「ほっ」と。キャンペーン
タグ:セキレイ ( 3 ) タグの人気記事

2010年 02月 22日
海岸の鳥:アオサギ、コサギ、チュウダイサギ、カルガモ、ムクドリ、セキレイ
海岸からは少し離れた岩場に、野鳥が数種集まっていた。
餌場かサロンになってんのかな。

e0134713_21272094.jpg


◆アオサギ
白いサギ二種と一緒にいたので、一羽だけ青灰色の羽で目立っていた。

e0134713_21275745.jpg


◆チュウダイサギ
「Yachoo! オンライン野鳥図鑑」のチュウダイサギの写真にそっくりだったので、今回のはチュウダイサギと認定してみたものの......。
白いサギは体の大きさで、ダイサギ・チュウダイサギ・チュウサギ・コサギと分けられるようだが、正直、コサギ以外は見分けがつかない。

e0134713_2130289.jpg


◆コサギ
コサギは体が一際小さく、足と嘴が青黒いので見分け易い。
手前に鴨が泳いでいる。

e0134713_21305462.jpg


◆カルガモ
公園の池あたりにいるイメージがあったので、海で見かけるとちょっと新鮮。

e0134713_21314718.jpg


◆ムクドリとセキレイ
二羽でチョコチョコ、離れたり近づいたりして地面をついばんでいた。
セキレイは水場の鳥だと知っていたが、ムクドリは野原の鳥かと思っていたので、海で見かけるのはちょっと意外な感じだ。

e0134713_2132211.jpg

以上は、海岸からすぐの浅瀬の岩場で見かけた鳥たち。
もっと岸から離れた岩場には、ウミウやカモメが集っていた。
[PR]

by macchi73 | 2010-02-22 21:10 | 【生物】野鳥 | Comments(0)
2008年 12月 14日
冬の海岸の生物
庭の生物ではないが、ドライブ & 散歩に出かけた海岸で見かけた動物:
カモメ、イソシギ、トンビ、スズメ、セキレイ、コサギ、ウミウシ、カニ、イソギンチャクなど。
ウミウシは「紫の液出すから見てなよー!」と子供たちに得意気に教えて触りまくったんだが、のろのろ動くだけで全然反応してくれなかった。きっと凄く寒くて縮こまってるところを五月蝿くされて迷惑だったことだろう。

●イソシギ:
あまり飛ばずに、岩場をサーッと駆け回っていた。

e0134713_1823174.jpg

●トビ:
本当に、オモチャの笛の様な声でピーヒョロヒョローと鳴いていた。
強風に煽られて空中で裏返ったり、後方に吹き戻されたりと難儀している姿を見て、「見てー、見てー、いま鳥がオットット〜ってなったよ」と、娘ご機嫌。

e0134713_18234853.jpg

●コサギ:
海にもいるんだな。
岩の水たまりで足を滑らせていたので笑ってしまった。水鳥でもそんなことあるのか。
今日は風が強いからみんな大変だ(娘も息子も「飛ばされる〜」と、危うい場面が何度か)。

e0134713_18244643.jpg

●スズメ:
寂しい灰色の景色の中でも、群れて賑やか。

e0134713_18252115.jpg

●セキレイ:
灰色っぽいセキレイと頭が真っ黒なセキレイがいるが、今回見かけたのは灰色っぽいやつの方。
色がハッキリしないのは幼鳥ということなのかな。

e0134713_18255340.jpg

●カニ:
子供たちを脅かしてやろうと、わざと挟まれてみたが、本当に痛いし離れないしで焦った。

e0134713_18262377.jpg

最初は寒くて寒くて、たまの休日を潰して何の修行だと思ったが、面白がって奇声を発してピョコピョコ走る末娘を追いかけたり抱っこしているうちにポカポカして来た。
夕方近くなってやっと日が射してきた時は「綺麗だねえ!」と子供たちと見とれてしまった・・・。楽しかった。

e0134713_18264866.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-12-14 23:36 | 【生物】野鳥 | Comments(0)
2008年 11月 24日
ハクセキレイ
庭でも街でも割とよく見かけるが、本来は水辺の鳥。
尾っぽをピョコピョコさせて跳ぶ様に歩くのが可愛い。

2008/11/22
野川沿いサイクリングにて、喜多見あたりで撮影。
頭が真っ黒で、目の上を黒い線が通っているのは、タイワンハクセキレイらしい。タイワンハクセキレイの場合、胸の黒い模様はクチバシにくっつくらしいので、これはハクセキレイっぽい。

e0134713_23304043.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-11-24 23:35 | 【生物】野鳥 | Comments(0)