タグ:ジャスミン ( 7 ) タグの人気記事

2017年 05月 06日
ロビンソンの庭化
e0134713_0353937.jpg
ゴールデンウィーク3連休の夫実家帰省から戻ったら、庭の緑がグッと濃くなっていた。うわ。出かける前と様相が違う。例えるなら、紅顔の美少年だったのが、久しぶりにあったら髭が青々してたって感じ。毎年、GW帰省の前と後って変化が激しいんだよなあ。

初夏の庭、三日会わざれば刮目して。
e0134713_2323104.jpg
玄関を囲むように蔓を這わせているゼフィリーヌの花が一輪だけ咲いていて、扉の鍵を開ける間、バラらしい少し青っぽい芳香で迎えてくれた。今年最初のゼフィリーヌだな。
e0134713_2323724.jpg
先週今週と週末も出勤で、連休はこの3日間だけなので、私のゴールデンウィークはこの帰省でおしまい。

連休が終わってしまうのがなにか勿体無く、休みを最後まで有効利用すべく夜には窓を全部開けてガタゴトと衣替えやら部屋の夏支度やらしていたら、家の中を暖かい夜風が通って行った。その後、部屋全体が羽衣ジャスミンの甘い香り。

そっか、毎年思うけど、花の香りって夜の方が濃い。ジャングルも良い。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


でも、例年だと、帰省から戻る頃には庭が色んな花々でもっとカラフルだったと思うんだけどなー。今年は全体的に開花が遅いみたいだ。こう緑一色で鬱蒼としてると、昔みた映画、『ロビンソンの庭』を思い出す。



鬱蒼とした緑って格好良いじゃん、自然回帰って良いじゃん、スピリチュアルってヤツじゃん、とか廃墟に集うヤングなフーテンたちがシャラくさいことを言っていたら、どんどん増殖する緑の狂気に飲み込まれてしまいましたとさ、という話(←嘘くさい要約)。

当時、夜バイト後の時間潰しに行ってたオールナイト映画館で観た時は、湿気や緑増殖の感覚が生々しくて感動した。この不快が一周して快感になる感覚、分かるよなあと。

当時は自分もモワッとした空気の中、ジメジメと怠惰に所在無く暮らしていたせいもあるかもしれない。冷んやりドライなオフィスで一日中勤勉に暮らしている現在、もう一回見ても当時ほど身に迫った感覚を感じられるかは分からない。

ただ、初夏までは美しく優しい緑が、真夏にかけて突如凶暴な原始の緑に変化するという点については、常々マイガーデンにより身をもって知らされており、当時よりも今、より共感できると思う。

e0134713_2323413.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-05-06 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2016年 05月 11日
ジャスミンの花のリネンウォーター
e0134713_0195614.jpg

手作りリネンウォーターの作り方:
(1) ジャスミンの花を容器に入れ、ヒタヒタになるくらいの無水エタノールを注ぎ、冷暗所で保管する。一度で花が足りない場合は、何度か摘んで、継ぎ足していってもOK。
(2) 時々容器を揺らしつつ 3, 4週間置いたらコーヒーフィルターで花を濾す。ジャスミンのチンキ原液の出来上がり。
(3) 完成したジャスミンチンキを精製水で薄めてスプレーボトルに入れ、よく振って使う。

【CAUTION!!】

今の時期、素晴らしいジャスミンの香りを振りまいている植物の中には、毒草も多いので注意!
見た目も香りも似てるので、はっきりわからない時は利用は避けておくのが吉。


●モクセイ科に属する羽衣ジャスミンや茉莉花は、無毒。香りづけに色々と利用できる。

●キョウチクトウ科のマダガスカルジャスミンやテイカカズラ(定家葛)、カロライナジャスミンなんかは、全体に毒があるので、決して摂取してはいけない。

※ちなみに下の写真の花は、有毒のテイカカヅラ。花も似ているしジャスミンらしい強い芳香もあるが、切口から白い毒液を出す。
e0134713_19285289.jpg

e0134713_019599.jpg

暑い日が数日続き、庭も家もモワッとする。そんな中、ちょっと時間ができたので、タンスの中を夏物に衣替えをしてしまった。

こうして毎年、6月には梅雨寒で震えるんだ、後悔するんだ……ってわかっているのに、やってしまった。でもどうせ衣替えにベストなタイミングなんてないんだ!暑い中にも肌寒い日はあるし、寒い中にも暑い日はある。時間ができたときがやりどきだ!

