タグ:ツクシ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 03月 29日
ツクシの砂糖漬け
e0134713_20343234.jpg

ここ最近、ヨモギの餅やイタドリのジャムなど、春の野草でお菓子を色々作ってみたが、娘が一番興奮していたのはツクシの砂糖漬けだった。

理由は、ツクシの軸が透き通ってキラキラしてるから。

すごい!透明!綺麗!宝石っぽい!お母さん、もっと近くで見てごらん、オレンジ色のとピンクっぽいのと黄色のとがあるよ、この綺麗さは写真だと分からないよ!と大はしゃぎ。カリカリに乾いたら秋まで持つんだって!ピノの誕生日までとっておいて、これでケーキ飾りたい!なんて言っている(たぶん量的に秋までもたないだろ……)。
e0134713_20343315.jpg

レシピは簡単(なのでピノコに任せて私はほぼ手を出さず)。
ツクシの袴をとって砂糖で煮てグラニュー糖をまぶして乾かすだけ。ただし、完全にカリカリに乾くまでは自然乾燥だと2、3日かかる。短気な人は待つのが辛い。私は辛い。オーブンで低温を保って乾かせば数時間で完成させられそうに思うんだけど、「でもお母さんのいう方法で焦げたり失敗したら、ピノ怒っちゃうと思う……『くぉらー!何する〜macchi〜!!』ってなるよ」という娘の呟きにびびって、今回は自然乾燥でやってみた。
【娘が従ったレシピ】
coopad: ♪春を感じる♪ 土筆(つくし)の砂糖漬け

そして肝心の味の方だが、見た目だけじゃなく、なかなかの美味しさ。
前に草花の砂糖漬けを作ったときは、香りがあるミントやバラが美味しかったから、香りのないツクシなんてただ甘いだけで見た目の面白さしかないんじゃないのかなー?と想像していたんだけど、ツクシの持つ苦味がいい感じに効いている。お茶請けに良いというのも納得。

そして我が雑草庭には、まだまだ摘めども尽きぬツクシがある……。
いままで庭で見れば複雑な気分だったツクシ&スギナだが、こんな楽しい料理があれば、これからはちょっと嬉しく見れるかな。

e0134713_20343598.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-03-29 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2017年 03月 26日
春の近所の野草摘み(食用!)
e0134713_156443.jpg


土筆で砂糖菓子を作れるという記事を読み(by 侘助つれづれさん)、休日の朝に見てみたら、庭にもポコポコ生えているのを見つけた。おっ、ちょうど季節っぽい!

で、「なんか土筆ってお菓子にできるらしいんだよ」と娘に言ったら、それ隠れ家用の食料にいいね!と、物凄く喰いつきが良い。「前に庭の草のクッキー作ったじゃん、ああいう自然っぽいお菓子いろいろ作りたいなー」という。
それで、二人で家を飛び出し、近所の川原にひとっ走りサイクリングして野草を摘みに出かけた。

ツクシ、イタドリ、ヨモギ、カラシナ、ナノハナ……今の時期、何が生えてるかもよく知らずに思いつきでやって来たけど、なかなかの収穫で嬉しい!!
e0134713_156274.jpg

帰り道の途中にあったお店に寄ってランチしながら、ツクシは砂糖菓子に、イタドリはジャムに、ヨモギは草餅にしようか、とレシピを相談する。

そして帰宅するやいなや、二人で台所に直行し、手分けしてそれぞれの草の下ごしらえとアク抜きなど開始。イタドリジャムとツクシの砂糖菓子をだいたい作り終えたところで、次の約束に出かける時間となったので、続きは明日に持ち越し。とっても楽しみだ!

e0134713_282694.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-03-26 07:00 | 【自然】雑草、野草 | Comments(6)
2011年 03月 26日
春のめざめ
と言っても、思春期やミュージカルの話ではなく……。
裏庭の杏の花が満開。春だ。

e0134713_2045319.jpg

春風と陽光に誘われて、あちこちの地面や水面からにょっきり顔を出すものたちがいる。

e0134713_20492565.jpg
地面からニョキニョキ伸びる土筆。

スギナになるとちょっと憎いが、この形は愛嬌があって憎めない。

e0134713_20495141.jpg
そしてお日さまに目を細めているのは……。

春だ!目覚めだ!

