タグ:バラを食べる ( 12 ) タグの人気記事

2016年 05月 17日
晩春の庭
e0134713_10122.jpg

ユスラウメが赤く色づいて来た。
週末あたりには1回目の収穫ができるかな。

今年は雨が少なかったからか、ここ数年の悩みだったフクロミ病が発生してないようだ。
e0134713_101045.jpg

バラもぼんぼん咲いている。
今年の5月は夏日が多いみたいで、バラはせっかちに豪華に咲いて、さっさと終わってしまいそうだ。

もったいないので、休日の朝にはせっせと摘んで、どんどんバラジュースバラサワーにしてしまう。
e0134713_10653.jpg

e0134713_14551.jpg

食用に使ったのは、毎年のことだけど、芳香性の次のバラたち:
  • ショッキングピンクのゼフィリーヌ・ドルーアン。アガサ・クリスティーの『杉の棺』では重要な推理に使われた、まったく棘のない柔らかい枝を持つ芳香の薔薇。
  • 深紅のスヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャマン。黒っぽく見えるほどマットな濃い赤が綺麗。強く香る。
  • 薄い花びらがギッシリとボール状に咲くローズ・ド・レッシュ。香りも良いが、花びらが柔らかいので美味しい。美味しいって、バラへの褒め言葉じゃないかもしれないが。
e0134713_0595798.jpg

今年は玄関脇にまで伸ばしたゼフィリーヌ・ドルーアンの誘引がいい感じで出勤前に眺めるのが楽しかったんだけど、そろそろ終わりが近づいてきてて、ちょっと寂しい。

ゼフィリーヌ・ドルーアンは優し気な感じがとっても良いバラなんだけど、花保ちはあんまり良くないんだ。全体的に柔らかい佇まいなので、すぐにハラハラ散ってしまう。
e0134713_135987.jpg

逆に花保ちが良いのは、オレンジ色のジャスト・ジョーイ。
花びらがけっこうしっかり固くて、開ききってもかなり長い事ピンピンして咲いている。そして花が巨大。迫力。

香りも良いが、香りの系統がレモン系なので普段はバラジュースには入れないんだけど、今回は娘の希望で入れてみた。そしたら、ちょっと渋みが出た気がする。花びらが厚いからかな?
e0134713_14217.jpg

そんな感じで、駆け足の春。
そろそろ庭のあちこちに初夏成分が混ざり始めてる。一雨降って明けたら、もう夏かもな。
[PR]

by macchi73 | 2016-05-17 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2016年 05月 07日
ローズウォーター(飲用)を作る
e0134713_2257729.jpg

ゴールデンウィークも後半の休みの日に朝寝してたら、末っ子がベッドに飛び込んできて、バラが満開だよ〜!もう起きなさ〜い!!と叫ばれた。ええ……やだよ……お母さん遊び疲れ中だよ……と布団を被ると、グイッと鼻先にバラの花びらを突きつけられる。うわ、爽やかな芳香。ちょっと目が覚めた。

それで玄関に出たら、暑かった。
ドアを出るなり、ゼフィリーヌ・ド・ルーアンがたくさん咲いてる。一昨日くらいまでは咲いてなかったのに、ここ数日の暑さで一気に咲いたみたいだ。良い匂いを深呼吸。
e0134713_2257526.jpg

ショッキングピンクの花は、すでに開ききって、散り始めているものもチラホラ。
つぼみもまだまだいっぱいあるけど、この調子だと今年は一気に咲いて、すぐ散っちゃうのかもなー。

もったいないので、香りを保存しておくべく、最近流行っているらしきフレーバーウォーターなるものを作ってみる。

作り方の参考にしたのは次のページ:
六耀社
加藤万理 SLOW LIFE IN BERKLEY

レシピによれば朝9時までに花を摘んで正午まで置いておくのが正統らしいが、すでに寝坊してるので、その辺は適当に……

芳香の強い薔薇を摘み、花びらをよく洗ってミネラルウォータに漬け込む。
薔薇だけだとちょっと寂しいかなと思って、今回は薔薇の香りのするローズゼラニウムの葉も少し加えてみた。
e0134713_2257466.jpg

