブワーッと噴出する様子は、冬の間ずっと力を貯めて待ってたんだなあって感じで感動するけど、一方で、花も虫も、短いピークを迎えた後は散るばかりって予兆もありありと見えるから、なんだか複雑だ。樹木なんかは何年もかけてじわじわ育つから、若木の時期も大木の時期も悠々としていて安心感があるんだけどなあ。花と虫ってせわしない。小さいものはだいたいせわしない。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

春の歌。死んでも死んでも生き返る命、そこいら中、いたるところに結ばれたリボン。


Apple Venus Vol.1 (XTC)

[PR]

by macchi73 | 2016-05-06 22:00 | 書籍・CD | Comments(3)
2016年 01月 25日
枝垂れアンジェラは可能か(バラの誘引)
e0134713_0473038.jpg

庭のバラの誘引をしてたら、長いこと放置してたアンジェラの茎が、隣に茂った月桂樹の大木の中へとずーーーーっと伸びているのに気付いた。

それで引っ張り出してみたら、うわー、長い!!

何メートルだ!?ってくらい、ニョロニョロと出てきた。

それで、月桂樹の隣にトレリスを数本立てて、出てきた茎を水平にぐるぐる回しながら誘引してみた。それでもまだ枝は余ってる。で、誘引するスペースがなくなったので、あとは面倒くさくなって、月桂樹の中に押し戻し、樹上からそのままダラーンと枝垂れさせてみたりする(しかもまだ葉っぱがいっぱいついてる)。

野ばらや修景バラなんかは、こんな風に自然に枝垂れた状態で花をいっぱいつけている風景が時々あって、風情があるなーとか思ったりするんだけどなあ。普通のつるバラは、頂芽優勢(一番高いところに花芽をつける)性質があるはずだから、下方に枝垂れさせても花はつかないかな?

……なんて思って、ウェブで検索したら、アンジェラをウィーピングスタンダード仕立てという形にしているケースはあるみたいだ。ウィーピングってことは、weeping、つまり枝垂れさせておいてもOKって理解で良いのかな?それとも、花芽がつくまでは水平誘引しておいて、花芽がついてから枝垂れさせるんだろうか。

もっとよく調べたいと思ったが、時間がないので、とりあえずこのまま行ってみる。

丈夫でグングン伸びるアンジェラは、だいたい毎年、地際で短くがっつり刈り込んでブッシュ仕立てにしており、これまでこんなに長く伸ばしたことはないので、枝垂れ状態でどんな風に花がつくかは、よく知らない。この仕立て方をウィーピングと呼んで良いのかも知らない。全ては来春のお楽しみ。
(段々、雑になって来た……)
e0134713_0472631.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-01-25 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(5)
2016年 01月 17日
バラの冬剪定など
e0134713_23563565.jpg

年に1度のバラの手入れをした。いつものことながら、助手は末っ子ピノコ。
巨大バケツに堆肥や腐葉土や肥料を入れて「お母さん&ピノコ特製、バラのご飯だよー」と唱えながら、よく混ぜ合わせる。そしてバケツを庭じゅう運び回りながら、あちこちのバラの株元に撒いていく。

本当はバラの株から少し離れた場所に深い穴を掘って堆肥を入れていくのが良いようだけど、うちの庭だと球根や他の植物の根がどこもかしこも埋まってるんで、バラの株元の土に軽く漉き込むだけの簡単作業としている。そんな手抜きでも、施肥した年には明らかに花が大きくよく咲くのを見ると、バラは肥沃な土が好きなんだなーと思う。去年は一度も施肥しなかったので(あれ、一昨年もだっけな?酷い)、今年はちょっと多肥めにしてみよう。