ついでに、何年も使ってだいぶくたびれてきたシーツ類も新調した。
どんなシーツが良い?と夫に伺いを立てたところ、「緑一色。まみどりで」と厳かに答えられたので、そのようにしてみた。お日様が射すと、リネン類の反射で部屋が緑に染まって、なんだか凄い。役満ベッドルーム。
e0134713_0195713.jpg

家じゅうの布を入れ替えた勢いで、洗濯機をゴンゴン回して、普段かけないアイロンなんかもがんがんかけたりする。

前に作ったラベンダーのハーブチンキが少し残っていたので水を加えてリネンウォーターにしたら、良い匂いだった。

開け放した窓から流れ込んでくる庭の芳香がとても気持ち良く、羽衣ジャスミンのリネンウォーターも作ってみることにした。実際に使えるのは1ヶ月くらい先になるけど、庭の羽衣ジャスミンが終わった後でも、部屋で香りを楽しめたら嬉しい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

部屋じゅう緑になるのは面白くて気に入った。色のついた光の中にいると、なんだかワクワクする。意外と真っ黄色とかピンク一色の反射光も楽しいか?と思ったり。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-11 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2016年 05月 06日
春の庭のパレード
e0134713_20325344.jpg

連休明けだし、仕事を少し早めに切り上げて帰った。
細かい雨がしとしと降ってるけど、まだほんのり明るくて、空気が薄青く染まって見える。

庭に入ると、鬱蒼とし始めた気配のある緑の中で、あちこちに色んな花の色がチラチラしていた。
なんか最近、楽しいお出かけばかりで庭の記録を全然書いてないが、4〜5月の花は溢れるように咲いて散っちゃうからな。去年の冬に増やした植物に関しては、栽培結果は記録しておきたいなあ。
e0134713_20325053.jpg

そんな風に思いながら、あちこちの花を一つ一つ見て回りながら庭を巡回したら、頭の上の方から優しい甘い匂いがした。金木犀の大木を覆う羽衣ジャスミンの花の香りだ。咲いては散って、咲いては散って、もうだいぶ花の時期は終わりに近い気はするけど、それでもいまだ濃厚に甘く香る。
e0134713_20324947.jpg

それから奥に進むと、納屋の前あたりでレモンの花が満開だった。
木が白っぽく見えるくらい沢山の花を咲かせて、辺り一帯を柑橘系の爽やかな香りで包んでいる。その隣に咲いているオレンジの大輪の薔薇はジャストジョーイ。こちらもフルーツ香と呼ばれる、柑橘類に似た強い香りを放っている。
e0134713_20324750.jpg

夕方の庭を堪能して、家に入ろうとすると、今年は玄関を囲むようにゼフィリーヌ・ドルーアンが蔓をのばして沢山の花をつけている。いかにも薔薇っぽい少し青っぽいすっきりした香り。見た目も香りも透明感のある薔薇だ。
e0134713_20324542.jpg

以上、本当はしばらく虫の記事が続くはずだったが、夕方の春雨に濡れた庭があんまり風情があったので、庭の記録とした。明日からは、虫情報だけでなく、ここ最近の庭の様子もアップしようっと。

春って、花も虫も次々どんどん発生しては消えていくから、全部覚えて記録しておきたくなる。
小さいものがみんなで一斉にブワーッと噴出する様子は、冬の間ずっと力を貯めて待ってたんだなあって感じで感動するけど、一方で、花も虫も、短いピークを迎えた後は散るばかりって予兆もありありと見えるから、なんだか複雑だ。樹木なんかは何年もかけてじわじわ育つから、若木の時期も大木の時期も悠々としていて安心感があるんだけどなあ。花と虫ってせわしない。小さいものはだいたいせわしない。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

春の歌。死んでも死んでも生き返る命、そこいら中、いたるところに結ばれたリボン。


Apple Venus Vol.1 (XTC)

[PR]

by macchi73 | 2016-05-06 22:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(3)
2015年 05月 05日
夜の匂い
e0134713_23574819.jpg

ゴールデンウィークは、父の納骨がてら久々の家族旅行をしてきた。
地中にザクザクと父の骨を流し入れるのを見て、夫がうわ、ワイルドだなと驚く。
穴の中には祖母の骨の山もあって、そっから木が生えていた。はは。確かにワイルド。
お父さん、さようなら。

北方は雪融け水のせいか、water, water, everywhere! という感じ。
大量の水と、明るい日差しにも関わらずまだ冷たい空気の塊と、GWらしからぬ人気のなさにしーんとした数日だった。

それで夜中、東京に戻ってきた。
最初に車から降りた夫が、うわ、macchi, 庭が物凄く良い匂いだ!と小さい声で叫ぶ。

真っ暗で見えないんだけど、白粉みたいな甘くてクラクラする匂いで、どこかに百合が咲いているらしいのが分かる。鼻を頼りに暗闇を探し回ったら、百合は見つけられなかったが(それとも百合じゃないのか!?)、玄関脇でゼフィリーヌとローズドレッシュが咲いているのを見つけた。庭全体に充満する濃厚な甘ったるい匂いの中で、その付近だけがグラデーションみたいに薔薇の爽やかな匂いに変わっている。

くんくんしながら巡回したら、他にも色んな匂いがした。GW中に色々咲いたみたい。
明日の朝、久しぶりの庭を見るのが楽しみだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お昼に香りの発生源を探したら、羽衣ジャスミンだということが判明した。
いつのまにか、金木犀の大木全体に太い蔓を這わして、まるで白い金木犀の花がみっしり咲いているみたいだ。

