タグ:ドクダミ ( 6 ) タグの人気記事

2015年 05月 28日
睡蓮鉢で、屋外金魚飼育
e0134713_19445562.jpg

まだ明るいうちにそそくさと帰宅!今日は家に楽しみが待ってるのだ。
金魚を屋外で飼うために、睡蓮鉢を買っちゃったんだよね。ふっふ。

家に着くなり、作業、作業。
水を張るだけだとちょっと寂しいので、見栄えよくするために、水草(睡蓮、ヒメオモダカ、アサザ)のポットを沈めてみた。それからもう少し賑やかにしたくて、縁の方に泥で土手を作って水辺の風景を作ってみる。

まず植えたのは、ミソハギ。うちでは乾いた駐車場にニョキニョキ生えているが、本来は水辺や湿地を好むはずなので、きっともっと元気に咲くだろう。

それから、ドクダミ。庭では雑草として邪険にされているが、実は水中でも育ち、水草屋さんでは「レッドサウルルス」など格好良い名前で呼ばれて売られているらしい。

そうして、底には前に金魚水槽の濾過材に使っていた濾過砂利を敷いた。
しばらくおけば透明になるんじゃないかと思う。そしたら金魚を放とう。

e0134713_19445839.jpg
今はまだ茶色く濁った泥水鉢。

まったく水中が見えません。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1300円という安さに釣られて購入してしまった睡蓮鉢。プラスチック製。



水量たっぷりだし、周囲に馴染む見た目なのに実は軽いし、睡蓮鉢初心者としてはなかなか使い勝手が良さそうに思う。

本物好きな夫からは少々ディスられてしまうが、陶器製の鉢は、高価だし重いし、子供たちが遊ぶ庭だと割れるんだもんなー(←数回経験あり)。

スイレン綺麗に咲くかな。楽しみだ。


[PR]

by macchi73 | 2015-05-28 22:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2012年 07月 29日
ドクダミ化粧水?の作り方
e0134713_15353340.jpg

夜、友達に誘われて映画に出かけた。グルジア料理店でウォッカをがぶ飲み。
へえ、ウォッカにカシスって美味しいんだなー。家に帰ったらやってみよう。

そうして帰宅して戸棚をあけたらウォッカが化粧水に化けていた。
そうだった、忘れてた。6/1にウォッカでドクダミ化粧水を作ったんだった。

* * * * * * * * * * *

【ドクダミ化粧水の作り方】

(1) 6月1日、花盛りのドクダミを摘んで良く洗う。

e0134713_1537246.jpg開花時期のドクダミが一番薬効成分が強いらしい。

(2) 吊して水気を完全に切る。

e0134713_15375421.jpgお茶っ葉のように乾燥させたい訳ではないので、一晩程度干せば良し。

(3) 綺麗な葉を選んで瓶一杯に摘め、度数35以上のアルコールを注ぐ。

e0134713_15382820.jpgホワイトリカーか無水エタノールが最適なんだろうけど、家にあったのはウォッカとイエニラク。

ラクはアニスが漬け込まれてるが、脂性にはアニスで作る化粧水が良いという情報もあったので、ま、OKでしょう。


(4) 冷暗所で寝かせる。

e0134713_15391184.jpgレシピによって、寝かせるのは2週間~1,2ヶ月~1年間と色々だった。

今回は、2ヶ月で第一回の使用になっちゃったが、残った分は引き続き漬け込んでおいて、一年くらい後になってから試してみよう。


(5) だいたい2ヶ月経った状態。

e0134713_1540738.jpg抽出液だけ瓶に小分けしてみた。
薄い琥珀色というか黄色い透明な液になっている。

なんかこのまま飲んでも美味しそうな感じがする。
というか、これはただの黄色いラクのような気もする……。


(6) 利用する時は小分けにして、好みで精製水やオリーブ油、グリセリンなど加えると良いと読んだので、台所にあった「太白胡麻油」(色と香りのついていないごま油)を加えてみた。

e0134713_15405042.jpgそのままだと表面に油の玉が浮かんでるだけだが、瓶を強く降ったら白濁して化粧水っぽい見た目になった。

ごま油も肌に良いって美肌の同僚に聞いたことがあるから、化粧水に使っても大丈夫だろう。きっと。


* * * * * * * * * * *

で、試しにシャワー後に体全体にパシャパシャ使ってみる。

なんと。アニスの良い香り。
ドクダミ化粧水を作るつもりが、手近にあったラクを使ったので、アニスの香りに仕上がってしまっている……。これってドクダミ化粧水って言えるのか?アニス化粧水か?

これはこれで、甘い香りでリラックス効果がありそうだ。
肌につけた感触も、何となく、何もしないよりも良い感じがしないでもない(サラッとした水みたいな感触なので、まだよく分からない)。

アニスは脂性に効き、ドクダミは殺菌効果が強いらしい。
なので、きっと夏のベタベタ肌には良いんじゃないかな。と期待。
[PR]

by macchi73 | 2012-07-29 00:35 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2010年 06月 11日
梅雨前の庭
e0134713_136625.jpg

先週からバタバタと用事が入ってあちこち走り回っているうちに、もう梅雨が始まろうかという気配。
今年はバラ園を色々見て回りたかったのに、がっくし。再来週じゃもう梅雨だよなあ。