それから、葉が落ちているバラの株は、冬剪定と誘引をした。
だけど今年は暖かかったせいで、まだまだ葉っぱが茂ってる株が多い。綺麗な蕾もついていたりするんで、刈り込む気になれず……。それらの剪定は、もっと寒くなってからの来月に延期とする。(とか待ってたら、そのまま春になっちゃったりして)

e0134713_23563196.jpg

ちなみに、去年めずらしく夫からプレゼントされた園芸用長手袋が、バラの世話の際にとても役立っている。前はバラは痛いから嫌だなーなんて億劫だったのに、強い手袋をしていると、「ふっふっふ、いくらトゲトゲしてても私は全然平気だぜ!」と余裕の気分で、凶悪なトゲのある茎を無造作にガシッとつかむのが寧ろ快感。
[PR]

by macchi73 | 2016-01-17 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2015年 12月 20日
冬眠
e0134713_22564176.jpg

土日休んで、家にいた。
家も庭も手入れされてなくて、生活の感じがなくて、がらんとしてる。
廊下の隅に埃の玉。よくこう荒むよなあ……。

朝寝朝酒朝風呂して、少しピアノ弾いて、それからベッドでごろんと転がってぼんやりする。
ここ数日でやっと冬らしく冷えて来た気もするけど、天気は良くて、寝転んで窓から見る空は青くて明るい。

浴室から子供の鼻歌。さっき弾いてたピアノの曲に、変な歌詞をつけてる。聴いてたらなんか笑えて来た。しばらくクスクス痙攣してから、意を決して起き上がって、上着を引っ掛けて部屋から出た。夫はいつもリビングのソファか庭のハンモックでスマートフォンをしてる。今日はソファにいた。なあ、家事しないの?と聞けば、ううーん……という答え。

私は、自分では動かないくせに、こんな荒んだ家は嫌だなあとか思っている。
夫はこのレベルで十分でしょって言うので、満足している夫を動かすのは難しい。いつもゴロゴロしてる夫を見て、なんか年取ったよなあと思う。それから自分を見て、いや私もかとしみじみ。

ランチを食べに出かけるけど、お店でもずっと眠くて、起きてはいるけど頭の中は寝てる。
子供たち、とりわけ末っ子が色々と話しかけてくるが、気を抜くとすぐ上の空になっちゃって悪いなあと思う。どの子もみんな、学校の話、クリスマス、友達との予定、クリスマス、クリスマス……。そっか、もう本当に年末か。クリスマスの準備、さすがにもうしないとなあ。クリスマスカード出してない。携帯の不調も直してない。いろんなこと、やってないなー。
e0134713_22563437.jpg

庭を歩くと、足元で落葉がサクサクしてて、野山みたいだ。
季語だと、春は山笑うで冬は山眠るなんだっけ。庭も眠ってる。亀も眠ってる。眠い。
こんな住宅地で野山再現なんて、ひどい話かも。でも、静かな冬の昼って感じで綺麗に見えなくもない……なんて。その感覚で言えば、カーテンの隙間の光の帯でキラキラ舞ってる埃だって、綺麗といえば綺麗だ。

とりあえず、今日は荒んだ家と庭を記録して、それでおしまい。
あともう数日でクリスマス休暇だ。そしたらゆっくり考えようっと。

荒んだ庭とキラキラした埃も綺麗って思う時もあるけど、やっぱり、もうちょっとな。

e0134713_22561962.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いま練習してる曲。ぼんやり弾いてるとループに陥って、エンドレスになってしまうこと、しばしば。


Una Mattina (CD, Import)


e0134713_22562861.jpg
いかにも手入れされてない庭の薔薇。でも相変わらず良い匂い。
これくらい質素な感じもありかなと思ったり(言い訳)。

[PR]

by macchi73 | 2015-12-20 23:12 | 書籍・CD | Comments(3)
2015年 05月 18日
薔薇の盛り(過ぎつつある……)
e0134713_21593358.jpg
自分なんかよりずっとハードワークの先輩と、1,2年ぶりくらいに飲み。疲れちゃってどうしたのと労られて、ちょいショック。

それからすぐ、海外に住んでる大学時代の友達から、可能なら遊びに来ないかとメールがあった。来るなら部屋を貸してくれると言う。いつもだったら「そうだねー、そのうち時間できたらかなあ」とか言ってフットワーク重いんだけど、色んなバタバタも終わったとこだし気分転換するのもいいかもな……とふと思い、珍しくチケットを手配してみた。

