タグ:ツルボ ( 5 ) タグの人気記事

2015年 05月 03日
春の花畑のための強力グラウンドカバー
e0134713_1181187.jpg

もう5月になってしまった。
年の1/3のが過ぎてしまったよ、どうしよう……と夫が狼狽えている。年々、一年が早くなる。困ったなあ。

毎年思うが、4月末〜5月頭の庭って、一年で一番華やかな時期かもしれない。
雑草込みでいろんな色の花が咲き乱れて、草いきれで鬱陶しくなる前の、絶妙なバランスのお花畑。

庭のあちこちで、各種グラウンドカバー間の勢力争いが行われているのを感じる。
春の勢いに任せて、今年の庭を制覇する花はどれだ。
e0134713_1181694.jpg

▲ ナガミヒナゲシは、雑草だけどかなり好き。
紙みたいな質感の花びらといい、ちょっと褪せた感じのオレンジ色といい、とっても可愛いと思う。
だけど、雑草だけに、そのままにしておくと一本から10本以上に増えるんだよな……。

e0134713_1182079.jpg

e0134713_1182228.jpg

▲ オオアマナ(オーニソガラム)も爆発的に増える。庭一面真っ白だ。
年々勢力を拡大して、「なんでこんなとこまで咲いてるの!?」ってなところにまで進出してる(鉢の中とか)。
そんなに自分の力では広がれないはずだけど、たぶん、小さい球根なので、土に混じって庭仕事のたびにあちこちにばら撒かれているんだと思う。

e0134713_1182647.jpg

▲ ネモフィラも、毎年種まきすれば優秀なグラウンドカバー。
零れ種だけでもけっこう咲くが、一年草の園芸種だけに、何もしなくてもどんどん増えるっていうほどではない。
けっこう長い期間綺麗に咲き続けるが、5月に入ると徒長し始めて花姿が乱れてくるのが悩みどころ。

e0134713_1182817.jpg

▲ ミヤコワスレも結構増える。っていうか、これは私が増やしてるんだけど。
根付きやすくてよく増えて、清楚な感じで好きな花。
自分勝手に広がってはいかないが、一株一株が巨大化するので、たまに株分けしてやるとどんどん増えて行く。

e0134713_1183212.jpg

▲ シラユキゲシも、見た目は清楚で可愛い花だと思う。
ただし、何もしなくても太い地下茎でぐんぐん勢力を拡大するのは、ちょっと怖いくらい。
一箇所に植えたら何メートルも離れた場所にも出現してギョッとすることもあるので、今では見つけると抜いたりもしている。

e0134713_1183482.jpg
e0134713_1183978.jpg

▲ 大ツルボもとにかく増える。
増えるだけでなく、一輪一輪がとても大きいので、場所をとることこの上なし。
もう前の庭ではギュウギュウ詰め過ぎるので、裏庭への長い通路にずらっと並べて移植したら綺麗かもな?と検討中。



[PR]

by macchi73 | 2015-05-03 23:55 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(4)
2014年 05月 06日
緑爆発の予感
e0134713_14115338.jpg

5日ほど家を明けて帰宅したら、いきなり庭の緑が濃くなっていた。
やばい、例年の夏の雑草ジャングルが近づいて来た気配。

ジャスミンの蔓があちこち絡み付いて伸びて、良い香りを振りまいている。
出かける前には咲いていなかった花が満開になっている。

e0134713_14115720.jpgここに引っ越ししてきた時から生えていた巨大なオオツルボ。

球根がガンガン殖えて、今年はなんと30株になっていた。ううー、綺麗なんだけど葉っぱも鬱蒼とよく茂って、面積喰うんだよなあ……。


それから庭の色んな場所に、西洋オダマキ各種が咲いている。
冬には枯れて消えてしまうが、毎年毎年、春になると必ず大株になって咲くオダマキは、爆発的にはびこりもしないし、放置庭においての優等生だ。
e0134713_14121488.png

