「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ハロウィン ( 8 ) タグの人気記事

2015年 10月 29日
ハロウィンのお菓子
e0134713_22302662.jpg

いいもの作ったから見て〜!と子供に呼ばれて行ったら、夏みかんで作ったジャック・オー・ランタンが暗闇で光っていた。上手でしょー、ナイフで自分で作ったんだよ!とコッチを見る目が、なんだかソワソワしている。浮かれている。そうか、今年ももうこの時期が来てしまったか。早いな。
e0134713_2231141.jpg

今週はハロウィンだよ、カボチャのご馳走作ってね、友達とお菓子交換会する約束だから怖いお菓子のアイデア一緒に練ろうね、と非常にワクワクした面持ちで言う。明日は早く帰って来てお菓子作りだよ!約束ね!と、盛り上がっている。

しかし、結局、早くは帰れなかった。
ってかさ、無理なんだよ、忙しいんだから。毎日見てりゃわかるじゃん、約束とか無理なんだよ、もう何にもできないよ……と、開き直る私はチキン。帰ってきたね〜、よーし、じゃあ今から作るかーと、動じない娘はタフガイ(ガイなのか?)。

それで、ずいぶん夜遅くになってから、一緒にグロテスクなクッキーを作ることになった。
こちらのレシピを参考に(→ハロウィン☆目玉スノーボールクッキー)、アーモンドブードルの白いクッキー生地を作って、ココア生地で瞳孔を、自家製ベリージャム生地で虹彩を作る。余った生地は、指にしちゃおうか。うわっ、作ってみたら、予想以上に気持ちワルっ。

夜、怖いクッキーの焼き上がり状態を確認しながら、二人で大きなオーブンを覗き込んでると、なんだか魔女になったみたいな気分だ。

オーブンの炎に横顔を照らされながら、「えーと、目玉が……じゅうく、にじゅう、にじゅういち……これって何人分だろう……」って、独り言こわいよ。

あした友達びっくりするぞ〜と嬉しそうな娘の傍で、ふと「ご家庭で親御さんに引かれたらどうしよう……」なんて心配になったりもして、「やっぱ指は二人で食べちゃおうよ」とか提案するワタクシ。ワンモアチキン。
e0134713_2232763.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-10-29 23:55 | 庭料理 | Comments(6)
2014年 11月 01日
曇天、休日、花壇
e0134713_114897.jpg

うおーい!いっつまで寝てんのー!と、ベッドに娘が飛び込んできた。
朝8時、頭をグリグリ脇腹にねじ込まれて痛いが、まだ眠い。
ハイテンションな娘は、今日は友達と待ち合わせてお祭りに行くんだ、このお洋服どうかな?とか浮かれている。

でも窓の外、霧雨っぽいけどなー。
いいの、いいの、雨天決行!雨天決行!このゴムで髪結んでー!というので、寝ぼけながら娘の髪をとかす。

よぼよぼしながらパジャマで庭に出たら、雨は止んでた。
秋のバラがしっとり良い香りをさせていたのでテーブルに飾る。
末っ子はアニスの香りのルイ・アマードが好きで、長女はレモンの香りのジャストジョーイが良いという。
昨日のハロウィンのご馳走の残りで、朝食は楽チン。

自転車で出かけたいのに夫にダメだと言われた末っ子が、「えー、えー、もうみんな一人で乗ってるよー」と口を尖らせてる。近所だしヘルメットちゃんとかぶって気をつけるなら良いんじゃないと言ったら、せっかくの髪型を気にしながら「じゃあヘルメットも黄色じゃなくてピンクのにしよー」って、なんだか今日はオシャレなんだな。
上の子たちは「えーお母さん今日休みなのー」とか言いつつ学校やら模試やらに出かけてく。

で。家の中がすごく静かになった。

光が冷んやり白っぽい。曇天の休日っていいかも。
今日の午前は無駄に昼寝でもしよう……とか思って見たら、夫はすでに安らかな寝息。早!
e0134713_1141210.jpg

レンガをぐるっと積んで、庭隅に初の花壇を作ってみた。所要時間20分。
でもレンガ20個で作れる花壇って予想以上に小さいんだなあ……と、積んでみてから気づく。計画無し。

[PR]

by macchi73 | 2014-11-01 09:40 | 出来事・その他 | Comments(4)
2013年 10月 31日
ハロウィン前夜
e0134713_23305715.jpg