その翌日あたり、高校時代の友達から週末会って飲まないかという連絡があった。
うわー久しぶり、珍しいなー!なんて喜んだら、なんかmacchiの夢みたんだよ、それで気になって……とか言う。ちょうど安い飛行機チケットを取ったタイミングだったので、ギクッとする。えーまさか不吉な夢じゃないよね?と聞いたら、いや、ただ元気なさそうだったから……とか言われる。えええ、元気あるよー。嫌だなあ。
で、とりあえず会って飲んだ。楽しかった。

そしたらその週に、職場にいきなり見たことない番号からの怪しい国際電話があって、出たら今度は中学時代の友達だった。うへー懐かしい。いつぶりだ?
いま住んでる国でちょうどmacchi職場の宣伝を見たから電話かけてみようと思ったんだ、別に用事って訳じゃないけど出張でこっち来ることあるなら会おうよ、それか帰省の時でも、とか言われる。

で、いかにもプライベートな会話を終えて電話を切った後、ちょっと言い訳がましく、昔の友達なんだけど今度お客になるかもだって、この頃なんか昔の知り合いからの連絡が続いてんだよ、嬉しいけど何かのサインみたいで怖いよね……と話したら、同僚が、それ四人続くとヤバイらしいですよ、と言った。

それでいま、完全にびびっている。チケット取り消しちゃうくらいの勢い。
もし万が一、ブログとか見てる昔の友達がいても(教えてないけど)、面白がって連絡しないで欲しい。それか、4人だと怖すぎるから、いっそ10人くらいから連絡来たら笑う。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

庭では、いまはバラがピークを迎え、そして過ぎつつある。
(と、とってつけたような庭ブログ)

我が家で一番多花性の白薔薇(つるアイスバーグ)は、6mに渡る壁面を白い花で埋め、窓辺からでも薔薇が楽しめる。

さらに、去年植えたマダムイザークとローズドレッシュの花付きの良さがすごい。
毎日東の壁一面が芳香と濃いピンクに彩られ、そしてハラハラ散り、つるアイスバーグにも負けてない。
e0134713_21593844.jpg
e0134713_21594011.jpg
e0134713_21594235.jpg
e0134713_21594667.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-18 23:55 | 出来事・その他 | Comments(3)
2015年 05月 10日
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)
e0134713_205046100.jpg

先日仕込んだバラジュースの花びらを漉していたら、末っ子が、母の日のプレゼントだと言って、万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』の読書感想文をくれた。さらに、「本日わたくしは執事でございます」と言いながら、TVで見たという手作りお菓子を出してくれた。「クラッカーにトッピングを載せてハチミツをかけて冷凍庫で寝かせると、ハチミツが具をサンドするように固まって良い感じなのでございます」と口上を述べる。

e0134713_2051037.jpg

トッピングはバナナ(分かる)、梅干し(ちょっと驚いたが美味しかった)、そして鰹節(!)。
甘い物の後ってしょっぱいお菓子が食べたくなるよねーと、いつも私が言っていることへの配慮っぽい。斬新だ。

それではこっちのジュースもどうぞ……と、子供たちにバラジュースを出したら、末っ子が目をカッ!と見開いて「うわっ、すごい美味しい!」と素に戻ったのが、なんか凄くて笑った。
せっかく漉しとった花びらも食べようとするので、そっちは美味しくないよと止めたら、「ううん、美味しいよ!」と鼻を膨らませて言う。試してみたら、本当に美味しかった。多分、ローズドレッシュとマダムイザークの花びらって薄くて柔らかいからかと思う。これは捨てるのは勿体ないと思い、パウンドケーキに焼いた。

「執事として、そして娘として……」と、かしこまって子供がジュースとケーキをサーブしてくれる。良い母の日。
e0134713_20513878.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

中高生向けっぽいけど、小学生にも読みやすく、大人が読んでも面白い一冊。

『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)


