タグ:チオノドクサ ( 6 ) タグの人気記事

2014年 03月 28日
春咲き球根(ムスカリ、ヒヤシンス、チオノドクサ)
e0134713_183819.jpg

朝の庭、第二弾。
いつもほの暗い庭ばかり見ているので、彩度の低い写真しかとれないぜ。ちぇ。

でも、薄暗い時ならではの雰囲気っていうのもある。静かで結構好きだ。それに良い匂いがする。

今の時期は、ムスカリ、ヒヤシンス、チオノドクサが毎朝ポコポコ増えている。

ムスカリは小さいぶどうみたいで、末っ子が気に入っている花。
よくよく見ると結構いろんな色があるようだ。去年、結構植え足したからな。
写真のものの他に、白と紫もあった。
e0134713_183517.jpg

甘いけれど爽やかな春の芳香を漂わせているのは、ヒヤシンス。
ずーっと手入れもせず植えっぱなしなのに、毎年ちゃんと咲いては、庭を心安らぐ良い香りにしてくれる。
e0134713_183348.jpg
e0134713_183150.jpg

チオノドクサは、一輪ずつだと地味だけど、あっちこっちに群れて咲くのが可愛い。
いかにも春が来るんだなーって思わせる景色。

(なのに、写真にはポツンと咲いている株を撮ってしまった……)
e0134713_182778.png

[PR]

by macchi73 | 2014-03-28 06:00 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2013年 03月 25日
2013年3月の庭
e0134713_2283474.jpg

相変わらず、日々あっちこっちから色んな花が顔を出して、散漫な感じの庭。
今はチオノドクサやヒヤシンスなどの球根の花がどんどん増殖中。

フワッと色んなところから良い匂いがする。
こんなところに咲いてたか!って驚くこと多し。

でもこの散漫さ、なんか自然で案外好きになって来た。
目に優しいというか、その辺の放ったらかしの空地のようと言うか。
バラバラ植え、けっこう良いかもしれない(?)。

最近はたまにとても暖かい日が出て来たりして、多分そろそろ春本番の萌芽がやって来る。
庭隅に花壇用の柵をたてて、熊手で掻き集めた枯葉を溜めておく。
枯葉に覆われた庭が、緑色になるのももうすぐだ。

e0134713_2283235.jpg

頭上でも良い匂いがすると思ったら、クラブアップルの花が咲き始めてた。
アルプス乙女はまだ咲いていないので、受粉樹にならないじゃん……。
e0134713_2282922.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-03-25 23:18 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2012年 04月 01日
Ephemeral !!
e0134713_23462847.jpg

うわ、天気良い日曜日。
でも今日中のトラブル対応に出勤しないといけない日曜日。ちぇー。

なかなか出かけられず、庭をウロウロしてしまう。
末っ子が耳元で囁く。「お仕事休めば良いじゃない。」う、心がぐらり。
でもそうは行かないんだよ……年度始めだ。

なんか地面から小さい花が沢山飛び出してきて、地面に色を散らしている。
こういう、春本番のちょっと前の植物が織りなす風景って独特の始まりの雰囲気があって好きだ。
Spring ephemeral とか春の妖精って言うんだよな。
春本番が来る頃には儚く姿を消してしまう。

e0134713_23465516.jpgEpemeral: 一日の命の、短命な、の意。

その名の通り、モリモリ咲く春本番の花たちとは雰囲気が違う。素朴な感じ。


夜、仕事が案外早く解決して、飛ぶように家に帰る。
が、末っ子は友達のところにお泊りに行ってしまっていた。ちぇー。つまんね。

今日のエイプリルフールのために、大急ぎで同じ型のドレスを2つ作ってみたんだけどなー。
(焦茶色の方だけ、娘に披露済み)

「あれ、洗ったら色が変わっちゃった!
模様も流れちゃったみたい!
まったく酷い色落ちだなあ!!」


とかやろうと思ってたのに……。
ぐー。夜なべの作業が無駄に流れた。明日には旬が過ぎている、短命なドレス。泣ける。

e0134713_23472870.jpg柔らかくってふかふかのダブルガーゼで作ったドレス。胸元に昨日作った花のブローチを留めてみた。

一着目は本を見て、二着目は本無しで作ってみた。

よし!手順は覚えた。
この型のドレスなら、今後は自由に作れそう。


『おしゃれが好きな女の子の服』

今回のドレスは、この本の中の「ヨークがポイントのワンピース」。
すごく簡単な手順で、短時間で作れた。でも可愛い。

ただし説明はあっさり簡単で、ちょっと戸惑うとこも。いくらか洋裁に慣れてる人向けなのかな?って感じもした(私が洋裁の言い回しに不慣れ過ぎるだけかもしれないが……)。