でもまだ餌は欲しくないみたい。
[PR]

by macchi73 | 2011-03-26 21:05 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(0)
2009年 04月 13日
春の野草(食)
友人が河辺で採ったという野草を土産に立ち寄ってくれたので、皆で一緒に晩ご飯にして食べた。

e0134713_035616.jpg

左上からだいたい時計回りに、ミツバ、ゼンマイ、イワギボウシ・オオバギボウシ、コゴミ、クコ、ツクシ、カンゾウ、サンショウ、アケビ、ノビル。
不用意に触ると痛いからと、別袋にイラクサもあった。
その他、うちの庭でとれたスナップエンドウと、ちょうど料理しようと思っていたウドも食材として追加し、非常に自然志向の食卓となった。

e0134713_0151948.jpge0134713_0153498.jpg

以下、今晩のメニュー。
●ミツバの卵味噌汁:ミツバの味が濃くて美味しい。さすが野生。
●ギボウシのおひたしと天ぷら:ウルイとして売られているだけあって、アクもなくて美味しい。ちょっと滑りのある食感なので、天ぷらよりもおひたしの方が美味しかったな。
●コゴミのおひたしと天ぷら:メチャクチャ美味しい!これは驚いた。凄い美味しい。
●ツクシの卵とじ:茹でると綺麗な赤色になる。塩ゆでしただけでも、ほろ苦くてシャキシャキして良い感じ。
●カンゾウおひたし:子どもたちにも人気。甘いネギっぽい味。煮物に使っても良さそう。
●アケビの天ぷら:若い蔓をくるんと輪っかにして揚げた様子も可愛い。アケビの皮が美味しいとは聞いていたが、蔓も食べられるとは・・・。我家のアケビの新蔓も今週摘んでみよう。
●山椒は叩いて日本酒に。
●ウドは酢みそ和えとキンピラに。

ここまで食べたところで、もうお腹いっぱいになったし、ゼンマイは灰汁抜きに時間がかかるらしいので、他は今晩灰汁抜きしてまた今度食べることにした。

いやー、美味しかった。野草、侮りがたし。
特にコゴミ(クサソテツの若芽)は、全くアクがなくて香ばしいと言うか・・・凄く好み。
裏庭の暗がりに胞子付きの雄株を軽く埋めてみたので、来春は自宅で収穫できるか?期待。

e0134713_0291240.jpg
ちなみに、たった一つ、左の写真のイラクサだけは「これはダメかも。痛いかも」ということで試食を断念。ゆで汁の色もなんだか怖い。
葉っぱを湯がいて食べようと思ったんだけど、本当はどうも茎を食べるものらしい。

後で調べたら、イラクサの漢字表記は刺草。別名は蕁麻(蕁麻疹の)。
そうやすやすとは料理できない手強い草だったかもしれない。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-13 00:45 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2009年 04月 13日
ツクシ(土筆)
e0134713_23352781.jpg
ツクシの間はのどかな春の野草といった風情だが、そのうち蔓延るスギナに変身する。
帽子の部分は胞子体。よくよく見ると鱗のようで少し気持ち悪い。

小学校の先生が「ツクシは春の珍味」と言ったのを受けて、友達と料理して食べてみたことがある。
美味しくなかった。

2009/4/12
今日、友人が持って来てくれたツクシを卵とじにして食べたらとても美味しかった。
昔食べた時にマズいと感じたのは、ちょっとほろ苦い味が小学生には早かったのかな。または調理法が悪かったか。
袴をちゃんと取るのと、灰汁抜きで一度茹でこぼすのが大事かもしれない。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-13 00:01 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)