タグ:バラを食べる ( 17 ) タグの人気記事

2017年 06月 07日
6月の庭
e0134713_2315246.jpg
なんか庭に鳥がいっぱいきてるよ、と家族たち。見るとムクドリの群がローラー作戦風の動きで、庭の地面をつつきながら移動している。ふーん、そんなに何たべてんだろ。

しばらく眺めてから庭に出たら、昨日のキアゲハの幼虫が消えていた。うわっ。

サバイバルって大変なんだな。虫の一生って儚い。
e0134713_2315180.jpg
儚いといえば、ずっと美味しく食べまくっていた芳香性の柔らかいオールドローズたちもこの高温でハラハラ散ってしまった。代わりに、月桂樹に適当に沿わせて伸ばしたアンジェラがモリモリ咲き出している。これから冬まで咲き続ける四季咲きのアンジェラは庭をパッと明るくしてくれて好きな薔薇だが、香りは薄く花びらも頑丈で美味しくはないんだよなー。

儚い一季咲きのオールドローズたちよサヨナラ、美味しい薔薇ジュースやジャムをありがとう、と感謝しながら、末っ子と二人で、家族の昼食パンを名残の薔薇ジャムと庭の収穫で飾る。
e0134713_2314815.jpg
午後は小学生たちが遊びに来て、「みんなで拾ったよ」と、地面におちた杏の実を差し入れてくれた。サンキュ、それは明日の朝ごはんにしよう。

庭の季節の収穫は、薔薇から果実に移行しつつある。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

夜には就職活動が解禁となったという上の子と劇場で待ち合わせて、二人で劇団鹿殺しの『電車は血で走る』を観た。うまくいかない現実や自信喪失と格闘しながら夢を追う人たちの物語。劇団名は怖いが、内容は詩的。太鼓とラッパの楽団パートが好き。生演奏楽しい。

観劇後、面白かったねえ、と満足そうにしながら、自分はどうしよう、そんなに夢とかコレってものが無いんだ……と言う娘。まあなー。双子の息子なんかは割と夢とか計画とか語る若者だけど、みんながみんなそうではないか。タイミングも性質も人それぞれだし。

でもまあ、別に夢を持つこと自体が重要なことではなくて、自分の人生を生きることが大事ってだけなんだと思う。本当に自分のこととして味わうなら、迷いもショボさも退屈も、夢や喜びや自己実現と、実は全く等価なものだと思う。何やっても、どうにでもなるよ。若いって、この先に長い時間がある−−それだけいっぱい経験が待ってるってことだから、羨ましいよ。

e0134713_231477.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

劇場で尾崎豊がかかっていて、今の子だとamazarashiが同系か?と思ったり。若者専売系フィールド。
尾崎って自分で聴いたことがなくて、放歌先輩が麻雀中に朗々と歌ってたのを聴いてただけなので、もしかしたら全く似てない可能性もあり。


[PR]

by macchi73 | 2017-06-07 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(6)
2017年 05月 25日
薔薇ジャムとフレンチトースト
e0134713_1925251.jpg

ねえねえ、フレンチトースト作る時、前の日から漬け込んでおくとトロトロで美味しいんだって。たべてみたいねーと末っ子が言うので、やってみた。たっぷりの卵液に漬けて一晩置いとく。

翌朝、薔薇ジャムとクロテッドクリームをのせて二人で食べた。美味しい。飾りにしたアップルミントと香りゼラニウムもとっても良い匂い。他の家族たちはまだ眠ってる。

このところ毎日いそいそと、友達と一緒にすごく早い時間に登校していく末っ子。
なんでか知りたい?それとも知らずにとっておいてびっくりしたい?とクスクス笑いを我慢できない様子で聞いてきたので、もちろん聞きたいよと即答したら、えー、お父さんは謎のままにしておいて欲しいって言ったのになー、仕方ないなー、お母さんって聞きたがるよねー、と嬉しそう。

そして打ち明けられた内緒話に笑いつつ。応援のつもりで、お母さんは朝ごはんをちょっと頑張る。

颯爽と出て行く娘を見送って、しばらくのんびりして(しばしば二度寝)、それから出勤。春眠を貪る家族たちには、冷蔵庫に漬け込んだパンありフレンチに焼いて食べるべし、などと毎朝のメッセージを残しとく。