9時台に帰ったら「ヤッター!今日は早い!」と娘が勢いよく飛びついて来た。ほろり。まっていてくれたのかい。

と思ったら、「ハロウィンの衣装つくってね。リンクの衣装ね!」と朗々と宣告された。
ええっ。ハロウィンって明日じゃん。お母さん、連日の寝不足でこんなにヨレヨレなのに。

あまり無理言わないの……となだめる長女。うんうん、そうだよね、ちょっと一日じゃムリだよね。
そしたら「約束したのに……」とガックリする末っ子。
えっ!約束したんだっけ(←いい加減)。

それで夜なべして作った。
緑色のとんがり帽子で、なんかリンク(ゲーム「ゼルダの伝説」の主人公)っぽい衣装を。

e0134713_23311116.jpg
うーん。上の子の運動着を型紙に利用したら、なんかでっかくなっちゃった……。

あー眠い。
でもまあ、仕事のことで悶々としていた頭が切り替わって、他のことに夢中になれて良い夜だったとも言える。こういうことでもなきゃ、夜も仕事しちゃうからなー最近。

翌朝の末っ子の満足気な様子をみて、私も満足。

この緑色の労働への見返りとして、秋の球根植えは手伝ってもらうという約束をした。
しかし秋の球根植え。間に合うのか。連休も仕事と遊びの予定がいっぱいだと言うのに。
e0134713_23311395.png
e0134713_23849.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-10-31 23:29 | 出来事・その他 | Comments(2)
2012年 10月 31日
小さいハロウィン
e0134713_2253910.jpg

夜、気付いたら末っ子が一人だけ魔女の仮装をしている。ギョギョ!
そうだ、今日はハロウィンだった!

例年なら友達が泊りに来たりパーティーに参加したりしているんだけど、今年はどうも忙しさと疲れで何も準備してなかった……。
パーティー無しで残念だよねと言ったら、「今日、庭で取ったチビスイカで御馳走作ろう」と言う。
食材を見せてもらうと、小さいスイカのような実、イヌタデ、ドクムギ、リュウノヒゲの実、ヤブマメ、ノビルの球根、チロリアンランプの花なんかが取り揃えられている。

e0134713_22585121.jpgこの小さいスイカは何だったろう。

夏に植えたけど薮に埋もれてしまい収穫できなかった小玉スイカか、丸キュウリか……。


それで、小さいハロウィンパーティーをした。
パーティーの準備に忙しく走り回る小さな人。甲斐甲斐しい。
e0134713_22534130.jpg

その後、お客さん――多分、熊の仮装中――もやって来て、寛ぎのハロウィンの会食となった。良かったね。
(ご飯にドクムギ入ってるけど……)
e0134713_22541027.jpg

そして人間用にも、娘が庭の花を摘んでテーブルに飾り、息子が夜の街を一走りしてケーキを買って来た。
仮装した末っ子と息子(いつの間にか)と、それから家族全員で、一応のハッピーハロウィンをして、おやすみ。
e0134713_22542674.jpg

でも実は、ハロウィンってこんな風に家族でお祝いするものでは無いよなあ多分?とか思ったり。
(家族の誰もよく分かってない)

[PR]

by macchi73 | 2012-10-31 23:13 | 出来事・その他 | Comments(8)
2011年 10月 30日
眠いハロウィン
e0134713_19521137.jpg

どんよりした、ハロウィンの朝。
お泊りで興奮して朝早くから起き出した子供たちが「朝の散歩いきたい〜」というので、近所の公園まで、早朝散歩に出た。
子どもって元気だな。私は眠い。
その後、ずっと半分居眠りしながら相手をしていたら、子どもを迎えに来た友達が、今度は子供たちを近所の学園祭に連れ去ってくれた。

あー、眠れる。助かる……。

そして夜になり、子供たちが帰って来たので、カボチャ料理を作って形ばかりのハロウィンをば。
学園祭で仮装した大学生と遊んで面白かったという子供たちの話など聞きながら、なんかまだボンヤリしてる。

料理(カボチャの肉詰め)は子どもたちに好評。
大きなカボチャを丸ごと一個食べてしまった。
すごい。また今度作ろう。

レシピはこちら:カボチャのハロウィン肉詰めオーブン焼き by ホネリ

e0134713_2126769.jpg
背面にも顔を彫ってしまった。
蛇足。

e0134713_21263146.jpg包丁で真っ二つ。
心持ちスプラッタ。


しかし今日は、薄暗い静かな家で夫とウトウトして過ごしてしまい、役に立つことを殆どしない一日だった。
あーあ、無為に過ごしちゃったなーって、気重な気分だ。
そういえば、なんか毎年ハロウィンって眠い記憶ばっかりだ。繁忙期。
e0134713_19531753.jpg