本日も家に寄って、また外出だ。
少し時間があるので、静まり返った無人の庭を見ながら昼食&コーヒー。
空は白っぽくて空気は湿り、草木は鬱蒼。ああ、爽やかな季節が終わってしまう…。

数年前に植えた白アジサイ(アナベル)が沢山花をつけた。
まだ白というより緑色だが、これからどんどん白くなるだろう。
アナベルの背後では、紫色の蛍袋が咲いている。

庭の奥では、京鹿子(キョウカノコ)

e0134713_13135661.jpg

菜園には香草(シャンツァイ)。食用だけど花も綺麗だ。

e0134713_13171139.jpg

擬宝珠(ギボウシ)にも花。観葉植物だけど、花もイケる。

e0134713_13195234.jpg

そして今年初めて咲いた紅甘茶
タグの品種間違いだったらしく、全然紅じゃない。
もしかしたら、甘茶ですらないかもしれない。(疑い深くなっている)

e0134713_13211626.jpg


そして裏庭に続く通路や庭隅では、ドクダミがもりもりと……。
毎年夏に荒れる庭の予兆が、既に。

e0134713_13223818.jpg


なんて庭を一周しているうちに、腕に虫さされが一つ。
そうだ、来るべき夏は薮蚊の季節でもある。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-11 13:29 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2009年 09月 26日
庭再生計画6:東通路
e0134713_236651.jpg我家で一番の荒れ地と言えば、ここ東通路。
夏だけでなく、四季を通じて野放図な薮のままだ。
環境としては、真昼の1,2時間だけ地面まで日が射すが、それ以外は日陰。
ブロック塀と家屋に挟まれた日陰で狭くて長い場所で、なんかどうして良いか良く分からないんだよなあ・・・。

ただ、見た目はとにかく、案外植物が定着しやすいようで、気に入った植物が多く生えている場所でもある。
エビネ各種
ミョウガ
エンレイソウ
フサスグリ(赤と白)
ユキモチソウ
オリエンタルリリー各種
色々なオダマキ
ナルコユリ
などなど。

それらを間違って刈り取ったり掘り返したりしてしまわないように注意しつつ、下草をちょっと整理することにした。


ちなみに、東通路で暴れている下草類は以下のもの。
足の踏み場がない・・・。

●斑入りの葉が綺麗だけど、絡み合いどこまでも広がるツルニチニチソウ、どす紫色に紅葉するドクダミ

e0134713_23345148.jpg

●ピンクの小さな花穂が可愛いイヌタデ。可愛いけど繁り過ぎ。
それとどこにでも出て来るシダ類とシソもちょっと減らそう。

e0134713_2335468.jpg

●なんだか混沌とした有様・・・。
広がり過ぎるカキドオシツユクサシラユキゲシヒメツルソバは間引く。
アジュガフウチソウあたりは大人しいのでそのままで良いかな。

e0134713_23364192.jpg

e0134713_18324016.jpg
ということで、草刈り作業後の様子。
いやあ、疲れた疲れた。

納屋にクローバーの種が入った大きな袋(期限切れ)があったので、空き地にはその種をまき散らしておいた。グラウンドカバーになってくれますように。

e0134713_18333432.jpgミョウガやウツギが暴れまくって通路を塞いでいた場所。
先日のヤナギイチゴの剪定枝で柵を作って、通路まで薮が飛び出してこないようにした。

柵の根元を見たら、ミョウガがピョコピョコ飛び出している!
今まで気付かなかった。

e0134713_18342056.jpg
奥の方はあまり人が行かない場所なので、放置しても草に埋もれないように、広めに板を引いておくことにした。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-26 18:42 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2008年 06月 21日
ドクダミ
e0134713_0223876.jpg

冬には姿を消すが、夏になるとワサワサ繁って来る。
特に放ったらかしの裏庭、細い通路、生垣の下などはドクダミ一色になっている。
地下茎で増えて駆除しにくいので嫌われることが多いようだが、実は私はかなり好き。
濃い緑の葉も、暗赤色の茎も、真っ白な花も綺麗で、おまけに丈夫。すごく良い植物の気がするんだけど・・・。

匂いが悪評らしいが、私は好きな匂い。草刈りの時など、うっとりしてしまう。
お茶にすれば健康にも良いらしい。一度試してみたが、特にまずくもなく美味くもなく。
空気を綺麗にしてくれるという噂(眉唾)を聞いてからは、トイレの小さい花瓶に挿したりもしている。切花にしてもなかなか枯れないのが凄い。
[PR]

by macchi73 | 2008-06-21 00:34 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2008年 06月 15日
ハンゲショウ
ハンゲショウの育て方:
●花期は6〜7月。花芽のついた部分の葉が白くなるので、その葉を鑑賞する。
●日照にはうるさくないらしい。
●水を好むが、蒸れにくく丈夫で育て易い。


2007/3
ドクダミの繁る東通路に、何かポイントが欲しいなあと思って良さそうな植物を探している。
ハンゲショウもドクダミの仲間らしいので、負けずに仲良く栄えてくれるかな。
2007/6
この時期、葉が白く色づくということだったが、特に変化なし。まだよく根付いていないらしく、株も小さいままなので、来年に期待。

2008/6
気付いたら、半夏生が白くなっている。この間まで普通の緑の葉っぱだったのに。
緑から白のこの変化は・・・ヤマボウシの花のそれとかなり似ている。同じ仕組みなんだろうか。

e0134713_0164558.jpg

[PR]

by macchi73 | 2008-06-15 19:56 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)