このような日々、夫は一度も起きて来ず。
毎日、行ってくるよと声をかけると、手のひらだけフラフラ揺れる。夫の起床って、何時なんだ。そちらはいまだ明かされぬ謎のまま。
e0134713_1925041.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

謎といえばこの漫画。

『魔人探偵脳噛ネウロ』(松井優征)

いかにも少年漫画って感じなので、40代女性としては多少読むのに気恥ずかしさを覚えるが、子どもと読んだら面白かった……。謎を主食とする魔人と、その助手の謎解き友情ギャグ漫画、か?
なんとなく、教育と成長ということを考えさせられた。

探偵モノは大抵そうだが、事件ごとに短編が連なる構成。
それらが広がって大きな流れを作り、最後の方で綺麗にスピーディーに収斂して完結するのは、もっと読みたかったなーという名残惜しい余韻があって良し。一見下手なようで意外と癖になる絵柄も良かった。漫画って、20巻前後のこれくらいの長さが一番満足感ある気がするな。

[PR]

by macchi73 | 2017-05-25 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2017年 05月 17日
薔薇ジュースの作り方ポイント(閲覧注意、かも)
e0134713_00084226.jpg

久々に早めに職場を出たら、空の西側半分が鮮やかなバラ色だった。光も濃いピンク色で、通りの家や人々の表面も、ローズピンクの光を反射している。ちょっと不思議な物凄いような光だ。子どもと一緒に屋根に登って見物しようと思って、すっ飛ばして帰る。

e0134713_00082494.jpg

帰路を急ぐ間にもどんどんピンク色は西の隅に追いやられ、東の藍色の方が優勢に……。


玄関に飛び込むなり、空すごいよ!見てごらん!と子どもを呼び、それから急いでへっぴり腰で屋根によじ上る(危ない)。それで、屋根の上でぐんぐんと西に追いやられて縮んでいくピンク色の光を見た。「すごいスピード」と娘。高架の上、窓を黄色く光らせながら通り過ぎる電車に手を振ってみる。


しばらくしたら、「あ、やばい!」と娘。見たら、眼下に見える通りを夫が通るところだった。こっちに気づいて、心なしか叱責するような雰囲気で睨んでいる。「うわ」と慌てて、でも慎重に、瓦や壁を伝って戻った。


屋根を下りたら光はすっかり藍色で、太陽が沈むスピードの速さを実感する。「つまりこの体感速度が、地球の自転ってことだね」−−その通り。


藍色の空気の中、点々と光っているバラがさっきの夕焼けの名残みたいだ。「バラジュース、友達も美味しいって。また飲みたい」というので、ボウルに摘んで、1.5Lのボトルいっぱいの今年何度目かのバラジュースを作る。

e0134713_00083535.jpg
今回は、マダム・プレール・イザークとローズドレッシュで作ってみた。ゼフィリーヌより小さく柔らかく密な花びらは、食用に最適な品種。

バラジュースを仕込む時の大事なポイントは、とにかく花びらをよく洗うこと。大鍋に水を張って洗って、最後に見ると、ゴミ、雄しべや雌しべ、小さな芋虫やスリップス君がけっこういることが分かる。

ま、漬け終わって花びらを取り除いた後、更に仕上げとしてコーヒーフィルターで漉せば、多少の虫が入ってても問題ないかな?と私なんかは思うが。

「ジュースに虫?ダメ、絶対!!」

と神経質な(?)子どもたちはそれを許さないので、下ごしらえは大事だ。それに、子どもたちの楽しみの一つが、ジュースから濾し取ったバラの花びらをムシャムシャ食べることらしいし……最初に念入りに取り除いてあげるのが吉かなと思う。自然で美味しいものを作るには、多少の手間はかかるものってことか(って言っても、そんなに大変な作業でもないが)。

ただし、日々花を食用に収穫することには、思わぬメリットもあることを発見。当然といえば当然だが、花殻摘みを小まめにしてるのと同じ効果があるようで、花がシーズン中次々どんどん咲き続けるという副次的効果があるのは嬉しいことだ。