で、そのままラップをして3時間くらい放置してから、コーヒーフィルターで水だけを濾してボトルに詰めた。
それだけだと見た目が寂しいので、花びらを数枚だけ入れて、蓋をして冷蔵庫で保管する。

それで夕食の時にサーブしたら、けっこう薔薇の香りがちゃんとする水になっていて面白かった。娘たちにも好評。

まあ、水だからゴクゴク飲んじゃって、すぐになくなっちゃうけどな。
まだまだ薔薇はたくさん咲きそうだから、次は長持ちする薔薇シロップ薔薇ジャムも作ろうっと。
e0134713_2257135.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

レシピを検索している時に知ったが、飲み水に香りづけするのがどうも最近流行ってるっぽい。

『フレーバーウォーター 野菜、果物、ハーブで作る』(福田 里香)

Amazonの「なか見!検索」で少し立ち読みしてみたが、キュウリ水とかトマト水、美味しそうかも!夏になったらやってみようっと。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-07 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2015年 05月 10日
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)
e0134713_205046100.jpg

先日仕込んだバラジュースの花びらを漉していたら、末っ子が、母の日のプレゼントだと言って、万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』の読書感想文をくれた。さらに、「本日わたくしは執事でございます」と言いながら、TVで見たという手作りお菓子を出してくれた。「クラッカーにトッピングを載せてハチミツをかけて冷凍庫で寝かせると、ハチミツが具をサンドするように固まって良い感じなのでございます」と口上を述べる。

e0134713_2051037.jpg

トッピングはバナナ(分かる)、梅干し(ちょっと驚いたが美味しかった)、そして鰹節(!)。
甘い物の後ってしょっぱいお菓子が食べたくなるよねーと、いつも私が言っていることへの配慮っぽい。斬新だ。

それではこっちのジュースもどうぞ……と、子供たちにバラジュースを出したら、末っ子が目をカッ!と見開いて「うわっ、すごい美味しい!」と素に戻ったのが、なんか凄くて笑った。
せっかく漉しとった花びらも食べようとするので、そっちは美味しくないよと止めたら、「ううん、美味しいよ!」と鼻を膨らませて言う。試してみたら、本当に美味しかった。多分、ローズドレッシュとマダムイザークの花びらって薄くて柔らかいからかと思う。これは捨てるのは勿体ないと思い、パウンドケーキに焼いた。

「執事として、そして娘として……」と、かしこまって子供がジュースとケーキをサーブしてくれる。良い母の日。
e0134713_20513878.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

中高生向けっぽいけど、小学生にも読みやすく、大人が読んでも面白い一冊。

『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)


実は前の週に、母の日に欲しいものある?と聞かれて、「本棚のこの枠から本を一冊選んで、お得意のビブリオバトルを披露してほしい」とリクエストしたのだった。

対象年齢が末っ子より上だけど、小学生ならもう読んでも大丈夫だと思われる本を並べてある棚だ。常々、是非トライして読んで欲しいなーと思っているのだが、あまりチビッコの喰い付きはよろしくなく、喰い付くのは漫画とか動画とかばっかりなんだよな。まあ、文字が細かかったり漢字も多いからパッと見がとっつきにくいのかもしれない。読んだら面白いと思うんだけどなあ。

で、「うーん、そうだなあ」と末っ子が選んだのは万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』だった。狙い通り、一旦読み始めたら笑いながら読んでいる。ごはんだよーと呼んでも、「いまこれ読んでる〜」とか熱中していて、なんとなく嬉しい。しめしめ。