真実―パトリシア・ニール自伝

今日、ベッドでつらつら読んだ本。
パトリシアは、ゲーリー・クーパーの愛人の後、ロアルド・ダールの奥さんになった女優。
銀幕臭紛々のドラマチックな人生のような、その逆のショボイ人生のような……。

お嬢さん育ちの可愛いパトリシアが、自分をコントロールできなくて、ゴツゴツ色んなところにぶつかりながら、あまり幸せでない年配の女性になって行く様子は、なんか悲しくなる。

パトリシアにとっては、ずーっとゲーリーが理想の恋人でロアルドの出る幕無し。
前にロアルド・ダールの自伝も読んでたから、あのイタズラっ子の家庭は上手くいかなかったんだな……とか思うと、その扱いにもちょっと悲しくなったりもする。
でも、ロアルドも面倒くさそうなオッサンになってるし、何十年も連れ添った後で離婚してるからな。
本当に好きじゃなかったのか、色んな意地とか悲しい気持ちとかが入ってそういう扱いなのかは分かんないなと思った。

伝記物(あまり読んだことないけど)で、誰かの話を子どもの時から通して読むと、嫌な大人になったもんだなーと思っても、やっぱりそれも諸事情あってのことだし、どうかここはなんとか幸せになってくれよと思ってしまう。そうならないと、どんよりする。

……という訳で、読後感は「人生って辛いわあ」というだけだったが、これを発展させて、現実で嫌なヤツに会った時には、「しかし彼も昔は子どもであり、ここまで来るのに色々あったんだ。自分はその色々を知らないだけで」という考え方は使えるかもしれない(偉そうでダメか)。

最後、パトリシアは宗教に救いを求めるんだけど、それも「ずっと子どもの時から通して自分を知ってる存在(=神様)なら、ここまでの道筋を全部分かって寄り添ってくれるはず」ってのもあるのかも、なんてことを思ったり。

ちなみにパトリシアがクーパーを褒めれば褒めるほど、なんかクーパー嫌いになってしまう本でもあった。

[PR]

by macchi73 | 2011-10-30 22:00 | 書籍・CD | Comments(0)
2011年 10月 29日
墓場のムース
仕事の休み時間に寄った喫茶店で、柿をもらった。庭で収穫したものだという。
甘柿のある庭。いいなあ。

で、家に帰ったら、夫の実家から届いた梨があった。
ちょうど明日はハロウィンだし、秋の果物――ナシ、カキ、ブドウーーで、思いっきり悪趣味なお菓子を作ることにする。

e0134713_20553185.jpg

【墓場ムースの作り方】
(1) 梨とチーズのムースを作る。
梨1個をハンドミキサーにかけてなめらかに潰し、フレッシュクリームチーズを加えてよく混ぜ、きび砂糖とゼラチンを合わせたら、冷蔵庫で冷やし固める(分量は適当で構わない。味見して美味しいなと思う割合で)。

(2) 葡萄ジュースとラズベリーを小鍋にかけ、真っ赤なソースを作る。
ソースにもゼラチンを加えて、ゆるく固めておく。

(3) カキで飾りを作る。

(4)全てをレイアウトして、完成。


カキで飾りを作るところが、一番面倒くさくも楽しい工程だった。
(というか、他の工程はすごく簡単で、10分程度で終わる)

e0134713_20571772.jpg

私が左手、長女が右手を作った。
カキの中心部がドロッとしてるとこなんか、とっても気色悪い仕上がりで満足!

e0134713_20582468.jpg

いいねえ!悪趣味だねえ!と喜んでいたところに、末っ子の友達がお泊りに来た。
「うわー何コレ怖い!」と言われて、ちょっと得意で、ちょっと恥ずかしい。

e0134713_2121573.jpg

周りには、バナナや、庭で収穫したリンゴを飾ってみた。
それぞれ、子供たちにオバケの顔を描いてもらう。
参考イメージは、マイケル・ジャクソンのスリラー、またはキャリーのラストシーン。
e0134713_20545524.jpg