よく考えたら、まだ百合の季節には早いもんな。
ジャスミンと百合の香りを間違えるなんて嗅覚音痴か?とガックリもしたが、羽衣ジャスミンは、ジャスミンティーに使われるジャスミン(茉莉花)の爽やかな青っぽい香りとは違って、むせるように濃厚な甘い香りなんだよね。

羽衣ジャスミンの香りは、なぜか夜に強くなり、朝には弱まる性質があるらしい。
それでも庭中、かなり甘い。
e0134713_1443391.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-05 23:55 | 【その他】日記 | Comments(10)
2014年 04月 09日
絡まる蔓
e0134713_23502230.jpg

納屋の軒下に葡萄の蔓が絡まって、台所の窓まで伸びている。
その葡萄の蔓に絡まって、クレマチスが伸びている。
そのクレマチスの蔓に絡まって、ぐねぐねと巨大化したセンテッドゼラニウムが伸びている。
……ゼラニウムは蔓植物じゃあないのに。
e0134713_23511060.jpg

別の場所では、ヤマボウシの木がジャスミンに全身を覆われていた。
もう少ししたら花が咲いて、良い香りを漂わせるだろう。
ジャスミンの香りを纏ったヤマボウシ。羊の皮をかぶった狼。

そのうち、蔓屋敷とか呼ばれそうで怖い。
(夏には → こうなる

[PR]

by macchi73 | 2014-04-09 23:56 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2013年 05月 24日
庭の蔓
このところ、毎日庭が良い匂い。
鼻をクンクンさせて歩き回ると、香りが濃いところ薄いところ、絶妙にブレンドされて庭全体が甘い香り。すごいウットリする。主に香っているのは、ジャスミン、バラ、それとレモンの花だ。

で、よく見たら、レモンの木にどういう訳かスナップエンドウの蔓が絡み付いて沢山のマメをつけていたので、朝のミネストローネの具にしてみた。具沢山のスープ美味しい。

しかしこんなとこに植えたっけなあ?
GW後にナスとウリは植えたんだけど、スナップエンドウの記憶が無い……(いい加減すぎ!)。

e0134713_16475134.jpg

そしてジャスミン。
支柱も無しに放っておかれたのが、なんとか自力で庭のヤマボウシの木に絡み付き、蔓を伸ばして花を咲かせたようだ。健気。

e0134713_16474090.jpg
つらつら思い出すに、このジャスミンは以前に母の日に貰ったプレゼントだ(なのに扱いが雑過ぎ!)。

小さな苗だったのに、いつの間にか蔓を伸ばして私より大きくなっている。


そうして他の庭隅では、同じく母の日にプレゼントされた紫陽花が蕾を膨らませて花を咲かせるのを待っている。こちらも小さな鉢植えだったのが、今では大人くらいに伸びて、蕾も沢山!

これを貰ったのは何年前だっけなあ。
まだまだ末っ子が赤ちゃんの頃だったから、7, 8年前のことになるのかな。上の子たちもまだ小さくて可愛かったよなあ。
e0134713_16473663.jpg
(今年はまだ花が咲いてないので、写真は去年の)


こうやってみると、そんなに広くない庭だけど、どの植物も一つ一つ思い出があって、植えた時のことなど懐かしいなーって思い出す(……とか言いつつ、スナップエンドウのことは思い出せないけど)。

草木も子どもも、あっと言う間にぐんぐん伸びる。
ちょっと伸び過ぎで鬱蒼として来たので、梅雨前には一度剪定してサッパリさせとかないとだなあ。
あ。これは子どもではなく、草木の話。

e0134713_17113989.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-05-24 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2006年 10月 20日
ジャスミン
ジャスミンの育て方:
●花期は3〜5月。花は強く香る。
●花芽がついてから乾燥させると咲かなくなるため、水切れに注意する。
●花後には強めに切り戻しても姿が整う。


●ホワイトプリンセス●
e0134713_15295182.jpg2006/10
千草園芸にて購入。四季咲きの品種らしい。

2007/1
四季咲きとは言いつつ、まだ株に動きはみられない。春には咲くかな。

2007/4
お、花が咲き始めた。

2007/11
ちょっと日陰に植えたせいか今年はそんなに花を付けなかった。花としては地味目。
だけど、近くのもみじの木に蔓を這わして斑入りの葉っぱは綺麗に繁っている。
これはこれで綺麗。

2008/2
蔓を這わせる棚を作り、もっと日当りの良い場所に移植した。


●羽衣ジャスミン●
2007/11
深大寺の花屋さんで羽衣ジャスミンの鉢植えを購入。こちらは蕾みを沢山つけているから、花を見られるのは確実。鉢植えのまま春に花を楽しんでから庭の蔓棚に移すことにする。
2009/5/1
一昨年、去年と順調に育ち、今年は末娘のトンネルに木陰を作っている。
蔓が細く葉が小さいので、風が吹くたびに木漏れ日がチラチラするのが良い感じ。
満開時も香りが素晴らしいけど、開花前の蕾がいっぱいな様子も綺麗だと思う。
花は白いのに蕾は鮮やかなピンクなんだよなー。

e0134713_1920461.jpg
[PR]

by macchi73 | 2006-10-20 01:22 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)