タグ:トキワハゼ ( 4 ) タグの人気記事

2016年 03月 29日
ツタバウンラン?(蔦葉海蘭)
e0134713_2150133.jpg

河原の法面を覆っていた紫の花。
花の形状からゴマノハグサ科の仲間だというのは一目瞭然だが、私が知ってるどの花ともちょっとだけ違う。

いかにも雑草っぽい佇まいは、庭に勝手に生えてくる野草のトキワハゼ(常磐黄櫨)に似てるが、花の中央の斑点模様がないし、トキワハゼのように茎が直立せず蔦状に広がっている。

這性で一面に広がる様子は、庭のグラウンドカバーとして植えているムラサキサギゴケ(紫鷺苔)にも似ているが、花のサイズは一回り小さいし、花の形状もちょっと違う。

花だけをよくよく見るとマツバウンラン(松葉海蘭)にそっくりだけど、マツバウンランは天に向かってまっすぐ直立するのが特徴だし……。

それでゴマノハグサの仲間をざっと見たら、ツタバウンランという花かなと思う。
名前の由来は、ウンラン(海蘭)に似た花を咲かせ、蔦のような葉を持ち、這って伸びるつる性の草の意。

ただ、どの本や記事を見ても、ツタバウンランの花期は初夏から夏って書かれてるから時期的にはちょっとおかしい気もするけど。今年は暖かいから少し早めに咲いちゃったかな。
e0134713_21495574.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-03-29 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(4)
2011年 05月 02日
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
e0134713_6531665.jpg
近所の野原に沢山生えている。
ランナーで地を這うように広がるが、春になると花茎を上に伸ばして花を咲かせるので、一面が薄紫色になってなかなか綺麗だ。

花の形だけ見ていると、庭に生えてるトキワハゼ(常磐爆)によく似ている。
が、ムラサキサギゴケの方が、花が2倍くらい大きい(紫鷺苔2cm, 常磐爆1cmほど)。
また、トキワハゼはランナーを出さないが、ムラサキサギゴケはランナーで広がる。

ムラサキサギゴケは、花が大きくて花色も濃くて見栄えするせいか、たまに園芸店でも売られているのを見かけたりする。


2014
うちの庭にもグラウンドカバーとして植え付けたら、けっこう大きくて目立つ花を密度高く咲かせて、ピンクの絨毯見たいだ。花が紫じゃなくてピンクなのは、園芸種だからかな?もしかしたら、これは紫鷺苔じゃなくて、ただの鷺苔かピンク鷺苔的な品種なのかもしれない。(買った時に色についてタグに書かれていたか、覚えてない……)
e0134713_21435376.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-05-02 06:54 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(0)
2010年 05月 04日
アマガエル
e0134713_2261871.jpg

田んぼの近くに泊ったら、夜にカエルの鳴き声が物凄い。
一体、一つの田んぼに何匹くらいのカエルがいるんだろ。

昼になって、子供たちとカエルを探しに畦道を行く。
歩く先から、足音に驚いた蛙がポチャポチャと用水路に飛び込んで行くのが面白い。
今気付いたけど、「畦道」「蛙道」って字面が似てるな。

e0134713_22123314.jpg

農道の脇には、ムラサキの小花が絨毯みたいに広がっていた。
庭に生えているトキワハゼに似てるけどちょっと違うから、これがムラサキサギゴケってやつかな?とアタリを付けたが、図鑑で見ると葉っぱが違う。

e0134713_2213219.jpg

この葉っぱ、どこかで見たことがある……と考えていたら、グレコマを思い出した。
グレコマの野生種はカキドオシだったよなーと思って調べたら、ビンゴだった。
そう言えば、そろそろ我が家のグレコマも薄紫の花を咲かせる時期だ。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-04 22:05 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(2)
2007年 08月 26日
トキワハゼ(常磐爆)
丈のある草の根元に隠れるようによく咲いていた。
最初は事典の写真を見てムラサキサギゴケってヤツかなと思ったけど、webで調べたらランナーを出していないし茎が立っているのでトキワハゼの方か。花は1cmも無く小さいが間近に見ると結構綺麗だ。

e0134713_17583152.jpg
[PR]

by macchi73 | 2007-08-26 10:03 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)