実は前の週に、母の日に欲しいものある?と聞かれて、「本棚のこの枠から本を一冊選んで、お得意のビブリオバトルを披露してほしい」とリクエストしたのだった。

対象年齢が末っ子より上だけど、小学生ならもう読んでも大丈夫だと思われる本を並べてある棚だ。常々、是非トライして読んで欲しいなーと思っているのだが、あまりチビッコの喰い付きはよろしくなく、喰い付くのは漫画とか動画とかばっかりなんだよな。まあ、文字が細かかったり漢字も多いからパッと見がとっつきにくいのかもしれない。読んだら面白いと思うんだけどなあ。

で、「うーん、そうだなあ」と末っ子が選んだのは万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』だった。狙い通り、一旦読み始めたら笑いながら読んでいる。ごはんだよーと呼んでも、「いまこれ読んでる〜」とか熱中していて、なんとなく嬉しい。しめしめ。

そうして今日、感想文をもらってみたら、良い感想も書かれてはいたが、一番強調されていたのは「『う⚪︎こ柱』の話がおかしいのです」という部分だった。少し大人の本を読んでも、やはり目の付けどころは小学生。


[PR]

by macchi73 | 2015-05-10 23:55 | 書籍・CD | Comments(0)
2015年 05月 07日
今年初の薔薇ジュース
e0134713_21182915.jpg

連休の谷間で、ちょっと仕事が静か。定時に上がったらまだ明るい。
家に電話したら、「はやーい!いいねー!」と子供に褒められた。
で、体育館で待ち合わせしてバドミントンしてから帰ることになった。

ジムに着いたら、子供はスタッフの方々と学校イベントなどで知り合いらしく、打ち解けて親しそうに会話している。どこが違うとハッキリ言えないけど、家でみる様子と少しだけ雰囲気が違う。子供の外の顔を見ると、いつもなんだか珍しくって面白い感じがする。

運動後、汗だくで赤い顔をした子供が、TVで見たレシピを試したいからクラッカーを買って帰ろう、週末にお菓子を作ってあげると言う。
それでお店に向かうと、ヤッター!と叫んで、途中の公園でアクロバティックに側転で跳ね回る。回りすぎて目を回して芝生の上に大の字に倒れる。歩道のチェーンを左右にジャンプしながら進む。私の腕に絡みついて変なステップで歩きながら、私の体にリズミカルに頰を打ちつけてきて「ピノコだけが消耗する動きだ、これは……」とかうなだれたりする。体育館ではもっとシュッとした子に見えたのになあ。ピノコって学校でもそんなに剽軽なの?と聞いたら、これは学校では見せない顔だよ、と言った。

そうして家についてもまだ薄明るい。
庭のあちこちで良い匂いをさせている薔薇が浮き上がって見える。去年植えつけたローズドレッシュとマダム・イザークが、今年は大株になって花数がとても多いみたい。

あ、薔薇ジュース飲みたい、と子供が言うので、一緒に摘んで恒例の薔薇ジュースを作った。2,3日したら飲み頃だから、週末に作ってくれるというお菓子と一緒に飲もう。
e0134713_21183125.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-07 21:56 | 庭料理 | Comments(5)
2015年 05月 05日
夜の匂い
e0134713_23574819.jpg

ゴールデンウィークは、父の納骨がてら久々の家族旅行をしてきた。
地中にザクザクと父の骨を流し入れるのを見て、夫がうわ、ワイルドだなと驚く。
穴の中には祖母の骨の山もあって、そっから木が生えていた。はは。確かにワイルド。
お父さん、さようなら。

北方は雪融け水のせいか、water, water, everywhere! という感じ。
大量の水と、明るい日差しにも関わらずまだ冷たい空気の塊と、GWらしからぬ人気のなさにしーんとした数日だった。

