タグ:ジューンベリー ( 3 ) タグの人気記事

2014年 06月 20日
ジューンベリー(6年目の結実)
e0134713_0314680.jpg

6月。英語で言えばJune。そんな今月。
2008年に植えたジューンベリーが、6年目にしてやっと、ある程度の量の実をつけた。

じつは全然実をつけないのに痺れを切らし、2011年頃に薄暗い庭隅に移動してそのまま忘れていたのだったが、今年は鮮やかな赤い色が遠目からも目立っていて「そう言えばあれはジューンベリー!」と思い出した次第。

ジューンベリーは、赤い実が黒く熟したら食べ頃らしい。
で、我慢して待っていた。まだ赤いな、まだもう少しだな、黒くなったら何作ろうかなーとウキウキして待っていた。

そしたらそのうち、手術やらサッカーやら何やらで、しばらくの間だけジューンベリーのことを忘れた。
再び気づいた頃には、なんと実は熟しきって全て地面に落ちてしまっていた。ガーン。
ちょっとの間、目を離していただけなのに。

という訳で、今年も収穫できなかったジューンベリーだが、緑の中の赤がとっても綺麗だったので記念に写真だけアップしておく。

来年こそはきっと。
e0134713_0313512.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

地面に落ちて痛んでしまった果実たちを見て思い出すのは、リョサの『子犬たち』。
手術とサッカーと遺失の物語(←なにか間違った要約)。

『ラテンアメリカ五人集』

バルガス=リョサ、オカンポ、アストリアス、パチェーコ、オクタビオ パスの5人の中短編集。

リョサの『子犬たち』が躍動感のあるテキストで面白い。子犬のようにじゃれ合う少年たちの底抜けに明るい日々と友情。でもその中の一人がある日、犬に<ちんこ>を噛み切られてしまう。みんながどんどん子ども時代を卒業していく中、彼一人だけ、絶対に次の段階に進めない……。

どんな瞬間にも忘れられない気がかりっていうのは、人の行動を制限して、ついにはすっかり元々の形質まで変えてしまう。どんなところにもついてくるこの気がかり、何をやっても最後はこの気がかりにぶつかってしまう……ってのは、程度の差こそあれコンプレックス持ちなら分かる気持ちかも。

でも輝くような子犬の日々を失ったのは、本当に彼一人だけだったか?とか考えると、まあ、そうでもないかなとも思う。誰でもみんな子どもだったし、誰でもみんなずっと子どもでいられない。順調に成長しても、しなくてもそう。
(クリャエルは)いい奴だけどガリガリ亡者さ、勉強ばっかりしていて、スポーツにはちっとも身を入れない、とチョート、するとラロが、あいつのせいじゃないさ、おやじさんがわからず屋なのにきまってるよ、チンゴロも、そうさ、あいつはぼくたちと一緒に来たくてうずうずしているのに、マニューコが、チームへ入れるのは難しいだろうな、身体もないし、キックも耐久力もなくて、すぐにへたばってしまうしさ、いいとこなしだよ。でもヘディングは上手いよ、とチョート、それにぼくたちのチームのファンだから、どうしても入れてやらなくちゃ、とラロ、チンゴロが、みんなで一緒にいられるようにね、うん、あいつを入れよう、どんなに難しくてもな、とマニューコ。

  しかし、物事を諦めない性で、何としてでもチームに入りたい一心のクリャエルは、その夏猛練習し、翌年にはクラスチームのセンターフォワードのポジションを獲得した。(中略) ここに、ふくらはぎに触ってごらんよ、締まってるだろ! はい、ほんとうに、とても進歩しました、チョートがブラザー・ルシオにいう、身のこなしが素早くて、よく動くフォワードです、攻撃の組立もうまいし、それに何より、どんなときにもファイトがあって、とチンゴロがいえば、マニューコも、敵が攻勢のときはゴール下まで球を追って行くのを見られたでしょう、ブラザー・ルシオ? あいつをチームに入れるべきです。クリャエルはうれしそうに笑い、爪に息を吹きかけて、袖が青くて身頃の白い四年A組のアンダーシャツにこすりつけている、これでよし、君をチームに入れてやったぞ、でもいい気になって天狗になったりするなよ。

つくづく日本と異質な文化だよなー、その感覚よく分からないかもなーって感じさせるラテンアメリカ作家の中で、リョサは日本人にも理解しやすくて読みやすいと思う。有名な『緑の家』も、構成の読みにくさにも関わらず面白い。ただ、『継母礼讃』なんかまで行くとスイスイ読み易過ぎて、面白かったとは思うけど、逆に小品っぽくて印象に残らなかった感もあり。


[PR]

by macchi73 | 2014-06-20 00:30 | 書籍など | Comments(3)
2011年 06月 18日
黒パン、イチゴ、それとジューンベリー
e0134713_1941275.jpg