鍋の水は、水中で蠢いている虫たちも含めて、またバラの根元にまいておく。運がよければ、またバラによじ登って、居心地良い場所を見つけられる……かも。
e0134713_00073988.jpg
バラジュースの作り方ポイント:
●花びらをつけるのは、シロップでも、レモン果汁でも、サワー用の酢でも良い。
●各種レシピはこちらを参照
●適当に作っても、多少散りかけの花を使っても、どんなレシピでも簡単に美味しくできて失敗は無いが、一つ大事なコツが、花びらを大量の水で洗うこと!!美味しいバラは、人間だけでなく虫にも好まれるので。大きな鍋に水をいっぱい入れて、ザブザブ洗い、花びらの水を切りながら、一枚一枚チェックしてボウルに移していくのがオススメ。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-17 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2017年 05月 13日
雨の日の薔薇シロップ
e0134713_1739544.jpg

休日の朝、雨の音で目が覚めた。
仕事で続いた肉とワインと寝不足で体が良い感じに気怠く、今日は外出せずに家でのんびり回復するかーとか考えてたら、身支度をととのえた末っ子がベッドにやってきた。今日は朝イチで学校や習い事の友達とウォーキングラリーに出かけるという。ええー、窓の外、ざあざあ降りなのに?

雨天決行なの、という娘を「本当かよー、中止だったらすぐ帰っておいで」と送り出す。

子供達は全員出かけてしまって、家の中がシーンとしてる。窓から雨と植物の色んな良い匂い。それで先日仕込んだバラジュースのことを思い出して味見したら、とっても美味しくできていた。いつもは水と砂糖とブランデーを煮立てたシロップで抽出しているんだけど、今回はレモン汁とハチミツ、砂糖で抽出してみたんだ。甘酸っぱくて、このやり方も良いなと思う。花びらを濾して、瓶詰めしとく。
e0134713_17395246.jpg

庭に出たら、このあいだ種播きしたルッコラ、二十日大根がもう芽吹いていた。

真っ白な群星、オレンジ色のジャストジョーイ、鮮やかなピンクのゼリフィーヌドルーアン、薄青のブルームーン等々、庭に点在するバラたちも続々と花を咲かせていて、雨に打たれた花首が重そうだ。雨の庭も綺麗だと思う。
e0134713_17395162.jpg

昼は夫が蕎麦を茹でたので薄暗いキッチンでモソモソ食べる。二人とも無言。我々の間に音声会話というものは無い。省エネ仕様。

そしたら、「ただいまー!」「こんにちはー!」と、末っ子が友達を引き連れて帰宅。
ウォーキングラリーの参加賞って商店街の商品券なんだよ〜全員で全クリアしたら大金になったから、お菓子いっぱい買って来たよ〜と嬉しそう。大勢だとボードゲームできるよねえ!とキャアキャア盛り上がってる。ギャッ!電気までつけられた。部屋が、空気が、いきなり明るい。ううう。

疲れた中年に優しい雨の仄暗さが見る間に霧散……子供達の若さが眩しい……。

しかたないので(せっかくなので?)子供たちには人海戦術の片付けをちょっと手伝わせて、それから非社交的な大人たちは奥の部屋に撤退。明るい子どもたちの声を扉と廊下の向こうに遠く聞きながら、コーヒーを入れて音楽かけて、ひっそりごろごろする。暗い部屋で。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


昔から、雨の日によくかけちゃうL'Affaire Louis Trio。中でもこの "Ni avec toi, ni sans toi" が一番好き。兄でリーダーでおかしな髪型のボーカルが、1年前に亡くなってたことを知ってショック。夫も愕然&しょんぼり。もうメンバーは弟一人だけか。悲しい。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-13 18:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(6)
2017年 05月 10日
春の夜の菜園
e0134713_1503083.jpg

夜が生暖かくなってきたので、夫が晩御飯の支度をしている間に草薮を開拓して菜園を復活させた。

草薮とは言ってもさすが元菜園。
地面に鎌を入れるたび、タイム、セージ、フェンネル、ヤロウなどが素晴らしく香って強烈に爽やか。このモジャモジャは雑草じゃなくてハーブだったか……。地面に這いつくばって、掘り返した土の中から雑草の根を取り除いてハーブだけ埋め戻しておく。

