タグ:スノーフレーク ( 3 ) タグの人気記事

2016年 04月 01日
泣かない理由
e0134713_222447.jpg

末っ子が、囲碁をしようと誘ってきた。久しぶりだったけど強くなっていた。さすが今月から高学年に突入するだけある。

本人もいけると感じたのか、珍しく果敢に敵陣深くまで飛び込んでグイグイ攻めの姿勢を見せたが、あー良い感じだけどここに欠目があるからこうなっちゃうかもよ……とバタバタっと逆転負けの結果になったら、「そっかあ、本当だー。うーん……ちょっとタイム、ちょっとトイレ〜」と言って席を外し、しばらくしてから少し泣いたように瞼と鼻を赤くして戻ってきた。そして、「よし、じゃあもう一回やろう!」とサラッとした態度で再挑戦してきた様子を見て、母は感動した。成長を感じた。さすが4月から高学年に突入するだけあるよ!

もっと小さい時は、将棋や囲碁を始める前に「言っとくけど、負けて怒るならやらないよ」といくら念を押しておいても、最後は絶対に怒りだして「つまんない!つまんない!もう嫌だー!!今の無しー!」とか涙と鼻水をブシューと出して、盤上を滅茶苦茶にかき混ぜたりしていたものなのに。

ピノコよ、これは構造的に最後はどちらかが勝ってどちらかが負けることが避けられない仕組みのゲームだからね。勝つこともある、負けることもある、それを理解して成り行きを楽しむっていう風にできない相手と勝ち負けゲームすんのは、お母さんは嫌だよ、楽しくないよ。一局一局でギャーギャーいう格好悪い真似はやめて、まずは勝ったり負けたりしながら上達すること楽しもうよ。負けて泣く子とは、協力ゲームだけ一緒にやるよ……とか、毎回クドクド言ってた甲斐があったか。わかってくれたか。

……なんて、感慨に浸っていたのが、夕方のこと。

夜、お風呂に入りながら、さっきの囲碁は偉かったねーと言ったら、「うん、全部グチャグチャにしたかったけど、そうするとお母さんと喧嘩になるからね」とか言う。えっ、そうなの?そんな理由なの!?しばし、呆然。

それから段々、すごく可笑しくなってきた。
娘は、私がクドクド言ってた内容じゃなく、うるさい相手と平和裡に事を進めるための方法を学んだ訳だな。それ、相手に言わないで隠しておけるようになったら、もっと上級なんだろうけど。(あ、でも敢えて言うのも、意外と良いのか?)

まあ、人の言動から、何を学ぶのかは自由だ。そして私は教え下手だ。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

負けたくない繋がりで。
絶対泣かない、泣けない、けど負けそうな時にスマートに振舞うこともできない、不器用でスーパー勝気な人の話って、なんかグッと来て、微妙に馬鹿馬鹿しいから好きだ。自転車のランス・アームストロングしかり、脱出王のフーディーニしかり(でもフーディーニの方が周りに愛があるせいで殺伐感がない)。たぶん、ずっと、自分にはできる、自分にはできるって、言い聞かせるようなところあるんだろうな。頑張れよ!と思う。

『フーディーニ!!!』(ケネス・シルバーマン)

これは写真もいっぱい載ってて面白い伝記だった。

フーディーニは、アメリカで「脱出王」として有名になったハンガリー出身の奇術師。最愛の母を亡くしたことが原因で、当時流行っていた降霊術に興味を持ったが、トリックと見破ると、超能力や心霊術のいかさまを糾弾する活動でも名を馳せた。常に引くことを知らず挑戦的な態度は面白がられもし、憎まれもしたようで、楽屋に来た若者に「腹を殴られても平気ってホントっすか?」(実際は、そんなことはフーディーニは言ってなかったが)ってな感じで絡まれて、受けてたったことが死因となった。自分の死の直前には、もし死後の世界があるなら絶対に連絡するからと、妻のベスとの間に暗号を決めていたことでも有名。
いったいフーディーニはどのようにして開けたのだろうか。不確実であるがゆえに絶えず人の頭を悩まさずにはおかない、それがフーディーニの名声を保ち続けてきた主な要因である。フーディーニの脱出は、迷宮入りの大犯罪のように、曖昧さをいっさい排除して生きたいという人間の願望を損なう。謎は解明されることを切望しながら、解明されないまま、その神秘を永久に保存している。(略)

フーディーニはハリー・ケラーの葬儀の模様をフィルムに撮っていたから、もし誰かが彼の葬儀の一部をカメラに収めたということを知ったら、さぞ喜んだことだろう。一分そこそこの長さでしかないが、車の行列や埋葬シーンの断片が今も残っている。(略)

