タグ:ナス ( 5 ) タグの人気記事

2014年 08月 27日
草木染め:ビワの葉
e0134713_1262235.jpg

裏のお宅に今年のカプリスをお裾分けして、替わりに門扉脇に茂っている枇杷の葉を貰った。
茄子が染め材料に変わって嬉しいなあ!(←草木染めに夢中)
e0134713_1261950.jpg
そしたら、ビックリ!
赤い花でも出せなかった、綺麗な赤い色が出た。なんでだ!!
e0134713_126176.jpg
↑ビワの葉染め:(左)灰汁で煮出して銅媒染(中)鉄媒染(右)ミョウバン媒染

赤みを出すのに、銅媒染が役立ったのか?それとも灰汁が役立ったのか?
対照実験をしてみた結果、ビワの葉で赤みを出すのは灰汁が原因だと分かった。
水で煮出すと黄色い汁が、灰汁で煮出すと赤くなる。媒染液はミョウバンでも銅媒染でも、どちらでも発色はそんなに変わらないみたい。

でも、ウェブで調べたら、普通に煮出すと赤く/灰汁で煮出すと緑になると書かれている……(→草木染めガイド)。うーん。それって今回の結果と真逆だなー。何でだろう??

あ、もしかしたら、我が家の灰汁自体が赤みがあるって可能性は無いか?
ビワで赤く染まった訳ではなくて、灰汁が赤く発色しただけだったりして……と疑い、灰汁だけで染めも試してみたが、それでは特に発色はしなかった。むむむ。

で、何となく、ミョウバン染めした布を灰汁でグツグツ煮てみたら、なんとみるみるピンク色に変色した!
そっかー。じゃあやっぱり「枇杷の染液+灰汁」という組み合わせが、綺麗な赤色を出す組み合わせなんだ。

e0134713_1261558.jpg上の黄色い布が、水で煮出してミョウバン媒染したもの。

下のピンク色は、同じ黄色だった布を灰汁で煮込んだもの。

煮ているうちに、黄色い部分がどんどんピンク色に変わっていく様子は劇的!!


あっ、じゃあ、もしかして。
前に染めて失敗だった、ペチュニアの布を灰汁で煮込んでも同じ変化が出たりしないかな!?
なんてワクワクしながら布を灰汁の中に投げ込んだら……

全然違う結果になった。

し、渋い……。まさに煮染めたような色になってしまった。
なんとなく、田舎の倉の奥にしまいこまれた絵巻物を思わせる。

e0134713_1261315.jpg上の微かに赤みのあるグレーは、ペチュニアで染めた布。

下の古すぎる水墨画みたいな色は、同じくペチュニア染めを灰汁で後から煮込んだもの。

実際に目で見ると、どちらも、もう少し赤みを感じさせる色なんだけど。微妙すぎて写真には現れないみたい。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


以上で分かったこと:
灰汁でアルカリ化させると青に/酢で酸化させると赤に発色するのは、色素全般に通用するルールではなく、単にアントシアニンに対してそうってだけっぽい。まあ、そりゃそうか。

大抵の花や野菜の鮮やかな青や赤はアントシアニンのせいだと思うけど、植物の色素って、それだけじゃないんだな。枇杷の葉の色素って何だか分からないが(ポリフェノールかな?)、それはアルカリ化で赤くなるってことなのかもしれない。
e0134713_133368.jpg
それにしても、見た目は普通の葉っぱなのに、染め方でこんなに色味を出せるビワって凄い。
左から、灰汁で煮出して銅媒染(赤)/水で煮出してミョウバン媒染(黄)/ミョウバン媒染後に灰汁で煮る(ベビーピンク)/灰媒染(ローズピンク)/鉄媒染(黒)

[PR]

by macchi73 | 2014-08-27 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 09月 20日
カプリスと赤ししとうの炒め物
e0134713_21181029.jpg

上の写真は赤唐辛子ではない。収穫し逃したししとうである。
「味はししとう、見た目は鮮やかな赤」なんて、なんだか料理に使い勝手良さそう。

e0134713_2183675.jpg
で、昨日収穫したカプリスと料理してみた。
カプリスは、加熱するとトロッとするのに煮崩れしにくく、炒め物などに向くらしい。

普通に料理するのでは、綺麗な縞模様が見えなくなるので、内側だけくり抜いて炒め、皮はそのまま器として使ってみた。実が大きいので、くり抜いても結構な量だ。

いただきまーす。
お、カプリスは身がしまっていて美味しいかも。
お、赤ししとうはチョイ辛いかも。……うわ、かなり辛いかも!