娘が寄ってきて「ピノはピクルスが食べたい」と言うので、ピクルスに使えそうな野菜の種を蒔いた。
夫が寄ってきて「俺はルッコラが食べたい」と言うので、ルッコラの種も蒔いた。まあ、ルッコラは多分その辺にも生えてるんだけど、もう雑草と混ざっちゃってよくわかんないんだよな。我が家はいつも、適当な場所の土を掘り返したらいきなりの直播き。それでもまあまあ、一夏分の収穫は望めると思う。

晩御飯は親子丼とお吸い物とサラダ。
どの皿にも巨大なミツバがふんだんに使われていて妙に香り高いな、ミツバ食だなと思ったら、「これ庭の。ミツバ、大量に生えてるね」と夫が言う。とても美味しいです。
e0134713_1502280.jpg

連休明けに一輪だけ咲いたと思っていたバラが、いつのまにかいっぱい咲いて、そこいらじゅう良い匂いをさせている。もうすっかり暗い中、近寄って数えてみたら二十輪以上も咲いていた。蕾もまだまだあるので、咲き始めの花は摘み取って念入りに洗ってバラジュースを仕込んでおく。夜中の台所で。
e0134713_1501965.jpg

それでクタクタになって、深夜もだいぶ過ぎ、お風呂入っておやすみなさい。
体は痛いが、満足感あり。春って楽しいよなあ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そこここに点々と咲いている小さなスミレの花や巨大なミツバを見て、先日読んだ本を思い出した。スミレが好きな女の子。

『こちらあみ子』(今村夏子)

主人公のあみ子は、今だと発達障害って呼ばれるのか?

でもそれとはまた別に、そういえば遠い昔はこんな風に友達関係もその他諸々もむきだしの感触だったよなあ……と、何かよく知った感覚が呼び覚まされるような。あんまり言葉を尽くして説明されないから、書かれてない生活や空気まで、かえって自分の手持ちの経験から広がりを持って想起されるのかも。こういう子っていたし、自分の中にも幾分かはあみ子成分ってある。

今村夏子って初めて読んだが、面白いかも。他ももっと読みたいかも。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-10 01:00 | 面白かった本など | Comments(3)
2016年 05月 17日
晩春の庭
e0134713_10122.jpg

ユスラウメが赤く色づいて来た。
週末あたりには1回目の収穫ができるかな。

今年は雨が少なかったからか、ここ数年の悩みだったフクロミ病が発生してないようだ。
e0134713_101045.jpg

バラもぼんぼん咲いている。
今年の5月は夏日が多いみたいで、バラはせっかちに豪華に咲いて、さっさと終わってしまいそうだ。

もったいないので、休日の朝にはせっせと摘んで、どんどんバラジュースバラサワーにしてしまう。
e0134713_10653.jpg

e0134713_14551.jpg

食用に使ったのは、毎年のことだけど、芳香性の次のバラたち:
  • ショッキングピンクのゼフィリーヌ・ドルーアン。アガサ・クリスティーの『杉の棺』では重要な推理に使われた、まったく棘のない柔らかい枝を持つ芳香の薔薇。
  • 深紅のスヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャマン。黒っぽく見えるほどマットな濃い赤が綺麗。強く香る。
  • 薄い花びらがギッシリとボール状に咲くローズ・ド・レッシュ。香りも良いが、花びらが柔らかいので美味しい。美味しいって、バラへの褒め言葉じゃないかもしれないが。
e0134713_0595798.jpg

今年は玄関脇にまで伸ばしたゼフィリーヌ・ドルーアンの誘引がいい感じで出勤前に眺めるのが楽しかったんだけど、そろそろ終わりが近づいてきてて、ちょっと寂しい。

ゼフィリーヌ・ドルーアンは優し気な感じがとっても良いバラなんだけど、花保ちはあんまり良くないんだ。全体的に柔らかい佇まいなので、すぐにハラハラ散ってしまう。
e0134713_135987.jpg

逆に花保ちが良いのは、オレンジ色のジャスト・ジョーイ。
花びらがけっこうしっかり固くて、開ききってもかなり長い事ピンピンして咲いている。そして花が巨大。迫力。

香りも良いが、香りの系統がレモン系なので普段はバラジュースには入れないんだけど、今回は娘の希望で入れてみた。そしたら、ちょっと渋みが出た気がする。花びらが厚いからかな?
e0134713_14217.jpg

