タグ:バジル ( 3 ) タグの人気記事

2011年 09月 25日
ジェノベーゼソース
挿木で増やしたスイートバジルをしばらく放置していたら、森のようになってしまった。
夏の間ずっと直射日光を全身で浴びてガッシリと育ち過ぎだ……硬そう。もう食べられないかなー。
一番先端の柔らかい若葉だけを摘んでみたが、それでもボール一杯集まって100gくらいになった。
ジェノベーゼソースを作ってみる。あとは種をとるだけにして、今年の収穫はこれで終わりだな。

e0134713_2154035.jpg

ジェノベーゼソースの作り方:
●バジル、松の実(炒る)、オリーブオイル、ニンニクを合わせてミキサーにかける。
(バジル:松の実:オリーブ油=1:1:2、ニンニクはバジル60gに対して1片くらい)
●塩こしょうで味付けする。
●保存容器に入れたら、上にオリーブオイルを流し込み、ソースを空気から遮断する蓋にして保存する。


e0134713_21545987.jpg今回は、松の実がなかったので替わりにミックスナッツを使った。
たぶん、油分の多い木の実なら何でも良さそう。

e0134713_2155287.jpg材料を合わせてミキサーにかければ出来上がり。
簡単。

表面にオリーブオイルを注ぎ、空気を遮断して保存する。

e0134713_21561912.jpgついでに庭のハーブ(タイム、ローズマリー等)と野菜のピクルスも作っておく。

野菜(適当になんでも)+ハーブ(適当になんでも)に、ピクルス液(酢・砂糖・塩・水を沸騰させたもの)を注ぐだけ。

野菜やハーブ、酢の種類でバリエーションもつけられるので、簡単だけど便利な常備菜だ。



ソースは、利用する時にはチーズなどをまぜて塩味を整えるので、少し薄味で作っておくと良さそう。
パスタやトーストに使うと、お手軽だけど凄く美味しい。
朝ご飯がササッと作れて嬉しい。

e0134713_2234587.jpge0134713_223413.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-09-25 22:07 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2010年 06月 29日
ミニトマト 食べ比べ + トマトムース
庭で収穫したトマトを品種毎に大皿に並べて、食べ比べ。
左から大きい順に、フルティカ、イエローアイコ、サンチェリー250、マイクロトマト。

e0134713_8461431.jpg

食べ比べの感想は以下の通り。
青臭さが少なくて甘味が強いのは、ミニトマト全体に共通する特徴だと思う。

●フルティカ:
一口で食べるには大きい。普通のトマトの1/3程度の大きさ。
味は最も野菜らしい。塩をふってもおかしくない感じ。

●イエローアイコ:
けっこう大きい。果肉が厚くて中のゼリー状部分が少ないので、重たくて食べでがある。
味は、とても甘くて酸味が無い。トマトっぽさが少ないかも。

●サンチェリー250:
一口サイズ。酸味と甘味、両方ある。
中のゼリー状部分が多く、食べるとブチュっと飛び出す。収穫量が多そう。

●マイクロトマト:
意外にも普通のトマトの味と食感。やや甘め。
緑の実の個数はすごく多いが、真っ赤になって収穫までいくのはそんなに多くない。
落果か、または何者かに食べられているようだ。

私は汁気と酸味が多いサンチェリーが一番好みだ。
子どもたちはイエローアイコが一番好きだと言う。
甘いからっていうのもあるし、色と形が物珍しいせいもあるんだろうな。


* * * * * * *


生で幾つか試食した後、トマトムースを作った。
トマトのムースには、塩味のものと蜂蜜味のものがあるが、今回はおかず用に塩味の方を。

e0134713_8572521.jpg

●トマトのムースのレシピ:
(1) 中玉トマト(フルティカ15個。600g)を牛乳(コップ1杯。150ccくらい)とハンドミキサーで混ぜる。
(2) (1)を鍋で温めながらいい感じに味付けする(塩、胡椒、チキンブイヨン)。
(3) (2) を火からおろし、粉ゼラチン(10g)を溶かし入れる。
(4) (3)を冷まし、軽くとろみがつく程度に泡立てた生クリーム120ccを加えて、冷蔵庫で冷やし固める。
(5) 最後に、お好みの飾り付けをして完成。今回は、プチトマト各種を飾り、庭のハーブで作ったソース(タイム+オレガノ+バジル+オリーブオイル+塩)とクリームを少々かけてみた。


e0134713_8581024.jpge0134713_858247.jpge0134713_8583519.jpg

本当は(4) の時に裏ごしすると滑らかなムースが出来るんだけど、平日の手抜き夕食では、裏ごしなんてのは省かれるのであった。

「トマト評論家の私によれば、これは大変美味しいです」と長女(トマトなら何でも好き)。
「ガスパチョ評論家の私によれば、これは食べるガスパチョです。オリーブオイルのソースが合っています」と長男(夏は週に何度もガスパチョだったりするので…評論家にもなっちゃうかも)。
評論家たちに褒められて大変光栄です。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-29 23:34 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2008年 10月 01日
スイートバジル
スイートバジルの育て方:
●5月に種まきすれば、夏〜秋に収穫できる。
●摘心すると脇芽が出て、収穫量が増える。
●やや湿った肥えた土を好む。
●日当りを好むが、やや日陰に植えた方が株が硬くならないので食用には良さそうな気もする。
●夏の間、挿木で簡単に増やせる。うちでは一株買ったら、摘心がてらちょこちょこ挿木して10株以上に増やしている。
●晩夏に種をつける。種は水につけるとゼリー状になり、デザートなどにも利用できる。
●耐寒性が低く、日本では越冬できないので一年草扱い。


挿木の成功率が非常に高いので、毎年一株だけ苗を買っては挿木で10株くらいに増やしている。
やり方は簡単。15cmほど茎をカットして、下半分の葉を落として土の中に挿しておくと、ほぼ100%根付く。

甘くて良い香りの葉は、トマト料理にちぎってかけると最高。
摘心すると脇芽が出てモサモサになるので、大量に収穫できたらジェノベーゼソースにして保存するのも良い。

e0134713_21115691.jpgもう時期が終わりなので葉がヨレヨレになってしまっているが……。

初夏に買った一株が夏の間に15株くらいに増えている。

夏中、ごちそうさまでした。

[PR]

by macchi73 | 2008-10-01 21:13 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)