タグ:セージ ( 9 ) タグの人気記事

2016年 11月 18日
晩秋の庭(放置の結果)
e0134713_148731.jpg

ずっと自分の家の庭は放置でいたので、久々に庭を巡回してみて、反省を心に刻むための晩秋の庭のメモ。

剪定もせずに放置していた紫陽花が、面白い色になってあちこちでドライフラワー化している。

同じく放置していてひょろひょろと伸び放題のバラの枝には、秋の花が咲き始めている。

金魚とメダカが、いつの間にか大きくなって、まるまる太ってる。亀はそろそろ冬眠準備かな。

金柑や柿やニラなど色んな作物に果実や種ができているが、放置に任せて地面へ零れるままになってたり。

いつもこの時期いきなり花盛りになって存在を思い出させるパイナップルセージは、今年も元気で名前通りパイナップルみたいな良い匂いを放っている。すっかり存在を忘れていたが、クリスマスのご馳走のためにドライにでもしておくか……。
e0134713_14844.jpg

植物一つ一つをみれば、それなりに細々と一年の活動を行っているんだけど、全体的にはどうみても荒れたボサボサの庭。ちゃんと人住んでるのかよ!?廃墟かよ!?という感じ。やばい。来月は段々と時間ができそうだから、今年中には一度綺麗にしたいとこ。ホント、ずっと放置でごめんよ……と樹木の幹を撫でてみると、少し温かくて、いいよ、と言われている気もする。娘なら、木は生きてるからって言いそうだが、樹木が金属や石の壁に比べて暖かい気がするのは、単に熱伝導率が低いから。

全休日が何かで埋まっているカレンダーを見るとかなりうんざり&ぞっともするが、仕事や家族や地域のことでスケジュールが埋まるっていうのが、つまり、子育てして働く40代ってことなんだよなあ、と思ったり。それとも、違う在り方も、やろうと思えばできるのか?

秋の夜長は綺麗な庭の写真の載った本とか読んで、庭整備の計画たてよう。
e0134713_148276.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-18 07:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(3)
2015年 11月 20日
秋の庭(荒廃中)
e0134713_1203855.jpg

もう、家に帰って寝るだけの毎日。
……って訳でもないか。いま、やりたいことだけやって、それだけで毎日力尽きている。

その結果、家に関する部分は、けっこう何もかも放棄している。
庭は全くの野生の藪と化している。家庭も、家事も、放置状態。

肌寒くなって来たら、毎年決まって咲く秋の花たちが咲き出した。
2008年に植えた皇帝ダリアが7年目の花をつけはじめた。
6年目のパイナップルセージも、10年目のヒメツルソバも、相変わらず元気で、たくさんの花をつけている。
見るからに放置されてて、荒れてしまった庭だけど、ちゃんと生きてはいるんだなーと思った。
植物は自分たちで生きていて、私が手入れしなかったからと言って、すぐに死ぬ訳ではない。

家庭の方も、同様。
かなりカオスな雰囲気は生まれつつあるけど、みんなそれぞれちゃんとはやれてるっぽい。
いわゆる丁寧な暮らしっていうの、子供たちに与えたかった気は少しするんだけど、いまはできてない。
結構頑張ってキープしてきた、きちんとした雰囲気が失われていくのを見てたまに胸が痛むのは、子供たちのことを考えてなのか、それとも全方面で理想通りにやれてないという失敗感みたいなものか。

でも、その「理想通り」ってのは、別に自分の心の底から湧いてくる願望じゃなくて、一般的な理想を想定しての気持ちだなとも思うので、いまはあまりこだわらないようにしようと思ったりもする。しばらく迷走してて、自分は何が快で何が不快かがわからなくなっちゃったから、いまは少し、そのことだけ考えさせてくれ……とか思う。
私は、別に人は内心と行動が一致してる必要はないと思うんだけど、内心をちゃんと把握しておく必要はあると思う。内心がわからなくなったら、後々やばいことになると感じる。

その一方で、今晩は夜遅くに急なお客さんが来て、家族揃ってお茶と会話もできて、楽しかったけど、ふと見回してみたら、荒れた棲家が急激に恥ずかしくもなった。やっぱりお母さんとして、常に家族の一般的な生活ラインを守るような力の振り分けをするのは、必要なことなのかなーと思ったり。