4月に美しかったネモフィラは、伸びきってかなりゴチャゴチャと野方図な感じに……。
もう刈り込む方が良いんだろうなあと思いつつ、なんとなく勿体なくてできずにいる。
零れ種を見込んで、枯れるまでこのままにしておいて、最後に雑草と一緒に刈り込んじゃおうかな。
e0134713_14122132.jpg

このボサボサさ加減、そろそろ刈る刈るボーイの出番かもしれない。
でも、去年カナヘビを飼育してからというもの、ボーイを使おうとすると「カナヘビ巻き込んじゃったらどうするの!?」と責められるので、何となく納屋にしまい込んで使えなくなっているんだよな……。

今年の春は、草は刈りたし・カナヘビ見たしで悩ましい。うーん。
[PR]

by macchi73 | 2014-05-06 14:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 11月 13日
オオツルボ(大蔓穂、シラー・ペルビアナ)
オオツルボの育て方:
●花期は5月。
●花は巨大だが、草丈はそんなに高くならない。
●非常に頑丈。一度も全く世話したことが無いのに、年々大株化している。
●耐陰性、耐寒性がある。乾燥気味を好む。施肥は不要。
●球根は数年は植えっぱなしでOK。分球で増やせる。時期は秋。


2010/9/26
本日、草刈りをしていたら、やたら大きな、タマネギのような球根の塊が地表に顔を出していた。
オオツルボだ。
地表にかなりむき出しになってしまっていたので、植え替えのため、大きなスコップで掘り出してみた。
うわー、大きい!重い!

e0134713_20305798.jpg

ばらばらに分球して、植え替えした。
もともと生えていたのは、駐車場脇のガンガンに直射日光があたる場所だったけど、オオツルボには耐陰性があると読んだので、今度は少し日陰になる場所に植えてみた。

e0134713_20411053.jpg分球したら、20株くらいになった。
これが全部ちゃんと咲いたら、来年の春は、庭にすごく豪華なオオツルボ・エリアができそう。


2010/11/13
揃って伸びて来た。これは期待できそう。

e0134713_224654.jpg

2011/5/4
咲き始めた。
まとめて植え付けたつもりが、結構まだまだあちこちに散らばって咲いている株もある。
今年はなんだか庭が青いなー。

e0134713_19595871.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-11-13 20:46 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2009年 09月 18日
ツルボ
e0134713_22492740.jpg
庭の雑草の茂みの中に、薄桃紫の綺麗な色がチラチラ見えている。
草をかき分けてみたら、ツルボだった。

e0134713_22513581.jpg
9月頃から、よく土手の薮の中などに咲いているのも見かける。
球根で殖えるようだ。

毎年晩春に咲くオオツルボといかにも関連ありそうな名前だ。
調べたら、どちらもユリ科ツルボ属で、ツルボは野生種、オオツルボは園芸種ということらしい。

同じ属か!
あまりにも大きさが違うのでピンと来ないな。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-18 18:28 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2007年 05月 13日
アリウム・ギガンチウム、ではなくオオツルボ
e0134713_21292746.jpg

前の住民が植えたのか、引っ越してきた時から毎年同じ場所で咲いている。
5月頃、紫の細かい花が大きな塊になって咲く。

ウェブで画像検索するとアリウム・ギガンチウムという花にとっても似てるんだけど、webで見る写真は、みんな茎が長いんだよな・・・。
我が家に生えるものは、いつも地面すれすれにこんもり咲いていて茎は全く見えない。
やっぱり、違うものだろうか。

→ ご指摘により、オオツルボと判明。

2010/5/9
4年間で5倍くらいに増え、今では20本くらい咲く。茎もなんだか伸びて来た。
全く世話していないのに、すごい繁殖力だ。

e0134713_2392885.jpg

一本一本が高くて花穂もボリュームがあるので、まとまって咲いているとかなりの迫力。
草丈は4才の娘の腰あたりまである。
って、長靴がちょっと長過ぎるよ…。

e0134713_23103744.jpge0134713_23105080.jpg
[PR]

by macchi73 | 2007-05-13 21:36 | 観察中:名前が分らない動植物 | Comments(2)