そんな感じで、駆け足の春。
そろそろ庭のあちこちに初夏成分が混ざり始めてる。一雨降って明けたら、もう夏かもな。
[PR]

by macchi73 | 2016-05-17 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2016年 05月 07日
ローズウォーター(飲用)を作る
e0134713_2257729.jpg

ゴールデンウィークも後半の休みの日に朝寝してたら、末っ子がベッドに飛び込んできて、バラが満開だよ〜!もう起きなさ〜い!!と叫ばれた。ええ……やだよ……お母さん遊び疲れ中だよ……と布団を被ると、グイッと鼻先にバラの花びらを突きつけられる。うわ、爽やかな芳香。ちょっと目が覚めた。

それで玄関に出たら、暑かった。
ドアを出るなり、ゼフィリーヌ・ドルーアンがたくさん咲いてる。一昨日くらいまでは咲いてなかったのに、ここ数日の暑さで一気に咲いたみたいだ。良い匂いを深呼吸。
e0134713_2257526.jpg

ショッキングピンクの花は、すでに開ききって、散り始めているものもチラホラ。
つぼみもまだまだいっぱいあるけど、この調子だと今年は一気に咲いて、すぐ散っちゃうのかもなー。

もったいないので、香りを保存しておくべく、最近流行っているらしきフレーバーウォーターなるものを作ってみる。

作り方の参考にしたのは次のページ:
六耀社
加藤万理 SLOW LIFE IN BERKLEY

レシピによれば朝9時までに花を摘んで正午まで置いておくのが正統らしいが、すでに寝坊してるので、その辺は適当に……

芳香の強い薔薇を摘み、花びらをよく洗ってミネラルウォータに漬け込む。
薔薇だけだとちょっと寂しいかなと思って、今回は薔薇の香りのするローズゼラニウムの葉も少し加えてみた。
e0134713_2257466.jpg

で、そのままラップをして3時間くらい放置してから、コーヒーフィルターで水だけを濾してボトルに詰めた。
それだけだと見た目が寂しいので、花びらを数枚だけ入れて、蓋をして冷蔵庫で保管する。

それで夕食の時にサーブしたら、けっこう薔薇の香りがちゃんとする水になっていて面白かった。娘たちにも好評。

まあ、水だからゴクゴク飲んじゃって、すぐになくなっちゃうけどな。
まだまだ薔薇はたくさん咲きそうだから、次は長持ちする薔薇シロップ薔薇ジャムも作ろうっと。
e0134713_2257135.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

レシピを検索している時に知ったが、飲み水に香りづけするのがどうも最近流行ってるっぽい。

『フレーバーウォーター 野菜、果物、ハーブで作る』(福田 里香)

Amazonの「なか見!検索」で少し立ち読みしてみたが、キュウリ水とかトマト水、美味しそうかも!夏になったらやってみようっと。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-07 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2015年 05月 10日
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)
e0134713_205046100.jpg

先日仕込んだバラジュースの花びらを漉していたら、末っ子が、母の日のプレゼントだと言って、万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』の読書感想文をくれた。さらに、「本日わたくしは執事でございます」と言いながら、TVで見たという手作りお菓子を出してくれた。「クラッカーにトッピングを載せてハチミツをかけて冷凍庫で寝かせると、ハチミツが具をサンドするように固まって良い感じなのでございます」と口上を述べる。

e0134713_2051037.jpg

トッピングはバナナ(分かる)、梅干し(ちょっと驚いたが美味しかった)、そして鰹節(!)。
甘い物の後ってしょっぱいお菓子が食べたくなるよねーと、いつも私が言っていることへの配慮っぽい。斬新だ。

それではこっちのジュースもどうぞ……と、子供たちにバラジュースを出したら、末っ子が目をカッ!と見開いて「うわっ、すごい美味しい!」と素に戻ったのが、なんか凄くて笑った。
せっかく漉しとった花びらも食べようとするので、そっちは美味しくないよと止めたら、「ううん、美味しいよ!」と鼻を膨らませて言う。試してみたら、本当に美味しかった。多分、ローズドレッシュとマダムイザークの花びらって薄くて柔らかいからかと思う。これは捨てるのは勿体ないと思い、パウンドケーキに焼いた。

