タグ:ネコヤナギ ( 3 ) タグの人気記事

2015年 03月 16日
挿し木の誘惑(『自己流園芸ベランダ派』)
e0134713_0182371.jpg

末っ子が生花教室から持ち帰った花の名前を聞いたら、ガマズミだという。

ガマズミって、山に生えてるアレか!?
夏には白い花を咲かせ、秋には赤い実をつけるというアレか!?
その果実はなかなかの美味で果実酒にもなるという、アレか!?

で、末っ子から一本、一番エネルギーが充実した感じの枝をもらって庭に挿木をした。

ふふ。今年の秋の楽しみが一つできた。どうか根付きますよう、ナムナム。
e0134713_0183520.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

実は末っ子の花材から挿木するのは、これが初めてではない。
……というより、これはと思う花材は、たいてい挿木を試していると言っても過言ではない。

庭に来た小学生が嬉しそうに「あーネコヤナギだー」と言ってるそれ、それも生えてるんじゃなくて挿木してるだけなんだよね。やはり末っ子が花材として持ち帰ったものを、捨てるのが勿体なくて地面に挿してしまったのであった。
e0134713_0191356.jpg

でも我ながらおかしいと思うのは、数年前にもネコヤナギを挿木して、そして巨大化させてしまって、手に負えなくなって抜いたという経験もあるのだった……。なのにまた、このまま捨てるのは忍びないと言って挿木してしまう。このガーデナーの心性や如何に。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなことを思っていたら、同じ症状を呈している人をみつけた。

『自己流園芸ベランダ派』 (いとうせいこう)

ベランダ園芸に勤しむ人間を「ベランダー」と呼び、その植えては枯らす不毛でありながら豊かな園芸生活の日々を綴った一冊。

その中で、著者が花束によく入っている「細くて緑色の茎がクネクネしてるだけのやつ」(←トクサか富貴竹のことか?)が挿木で根付き易いという事実に気づいた時の喜びについて書かれた一節を発見した。そうか……ケチな根性から挿木をしていたのか、私も。
もらった花束から鉢を作ろうとするケチな根性は、全ベランダー共通のものだろう。わらしべ長者的というか、無から有を生みたがるというか、カスピ海ヨーグルトの生産にも似たお得な感じが我々を刺激する。

正直なところ、同著者の園芸エッセイとしては、前に出版された『ボタニカル・ライフ』の方が、構成がちゃんと考えられているというか、いちいちオチも用意されていて読んでて面白い。『自己流園芸ベランダ派』は、ただもうそのまま、"オレの園芸覚書"くらいの内容で、よく言えば自然、悪く言えば漫然とした印象だった。ただ、同じようないい加減な園芸仲間だと、そういうのあるある、的な面白さはそこここにある。

私が、そうそう、そうなんだよなあ!と思った一節は下記。草木に対して、だんだん「こうすれば良いかも」ってな勘は磨かれてる気はするんだけど、それが本当かどうかは、実際のところ、分からないんだよな。
……(略)……
にもかかわらず、エンジェルズ・トランペットは咲いた。咲いたどころの話ではなく、むしろ花期が長くなった。

簡単にするとこうなる。
(1)剪定したら咲いた。
(2)剪定せずに咲いた。
さて、以上二つの事実から俺はどんな解答を導けばいいのだろうか。

……(略)……
また「基本的に剪定は欠かせないが、剪定せずとも咲く場合がある」という人もいるだろうし、「剪定はいらない。だが、剪定しても咲く」という人があるかもしれない。もう何が何だかわからない意見だが、実は園芸書がそんな感じだ。
植物というものは機械と違って、”こうすれば絶対にああなる”とは決まっていない。

……(略)……
だが、我々ベランダーはなるべくその事実を認めずにいたがる。自分の知識と判断と労働とで花を咲かせたと思いたいからだ。
エンジェルズ・トランペットが咲いた要因を、俺は結局は知り得ない。

ちなみに、この本を読んだ後、娘の花材の中にトクサを発見して、つい挿木してしまった。
特別に好きでもないし、庭に欲しい草木でもないんだけど。
[PR]

by macchi73 | 2015-03-16 00:45 | 面白かった本など | Comments(5)
2013年 12月 30日
雪山散歩(バッコヤナギ、ナナカマド、ニセアカシア)
e0134713_1254397.jpg
クリスマスからしばらく末っ子と二人で冬休みの旅行に行って来た。
このあいだ海に行ったばかりだから今回は雪山にしようと、行き先には北海道を選択。

