タグ:チャイブ ( 3 ) タグの人気記事

2013年 06月 02日
朝の収穫
e0134713_2154976.jpg

朝食の材料を摘むために庭に出る。
今日のメニューは、チャイブの卵焼きとバジルとトマトのサラダ、でっかいソーセージとタマネギのスープにしよう。

と、外に出たら、庭中に散らばる草の屑が無惨……。なんだこの庭は!

って、そうだった、自分でやったんだった。
昨日は夜遅くザクザク草刈りをしていたんだった。
蒸れないように梅雨前にスッキリさせようと思ったんだけど、ちょっと丸刈りにしすぎてしまった。
暗い時は全然気にならなかったけど、朝日の下で見ると、ちょっと見た目悪い。
e0134713_2154743.jpg

で、チャイブとバジル、パセリとルッコラを収穫して家に戻ったら、縁側には桑の大きな枝が二つぶら下がっている。

そうそう、これも昨夜、果実を収穫して桑の実サワーをつけ込んだ後の枝をザブザブ洗って干したんだった。天日干しにして桑の葉茶を作るつもり。
e0134713_2154583.jpg

実は昨夜、桑についての面白いサイトを見つけてしまい、「桑を利用するぞ!!」と夜更かししてまで色々と加工したという訳。

「そうだ、も一度ドドメ食いに行ご!」
http://www.geocities.co.jp/erde8873/shoku/mulberry/index.html

桑の実の無限の可能性について触れたサイト。面白い。
ドドメとは桑の実の別称らしい。すごい響きだ……。

そうして部屋の棚の上を見れば、昨日浸けたばかりの大量の桑の実サワー。
早くも赤黒い色が濃く出ている。早いなー。

真っ黒な完熟果実のほかに赤紫の果実も半分くらい入れてみたんだけど、美味しくできるかな。
桑の実のほかに、庭の梅の木に大きな実が一粒できていたのを発見したので、そちらも混ぜて漬けてみた。酸味の少ない桑の実のための隠し味だ。(って酢が既に酸味だけど……)
e0134713_2154119.jpg

そうこうしているうちに子供たちが起きてきたので、朝ご飯にした。

デザートはヨーグルトに桑の実をトッピング。
作ったばかりの時はあまり成功じゃないかもって思った桑ジャムだけど、冷まして食べたらなかなか美味しいということに気づいた。

しばらく桑尽くしが続きそう。
まだまだ樹上には完熟前の果実がいっぱい。
e0134713_2153236.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-06-02 21:14 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
2010年 10月 23日
フェイジョア剪定
フェイジョアの枝が伸びまくって、菜園の地面の半分近くを覆っている。
去年も一昨年も、この時期には沢山果実がついていたのに、今年は全くついていない……。何故だ。

今年の例外的な猛暑のせいかな?でもフェイジョアは南国フルーツのはずだし。
そう言えば、今年の春はいつまでも寒くて、4月になっても雪が降ったりしていたんだっけ。
どっちかっていうと、そっちの方が原因っぽいかな。

収穫が無いのはショックだけど、この機会に初めての剪定をすることにする。
毎年剪定しようと思っても、果実が勿体なくて剪定できたことがなかったんだよなー。
地を這う枝のせいで地面がまったく利用できない状態だったので、地表から1/3くらいまでの枝をバサリバサリと全て間引き剪定した。おおー、スッキリ。

e0134713_184758.jpg

木の下が空いて作業がし易くなったので、辺りの土全体を天地返ししてみた。
地表全体を覆って密集していたタイムとオレガノも、ザクザク切って土に混ぜ込む。
タイム・オレガノは、どうせまたすぐ沢山生えて来るし。

e0134713_1992869.jpg空いた土地が沢山できたので、末っ子と株分けや種まきをしてみた。

帽子ちゃんとかぶって偉いじゃん!と褒めたら、「お花屋さんはみんな被ってるからね」と言う。そんなもんだっけ?


以下、本日の主な作業を覚え書き:
●大きくなったチャイブの株を、細かく分けて広い面積に株分けした。
●それでもまだ空地があったので、白い花が咲くという「ガーリックチャイブ」を植え足した。チャイブの白花版かと思っていたが、育て方を調べたら「ガーリックチャイブ = ニラ」らしい……。
●あとは、適当にハーブの種を撒いておく(ヒソップ、チャービル、コーンフラワー)。時期的に、種まきにはちょっと遅いかな?
[PR]

by macchi73 | 2010-10-23 19:28 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2009年 04月 29日
チャイブ
チャイブの育て方:
●花期は5〜8月。
●種まきは春と秋。
●直射日光に弱いと読んだが、ウチでは直射日光の下でも元気にどんどん増えている。
●冬には地上部が枯れる。
●株分けは春と秋に行えるらしい。我が家では、葉の先がやや枯れる気配を見せ始めた頃、最後の収穫で地際から刈り込んでから小分けに株分けしている。上手く行くと、そこから葉を伸ばしてもう一回収穫できるし、どんどん増える。
●味は、辛くない小口ネギといった感じ。ポタージュに散らしたり、サラダ、ドレッシング、オムレツに入れたり、ネギが無い時には代わりに味噌汁に入れたり、何にでも使える。味に癖が無いのでこれまで一度も「これ何てハーブ?」と聞かれたことがない。多分みんな小口ネギだと思ってると思う。


2006/9
種まき。

2007/6
食用にと思って菜園ゾーンに植えたけど、思ってたよりずっと可愛い花。
株分けを数回繰り返し、結構な面積まで増やしておいた。来年が楽しみ。
e0134713_21153818.jpg

2008/4
今年もあちこちで蕾を付け始めた。
味は地味だけど、何にでも使えて重宝するハーブなので、今年も繁って欲しい。
2008/5/3
花が咲き出した。可愛い。

e0134713_17335266.jpg

2009/4/29
株分けを繰り返し、また零れ種でも増えている模様。
今では、クリーピングタイム・オレガノと共に、菜園ゾーンの下草のようになっている。

e0134713_17352153.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-04-29 17:35 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)