そうして今日、感想文をもらってみたら、良い感想も書かれてはいたが、一番強調されていたのは「『う⚪︎こ柱』の話がおかしいのです」という部分だった。少し大人の本を読んでも、やはり目の付けどころは小学生。


[PR]

by macchi73 | 2015-05-10 23:55 | 書籍など | Comments(0)
2015年 05月 07日
今年初の薔薇ジュース
e0134713_21182915.jpg

連休の谷間で、ちょっと仕事が静か。定時に上がったらまだ明るい。
家に電話したら、「はやーい!いいねー!」と子供に褒められた。
で、体育館で待ち合わせしてバドミントンしてから帰ることになった。

ジムに着いたら、子供はスタッフの方々と学校イベントなどで知り合いらしく、打ち解けて親しそうに会話している。どこが違うとハッキリ言えないけど、家でみる様子と少しだけ雰囲気が違う。子供の外の顔を見ると、いつもなんだか珍しくって面白い感じがする。

運動後、汗だくで赤い顔をした子供が、TVで見たレシピを試したいからクラッカーを買って帰ろう、週末にお菓子を作ってあげると言う。
それでお店に向かうと、ヤッター!と叫んで、途中の公園でアクロバティックに側転で跳ね回る。回りすぎて目を回して芝生の上に大の字に倒れる。歩道のチェーンを左右にジャンプしながら進む。私の腕に絡みついて変なステップで歩きながら、私の体にリズミカルに頰を打ちつけてきて「ピノコだけが消耗する動きだ、これは……」とかうなだれたりする。体育館ではもっとシュッとした子に見えたのになあ。ピノコって学校でもそんなに剽軽なの?と聞いたら、これは学校では見せない顔だよ、と言った。

そうして家についてもまだ薄明るい。
庭のあちこちで良い匂いをさせている薔薇が浮き上がって見える。去年植えつけたローズドレッシュとマダム・イザークが、今年は大株になって花数がとても多いみたい。

あ、薔薇ジュース飲みたい、と子供が言うので、一緒に摘んで恒例の薔薇ジュースを作った。2,3日したら飲み頃だから、週末に作ってくれるというお菓子と一緒に飲もう。
e0134713_21183125.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-07 21:56 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
2014年 05月 20日
旅立ちの春
e0134713_21273227.jpg

庭の巣から、メジロが巣立った。
一つだけ孵らなかった卵があったが、他は全て無事に巣立てたようで嬉しい。

シジュウカラの飛行訓練も庭でよく見かけるようになった。
先の大雪で斜めに倒れた木の上に(←まだ片付けてない……)、小鳥たちが押し合いへし合いして、賑やかに飛び立ったり戻ったりを繰り返している。楽しそう。きょうだい同士でじゃれ合う、鳥の言葉が分かるような気がする。

e0134713_212994.jpg縁側で鳥を見る子。鳥の飛行訓練場はちょうど縁側から真正面の場所なので、面白く見ている。

ちなみに夫は、庭のハンモックに陣取っている。

まだ虫さされもせず、爽やかな風を安心して楽しめる季節を堪能。


縁側でそんな風景を眺めていると、今年植え替えしたゼフィリーヌ・ドルーアンがすぐ隣で咲いてる。
これは植え替えて成功だったな。縁側がバラの香り。とっても良い。
e0134713_2130820.jpg

縁側に寝そべったままバラを摘める手軽さで、咲いては摘んで、少量ずつジュースやジュレにしている。
バラエキスは若返りの効果があるというし、お年寄りたちに送ることにしよう。
e0134713_21335148.jpg

そしてこの頃は、帰宅すると時々風変わりなハガキが届いている。

昨日は知らない猿から届いていた。

何となく比喩めいた内容に見えて、「これは母親不在への子供からの切実な訴えなのか!?」とギクッとしたが、20分ほど考え込んでいたら、ああアレか!と思い出すことがあり、ホッとした。
これって、2年くらい前によく娘に聞かせていたデタラメ話の登場人物、ブーブー猿からの手紙だ。サルノコシカケに座って、風に吹かれてブーブー鳴くのが好きな猿という設定でお話してたんだった。