e0134713_21485797.jpg一通りTrick or treatをした後は、ベッド行き。

……いつまでも五月蝿いなーと思って、ランタン持って2階に見に行くと寝てる。

「なんだあ寝てるのかあ」というと、クスクス笑う。


 で、寝る前の体操として、みんなでダンス。

 最近気に入ってる曲で、よく子どもと一緒に踊ってる。
 
 子供たち、コサックダンスが案外上手い。
 小さくって跳ねてて、可愛いよなあと思う。
 


amazon.co.jpで調べる

PVの美女はメンバーなのかなと思ったら、どうもゲストボーカルのようだ。
カナダのMartina Soabaraという歌手らしい。
でも他の曲も楽しくて良かった。


[PR]

by macchi73 | 2011-10-29 22:16 | 書籍・CD | Comments(0)
2010年 10月 30日
ジャック・オー・ランタンと、スイートパンプキン
e0134713_1850084.jpgハロウィン前夜。
友達が泊りに来たので、こどもが8人もウロチョロしている。
外では遅い台風が荒れ狂い、ザーザーという雨音が凄い。
昨夜の仕事から帰宅したのは深夜過ぎ。眠い……。
それら全部が相まって、賑やかなんだけど、なんだか夢の中にいるみたいな感じがする。

カボチャのランタンを作り、中身をスイートポテトならぬスイートパンプキンに焼いて、子供たちが遊んでいる部屋のテーブルの上に置く。
それから一度台所に戻り、またちょっとだけ料理して、「さあ私もカボチャ食べるか」と思ってみたら、お皿は空っぽ。

食べ損ねちゃった。

子供たちのワイワイ言う声を奥の方に聞きながら、大人は大人で食事とゲーム。
夫がデミグラスソースから手作りしたスネ肉のビーフシチュー、すっごい美味しい。
スクラブルでは最後の一手で私の逆転勝ち。麻雀も圧勝。
ふっふ。楽しいハロウィンだ。眠いけど。

真夜中過ぎ。
ランタンを掲げて子供たちの様子を見に行ったら、大きなベッドに全員で、ずらりと同じパジャマを着て並んで眠っていた(双子の友人間で子供服を回す、お下がりマジックの奇跡!)。
御伽話の挿絵のようだ。可愛い。おやすみ。


e0134713_18503350.jpge0134713_185054100.jpge0134713_18513866.jpg

e0134713_18511773.jpg
仮装した子供たち、けっこう怖い……。

敷地中に隠したお菓子を探して練り歩く様子は、魑魅魍魎の趣きあり。

[PR]

by macchi73 | 2010-10-30 23:49 | 庭料理 | Comments(0)
2009年 10月 29日
かぼちゃプリン
子供たちとカボチャプリンを焼いて、遊びに来た友人たちと食べた。
ほろ苦いカラメルとカボチャの風味がマッチして美味しい。

e0134713_01246.jpge0134713_013941.jpg

カボチャといえば、この時期はハロウィンだ。
お客さんたちも帰り、家族も寝静まった夜中に、娘たちの英語教室のハロウィンパーティーの衣装を作る。

500円のフリース毛布を適当に切って縫って3時間で完成。
「早いの・うまいの・安っいの〜」っていうキン肉マンの歌が、深夜の頭の中をぐるぐる回っている。
このところ残業続きで時間が無いのに、何をやってるんだか・・・。眠。

でも、毛糸で尻尾やたてがみもつけたりして、なかなか可愛く出来た。
娘たちが寝てる間にこっそり着せておいたら、はは、朝に気付いてびっくりしている。

e0134713_23573446.jpge0134713_23575599.jpg
今年の仮装は、娘の強い要望により、忍者とその愛馬。
(なんか色々と間違っている気がするが・・・)

キン肉マンゼブラとザ・ニンジャではない。

・・・あ、でもハロウィンって人外の者に仮装するものらしいから、忍者よりは超人の方が趣旨にかなってるのかな?


e0134713_18225973.jpg
ところで、ハロウィンに付き物のジャックオーランタンだが、鉄串を使って顔を作ると簡単だ。
グサグサと破線を描くようにして、適当に顔を描いていく。

丸ごと転がしておけばなかなか腐らないカボチャだが、包丁を入れた後はアッというまに傷むのが不思議。
朝、ジャック・オー・ランタンを作っておくと、夜にはもう萎びて、良い具合にオドロオドロしい雰囲気に・・・。

e0134713_18132538.jpg

[PR]

by macchi73 | 2009-10-29 00:45 | 庭料理 | Comments(0)