タグ:ニゲラ ( 4 ) タグの人気記事

2012年 06月 07日
間違い探し
庭全体に散らばるように、直径3cmくらいの花が沢山咲いている。

今年3月始めに種撒きたい病にかかって、種まきした矢車菊が咲いたのか。
それともまたは、去年のこぼれ種から咲いただけか。
e0134713_9501138.jpg

色のバリエーションは多いのに、花の形はキチッとどれも全く同じ円盤型をしていて面白い。判でおしたみたい。
背が高くて細くてシュッとしてて茎が目立たないので、なんだか空中に見えない水面があって、点々と色が浮いているみたいだ。

しかしよく見たら、矢車菊の中に混じって別の花も……。分かるかな?
e0134713_9513049.jpg

答は、左下の花。
これは矢車菊ではなくて、桃花のニゲラだ。花の中心に風船のような種ができる。
でも、遠目ではそっくりだ。

青と白のニゲラは、いっぱい咲いているけれど、ピンク系のニゲラは今年初めてみた気がする。
うーん、ただでさえ増え過ぎのニゲラだし、新たに種まきしてはいないと思うんだけどなあ。
なんでピンクが出現したんだろ。

e0134713_9521629.jpg
左の青花がニゲラで、右のピンクのが矢車菊。

花の大きさや形もそうだけど、花びらの質感が似てるんだよな。薄紙みたいな質感。

こういう質感の花は、ドライフラワーにしても綺麗にそのまま残る。


[PR]

by macchi73 | 2012-06-07 06:15 | 【その他】日記 | Comments(2)
2011年 06月 05日
ニゲラ
庭の菜園ゾーンに、ニゲラが沢山咲いている。
2008年に種を蒔いたのが年々増えて、特に今年は爆発的な広がり。
あまりに万遍無く広がっているので、芽の時期には新しい雑草かと勘違いしてしまった。

e0134713_11421240.jpg

うーん、花が咲いてみると、これはますますちょっと殖え過ぎの感があるな。
今年は種ができる前に間引いておこう(食べられないハーブには厳し目の態度で臨むワタクシ)。

数が増えたせいで、一重・八重、青・白、色んなタイプがあるのに気付いた。
過去の写真を見ると、もとから混在はしていたようだけど、青の一重が圧倒的に多かったから、色々あるのに気付いてなかった。

ハーブコーナーにあったくせに食べられないのが残念だが、綺麗な花ではある。
……菜園じゃなくて、別の場所に移そうかな。

e0134713_11434828.jpg

こちらが去年までスタンダードだったタイプの青一重。
今年も多数派ではあるけど、段々と八重の花が増えている。
八重の花って種で増えにくいことが多いと思ってたけど、ニゲラの場合はそうでも無いみたいだ。

e0134713_1144583.jpg
[PR]

by macchi73 | 2011-06-05 11:49 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(3)
2010年 10月 17日
変わった形の芽 → ニゲラ
e0134713_21183941.jpg

久しぶりに菜園の手入れをしたところ、地表に沢山の小さな芽が出ているのに気付いた。
なんだろう……変わった形で、雑草じゃないような雰囲気だけど。
種まきした記憶が全く無い。

暫くそのままにして、観察することにする。→ ご指摘により、ニゲラと判明。

e0134713_21204468.jpg
フェイジョアの根元に、特に沢山群生している。

[PR]

by macchi73 | 2010-10-17 21:22 | 観察中:名前が分らない動植物 | Comments(2)
2009年 06月 28日
ニゲラ(黒種草)
ニゲラの育て方:
●花期は4〜6月。
●種まきは9月頃。耐寒性は高いが、夏の高温多湿に弱く、夏前には種をつけて枯れる。
●嫌光性種子なので、種の上にはしっかり土をかける。移植を嫌うので直播きすること。
●花はドライフラワーに種はスパイスとして利用できる。
→ 種が食用にできるのはニゲラ・サティバという品種のみで、日本で一般に流通しているニゲラ(ニゲラ・ダマスケナ)は食用不可らしい。残念。
●一度種まきすると、翌年からは零れ種で自然に生えてくる。


2008/9
フェイジョアの株元がガラッと空き地なので、ハーブコーナーで売られていたニゲラという花の種を蒔いてみた。

2009/05/22
薄青色の花が咲いた。細い葉の感じと相まって、なんだか涼しそうな様子。

e0134713_2382017.jpg

2009/6/3
気付いたら変な形になっている。風船みたいだ。

e0134713_2391548.jpg

2009/6/28
読んだところによると、この中に入っている種に芳香とピリッとした刺激があり、ケーキなどにトッピングしたり胡椒の替わりに使えるらしい。なんか見た目、凶悪そうな形だけど・・・。

e0134713_23141868.jpg

e0134713_23275419.jpg
開いてみたら、ゴマみたいな種はまだ熟し切っていないようで少し緑がかっている。潰してみたら甘い匂いがした。

この甘ったるい香りはいつか嗅いだ・・・そうだ、小学生の頃の香水ケシゴムの香りだ!

試しに種をちょっと齧ってみたが、なんとも言えない微妙な後味がいつまでも残る。
「これがペッパーの替わりになるか?まだ真っ黒じゃないからダメなのか?」なんて訝しんでウェブで更に詳しく調べたところ、どうも食用になるのはまた違った品種(ニゲラ・サティバ)っぽい。

それどころか、サイトによってはニゲラ・ダマスケナの種には毒があるから摂取不可との記述も。うへえ。食べちゃった。1,2粒だけだから平気だとは思うけど。ショック。
香りは甘くていかにも食用になりそうなんだけどなあ。

2010/5
気付いたら、今年も菜園に青い花がちらほら。零れ種でよく咲くようだ。
ハーブと言いつつ食べられないのはガッカリだったけど、観賞用にも悪く無いかも。

e0134713_2024745.jpg
e0134713_16434347.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-06-28 23:57 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)