私はもうすっかり忘れていたけれど、知らない場所で幸せに暮らしていたんだなあ!良かった。

e0134713_2140310.jpg
「緑豊かな人間の家」のブーブ氏より、「猿の王国」のお猿の大王宛のハガキになっている。

住所から推理するに、たぶんブーブ氏は王国を巣立った後に、うちの庭(裏庭にサルノコシカケがある)に居着いたってことなんだと思う。

我が家から去った猿から届いたハガキじゃなくて良かった……と、何となく少し安心したりして。娘はまだ我が家のことを良い場所だと思ってくれてるんだなと思って(深読み過ぎ?)。


ブーブー猿も良い住処を見つけたようだし、私の仕事の方も、軋轢はありつつも長時間労働への人員数改善要望が何とか通って一安心。まだ色々と整備が大変そうだけど、とりあえず今月は帰宅を早めることを第一にして少し体力回復しようとか思う。

早く帰れた日には、娘と一緒に、庭のブーブ氏が住んでいると思われる辺りを少し綺麗にしようかな。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

春は誰にとっても旅立ちの季節……。そんな物語。

『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 』(スティーブン・キング)

四季にちなんだキングの中短編(春は希望の泉/転落の夏/秋の目覚め/冬の物語)の前巻。春と夏が収録されている。

春編の『刑務所のリタ・ヘイワース』は、読後感がとっても良かった。
決してへこたれず、リスクを冒してでも自由へ向かう高揚感!
現状が酷くても、「先に良いことが待ってる」「自分には行ける」っていう希望さえあれば、人は心に自由を持ち続けられるもんかもなと思った。しかし私の心は囚人と同じくぬるい不自由に慣れ親しんで、自由への意志が麻痺してしまっているかもしれない……。
すっかり興奮してるようだ。あんまり興奮してるおかげで、手がふるえて、鉛筆が満足に握れない。これは自由人だけが感じられる興奮だと思う。この興奮は、先の不確実な長旅に出発する自由人にしか分からない。
一方、夏編の『ゴールデン・ボーイ』は、前途洋々の少年が転落していく辛い話。
前途洋々ただ中のモンスターチックな少年はとても嫌な感じだったけど、少し分別がついて転落におびえるようになった辺りからは、読んでいる自分も少年と一緒に絶望したりした。ああ、あんなことさえしなければ!

嫌な子供にも、決定的な転落からのセーフティネットはあって欲しい。子供に分別がつくのって、実行力がつく少し後になること多いもんな。巡り合わせによっては、その間に大変なことしでかしちゃうことありそうだ。最低限の分別さえつけば、別にもっと嫌な大人になっちゃったって楽しく暮らせるチャンスはいっぱいあるのに。(それに嫌な子供が嫌な大人になるかどうかは誰にも分からない)


[PR]

by macchi73 | 2014-05-20 22:34 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2014年 05月 04日
バラジュースの作り方
e0134713_13132479.jpg

東通路に今年植えたマダム・イザーク・プレールが咲き始めた。
香りが強くて、薄くて柔らかい大量の花びらを持ち、これは当初の狙い通り薔薇ジュース向きの品種っぽい!

e0134713_13131995.jpgダマスク系の良い香りで、少し紫がかったピンク色をしている。ギュウギュウ詰めの沢山の花びらを破裂させるような咲き方で、柔らかいけどみっしり重くてボリュームがある。

花数も多くて頼もしいが、残念なことに、どうもウドン粉病になりやすいようだ。

半分くらいの蕾はウドンコ病で咲かないで終わりそうな雰囲気だったので、勿体ないけど早めに取り除いて廃棄しておくことにする。


それで早速、庭に元からある食用の(?)薔薇たちと一緒に、薔薇ジュースにしてみた。
我が家の美味しい薔薇と言えば、スヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャマンとゼフィリーヌ・ドルーアンだ。どちらもうっとりするダマスク系の良い香り。
e0134713_13132193.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【薔薇ジュースの作り方】