赤くなったから辛いのか? それとももともと辛い株(シシトウにはたまにある)に当たったのか?
どっちだろう。よく分からない。

まあ、それでも大人の味で、ピリ辛料理だと思えば美味しいものだ。
ただ一つ残念なのは、カプリスのせっかくの縞模様は、食事中の普通の視点では、全然見えなかったってことなのであった。ちぇー。

e0134713_21153418.jpg
この縞模様(見えないが)を活かした、良い料理法は無いものか……。
[PR]

by macchi73 | 2010-09-20 21:27 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2010年 09月 19日
真夜中の草刈り
e0134713_23214172.jpg

昨夜。
とても格好良いお家の素敵なホームパーティーにお呼ばれし、きちんとした生活の何たるかを知る。
そのまま鼻歌まじりの良い気分で帰宅し、我が家の門をくぐって呆然。
うわ、何これ。凄いジャングル。きちんとして無い。

そして本日の夜。
繁りに繁った暗い草薮の奥で、ランタン一つを頼りに、ザクザク土を掘っている怪しい人影があった。
……って、自分のことだけど。

薮蚊対策に全身をすっぽり覆う服装をして暗闇で鎌を振るう姿は、通行人を脅かすのに充分。
なんとなく後ろ暗い気分がするので、早く片付けてしまおうと、とにかく何でも刈る!刈る!刈る!
そんな風にしていたら、引き抜いた草に、なんだかずっしりと重い塊が2つぶらぶらしているのに気付いて、思わず「フェ!」なんて叫んで放り投げてしまう。イエス、アイアムチキン。

で、恐る恐る灯りを持って近付き、よくよく見たところ、諦めていたカプリス(縞ナス)だった。
なんだー。脅かすなよー。

e0134713_23332455.jpgずっしり重い実は、2つで400g超え。
暗闇で確認もせずに株ごと引き抜いてしまったのはちょっと勿体なかったな。
明日あたり料理してみよう。

後ろの赤い実は、カプリスの台木から伸びていた赤ナス。食用不可。


一通りザクザク刈った庭の全景は、真っ暗でとても確認能わず。
明日の朝、なんじゃこりゃー!!とならないことを祈って、とりあえず今日は風呂入ってビール飲んでおやすみ。


2010/9/20
翌日の目視。
やっぱり夜目の利かない中での草刈りは、明るくなってから見ると粗が目立つな……。
でもまあ、薮がなくなっただけ良しとする。これからはまた、ちょくちょく庭仕事するぞ。

e0134713_17571749.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-09-19 23:40 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 09月 05日
赤ナス
ナスの株に、真っ赤なカボチャのような実がたわわになっている。
台木から伸びて来た赤ナスだ。

e0134713_17111494.jpg
病害に非常に強い品種なので、台木によく使われるらしい。
残念ながら毒があるので食用にはならないそうだ。
(というか、硬過ぎて食べられないと思う……)

切っても傷みにくいので、生け花や観賞用にする人もいるとのこと。
[PR]

by macchi73 | 2010-09-05 17:10 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2010年 07月 19日
ナス(カプリス→謎の品種→赤ナス)
ナスの育て方:
●収穫は7月。
●植え付けは4~5月。遅霜を避け、十分に暖かくなってから植え付ける。
●収穫量を上げるためには、施肥が不可欠。実がついている期間中は、1,2週間ごとに多めに追肥。
●深植え厳禁。高畝にして植える。
●脇芽掻きをして、3本仕立てにする。支柱が必要。
●酸性土壌を嫌い、日当たりの良い場所を好む。連作障害に弱いので、4,5年は同じ場所に植えない。


2010/4/18
今年は変わった色の野菜を植えてみようというコンセプトの下、しましま模様の実がなるという「カプリス」という茄子を植えてみた。
ナスは結構場所を取るし、連作障害が4,5年と長いので、地植えではなく鉢植えで育てることにする。

e0134713_17453447.jpg

2010/5/25
鉢の空地が勿体なく、先月、つい小さな「マイクロトマト」の苗を植えたら、とんでもない事になってしまった。
たった1ヶ月で何倍にも膨らんだマイクロトマトの森に飲み込まれ、一体ナスはどこに行ってしまったんだ…。
ナス、ピンチ!



2010/6/12
マイクロトマトの薮の中で日照が少ないせいか、やたら葉っぱが大きくなっているナス。
本日、けっこう大輪な花(マイクロトマトと比べちゃうから?)を一つ咲かせた。
ナス、頑張れ!

e0134713_22553732.jpg

2010/7/18
マイクロトマトに埋もれて存在を忘れられていたナスが、大きく茎を伸ばして来た!
……と思ったら、伸びて来た茎はなんだか元々の苗と違う雰囲気。
どうやら接木苗の台木から伸びて来たものらしい。

おそらく根元から切ってしまわないと苗に悪影響なんだろうとは思う。
が、マイクロトマトに押されてカプリス君の収穫は難しそうな気配もあるし、元気な台木をこのまま伸ばしてみて、結果を見てみたい気もする。決断を迷い中。

e0134713_032846.jpg
こちらが怪しい茎。
赤黒くトゲトゲで太い。
バラ、じゃないよね……!?

e0134713_031550.jpg
一方、こちらはカプリス君の茎。
和毛が生えて、優しい雰囲気。


e0134713_033671.jpg
こちらが怪しい花。
非常に小さくて地味だが、沢山咲いている。

e0134713_034042.jpg
こちらがカプリス君の花。
大輪で綺麗。


2010/7/27
台木に結実してしまった。
カプリスは結実してないのに……。

形はトマト、硬さはカボチャ、しかしてその正体は!?…「赤ナス」というものらしい。
残念ながら食用ではないが、真っ赤に色付き飾り物になるとのこと。

e0134713_155003.jpg

2010/9/19
カプリスと赤ナスの両方を収穫。
カプリスは2つで400g強。ずっしり重い。

e0134713_23453064.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-07-19 00:39 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)