「執事として、そして娘として……」と、かしこまって子供がジュースとケーキをサーブしてくれる。良い母の日。
e0134713_20513878.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

中高生向けっぽいけど、小学生にも読みやすく、大人が読んでも面白い一冊。

『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学)


実は前の週に、母の日に欲しいものある?と聞かれて、「本棚のこの枠から本を一冊選んで、お得意のビブリオバトルを披露してほしい」とリクエストしたのだった。

対象年齢が末っ子より上だけど、小学生ならもう読んでも大丈夫だと思われる本を並べてある棚だ。常々、是非トライして読んで欲しいなーと思っているのだが、あまりチビッコの喰い付きはよろしくなく、喰い付くのは漫画とか動画とかばっかりなんだよな。まあ、文字が細かかったり漢字も多いからパッと見がとっつきにくいのかもしれない。読んだら面白いと思うんだけどなあ。

で、「うーん、そうだなあ」と末っ子が選んだのは万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』だった。狙い通り、一旦読み始めたら笑いながら読んでいる。ごはんだよーと呼んでも、「いまこれ読んでる〜」とか熱中していて、なんとなく嬉しい。しめしめ。

そうして今日、感想文をもらってみたら、良い感想も書かれてはいたが、一番強調されていたのは「『う⚪︎こ柱』の話がおかしいのです」という部分だった。少し大人の本を読んでも、やはり目の付けどころは小学生。


[PR]

by macchi73 | 2015-05-10 23:55 | 面白かった本など | Comments(0)
2015年 05月 07日
今年初の薔薇ジュース
e0134713_21182915.jpg

連休の谷間で、ちょっと仕事が静か。定時に上がったらまだ明るい。
家に電話したら、「はやーい!いいねー!」と子供に褒められた。
で、体育館で待ち合わせしてバドミントンしてから帰ることになった。

ジムに着いたら、子供はスタッフの方々と学校イベントなどで知り合いらしく、打ち解けて親しそうに会話している。どこが違うとハッキリ言えないけど、家でみる様子と少しだけ雰囲気が違う。子供の外の顔を見ると、いつもなんだか珍しくって面白い感じがする。

運動後、汗だくで赤い顔をした子供が、TVで見たレシピを試したいからクラッカーを買って帰ろう、週末にお菓子を作ってあげると言う。
それでお店に向かうと、ヤッター!と叫んで、途中の公園でアクロバティックに側転で跳ね回る。回りすぎて目を回して芝生の上に大の字に倒れる。歩道のチェーンを左右にジャンプしながら進む。私の腕に絡みついて変なステップで歩きながら、私の体にリズミカルに頰を打ちつけてきて「ピノコだけが消耗する動きだ、これは……」とかうなだれたりする。体育館ではもっとシュッとした子に見えたのになあ。ピノコって学校でもそんなに剽軽なの?と聞いたら、これは学校では見せない顔だよ、と言った。

そうして家についてもまだ薄明るい。
庭のあちこちで良い匂いをさせている薔薇が浮き上がって見える。玄関脇のゼフィリーヌ・ドルーアン、去年植えつけたローズドレッシュとマダム・イザークが、今年は大株になって花数がとても多いみたい。

あ、薔薇ジュース飲みたい、と子供が言うので、一緒に摘んで恒例の薔薇ジュースを作った。2,3日したら飲み頃だから、週末に作ってくれるというお菓子と一緒に飲もう。
e0134713_21183125.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-07 21:56 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
2014年 05月 20日
旅立ちの春
e0134713_21273227.jpg