人事異動などがありこれまでと毛色の違う仕事が増えたので、家でも仕事本とか書類とか読んでいる。オエー。
職場では時間が過ぎるのが速いし、家ではなんだかボンヤリしちゃうな。
たぶんやってみれば嫌な仕事でもない、身になる気はするんだけど。なんとなく灰色の気分だ。

そんな日、Ameliaさんから自家製黒パンとイチゴジャム、ジューンベリージャムが届いた。
ナイフで切ってみたら、薄ーく切れる。このモッチリした重さ、良い感じ!
早速、塩っぱいチーズとトマトを乗せて、スープのお伴にしてみた。
私が買う黒パンと比べると、黒さと酸味はちょっと控えめ。でも子供たちにはこの方が食べ易くて好評。
噛めば噛むほど旨味がでるようなパン。美味しい。豪華な朝食だ。

e0134713_19543090.jpgせっかくだから、ジャムとも合わせて食べてみる。

朝からキャビアだ!と喜ぶ息子よ。ジューンベリーだから。

ジューンベリージャムって初めて食べた。美味しいし、見た目が面白い。タルトに乗せたりしたら見栄え良さそう。

いっぱい貰ったのでお菓子にも使ってみよう。

e0134713_2013754.jpg
イチゴのジャムは、一粒一粒がそのまま形を残していて、ジャムっていうよりコンポートみたい。
これ、どうやって作るんだろう。

自分でイチゴジャムを作ると果実は煮くずれちゃうんだけど……。水分多めに、ゆっくり煮るのかな?



外は曇天。梅雨寒の時期。
それでも朝食に力を入れれば、目も覚めてくるし、ちょっと爽快。
たぶん、一日が仕事一色の頭になっちゃうってのが、灰色の原因なんだな。
仕事が増えて呆然としちゃってんだったら、逆にプライベートのタスクやレジャーも増やしたら良いのかもしれない。割合が5:5になるように。
そうやって気がつけば、こなせる事の総量が増えてるもんなのかもしれないし。
e0134713_2045240.jpg

庭のバラ、一度ぜんぶ刈り込んで花を無くしたのに、また咲いてる。
[PR]

by macchi73 | 2011-06-18 20:14 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2007年 03月 13日
ジューンベリー
ジューンベリーの育て方:
★結実までの年数:植えた翌夏には収穫できたが、まだ数は少ない。本格的な収穫には1年かかるかな。
●乾燥に弱いので、風通しの良い半日陰に植える。
●花期は4月、結実は6月。
●冬に剪定。翌春実がつくのは1年目の枝が多いので、混み合った枝や古い枝(実をつけて2年以上)は枝もとから切る。
●12月に有機肥料を施肥。
●6月に挿し木で増やせる。


2007/3
品種不明のビニールポット苗を500円で購入。
ひょろっと一本だけの姿だが、樹高は1m以上ある。丈夫で実も花も楽しめるらしいから期待。
2007/5
芽吹きもないし、花も咲かない。
幹を曲げるとポキッとは折れないから、枯れてはいないと思うんだけど。
2007/9
夫に「これ枯れてるよ」と言われて見たら、そのようだった。
原因として思い当たると言えば、庭で一番日照の良い場所に植えたので乾燥したのかも・・・。

2008/12
再度植付け。品種はバレリーナ。
今回はちゃんと塀際の日陰に植えた。ちょっと狭いけど。
毎年株元から出ているシュートを残して古い幹は間引いていくと、株立ちになって樹高が抑えられるらしい。

2009/4/16
数日前から花が咲いていた。今日はちょっと散りかけ。
よく、「花も実も美しい」とか紹介されているけど、花弁が白一色で細長いので、ちょっと観賞用としては地味目かなーと思う。まだ木が小さいからかもしれないが。

e0134713_22272329.jpg

2009/6/1
あ、もう六月じゃん!ということで、ジューンベリーを思い出して見に行ったところ、赤い実をつけていた。
収穫にはまだちょっと早いだろうな。

e0134713_225552.jpg

2009/6/12
ちょくちょく収穫を開始。
甘くて酸味は殆どなく、癖の無い味。
大きさを比べるために、他のベリー類と並べてみた。
時計周りに12の位置から、ブラックベリー、マルベリー、ジューンベリー、ボイソンベリー、レッドカラント。

e0134713_2164758.jpg

ツブツブの細かいマルベリーなんかだと、「粒の間に虫がいたら嫌だなー」なんて警戒してしまって、暫く水に漬けおいたりするけど、ツルッとしてピカピカのジューンベリーは、そういう警戒とは無縁なのが良いな。
[PR]

by macchi73 | 2007-03-13 18:22 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)