それで夜中、東京に戻ってきた。
最初に車から降りた夫が、うわ、macchi, 庭が物凄く良い匂いだ!と小さい声で叫ぶ。

真っ暗で見えないんだけど、白粉みたいな甘くてクラクラする匂いで、どこかに百合が咲いているらしいのが分かる。鼻を頼りに暗闇を探し回ったら、百合は見つけられなかったが(それとも百合じゃないのか!?)、玄関脇でゼフィリーヌとローズドレッシュが咲いているのを見つけた。庭全体に充満する濃厚な甘ったるい匂いの中で、その付近だけがグラデーションみたいに薔薇の爽やかな匂いに変わっている。

くんくんしながら巡回したら、他にも色んな匂いがした。GW中に色々咲いたみたい。
明日の朝、久しぶりの庭を見るのが楽しみだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お昼に香りの発生源を探したら、羽衣ジャスミンだということが判明した。
いつのまにか、金木犀の大木全体に太い蔓を這わして、まるで白い金木犀の花がみっしり咲いているみたいだ。

よく考えたら、まだ百合の季節には早いもんな。
ジャスミンと百合の香りを間違えるなんて嗅覚音痴か?とガックリもしたが、羽衣ジャスミンは、ジャスミンティーに使われるジャスミン(茉莉花)の爽やかな青っぽい香りとは違って、むせるように濃厚な甘い香りなんだよね。

羽衣ジャスミンの香りは、なぜか夜に強くなり、朝には弱まる性質があるらしい。
それでも庭中、かなり甘い。
e0134713_1443391.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-05 23:55 | 出来事・その他 | Comments(10)
2014年 10月 19日
スヴニール・ドゥ・ルイ・アマード (Souvenir de Louis Amade)
e0134713_232632.jpg

スヴニール・ドゥ・ルイ・アマードの育て方:
⚫︎育て方は、バラに準ずる。
⚫︎アニス・エストラゴンの香りと言われる、とても甘くて強い芳香を持つ。
⚫︎花弁が少しフリルがかったクラシックな感じの花形。色は繊細なモーヴピンク。
⚫︎完全四季咲き性で花付きが良くコンパクトな木立にまとまる。丈夫で初心者向けのバラらしい。安堵。


月〜金、次年度予算編成時期でまた帰りが遅い。土曜日、仕事とPTA夜会合。日曜、やっと家。

家では、ここ数ヶ月、娘と夫が「ヘイ・デイ」というモバイルゲームにはまっている。
自分の農場を作るゲームらしい。

見せてもらったら、プレイヤーごとに個性あるレイアウトで、自分の庭(っていうか農場だけど)を作っていて楽しそう。高レベルプレイヤーである夫が、まだレベルの高くない娘にアイテム提供して助けてあげたりして「お父さんはいっぱいアイテムが使えて凄い!」なんて、すっかり尊敬されているようだ。

ちょっと羨ましくなって、今日はバーチャルじゃなくリアルの庭作りしようよと、みんなで大きなホームセンターに出かけた。

ホームセンターは秋バラの展示で盛況!
家にないタイプのバラを買ってみようか……と迷っていたら、娘が強力に推してきたのは、甘い香りをあたりに振りまいていたスヴニール・ドゥ・ルイ・アマードだった 。これじゃあ庭が似たようなバラばっかりじゃん、と言えば「珍しいものより似合うものだよ」とか言う。さすが毎日ヘイ・デイで造園感覚を鍛えているだけある。

で、結局、スヴニール・ドゥ・ルイ・アマードと、それからレンガを20個買って帰った。
今まで適当に土を掘って草花を植えるだけで花壇なんて作ったことがなかったけど、ヘイ・デイに対抗して、私もちょっとガーデンアイテム使ってみようと思う。

ちなみにヘイ・デイもインストールした。
先達である夫と娘がアイテムを分けてくれて、レベルが低いうちは色々助けてあげるからね.....と言う。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

スヴニール・ドゥ・ルイ・アマードとは、「ルイ・アマードの思い出」という意味。
アマード氏って誰だろと調べたら、『バラはあこがれ(L'important, c'est la rose)』というシャンソンの作詞者だった。

人生で大事なこと、それはバラ〜♪ と朗々と繰り返されると、うんそうかも!バラかも!とか思えてくる。


[PR]

by macchi73 | 2014-10-19 23:55 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(4)