庭の巣から、メジロが巣立った。
一つだけ孵らなかった卵があったが、他は全て無事に巣立てたようで嬉しい。

シジュウカラの飛行訓練も庭でよく見かけるようになった。
先の大雪で斜めに倒れた木の上に(←まだ片付けてない……)、小鳥たちが押し合いへし合いして、賑やかに飛び立ったり戻ったりを繰り返している。楽しそう。きょうだい同士でじゃれ合う、鳥の言葉が分かるような気がする。

e0134713_212994.jpg縁側で鳥を見る子。鳥の飛行訓練場はちょうど縁側から真正面の場所なので、面白く見ている。

ちなみに夫は、庭のハンモックに陣取っている。

まだ虫さされもせず、爽やかな風を安心して楽しめる季節を堪能。


縁側でそんな風景を眺めていると、今年植え替えしたゼフィリーヌ・ドルーアンがすぐ隣で咲いてる。
これは植え替えて成功だったな。縁側がバラの香り。とっても良い。
e0134713_2130820.jpg

縁側に寝そべったままバラを摘める手軽さで、咲いては摘んで、少量ずつジュースやジュレにしている。
バラエキスは若返りの効果があるというし、お年寄りたちに送ることにしよう。
e0134713_21335148.jpg

そしてこの頃は、帰宅すると時々風変わりなハガキが届いている。

昨日は知らない猿から届いていた。

何となく比喩めいた内容に見えて、「これは母親不在への子供からの切実な訴えなのか!?」とギクッとしたが、20分ほど考え込んでいたら、ああアレか!と思い出すことがあり、ホッとした。
これって、2年くらい前によく娘に聞かせていたデタラメ話の登場人物、ブーブー猿からの手紙だ。サルノコシカケに座って、風に吹かれてブーブー鳴くのが好きな猿という設定でお話してたんだった。

私はもうすっかり忘れていたけれど、知らない場所で幸せに暮らしていたんだなあ!良かった。

e0134713_2140310.jpg
「緑豊かな人間の家」のブーブ氏より、「猿の王国」のお猿の大王宛のハガキになっている。

住所から推理するに、たぶんブーブ氏は王国を巣立った後に、うちの庭(裏庭にサルノコシカケがある)に居着いたってことなんだと思う。

我が家から去った猿から届いたハガキじゃなくて良かった……と、何となく少し安心したりして。娘はまだ我が家のことを良い場所だと思ってくれてるんだなと思って(深読み過ぎ?)。


ブーブー猿も良い住処を見つけたようだし、私の仕事の方も、軋轢はありつつも長時間労働への人員数改善要望が何とか通って一安心。まだ色々と整備が大変そうだけど、とりあえず今月は帰宅を早めることを第一にして少し体力回復しようとか思う。

早く帰れた日には、娘と一緒に、庭のブーブ氏が住んでいると思われる辺りを少し綺麗にしようかな。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

春は誰にとっても旅立ちの季節……。そんな物語。

『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 』(スティーブン・キング)

四季にちなんだキングの中短編(春は希望の泉/転落の夏/秋の目覚め/冬の物語)の前巻。春と夏が収録されている。

春編の『刑務所のリタ・ヘイワース』は、読後感がとっても良かった。
決してへこたれず、リスクを冒してでも自由へ向かう高揚感!
現状が酷くても、「先に良いことが待ってる」「自分には行ける」っていう希望さえあれば、人は心に自由を持ち続けられるもんかもなと思った。しかし私の心は囚人と同じくぬるい不自由に慣れ親しんで、自由への意志が麻痺してしまっているかもしれない……。
すっかり興奮してるようだ。あんまり興奮してるおかげで、手がふるえて、鉛筆が満足に握れない。これは自由人だけが感じられる興奮だと思う。この興奮は、先の不確実な長旅に出発する自由人にしか分からない。
一方、夏編の『ゴールデン・ボーイ』は、前途洋々の少年が転落していく辛い話。
前途洋々ただ中のモンスターチックな少年はとても嫌な感じだったけど、少し分別がついて転落におびえるようになった辺りからは、読んでいる自分も少年と一緒に絶望したりした。ああ、あんなことさえしなければ!

嫌な子供にも、決定的な転落からのセーフティネットはあって欲しい。子供に分別がつくのって、実行力がつく少し後になること多いもんな。巡り合わせによっては、その間に大変なことしでかしちゃうことありそうだ。最低限の分別さえつけば、別にもっと嫌な大人になっちゃったって楽しく暮らせるチャンスはいっぱいあるのに。(それに嫌な子供が嫌な大人になるかどうかは誰にも分からない)


[PR]

by macchi73 | 2014-05-20 22:34 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)