子供たちに、私はどう見えているんだろう。

子供たちが小さかったときは、自分が子供たちを好きなのはあまりに明確だったので、特別にお母さんらしく振舞おうとか考えたことはなかったと思う。いま、子供たちもだいぶ大きくなって、自分の中での家族の比重が急激に小さくなっていくのを感じると、ちょっとコレは母親としてどうなんだ……と不安になる。

母性本能みたいなものが、一生続く人もいるし、一定期間しかもたない人もいると思う。
私は、前者ではないかもしれない。子供たちの小さかったときのことは、ずっと覚えているとは思うけど。

e0134713_1205770.jpg
e0134713_1205914.jpg
e0134713_121155.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-11-20 01:35 | Comments(18)
2013年 11月 04日
庭仕事の愉しみ(ヘッセ)
e0134713_23143592.jpg

霧の夜、遂にエイヤッと庭仕事をした。

まずは剪定。
ここ数年ずっと大きくしていた果樹やバラを、今年は思い切って小さく刈り込んだ。
どの木も延び放題にしていたら小枝が増えてしまい、勢いが衰え気味の気がするので、リセットするつもりで。
フェイジョアは早めの収穫になってしまったが、少し追熟してサワーに漬け込んでみよう。

フェイジョアの株元では2010年に植えたパイナップルセージが着々と株を大きくしているので、そちらも刈り込んだ。パイナップルの良い香り!
メキシコ原産で寒さに弱い品種だという説明だったので、そんなに根付くのを期待していなかったのに意外な結果で嬉しい。刈り込んだ枝をマルチングとして株元にかけておく。冬の防寒着代わりだ。

e0134713_23143849.png

それから秋の球根植えと種まきをする。
鍬で地面をゴンゴン掘り起こし、腐葉土と堆肥をすき込んで柔らかくしたところに球根を放り込んでいく。

その数、なんと200球!!

なんか晩夏から秋の間にちょくちょく貯めてたらこんなになっちゃったんだ……。
しかも地面を掘れば、大小様々な球根がゴロゴロでてくるし。
多すぎてどれがどれだか覚えてられないので、もう、適当にまとめてポイポイ投げるようにして場所決めして植えてしまう。

最後に、球根たちを埋めたばかりのふかふかの庭土に、ネモフィラと矢車草の種をパーッと撒いて行く。
湿った空気と土がひんやりして気持ちいい。
色んな用事でいっぱいだった苦しい心が、段々と静かに落ち着いてくるのを感じる。

今回は庭のレイアウトも何も考えられなかったけど、ま、超多忙だった今年はこんなもんでOKとしよう……。
創造性はないやり方だけど、庭の夏の疲れを労るための庭仕事ということで。

そうして真夜中過ぎに泥々になって庭から戻る。
風呂に入っていたら、窓の外の音で、霧が静かな雨に変わったのがわかった。
今撒いたばかりの種が、水を吸って健やかに膨らむところを想像しながら眠る。

来春は花の多い庭、ネモフィラと矢車菊で青い庭になるだろう(と空想)。
地味に愉しい。しみじみ。

e0134713_23142379.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今回、重い腰を上げて庭仕事に取りかかったのは、古本市で買ったこの本のおかげ。

『庭仕事の愉しみ』(ヘルマン・ヘッセ)

とっても静かな、庭から得られる充足感が伝わってくる文章だった。
この感じ分かる。私も庭仕事していると、自然と自分の間が近くなり、心が落ち着いていくのを感じる……。

この頃は何を読んでも何を観ても「今の生活は違うぞ、方向転換しろ!」と強く呼びかけられている気がする。だけどその一方で、身に染み付いたスポ根が、ここを越えれば楽になる、投げるな休むなやり通せ!とも言っている。

どっちが正しいのか分からない。迷走中。


[PR]

by macchi73 | 2013-11-04 23:27 | 書籍など | Comments(2)
2012年 11月 10日
夜毎に石の橋の下で
e0134713_22154971.jpg

秋晴れの休日。
庭に出てみると、案外花が多くて賑やかな感じだ。
夏の花殻がつきっぱなしだったのを切り戻し剪定したら、また秋の薔薇が咲き出してる。
ちょっと風邪っぴきで鼻水すすりながら日向ぼっこしてたら、体が暖まって元気になった。

午前中は子供の劇を観に行く。
お、この間染めた水色のシャツ、他の衣装小物と色合いが似合っててとっても良い!
劇の間ずっと、どの場面でも我が子にガッツリ焦点が合ってしまって、なんか可笑しく思う。
普段観る舞台とはまったく異なる鑑賞法だよな。ふふ。
他の親御さんたちも多分そうなんだろう。