(1)ボウル一杯くらいのバラの花弁を良く洗う。香りが強く、色が濃い品種がバラジュースには向いている。

e0134713_13131615.jpg暗赤色のジャマン博士、赤紫のイザーク夫人、ショッキングピンクのゼフィリーヌ嬢。

博士は腹に一物ありそう、夫人は大人の魅力でゼフィリーヌは娘っ子だな……なんて、なんとなく擬人化して、フムフムと眺めたり。

キッチンがバラで良い香り!


(2)砂糖とレモン果汁を全体に振りかけて、ボウルで軽く揉む。

e0134713_13131525.jpgあれー、前にバラジャムを作った時には赤い汁が出た記憶があるのに、今回は色が出ない……。大丈夫かな?

(3) 小鍋で砂糖・水・ブランデーを煮立てる。

e0134713_13131220.jpg 砂糖は多め、ブランデーは香り付け程度。

量は適当。なめてみて、美味しいシロップだなって思えればOK。


(4) 煮沸消毒した瓶に(2)を入れ、(3)を注ぐ。

e0134713_13132371.jpg ちゃんと薔薇色のジュースになるかなあ……と心配していたが、しばらくたってから見たら、色が出始めていた。

(5) 冷蔵庫で1日保管しておくと、いい感じに薔薇色になる。

e0134713_13125755.jpg翌日から飲めるが、2, 3日置けば、更に色が濃くなる。

適当なところで花びらは取り出しておくと使いやすい。


(6) 飲む時は、氷を入れてそのままでも良いし、炭酸で割ったりしてもOK!

e0134713_13125372.jpgバラの香りが濃厚で美味しい!!

今回は色々混ぜてしまったが、ジャマン博士だけのボトル、イザーク夫人だけのボトルなど、品種ごとに作ってみても、もしかしたら色味や香りが違ったりして面白いかもしれない。


[PR]

by macchi73 | 2014-05-04 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2013年 11月 10日
晩秋の果実サワー(ローズヒップ、レモン、紅玉、フェイジョア、サルナシ)
e0134713_20305990.jpg

昨日収穫したローズヒップを同量の酢に漬け込んで、ローズヒップサワーにした。

大きなローズヒップは割って、中身の種を取り除いて漬け込む。
小さなローズヒップは、ヘタだけ取り除いて丸ごと漬けた。
一晩置いたら既に色が出て淡いオレンジ色のサワーになっている。これで2週間くらいしたら飲み頃らしい。

うーん、でもこれだと量がちょっと少ないな。
で、庭から収穫したレモンと、実家から届いた紅玉を加えて、瓶いっぱいまで増量した。
これでビタミンCたっぷりの赤いサワーができるはず。

ついでに、庭で収穫したフェイジョアとサルナシもサワーにする。
こちらはカットせずに丸ごと漬け込んだので、1ヶ月くらいしたら飲み頃かな。
並べてみて気づいたが、フェイジョアとサルナシって大きさが違うだけで見た目はそっくりだ。
どちらもトロピカルな味わいなので、南国風のサワーになるだろう。

果実酢の定番レシピは、果実:酢:氷砂糖=1:1:1だけど、今回は氷砂糖はかなり少なめにした。
サワーがテーブルにあると、家族みんなが結構毎日ごくごく飲んじゃうので、糖分摂り過ぎになっちゃうかな?と思い……。
甘くしたかったら、飲む時にハチミツなどを足すことにしよう。

