「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ハルジオン ( 3 ) タグの人気記事

2016年 05月 19日
紅花ハルジオンと、ハルジオンに集まる虫
e0134713_01913.jpg

庭にも野にも道端にも、ハルジオンが咲いている。

白い花が多いが、たまに濃いピンクの花をつけてる株も見かける。すぐそばで咲いていても、あっちは白い花の群生、こっちはピンクの群生、という場所も見かけたので、ちょっと不思議な感じがした。
e0134713_01784.jpg

色の濃いタイプをベニバナハルジオンと呼んでハルジオンとは区別している図鑑もあったが、別の種というわけではなくて、同じハルジオンの中の色のバリエーションの一つというだけのようだ。

Wikipediaによれば、『花弁の白い部分がやや紫がかる個体が見られることもあるが、これは清浄な空気の中で育った時にできるものである。』って書かれていたけど、空気が清浄だと花弁の色が変わる理屈がわからない……。アジサイみたいに土壌のPHで色が変わるなら、感覚的にもわかるんだけど。空気の影響って、どういうことなんだろう?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ハルジオンは花粉を食べやすい形をしているせいか、春の虫をたくさん呼び寄せる。

ハナムグリ : 花潜

花に潜って花粉を食べるのが大好きだから、ハナムグリ(花潜り)。

黒地に白い二つの斑があるのが、クロハナムグリ(黒花潜)。
メタリックグリーンの地に白点が散った模様のは、コアオハナムグリ(小青花潜)。
e0134713_01552.jpg


モモブトカミキリモドキ : 腿太天牛擬

「え?別に腿太くないじゃん!スマートだよー」って思ってしまうが、これはメスだから。オスの場合は、メスとそっくりな姿だけど、腿だけが太い。

ラメっぽく青緑に光る翅がよく見ると綺麗だと思う。カミキリモドキの仲間なんで、これも不用意に触ると痛い目に遭うのではと思う。注意。
e0134713_01416.jpg


ヒメマルカツオブシムシ : 姫丸鰹節虫

キク科の花に、やたらとついている虫。幼虫は、乾燥した動物性の繊維質(人家の箪笥の中のセーターなど)を主食にする。

うちの庭では、毎年この時期、すごい数だ……。これってウチだけなのか?だから私のセーターにはいつも虫食い穴が空いてるのか?
e0134713_01247.jpg


シジミチョウ : 小灰蝶

どこでもいるけど、かなり好き。そして意外と種類が多くて、見分けにくい。
とても小さくて地味な蝶だが、翅を開くとほのかにメタリックに光るタイプがけっこう多くて綺麗だと思う。

左の薄青いのがヤマトシジミ、右の橙色のがベニシジミかな。
e0134713_005987.jpg


スジグロシロチョウ : 筋黒白蝶

昔は全部、白い蝶はモンシロチョウに見えた。
が、スジグロシロチョウを知ってから見ると、今度はスジグロばっかりが目について、モンシロチョウの方がなかなか見つからない気がする。そして、キチョウとモンキチョウも然り。
e0134713_005896.jpg


セスジハリバエ : 背筋針蠅

全体的に丸い感じで、腹部が色鮮やかなオレンジなので、ぱっと見、マルボシハナバエ(丸星花蠅)かな?と思ったんだけど、よく見たらチクチクした感じの毛が生えてる……。マルボシハナバエは全体的にツルッとした質感なので、これはセスジハリバエか。どちらであっても、幼虫はイモムシなどに寄生するヤドリバエの仲間なので、虫が集まるハルジオンの上は格好の活動場所なのかも。

ちなみに、寄生バチと違って、ヤドリバエは直接イモムシなどを刺して卵を産み付ける訳ではないようだ。ヤドリバエの卵は花の茎や葉の上に産みつけられ、そこで孵化した幼虫は寄生できるイモムシなどが通りかかるのをジッとその場で待って、寄生するらしい。そのため、幼虫は乾燥などに強いという性質を持つ。
e0134713_005597.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-05-19 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2016年 05月 01日
5月の花とジョウカイボン
e0134713_026142.jpg
GWは夫の実家に農作業の手伝いに行ってきた。
そして大きな庭石の上に立って景色を眺めていた時(←手伝いは?)、ゲームを思いついて子供を誘う。5分間で、敷地内に咲いている花の種類をどちらがたくさん集めて戻って来れるか。集合場所は、この石の上だ。

ヨーイ、ドン!

掛け声と共に石を飛び降り、すぐそばの花壇へと走った子供を見てシメシメと思う。小学生の浅知恵なり。花壇の花なんてすぐに集められるからな。私は裏山の野草の花を先に集めて、それから花壇でラストスパートをかける所存。

しかし柔らかい斜面を駆け上るのに意外と体力を使ってしまい、ふうふう言う。そうこうしていたら、背後から軽やかな足音がして娘がやってきた。あっ、ここはお母さんのフィールドなのに!と文句を言ってもニヤッとして駆けて行く。

結局、5分後に石の上に一つずつ花を並べたら、二人とも21種類だった。ちぇー。まだまだ花のある場所は知ってたんだけどなあ。体力で負けた。

花の数はあいこだけど、じゃあどれだけ花の名前知ってる?お母さんは全部知ってる、これがミツバツチグリ、チゴユリ、イモカタバミ、ツメクサ、ハハコグサ、ハルジオン、オニタビラコだから!とか、いきなりの卑怯なルール追加をして子供を圧勝。

そしたら、子供が、あっ、お母さん、見てごらん!と指差す。見ると、隣の木の枝からジョウカイボンがてくてく寄ってきて、端っこの花から順によじ登りはじめた。「どの花を気にいるかな?」と興味深々な子供。

ん?ジョウカイボンはたしか肉食だよ、花の上で待ってて他の虫を襲うんだ、と豆知識をひけらかしたら、なんとマリーゴールドの花に頭を突っ込んでムシャムシャやりだした。「んー、でも食べてるみたいだよ……」と娘。そうだねえ、見たものが正しい。ジョウカイボンはマリーゴールドの花を食べるっぽい。
e0134713_0255974.jpg
あとで調べたら、ジョウカイボンは幼虫も成虫も肉食だけど、成虫はたまに花粉を食べたりもするって書いてた。

[PR]

by macchi73 | 2016-05-01 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2008年 05月 13日
ハルジオン
e0134713_23581157.jpg

花びらが細いフリンジみたいで、よく見ると面白いかも。
空き地なんかに沢山咲いている。

ピンクのモッサリしたヤツがハルジョオン、白くて地味なのがヒメジョオンと覚えていたが、調べてみたら「ハルジョオン」という呼名はなくて、正しくは「ハルジオン」だった。姫女菀、春紫菀と書くようだ。そっくりなのに紛らわしい。
あれ、そう言えば「ハルシオン」っていう単語もあったよな・・・なんて思ったが、それは睡眠薬の名前か。紛らわしい(くもないか・・・)。

e0134713_0382142.jpg

[PR]

by macchi73 | 2008-05-13 00:04 | 雑草、野草 | Comments(0)