「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ゾウムシ ( 6 ) タグの人気記事

2016年 11月 17日
栗の渋皮煮、渋皮染め、クリシギゾウムシ
e0134713_052722.jpg

残業で疲れた夜に同僚と、友達のやってる料理屋さんに行ったら、コレ庭にまくと良いよと炭火焼の灰を袋に入れてもらってウキウキで帰る。植物灰は、家庭菜園の土壌改良材になるんだよな。

その後日。
灰汁を使って栗の渋皮煮というものが作れることを知る。灰の上澄み液に、鬼皮を剥いた栗を浸してアク抜きするという方法。せっかく灰がいっぱいある今、やるしかない!と思って、作ってみた。
レシピはインターネット上に色々あったが、主にこちらを参考にした。
 →栗の渋皮煮:ほっこり日記

渋皮煮って初めて食べたけど、栗の味がすごくして、見た目も秋らしくて美味しいものだなあ!
夜、夫が入れてくれたお茶と一緒にパクパク食べる。食べながら得意になって夫にレシピを話したら、ピタッと夫の手が止まった。

そして、「今すぐ友達に連絡して料理に灰を使って大丈夫か確認して」と不安そうな顔で言う。えー、炭火焼の灰だよ、大丈夫だよ、と言ったら、庭用にって貰ったんだろ!タバコとか入ってないって言い切れるのか?macchiは適当すぎる!あっ、微かに口内に違和感がある気がしないでもない……と、声まで震わす(さらさらでタバコなんて入ってなかったよ、ソレきっと渋成分だよ、食べすぎ)。確認するまで残りの栗は食べるな令が出て、栗が封じられてしまった。で、その場で友達に連絡したら大丈夫だよと言われて一安心。改めて、残りの栗も食べて良い令が発布される。

結局、渋皮煮は子ども達にも大好評で、30個以上作って瓶にも漬け込んだのが3日で全部なくなってしまった。またそのうち、栗(と灰)が手に入ったときはやってみようっと。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ついでの草木染め:栗の渋皮染(赤)

栗を渋皮ごとしばらく灰汁につけ、鍋で茹でると深紅の煮汁が出てくる。

あんまり綺麗な赤色だったんで、煮汁で白布巾を草木染めしてみたら、予想通り綺麗に染まった。アクの強い植物の煮汁って、良い染料になるんだよなあ。栗の渋皮染め、いい感じ!

色味の感じや、灰汁(アルカリ性)で赤が濃くなり酢(酸性)で色が薄くなる振る舞いを見ると、たぶん、枇杷の葉で綺麗な赤の草木染めができるのと同じ原理だと思う。どちらも色素はタンニンなのかな?
e0134713_052569.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ついでの虫観察:クリシギゾウムシ(栗鴫象虫)

たくさんの栗をまずはそのまま水につけてみて、沈んだ実だけ渋皮煮には使う。

浮いた実は虫食いの可能性が高いが、実が縮んで鬼皮との間に空気が入ってしまっているだけというケースも多い。なので、渋皮も剥いて中を割ってみて、空気が入っているだけだったら甘露煮にすれば良いかなと思う。

小さい穴があいてる栗の場合は、クリシギゾウムシが実を食べて、すでに脱出してしまっている可能性が高い。試しに見てみたら、やはり、中には卵のようにみえる糞がつまっていて、幼虫自体はもういなかった。ちょい残念。
e0134713_052321.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-17 07:00 | 庭料理 | Comments(4)
2013年 04月 26日
コヒゲホソゾウムシ
e0134713_22534162.jpg

庭のベンチに綺麗なゾウムシがいた。

これって、去年末っ子が捕まえて来た虫だ。コヒゲホソゾウムシ。
ちょっと珍しい種みたいだけど、庭に定住して馴染みのメンツになってんだなあ!
なんだか嬉しい。

緑色にキラキラ光っている。
ラメをまぶしたような光り方だなと思ったら、ゾウムシのこの輝きは、鞘翅が鱗片状になっていて光を反射しているものらしい。

しかし私のカメラのレンズでは、どうしても小さい虫が綺麗に撮れないのであった。
これから昆虫が多くなる季節、マクロレンズが欲しくてウズウズしている。やばい。

e0134713_22534798.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-04-26 22:57 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 07月 20日
ホウセキゾウムシ(宝石象虫)
e0134713_2265925.jpg

誕生日プレゼントに、キョロロの森のホウセキゾウムシのレジン標本をもらった。
誕生日、まだだけど。すごくすごく嬉しい。

レジン標本の良いところは、普段はなかなか見せてもらいにくい、昆虫の側面や裏側をじっくり観察できるところ。

e0134713_2272662.jpg
ほーほー。こうなってるんだ。
足の裏やら口元やら、ジロジロ見ちゃうよー。

しかしゾウムシって面白い形だ……。

地球上の生物で一番種類が多いのが甲虫で、その中でもゾウムシとハネカクシは最も種類の多い虫らしい。

そのせいか、同じ種の中でも、色・形・大きさのバリエーションが多くて面白い。蒐集したくなる。


実はホウセキゾウムシだけでなく、コガネムシやらクワガタやら、色んな標本を集めている。

e0134713_2275268.jpg
末っ子が作った粘菌オブジェに、青カナブンの標本ペンダント。

普段はカナブンとコガネムシの見分けだってつきにくいが、こうやって停止していると「なるー。口元が違うね」とか細かいことが分かる。

ちなみに、ヘラみたいな口で樹液を吸うのがカナブン。
葉っぱを食べるのがコガネムシ。

体型も、カナブンはクワガタみたいな四角くて扁平な形をしているが、コガネムシは丸っこい。


折しもそこへ飛び込んで来たのはアオドウガネ。
緑色に光って綺麗だなあ……。
ついついジッと見て、怖いこと考えて、イヒヒと笑ってしまう。

e0134713_2281358.jpg
見られている気配を感じて、固まっているのか。

いたいけなつぶらな瞳。



* * * * * * * * * * * * * * *

「USBクワガタマウス」

ななななにこれ欲しい!!
USBに繋ぐと、ライトアップされて、しかも色が変わっていく!