著者が作った実物はここに載ってる。


[PR]

by macchi73 | 2012-04-01 23:30 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(4)
2011年 04月 05日
地の花
e0134713_1456976.jpg

体調崩して休み。
とか言いつつ、薬が効いたら庭に出てぼんやりしたりして。

地面に点々といろんな花が咲いている。
水仙とかヒヤシンス、ムスカリ、ハナニラ等はどこでもよく見かけるけど、ちょっと珍しいかなと思うのはチオノドクサ。

冬場は霜柱に覆われる日陰に植えたが、寒さに強い花で、年々よく殖えて今では日陰全体に広がった。
自然にしていても殖えるが、分球させるともっと効率よく増やせるらしい。

淡い紅藤と、青藤の二色が咲いている。
派手さはないが、自然な感じで好きだ。

e0134713_1511469.jpg
[PR]

by macchi73 | 2011-04-05 15:06 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2011年 03月 27日
春の花、大集合
e0134713_21172299.jpg

庭にいま咲いている花を集めて、水盤に飾ってみる。

寒椿、三須臾、沈丁花、紫花菜、木瓜の花、ローズマリー、ヒヤシンス、オオイヌノフグリ、冬知らず、ヒヤシンス、福寿草、クリスマスローズ、チオノドグサ、プシキニア。

一箇所に集めてみると春爛漫っぽいけど、庭全体で見ると、まだポツポツ色が散っている程度。

この時期、強烈に甘い香りの花が多くて――ヒヤシンス、水仙、沈丁花――部屋に飾っていると、ちょっと酔いそう。

e0134713_21253325.jpg
けっこう色々咲いてるよね、この中で何種類くらい分かる?と夫に聞いたら、

「知らない花ばっかりだなー。35種類くらいあるかな?」

という返答。

いやあ、いくらなんでも35種類は無いだろう……。適当すぎ。妻の趣味、夫無関心。


[PR]

by macchi73 | 2011-03-27 21:15 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2009年 04月 04日
チオノドクサ
チオノドクサの育て方:
●花期は3〜4月。
●もともとは高山植物なので、寒さに強く暑さに弱い。夏は日陰になる場所に植える。
●掘り上げと施肥は不要。楽そう!


2008/11/8
生垣の北側がこの時期から春までかなり冷え込み、霜がおりることもしばしばだ。
年中日陰のこの辺りにだけは根付く植物もなく、いつも黒土だけが見えていてかなり寂しい有様なので、「寒さに強い」というキーワードで選んだ球根を植え込んでみた。
花数が少なく群生させないと見栄えしないとのことなので密植気味に植え付けてみる。咲いてくれるかなー。

2009/01
毎年のことだが、庭のこの一角には辺り一面の立派な霜柱が立つため、もう地面はデコボコのモロモロのカサカサになっている。
球根から出た芽と思われるものも地面からかなり浮き上がってしまっている様子。
こんなんで大丈夫だろうか・・・。

e0134713_2371496.jpg

2009/3/20
今日、初めての花が咲いた。辺りには他にも芽が出ている。
全部咲いたらどんな感じになるか楽しみだ。

e0134713_19302672.jpg

2009/4/4
群生したらこんな感じ。草丈10cmくらい。小さい。

e0134713_1945542.jpg
e0134713_19453559.jpg
庭の奥の日陰にも良く咲いている。
地味な姿だが、野趣溢れるというか可憐というか、なんとなく野山の雰囲気。

2009/4/11
ピンクの花が段々と終わり始め、今度は青花のものが咲き始めた。2色一緒には咲かないのか。

e0134713_16295936.jpg


2010/3
ちょっと待て!!と言う程、盛大に殖えている。
草丈が低いから鬱蒼とした感じはしないものの…いきなり殖え過ぎじゃないか。

今年は桃色の花のすぐ後に青花が咲いて、二色揃って咲いている。
寒かったから、花持ちが良いのかな。

e0134713_047177.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-04-04 19:51 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)