「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ノビル ( 2 ) タグの人気記事

2010年 10月 23日
ノビル(野蒜)
e0134713_2022660.jpg

ついこの間、大々的な草刈りをし終えたと思ったのに、ふと見ると地面のあちこちから真っ直ぐな葉が生えてきている。ノビルだ。

思えば、引越して来た時からうちの庭はノビル天国だった。
地面を掘れば、ノビルの小さな白い球根が出て来る、出て来る……。
子供の頃にどこかで聞いた「球根の植物に雑草は無い」なんて知識(今思えば大ウソだが)を元に、掘り出しては埋め戻し、掘り出しては埋め戻ししていたら、更に増えて、今に至る。

柔らかくて細い葉が、空へ向かってスイッと伸びている今の姿は結構綺麗。
でも、暖かくなると、モジャモジャになって倒れるんだよなー。

ノビルは野蒜と書く。
文字通り、葉をちぎると蒜(ニンニク)のような香りがするので、薬味にも使えるようだ。
球根も似たような味がして、食用にできるらしい。
花は咲いているのを見た事がない。

e0134713_20123677.jpg既にモジャる気配を漂わせている場所もチラホラ。

今年はモリモリ食べてみるかなー。

[PR]

by macchi73 | 2010-10-23 20:18 | 雑草、野草 | Comments(0)
2009年 04月 13日
春の野草(食)
友人が河辺で採ったという野草を土産に立ち寄ってくれたので、皆で一緒に晩ご飯にして食べた。

e0134713_035616.jpg

左上からだいたい時計回りに、ミツバ、ゼンマイ、イワギボウシ・オオバギボウシ、コゴミ、クコ、ツクシ、カンゾウ、サンショウ、アケビ、ノビル。
不用意に触ると痛いからと、別袋にイラクサもあった。
その他、うちの庭でとれたスナップエンドウと、ちょうど料理しようと思っていたウドも食材として追加し、非常に自然志向の食卓となった。

e0134713_0151948.jpge0134713_0153498.jpg

以下、今晩のメニュー。
●ミツバの卵味噌汁:ミツバの味が濃くて美味しい。さすが野生。
●ギボウシのおひたしと天ぷら:ウルイとして売られているだけあって、アクもなくて美味しい。ちょっと滑りのある食感なので、天ぷらよりもおひたしの方が美味しかったな。
●コゴミのおひたしと天ぷら:メチャクチャ美味しい!これは驚いた。凄い美味しい。
●ツクシの卵とじ:茹でると綺麗な赤色になる。塩ゆでしただけでも、ほろ苦くてシャキシャキして良い感じ。
●カンゾウおひたし:子どもたちにも人気。甘いネギっぽい味。煮物に使っても良さそう。
●アケビの天ぷら:若い蔓をくるんと輪っかにして揚げた様子も可愛い。アケビの皮が美味しいとは聞いていたが、蔓も食べられるとは・・・。我家のアケビの新蔓も今週摘んでみよう。
●山椒は叩いて日本酒に。
●ウドは酢みそ和えとキンピラに。

ここまで食べたところで、もうお腹いっぱいになったし、ゼンマイは灰汁抜きに時間がかかるらしいので、他は今晩灰汁抜きしてまた今度食べることにした。

いやー、美味しかった。野草、侮りがたし。
特にコゴミ(クサソテツの若芽)は、全くアクがなくて香ばしいと言うか・・・凄く好み。
裏庭の暗がりに胞子付きの雄株を軽く埋めてみたので、来春は自宅で収穫できるか?期待。

e0134713_0291240.jpg
ちなみに、たった一つ、左の写真のイラクサだけは「これはダメかも。痛いかも」ということで試食を断念。ゆで汁の色もなんだか怖い。
葉っぱを湯がいて食べようと思ったんだけど、本当はどうも茎を食べるものらしい。

後で調べたら、イラクサの漢字表記は刺草。別名は蕁麻(蕁麻疹の)。
そうやすやすとは料理できない手強い草だったかもしれない。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-13 00:45 | 庭料理 | Comments(0)