しかし評価が。
作りが粗い物があり、マウスとしての機能を果たさないブツもあると。

すごい良いアイデアなのになー!勿体ない。
自作しちゃおっかなー。


[PR]

by macchi73 | 2012-07-20 22:06 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 05月 22日
コヒゲボソゾウムシ(小髭細象虫)
e0134713_1214473.jpg

夜、娘が「良いものあげる〜」と、寄って来た。
差し出したハンカチを開いてみたら、緑色の綺麗な虫がいた。
台所の窓辺で捕まえたと言う。

体長6mm程度。
全身が緑色に光っていて、触覚と脚だけは赤い。
頭の形からすると、ゾウムシの仲間っぽい。

調べてみると、コヒゲボソゾウムシという名前で、ちょっと珍しいゾウムシらしい。
「緑の宝石」と書かれている記事があったので娘に教えたら、ニマニマして、「緑の宝石か〜」と嬉しそう。

e0134713_12143752.jpg二人でジロジロ観察した後は、一緒に窓から外に戻した。

ちょっと珍しいゾウムシ、庭で増えたら面白いかもね。


[PR]

by macchi73 | 2012-05-22 23:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 05月 06日
バラゾウムシ(薔薇象虫)
e0134713_10582123.jpg

朝、おでかけの前に枯れたバラの蕾を取り除いていたら、バラゾウムシ発見。
バラの蕾を枯らす主。

うわー、一度気付いたら、いるいる、あそこにもここにも……。ショック。
ブンブンと、けっこう良く飛び回る。

e0134713_10584434.jpg
バラゾウムシの出会いを目撃してしまった。

というか、あちこちで出会いまくり。

e0134713_10592224.jpg
これじゃあ、どんどん増えるよなあ……。


すごく小さいけど、ちゃんとゾウムシの姿をしている。
どれくらい小さいかというと、私の手と比べて、これくらい。
e0134713_10595559.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-05-06 11:01 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 05月 01日
アナアキゾウムシ(穴あき象虫)、バラゾウムシ(薔薇象虫)
e0134713_18483842.jpg

お土産だよ〜と、ニヤニヤした夫が何かを持って部屋に入って来た。
握り拳を開くと、そこにはゾウムシがいた。1.5cm以上あるかな。結構大きい。

見た目からすると、アナアキゾウムシの仲間っぽい。
クリアナアキゾウムシ(栗の木を食べる)かマツアナアキゾウムシ(松の木を食べる)のどちらかだと思うんだけど。

「どこで捕まえた?」「土の上」「捕まえた場所の近くに、松の木あった?」「あった」「栗の木は」「それもあった」……うーん、それだと判別不能だなあ。
見た目だけで、アナアキゾウムシを区別するには、どこに注目すれば良いんだろう。

e0134713_18485787.pngゾウムシを知らなくても、「これはゾウムシに違いない!」と一目で確信させるその顔つき。

命名した人は上手いと思う。


傍らの台の上でつっついてみたが、ぴくりともしない。
死んでるの?と聞いたら、ゾウムシは危険を感じると死んだフリする性質があるとのこと(夫談)。
へえ!と思って、結構激しくワシャワシャ触ってみたが、全然動かない。すごい本格的な死んだフリだ。

でも、これって身を守るのに役立つもんかなあ……。
熊に会っても死んだフリしちゃダメって読んだけどなあ。

疑問に思って調べたら、昆虫を捕食するような敵の目には動くものだけが見え易いので、静止することで見つかりにくくする効果はあるっぽい。
また、瞬間的に身をすくめて、草むらなどにコロンと落下してしまうのが、最も効果的かつ素早い移動方法だというような説もあった。そっか、重力をフル活用した逃避行動か。体重軽いから、落ちても衝撃は無いだろうしな。面白い。

そんなこんなで、しばらく留守にしてた自宅に戻ったところ、庭のバラにもバラゾウムシがやって来た跡がある。

e0134713_1850027.jpg
バラの蕾が花首から萎れていたら、それはバラゾウムシの産卵跡。

5mm程の小さなゾウムシらしい。

まだ姿を確認できたことはない。


これまでずっと虫害は放置していたが、こないだピエール・ド・ロンサールをカミキリで枯らしてしまったことも反省し、今年はできるだけ対応してみようと思う。

蕾に産卵 → 萎れた花首が地面に落ちる → 幼虫が地面で蛹化する……という生態なので、
バラゾウムシに産卵された蕾を見つけたら、地面に落とさないように切り取って捨てること。
[PR]

by macchi73 | 2012-05-01 19:15 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)