ローズヒップ、フェイジョア、サルナシ、レモンの収穫を終えてしまうと、今年の庭の果実はもうおしまいだ。次は来年の初夏のベリー類まで、しばらく休憩期間となる。
頑張ってくれた果樹たちには、冬の間に堆肥や肥料を与えて今年の収穫に感謝しないとだ。
e0134713_2031677.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-11-10 20:36 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2013年 11月 09日
バラの実の収穫(ローズヒップ)
e0134713_22307100.jpg

休日、お出かけの前に裏庭をぶらぶらした。
気づけば庭のバラがみんなローズヒップをたわわにつけている。
曇天で彩りの失せた庭の中で、赤い実が点々と目立っていて綺麗だ。

そっかー、今年は花後の剪定を全然しなかったからなあ。花が全部実になっちゃったんだ。
果実をつけるというのは植物の体力を消耗するものなので、バラのためにはこうなる前に刈り込まないといけなかったんだろうけど。忙しさにかまけて放置だったもんなー。

……と反省しつつ、ふと思った。
こういう普通のバラの実ってのは、食用のローズヒップとはまた品種が違うのか?
で、試しに真っ赤に熟した一粒をシャツで拭いて口に放り込んでみたら……甘い!
中にはチクチクした毛の生えた種が入ってるけど、外側の赤い果肉は甘いんだ。ちょっとびっくり。

となれば、これは食用にせねばなるまい!と、いきなり食いしん坊の血が騒ぎ出す。
で、鋏でパチパチとローズヒップの収穫に飛び回ることとなった。
おでかけの時間が迫っているというのに……。

e0134713_2230440.jpg

これまであまり気にしたことなかったが、収穫のためによく見るとローズヒップと言っても色々だ。
小さくてまん丸のローズヒップを沢山つけているのは、窓辺のバレリーナ。
3cm程度の涙型の実で枝をしならせているのは、つるアイスバーグ。
それからミニカボチャみたいな大きなオレンジ色のローズヒップをつけているのは、ブライダルピンク。

e0134713_2230170.jpg収穫してみたら、意外に瑞々しくて重みがある。

この感触、ちょっと林檎や柿に似ている。美味しそうかも……。


枝にある時は、白っぽいブルーム(脂質)で覆われていてマットな質感だったローズヒップだが、収穫してから布で拭くと艶々と光り出す。
縁側でワクワクしながら一つ一つ磨いていたら、おでかけの時間が来てしまった。
あーあ、この冷んやりした曇天の庭にまだまだ居たいのに。続きは帰宅してからか。

後ろ髪ひかれる気分で、行ってきます。

帰って来たら加工しよう。どんなレシピが良いだろう。
ジャムにするかサワーにするか、果肉だけ焼き菓子に混ぜて焼いちゃうか?
[PR]

by macchi73 | 2013-11-09 22:45 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2013年 05月 14日
バラの用途(バラサワー)
e0134713_2129253.jpg

お。なんか気怠いダメダメループから抜け出せたっぽい。
夫がしばらく不在ってのが良かったみたいで不思議。

夕方急いで帰って子どもを見ながら仕事したり、細切れの時間で急いで家事したりってのが、早いリズムに乗れて良いのかも。
仕事もハードなとこだけど、その勢いで、ここ数日フッと片付くようになった感がある。
なんだか昔の生活に戻ったみたいだなあ。新鮮。

夕飯を作る為に早く帰ると、庭もまだ薄明るい。
この時期、大輪のバラやシャクヤクが色々咲いてて、夕暮れ時が非常にファンタスティック。
庭が香る。
e0134713_21285946.jpg
e0134713_21285632.jpg
e0134713_2128515.jpg
e0134713_21284893.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

暗い台所で料理してると、末っ子がやってきて、窓から庭の写真を撮ってる。
新しいカメラ(多機能で面白い)がすっかり気に入ってしまったみたい。
私はそれを見ながら料理をする。

電気をつけないで、薄暗いとこで家事すんの好きだ。なんだかしんみりする。
e0134713_2128244.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こないだは夜まだ時間があったので、庭で咲き誇ってるバラを摘んで、バラソースを作った。