夜には街に出て、久しぶりの友人たちと飲み会。
海外にいる人たちにはTV通信で繋げて、あたかも一緒のテーブルについているように会話したりして。
出会ってから20年になるんだねと言われて、我々もインターネットも、あの頃からずいぶん遠くに来たもんだなあと感慨深く。みんなそれぞれ元気で嬉しい。
これからも元気で会えるように、体に気をつけて(と考えるようになったところが20年の歳月だなあ……)頑張ろうと思う。

e0134713_22201335.jpg

どんどん花を咲かせるウィンターコスモス。

e0134713_22204239.jpg
野路菊も今週からポツポツ咲き出した。

e0134713_2221298.jpg
パイナップルセージは良い香り。

寒さに少し弱いらしいが、2010年に植えてからずっと露地で越冬して、年ごとに大株化している。


e0134713_22222765.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * *

庭で光ってる薔薇とセージを眺めていたら、ちょっと前に読んだ本を思い出した。
中世プラハ、バラとセージの呪(まじない)の物語。

『夜毎に石の橋の下で』(レオ・ペルッツ)

狂王と偉大なラビと麗しき人妻と黄金に愛された豪商の物語。
それから時々、食いしん坊とか不運な男とか天使とか犬とか。

冒頭の一遍『ユダヤ人街のペスト禍』、ラビ登場がやたら大げさで重々しくて微かに可笑しい感じがガルシア・マルケスっぽくて凄く好きだったので、一気に引き込まれた。

連作短編集っていう形式って面白いなあ!!と満足の一冊だ。
一遍ずつも幻想的だったりオチがあったりして面白いが、最後に全体が繋がった時も快感だ。一度読み終わってから、多分もう一回、最初の方を読み直してしまうタイプの本だと思う。

読んでる途中で、この王様って澁澤龍彦が書いてたあの人じゃん……って思い出したら、二重写しで何となく切ない気分になった。
後で知ったが、ラビも豪商も実在の人物らしい。
最初からそっちの知識もあれば、もしかしたらもっと面白く読めるのかもしれない(知識無しでも充分面白いけど)。


[PR]

by macchi73 | 2012-11-10 23:58 | 書籍など | Comments(0)
2011年 11月 09日
庭のセージでソーセージ
e0134713_21545731.jpg

庭のセージが良い匂いなので、料理に使ってみることにした。
そういえば、「ソーセージの名前の由来はハーブのセージから来ている」と聞いたことがあるような。

検索したら、お手軽な良いレシピを発見。
 → 手作りソーセージ レシピ

e0134713_21575073.jpg
【ソーセージのレシピ】

庭のセージ・パセリ・ニンニクを刻んで、豚挽き肉・ナツメグ・卵白・小麦粉・塩こしょうと混ぜて蒸すだけ。


試してみたら、すっっっっごく美味しい。
最近でも一番のヒットかもしれない。
果物やお菓子も美味しいけど、やっぱり「ウマイ!!」と燃えるのは肉だなあ!

「これは是非腸を入手して、更に本格的に作るべきだな」と燃える夫(凝り性)。

でも私はこのお手軽さが良いと思う(せっかち)。
庭でチャッと摘んで・サッと料理して・すぐ美味しく食べる、ってのが楽しい。
e0134713_21593755.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-11-09 06:30 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(6)
2011年 11月 04日
パイナップルセージ
パイナップルセージの育て方:
●花期は晩秋。10月〜12月。
●乾燥気味を好むので、蒸れないように育てる。
●日当たりを好むが、夏の直射日光はやや苦手。
●春と秋に、挿し木で増やすことができる。また、巨大化した株なら株分けもできる。
●ハーブティ、入浴剤、食用と、色んな用途に使える。
●パイナップルセージは寒さにやや弱いので、冬にはマルチングなどした方が無難らしい。
●背丈が高くなりすぎると倒れやすくなるので、たまに摘心したり、晩秋に花が終わったら切り戻しておくと良い。

e0134713_18322117.jpg

庭に、巨大なサルビアが咲き出した。草丈1.2mほど。
サルビアなんて植えたっけなーと思って手元の栽培メモを調べたら、2010年10月に植えたパイナップルセージだった。
そっくりなはずで、セージの別名は「薬用サルビア」。どっちもシソ科サルビア属の近縁種だ。

