「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ツバキ ( 3 ) タグの人気記事

2010年 12月 16日
山茶花(サザンカ)
サザンカとツバキの見分け方:
●花期:サザンカは晩秋〜冬(10〜12月)、ツバキは初春(1〜3月)に咲く。
●雄しべ:サザンカは放射状。ツバキは筒状にまとまっている。
●葉:サザンカは花に対して葉が小さく、葉の縁のギザギザが目立つ。ツバキの葉は少し大きめで、縁がツルンとしてる。


e0134713_2326696.jpg

娘の通園路の生垣に、一面の赤い花が咲いている。
我が家の庭に生えて来たツバキにも似ているが、もっと華やかな趣きがある花だ。
品種が違うのかな?と思って、生垣の主に尋ねたら、ツバキではなくてサザンカだという。

山茶花か。言われてみれば、そんな感じ。納得。
でも、椿と山茶花の違いって具体的にはどこだろう?

そこで物知り曰く:
「サザンカは冬の花で、ツバキは初春の花也。故に木へんに春と書いて椿(ツバキ)と読む」
なるほど〜!なんとなく眉唾っぽい気もするが、蘊蓄用に良さそうな話だ。
木へんに冬でサザンカなら尚良かったんだけどなー。それは柊(ヒイラギ)だ。

また、花糸(雄しべの集合)の下半分がくっついて筒状になっているのがツバキで、くっついていないのがサザンカという話もある。
花の根元が筒状にくっついているから、ツバキは散る時に丸ごとポトリと落ちるらしい。
なるほど!そう言や、庭の椿は花首ごと散っている。これは良い見分け方っぽい。


(←庭のツバキ)

確かに花糸が筒状になっている。


ただし、山茶花と椿は、同じツバキ科に属する非常に近い種類で、交雑もすれば品種も沢山あるため、厳密に二者を分けるルールは無いという説もある。
これが一番納得かなー。
現実は図鑑よりゴチャゴチャ入り交じり、グレーゾーンは拡大して行く。エントロピーの法則。
[PR]

by macchi73 | 2010-12-16 00:08 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(2)
2010年 03月 12日
薮椿(ヤブツバキ)
薮椿の育て方(私は刈り込んでばかりで育ててないけど):
●花期は11〜4月。施肥不要。日陰でも咲く。
●6〜8月に茶毒蛾がつきやすい。幼虫が小さなうちに葉ごと捨てないと大変なことに(痛い!)。
●花後に切り詰め剪定。花芽が7月にできるので、それ以降は枝を間引く以外の剪定はしない。
●8月に大きな丸い実がなる。実は秋になると弾けて種が出て来る。
●ツバキ油の作り方:実を炒って→ 粉砕 → 水で煮る → 表面に浮く油を集める → 煮詰めて水を飛ばす。


「ねえ生垣の花、気付いた?」と夫に言われて、朝の庭に出る。
ヒイラギの生垣の中で、真っ赤な花が何輪も咲いていた。椿だ。

e0134713_23143922.jpg

椿には物凄く沢山の種類があるようだが、これは最もオーソドックスな薮椿だろう。
植えた訳ではないんだが、気付いたら、数年前にヒョロッと生垣の下に生えていた。
ツバキってどっかから飛んで来たりするもんなんだろうか?
それとも生垣の少し透いたところに生えているし、もしかしたら穴を埋める意味で、入居前に大家さんが植え足してくれていたのかもしれないな。
しかしツバキと言えばチャドクガを連想してしまうので、痛い思いはごめんだと思い、見るたび小さく刈り込んでいたせいか、これまで花を見たことはなかった。

e0134713_23432572.jpgでも、こうやって何輪も花をつけているのを見ると、綺麗なもんだな。

赤い花弁に純白の花糸、黄色い葯、艶のある暗緑色の葉......ハッキリした単純な色の組み合わせが鮮やかで、まだ肌寒い今の季節によく似合っている気がする。

娘と粘土遊びのモチーフにしてみる。原色だけなので粘土を混ぜなくて良くて楽ちん。

e0134713_2322859.jpge0134713_2321535.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-03-12 23:51 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2008年 04月 12日
乙女椿(オトメツバキ)
乙女椿は雑草でも野草でも無いけれど、何故このカテゴリーかと言うと・・・。

休日の午前、夫が弾んだ声で「ねえ!すごい綺麗な花咲いてるよ。すごい綺麗。何て花?」と聞いて来た。珍しいことだ。
今の時期ならオダマキのことかな?なんて思って一緒に見に行って、笑ってしまった。

お向かいさんの家の乙女椿が散って、ちょうど咲いてるようにグレコマの上に乗っかっている。こりゃ確かに綺麗だな。
真相を教えてあげたら、夫は「うそ」と言って、茎がないか調べて「本当だ・・・」とガッカリしていた。可笑し。

ツバキは散る時、花首ごと落ちるからなー。

e0134713_1424085.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-04-12 01:12 | 雑草、野草 | Comments(0)