タグ:ニチニチソウ ( 3 ) タグの人気記事

2011年 04月 09日
春の雨
e0134713_1953158.jpg

細かい雨が降っているが、なんとなく温かい。春だ。

コタツを押し入れに閉まったら、部屋ががらんとした。
一つの季節が終わったという気がする。

e0134713_19565852.jpg
コタツを片付けている間、狼藉の限りを尽くす――音楽をかけて踊り回る、部屋の中で縄跳びをする、黒いマントを羽織ってあちこちから飛び降りる――子供たち。

新しい空間が空くとね。
とりあえず騒いじゃうね。

でもコタツの後に普通の円卓を据えて、大騒ぎはおしまい。

夕方、同郷の友人と映画を見に出かけることになって外に出た。
むむ、なんだか暖かい……上着を着ようか着まいか迷って、薄着で出かけてみる。

庭で濡れている花々も、こう温かい雨だと気持ち良さそう。
でも放射能がなあ、なんて思ってしまう昨今だけど。

e0134713_20593522.jpg
映画は新宿シネタワーで『津軽百年食堂』を観た。
地元映画だし風景を楽しめたらなーくらいに思っていたら、予想以上に面白かった……けど、感動シーンで四方から啜り泣きが聞こえてびっくりする。
観客は年配の人たちが多かったから、もしかして皆、同郷だったりするのかな?なんて親近感を覚えつつ。

e0134713_2040826.jpg映画後、ホルモン焼き沼田で一杯やりながら近況など話したり。

友達と別れた後は、上の息子・娘と落ち合って帰る。
こんなに夜遅い待ち合わせは珍しいことなので、新鮮な気分だ。
閉店間際の喫茶店で学校の話なんか聞いて、ちょっと大人の付き合いみたいだなあ。

夜十時、手をつないで帰る。
今か近いうち、これが最後の手つなぎだった……とかいうことが、後から思うとあるんだろう。

[PR]

by macchi73 | 2011-04-09 23:59 | 【その他】日記 | Comments(0)
2009年 09月 26日
庭再生計画6:東通路
e0134713_236651.jpg我家で一番の荒れ地と言えば、ここ東通路。
夏だけでなく、四季を通じて野放図な薮のままだ。
環境としては、真昼の1,2時間だけ地面まで日が射すが、それ以外は日陰。
ブロック塀と家屋に挟まれた日陰で狭くて長い場所で、なんかどうして良いか良く分からないんだよなあ・・・。

ただ、見た目はとにかく、案外植物が定着しやすいようで、気に入った植物が多く生えている場所でもある。
エビネ各種
ミョウガ
エンレイソウ
フサスグリ(赤と白)
ユキモチソウ
オリエンタルリリー各種
色々なオダマキ
ナルコユリ
などなど。

それらを間違って刈り取ったり掘り返したりしてしまわないように注意しつつ、下草をちょっと整理することにした。


ちなみに、東通路で暴れている下草類は以下のもの。
足の踏み場がない・・・。

●斑入りの葉が綺麗だけど、絡み合いどこまでも広がるツルニチニチソウ、どす紫色に紅葉するドクダミ

e0134713_23345148.jpg

●ピンクの小さな花穂が可愛いイヌタデ。可愛いけど繁り過ぎ。
それとどこにでも出て来るシダ類とシソもちょっと減らそう。

e0134713_2335468.jpg

●なんだか混沌とした有様・・・。
広がり過ぎるカキドオシツユクサシラユキゲシヒメツルソバは間引く。
アジュガフウチソウあたりは大人しいのでそのままで良いかな。

e0134713_23364192.jpg

e0134713_18324016.jpg
ということで、草刈り作業後の様子。
いやあ、疲れた疲れた。

納屋にクローバーの種が入った大きな袋(期限切れ)があったので、空き地にはその種をまき散らしておいた。グラウンドカバーになってくれますように。

e0134713_18333432.jpgミョウガやウツギが暴れまくって通路を塞いでいた場所。
先日のヤナギイチゴの剪定枝で柵を作って、通路まで薮が飛び出してこないようにした。

柵の根元を見たら、ミョウガがピョコピョコ飛び出している!
今まで気付かなかった。

e0134713_18342056.jpg
奥の方はあまり人が行かない場所なので、放置しても草に埋もれないように、広めに板を引いておくことにした。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-26 18:42 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2006年 09月 16日
ツルニチニチソウ
蔓日々草の育て方:
●花期は4〜5月。花付きは少ないようだが葉だけでも綺麗。
●説明書に「日当りを好むが夏は半日陰に。水切れを嫌うが過湿には注意」・・・って、はっきりしないなあ。
●生育が旺盛。伸びた枝をその辺りに挿しておくとほぼ根付く。
●アルカロイドを含むので口にしない。って、口にする人いるのか?


2006/9
夏に半日陰になる場所ということで、生垣のすぐ前に植付け。弱るようだったら、もうすこし日向へ移す。

2007/5
弱りもせず、しかし繁りもせず、ただただ蔓を遠くまで伸ばしている。ヒョーンと長ーく伸びた蔓をかなり離れた場所で見つけて驚くこと多し。茎も葉っぱも艶があって色も綺麗。だけど、葉から葉への節が長過ぎて、いるんだかいないんだか分らない。
2007/6
たまに蔓を切っては他の場所に挿しているが、どこでも根付くわりに、どこでも繁らない。ただ葉も花もない蔓が伸びていく・・・もう少し節の間隔を短くしたり、花や葉を付けさせるには、やっぱりもっと日向でないとダメってことかな。

e0134713_2244615.jpg
2008/3
暖かくなって来たので枯葉の掃除をしていたら、結構あちこちに小株を作っているのに気付いた。やっぱり日陰からは長く蔓を伸ばし、ちょうど日だまりになるところで株を作りやすいみたいだ。

e0134713_23543924.jpg
2008/4/19
花が咲いた。蕾もついている。


2009/3/14
雨の中で一輪、初花を咲かせているのを発見。
3年間放置していたら、蔓を伸ばして勝手に色んな場所にこんもり繁っている。
冬の間も明るい黄緑の斑入りの葉が庭を明るくしてくれて良い感じ。

2009/4/11
これまで、あまり花数は多くない植物かと思っていたが、今年はどの株も沢山の花を付けている。

e0134713_18131928.jpg
[PR]

by macchi73 | 2006-09-16 22:25 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)