毎日、夜はリゾート地っぽい施設やらイルミネーションやらでチャラチャラしつつ、昼にはスキーやかんじきを履いて娘と二人で雪山を堪能する。まだ年末休みで賑わう時期には早かったせいか、山の中はいつもシーンとしていて、なんだか静かな気分になった。命の洗濯だー。やっぱ自然って気持ち良いなあ。

山の中で動物に会えるかなーという期待は叶わなかったが、ま、動物は動物でもあの恐ろしいヒグマに遭わなかっただけ良しとしよう。
e0134713_12535652.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

樹木の表面にはコケ類がフリーズドライみたいになって張り付いていた。
遠くから見ると、樹皮に大小の雪の結晶マークが描かれているみたいでちょっと綺麗だ。

ほとんどの植物が育たない南極ですら、乾燥に強いコケ類は、こんな風にミイラ化しながら越冬して春にはまた息を吹き返すらしい。
e0134713_12534373.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

また、道中、ネコヤナギの緑銀色の花穂を見つけたんで、雪をかき分けて近寄ってみた。
そしたら、このネコヤナギはでかい!!樹高10m以上ありそうだ。
落葉低木であるネコヤナギって、こんなに大きくならないと思ってたけど、雪山だと大きくなるのか?

それともまさか、植物にもベルクマンの法則が!?
(……と旭山動物園で知ったばかりの言葉を使う。同じ種で比較すると、寒い地方の個体ほど保温目的で体が大きくなる法則。)


と思って調べたが、どうもこれはバッコヤナギ(跋扈柳)という落葉高木で、15mくらいまで育つらしい。
ネコヤナギに似ていて山の中で育つので、別名、ヤマネコヤナギ(山猫柳)とも言う。
e0134713_12535372.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それから真っ赤な実が目立つ木を発見。ナナカマドかな。
前に草津白根山に行った時にも自生したナナカマドが綺麗だったのを思い出すに、庭にも使われるナナカマドだけど、もともとは寒さに強い高山植物なんだろう。

一面の銀世界の中での赤い実は目立つから冬の小鳥たちが惹き付けられそうだな……と思って眺めていたら、子供が引き寄せられていた。
雪玉をぶつけたりしてなんとか赤い実をゲットしようとピョコピョコしている。子猿みたいだ。
e0134713_12535099.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

雪の上には、時々マメのサヤが落ちているのを見かけた。
一つ掘り出してみたら、10個ほどの種子が並んでいる。
その場では、ハギかな?と見当をつけてみたが、ハギの場合はサヤがトゲトゲしているらしいから、別の何かかもしれない。
→ ご指摘により、ニセアカシヤと判明。ありがとうございました。
e0134713_12534895.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなこんなで、末っ子と二人の冬休みを満喫。
ずーっと娘の笑い声を聞いてる、のんびりした楽しい4日間だった。

あーあ、まだまだ帰りたくないなあ、北海道楽しいなあ、また来たいなあ、という末っ子に私も同感。
高校生たちの忙しい時期が終わったら、今度は家族みんなでまた来よう。
e0134713_1253411.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-30 13:26 | 【その他】日記 | Comments(3)
2009年 02月 28日
ネコヤナギ


春先に猫の仔みたいな花をつける。
別名カワヤナギと呼ばれるように川辺によく生えてるので、少し湿り気が好きなのかな?

昔、この手触りが好きで、沢山集めて缶に入れ、従兄弟の部屋に放置しておいたことがある(なんで従兄弟の部屋だったんだっけ・・・)。
で、随分時間が経ってから、缶を開けたら、猫柳はそのままのツヤツヤの状態を保っていて驚いた。
ちなみに、猫柳と同時期に別の缶に入れたリンゴ(なんでリンゴなんか入れたんだっけ・・・)は、シワシワのミイラになって姫リンゴサイズに縮んでいた。首狩り族のミニ首風。
それが可笑しくって、従兄弟とゲラゲラ笑ったけなあ。
・・・子供の頃の、変な記憶。正確かどうかは不明。

2008/2/19
枝を庭の水場脇の土に挿して放置していたら根付いた。
ヤナギ類はすぐ根付く。

e0134713_23301847.jpg
2009/2/28
一つだけ、変な形になっているのを発見。
可愛かったペットの猫が、いきなり内部から物体Xを出したような趣き。
ちょっとショック。

e0134713_1829744.jpg
2009/3/9
物体X、更に進化 & 範囲拡大。
うへえ。

[PR]

by macchi73 | 2009-02-28 23:32 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)