1年間ずっと花も咲かず、フェイジョアの木陰でひたすら背を伸ばしていただけだったので、すっかり忘れていた。
寒さに弱いらしいが、防寒すら忘れていた。それでも越冬したんだな。

末っ子が蜜を吸っている。花も巨大。
倣って吸ったら、パイナップルの味がした。すごいなー。

葉っぱを摘んだら、これもパイナップルに似た爽やかな芳香が強烈。
むむ。これは食用に使えそう。
[PR]

by macchi73 | 2011-11-04 18:40 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)
2010年 04月 18日
怒り亀
ここ数日の雪やら寒さやらで、ずっと固まっていたアオ。
やっと暖かくなった今日、のっそり動き出したので、庭に放して水槽を綺麗に洗う。
ついでにアオも洗うと、「シャー!」と叫んで怒った顔をした。
はは。ごめんね。

e0134713_14413359.jpg

今日は蝶や花アブも沢山飛び回っていた。
りんごの木の間を飛び回っているモンシロチョウを見てニヤリ。受粉の手伝いありがとう。

e0134713_17154430.jpg

暖かい日は、亀や虫だけでなく子どもの動きも良い。
チェリーセージの花の蜜を片っ端から吸って、丸裸にしている末っ子。

e0134713_17175493.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-04-18 14:49 | 【その他】日記 | Comments(0)
2007年 12月 14日
ロシアンセージ
ロシアンセージの育て方:
●花期は5〜10月。花が咲いていなくてもシルバーの葉が綺麗。
●乾燥した場所に向く。湿り気は苦手。
●夏の直射日光も宜しくない(と言いつつ、我が家では一日中日の当たる場所でも元気に育っている)。
●5月か10月に新芽の付いている若い枝を挿木して増やすことが可能。
●冬にバッサリ地面から刈り込んでも、翌年にはまた大株になる。


2006/9
白っぽい茎と葉、薄紫の花が風に揺れてすごく綺麗。
こういう、背が高くてユラユラする淡い色の草って良い。

2007/1
冬になり、立ち枯れたようになっていたので根元からバッサリ切ってしまう。
夫が「酷いなー残酷」と文句を言う。ちょっと嬉しそうなのは何故。不可解。
2007/3
切った部分の脇から、新たな茎が伸びて来ている。
2007/5
いつの間にか去年より大きくなった。でもなんだか去年より散漫な姿。
大き過ぎる割りに、中心部が空いてるからだ・・・。
よく見ると、中心部は去年の古株が木化して残っていて、その周りから新芽が出ている。
2007/12
初年度の可愛い姿に戻すべく、今年は地表際から刈り込んだ。また来年の夏のお楽しみ。

2008/4
今年は3月が終わっても、刈り込み後がずっと枯れ枝っぽくて芽吹きが見られなかったため、本当に枯れてしまったかと思ってたら、今月に入ってやっと芽吹いて来た。

e0134713_1251032.jpg

[PR]

by macchi73 | 2007-12-14 00:08 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2007年 05月 03日
チェリーセージ
e0134713_18314523.jpg

赤一色の株と、紅白の株が生えている。
どこでもよく殖えるので、特に育て方というものも無いかも・・・。

あっと言う間に大きくなって木質化するので、ちょくちょく刈り込むのが良いかもしれない。
そして刈り込んだ枝をその辺に挿しておけば、また増える。
ウチでは増え過ぎて、たまに雑草と一緒に抜かれている。
日当りに挿した株の方が花がよく咲く。日陰だと葉ばかり繁る感じ。

花をプチッと摘んでチュッと吸うと、蜜が多くて甘い。
長男が「この花の蜜が一番美味しいよ」と末娘に教えたので、娘3才の主な吸蜜源となっている。

e0134713_210137.jpg

2009/4
一年中いつでも冬でも咲き続けているチェリーセージだが、やはり春になると花数がぐっと増える。
子ども達が花の回りでゴニョゴニョやっている。また蜜を吸ってるんだな。

e0134713_15331147.jpg

上の娘がニコニコして、白い小さなお皿にたまった液体を「なめてみて」と差し出してきた。
なんだろうと怪しみつつ舐めたら甘くて美味しい。

「ハチミツならぬコドモミツです!!」と種明かしされた。

なんとチェリーセージの蜜をお皿に集めたらしい。
すごい・・・。その努力と忍耐を、もっと他のことに回したらきっと一廉の人物になれるだろうに。
[PR]

by macchi73 | 2007-05-03 18:33 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)