レシピは思いつきで、芳香性のバラ(スヴニール・デュ・ドクトール・ジャメインと、ゼフィリーヌ・ドルーアン)を砂糖で揉んで、ペクチン替わりに夏みかんジュレを少し加えてサッと煮て、サワーに漬け込んだだけ。

今朝たべてみたら、濃厚なバラの香りで美味しい。
酢特有の匂いのない、サワードリンク用の酢を使ったのが良かったのかもしれない。
e0134713_21275941.png

気付けばここ数年、ずっとバラを観賞用というよりは食用にしている。
バラを見て、「綺麗」ではなく「美味しそう」という子ども。
ははは……。食育?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この時期、摘んでも摘んでもまた咲く花は、薄暗がりだと私には綺麗な泡みたいに見える(眼が悪いので)。
どんどん湧いてくる、庭にぷかぷか浮いている泡。色と匂いがついてる。
e0134713_21275342.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-05-14 23:50 | 【庭】収穫、料理 | Comments(6)
2012年 06月 04日
薔薇のグミ
e0134713_1922542.jpg

グミの作り方:
(1) バラのお酒を2倍に希釈し、火にかけてアルコール分を念入りに飛ばす(子どもが食べるから)。
  ※ ジュースを使うなら、そのまま(2)ヘ進む。
(2) (1)大さじ4に対し、ゼライス一2袋 (10g)を投入する。
(3) (2)を型に流し入れる。通常のゼリーと違ってゼラチンが高濃度なので、流し入れている間に固まり出す。
(4) 冷蔵庫で冷やして型から取り出す。


朝、末っ子と一緒に約束のお菓子作りをする。
この間バラのゼリーを作ったら上の子たちに大好評だったので、今度はバラのグミを作ってみた。
ゼラチンが高濃度なだけで、作り方はゼリーと同じだけど。グミ、初めて作るので楽しみだ。
「小人のお菓子も作りたい!」と娘が言うので、デコレーションチョコ用の極小モールドを使って型取りしてみた。
予想に反して15分くらいで出来てしまって手持ち無沙汰になり、庭のドクダミで化粧水なんかも仕込んでみる。
(普通の化粧水も使っていないくせに、自家製したら使うのか?とは思いつつ)

午前中、私は約束があってお出かけ。
私以外の家族はちょっと遠くの喫茶店まで自転車でブランチへ行ってしまった。
末っ子は自転車に乗れるようになったばかりで、とにかく自転車で出かけたくてしかたないようだ。

午後、出先から工作クラブに娘をお迎えに行ったら、また「自転車乗ってどこか行きたい!」という。
連れ立って、近所の陶芸工房に行ってみる。
まだ体に対して自転車が大きい娘。後ろから漕ぎ姿を見ていると、サドルに対してお尻が小さくて可笑しく、笑いがこみ上げて止らない。
私は一人笑いする変な人みたいだ……。

工房は、鬱蒼とした木陰の格好良い建物で入るのにドキドキしたが、猫はいるし陶芸は面白いしで、すっごく熱中してしまった。
娘は小人用の食器セット、私は庭仕事用の香取線香立てを作った。焼き上がるのが楽しみだ。

夕方、薄暗くなってから帰宅したら、上の子たちも帰って来ていた。
冷蔵庫からローズグミを出して食べる。口の中に、冷たくて爽やかな庭の香りが広がる。
バラの香りって、バラジャムの時もそうだったけど、熱を加えても揮発せず。美味しい。

今日は色々作って面白かった。

e0134713_1922950.jpgゼライスを2袋使うところ、1袋しか残って無かった!

準備不足、無念。仕方無いので今回は1袋で作った。

ゼラチン不足のせいでちょっとペタペタする感触。表面に粉糖をまぶしたら、サラッとちょうど良くなった。


[PR]

by macchi73 | 2012-06-04 06:21 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)