「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ハギ ( 3 ) タグの人気記事

2013年 09月 16日
鹿料理、3種
e0134713_1171318.jpg

庭の萩が咲き出した。萩に猪、紅葉に鹿。
ということで、友達から鹿を貰った。

e0134713_123174.png
草茫々の庭で飼うには最適なペットだね!

というのは嘘で、食肉としてでっかい脚を一本。
(画像は可愛くしてあります)


鹿肉は、他の獣肉と比べて臭みもなく柔らかいというので、下ごしらえはそんなにしなかった。
調理の数時間前に軽く表面に塩して、芯まで常温になるように冷蔵庫から出しておくと良いらしい。
結果、とっても美味しかったのでレシピをメモ。手元に鹿がある時には是非!

* * * * * * * * * * * * *

【鹿肉の餃子】
(1)鹿肉をミンサーで挽肉にして、ショウガとセロリとタマネギの微塵切りを混ぜ、醤油と花椒塩で濃い目に味付けする。鹿の脚には脂が少なかったので、脂要員として豚挽肉も加えた。
(2)小麦粉を水でよく捏ねた生地をお団子にして薄くのばして餃子の皮を作る。
(3) (2)ができたら、どんどん(1)を包んで、沸騰した大鍋で煮る。


これは中国の友人がよく作ってくれるんだけど、何の肉使ってもホントに美味しい!
中身に濃い目に味付けしちゃうのがコツ。ニンニクは入れないこと。
食べる時には何もつけないか、または黒酢をちょっと付ける。
かぶりつくと中から美味しいスープがジュワって出て来て、餃子っていうよりモチモチのスープ入り饅頭みたい。

* * * * * * * * * * * * *

【ロースト鹿】
塩コショウした肉の塊の表面を強火で焼いて、色がついたらアルミホイルで包む。
そのまま鉄鍋の中に放置して、中まで火が通るのを待つ。


シンプルだけど美味しかった〜。
せっかちな私は何回も開けようとしてコックに怒られてしまったが、火を止めてから何十分かじっくり待つのがコツらしい。

* * * * * * * * * * * * *

【鹿肉の煮込み】
漫画『銀の匙』の隅っこの一コマに鹿肉調理法が載ってたので、試しにそのままやってみた。美味しかった!


e0134713_1244363.jpg
『銀の匙』(amazonで調べる)

ちなみに私は小説やゲームに出て来たレシピをそのまま作るっていうのをたまにやるんだけど、これまでの成功率はあまり高く無い。

一番まずかったのは、Return to Zorkという架空の街を歩き回るパソコンゲーム中、市役所のキャビネット内にレモンのおかゆのレシピを見つけたので試しに作ってみた時かな……。
珍妙な味に食卓を囲んだメンツたちに沈黙が訪れたが、勇敢にも一人完食した男がいた。それが後の夫である(嘘)。

RETURN TO ZORK 【PC-FX】

あれ、評価コメント悪いなー。めちゃくちゃ面白かったのに……。

高かったのは難易度じゃなくて自由度だと思う。
むしろ最近のゲームがシナリオがっちり組まれ過ぎなんじゃないか。



また、更に若かりし頃にはヘミングウェイの短編に出て来た「外ででっかいベーコンの固まりをフライパンで焼いて、出て来た油にパンを浸して食べる」っていうシーンに憧れていた。
で、働き始めてから、奮発して肉屋さんにベーコンの塊を注文してやってみた。煙臭い油パンに胸焼けして、長年の夢が砕け散るのを感じた。

たぶん今やったらもう少し美味しくできると思うけど、若くて料理自体あまりやったことが無いくせに、小説に出て来た描写のみをたよりに味付けも何もなしでやったのが悪かったんだと思う。

そう考えると、家庭を持って日常的に食用可能な料理をするようになった今は、我ながらずいぶん成長したもんだと思う。

e0134713_1524088.jpg
お客さんもいっぱい来て、楽しいジビエパーティーでした。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ジビエに便利な挽肉製造機。
持ち込み肉のミンチって、お肉屋さんには頼みにくいからな。




[PR]

by macchi73 | 2013-09-16 23:16 | 庭料理 | Comments(5)
2010年 09月 30日
秋の七草:萩(ハギ)
e0134713_209439.jpg

秋の七草の一つ。

我が家の萩は、宮城野萩。
庭隅で、びょんびょんと枝を暴れさせ、枝垂れさせている。

枝ぶりが自由過ぎてちょっと邪魔でもあったので、思い切って枝を刈り込んでみた。
でも、萩の枝は、丈夫でまたちゃんと伸びてくるから心配ない。
[PR]

by macchi73 | 2010-09-30 22:15 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2008年 03月 08日
ミヤギノハギ(宮城野萩)
萩の育て方:
●花期は8〜10月
●日照にはうるさくないらしい。
●施肥は冬に堆肥を根元に与えるだけで、あとは与えない。
●冬に葉が枯れたら、地表5cmで刈り込んでしまう。他の時期にはできるだけ切らない。
●2月頃、株分けできる。
●6月頃、挿木できる。


2008/3
近所の中華料理店からもらった壷に、宮城野萩を植え付ける。
今はまだ地上部は無くて、根っこから枯れた茎が5cm程出ている状態。

2008/4
新しい芽が出て来た。
うーん、東に枝垂れて欲しいんだけど、西に向かって伸びている様子。
e0134713_2333259.jpg
2008/5
良い感じに枝を伸ばしつつある。
左に見える銀色の葉はカレープラント。
e0134713_0344849.jpg
2008/9/20
花が咲き出した。
e0134713_2411377.jpg
2008/10/4
どんどん咲いているが、イメージしていたようには枝垂れないで、空に向かって放射状に枝を伸ばしている感じ。うーん。初年度は少し刈り込みを軽くして、来年度、もう少し枝が長くなれば豪華に枝垂れるのかなあ。
e0134713_950324.jpg

2009/9/8
良い感じに枝を伸ばしていたので、もう少し広い場所に移そうと壷を持ち上げたら、ぶつけて割ってしまった。
仕方無いので、壷から取り出して地植えにする。
ただ、壷から出して植えるとなるとかなりの日陰の場所しかないや・・・。
2009/9/20
移植してから元気がなく、葉が縮れたようになっている。
うーん、今年はダメかも。せっかく元気に育ってたのに悪い事したなあ。

2010/9/26
いつの間にか、また元気に繁って大株になっていたので、かなり大胆に短く選定してみた。
[PR]

by macchi73 | 2008-03-08 23:31 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)