四方八方から花が、弧を描き、輪を描き、あるいはまっすぐに落ち、わずかにコマ送りのスピードを遅くしたフィルムの中で無数のぼやけた筋となり、その隙間からは参列者たちの顔もほとんど見えない。ましてや表情を読み取ることなどできそうにもない。驚いているのだろうか?不愉快なのだろうか?ただ疲れているだけ?それとも花が投げ入れられるのを見て心の内を顧み、自らに思いを巡らし−−きっと考えているのだろう。自分もまた秘密を抱えて逝こう、と。

当然、BGMはフォスター・ザ・ピープルの"Houdini"で決まり(動画もとても面白い!)。
このアルバム(『Torches』by foster the people)は、全曲それぞれに変なフックがあって飽きない良盤だと思う。





[PR]

by macchi73 | 2016-04-01 21:30 | 面白かった本など | Comments(2)
2014年 11月 16日
ガーデンデッキ完成!
e0134713_1819664.jpg

早起きして、家族みんなを朝早くからやってるカフェの朝ごはんに誘った。重い荷物持ちを手伝ってもらう狙い。

そして帰り道、ホームセンターに立ち寄って、ペンキ1缶とブロック4つ、それから好きな球根を選んでもらった。
子供達が選んだのは、スノーフレークの球根と、淡いミントグリーンのペンキ。
夫は、ええっ、無難に焦茶が良いよーなんて言っていたが、意外とこういう爽やかな色も良いかもしれない。スノーフレークとも似合う気がする。試してみよう!(で、変だったら塗り直そう!)

家に帰って、ペンキ塗り作業。
すると、今日は友達と図書館で勉強の約束が……なんて高校生たちには逃げられ、やはり庭を手伝ってくれるのは末っ子一人なのであった。

「さあ、輪唱するよ、ピノコの真似して後から歌って〜!」とデタラメ歌を歌わされたり、骨組みの間に小さな卵を見つけて「カナヘビか!?」と喜んだり(たぶん壁面に産卵するのはヤモリ)、「ふっふっふ、裏にドクロが描かれているとは分かるまい……」とイタズラ描きしたりで、なかなか作業は進まないが、楽しいお手伝いに感謝。
e0134713_181931.jpg

そんなこんなで、3時間くらいかけて、大枠は完成!!
日に当たって動き回っていたら、秋なのに暑い!
良い運動になったよ〜!
e0134713_18185923.jpg

お疲れさま〜!!とミルクで乾杯しつつ、ガーデンデッキまわりの飾り付けも行った。
ステンドグラスのついた良い音色のウィンドチャイムを吊るしたり、蔓で編んだ籠にローズヒップを飾ったり、ぐるりに球根を植えたり、余ったペンキで石を塗ったり……。
e0134713_18185555.jpg

そうしてもうやる作業が無くなった後も、トカゲを捕まえたりおしゃべりしたりお絵かきしたりして、暗くなるまでデッキで過ごした。自画自賛だけど、良い場所になったよねえ。
e0134713_18185052.jpg

寛ぐ娘を見つつ、私はデッキのまわりをいつまでもチマチマ回って作業中。
裏庭から濃い紫色のクレマチスを移植して木に絡めたり、花の種を蒔いたりして、暖かくなったらもっと良い雰囲気になるよう画策する。来年が待ち遠しい。庭仕事って、やっぱ楽しい。
e0134713_18184352.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-11-16 18:35 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(8)
2010年 03月 21日
スノーフレーク(スズラン水仙)
スノーフレークの育て方:
●花期は3〜4月。
●秋に植え付ける。寒さに強く、日照にはうるさくない。
●掘り上げは不要。植えっぱなしにしておくと、自然に増えていく。
●球根に栄養を行かせるためには、花が終わったら花殻を摘み、葉は枯れるまでそのままにしておくこと。花後に液体肥料。


自分で植えた訳ではないが、春になると所々で咲いている。
小さい緑の点に縁取られた、白いベルのような形の花が可憐。

掘り上げ不要でどんどん増えると読んだが、もう4年くらい経つのに、そんなに増えていない。
施肥や花殻摘みをしたことがないせいだろうか。

e0134713_1952597.jpg

2010/4/10
あ、でも気付いたら結構増えてるや。
最初にあった場所とは違う場所で何株か咲いている。
庭仕事で土を掘り返した時に、球根があちこち運ばれたんだな。

e0134713_21301663.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-03-21 19:54 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)