タグ:シャクガ ( 3 ) タグの人気記事

2013年 05月 15日
シャクトリムシ(尺取虫)
e0134713_2158515.jpg

カエデの木の茂みに頭を突っ込んで虫を探していたら、変な枝が混ざっている。
枝のふりしたシャクトリムシだ。

シャクトリムシは、シャクガの幼虫。
こんな風に枝に擬態するのはエダシャク亜科のシャクガらしい。
でもカエデを好むエダシャクは何種類かいるので、パッと見だけじゃあ、どのシャクガになるかは分からないな。

シャクトリムシのように、身を守るための擬態は隠蔽擬態と呼ばれる。
その他、擬態には色んなタイプがあって、wikipediaをちょっと読んでみたら面白かった。
いろんな擬態シリーズ、今度観察してみたい。詳しい本なども読んでみたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/擬態

シャクトリムシは、しばらく見ていたら、安心したのか擬態をやめて歩き去った。
悠々とした、格好良い後ろ姿。

普通のイモムシは腹部にも疣足があるが、シャクガでは退化してしまっており、後方に2対の疣足しか残っていない。そのため胸部の3対の足と、お尻の2対の疣足だけを使った変な歩き方( Ω )になる。

e0134713_21589100.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-05-15 23:57 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(6)
2011年 04月 21日
ヨモギエダシャク
e0134713_2214363.jpg

部屋に飾ろうと思って折り取って来たヒメウツギの枝が、なんだかおかしい。
良く見ると、シャクトリムシが紛れている。

「え、どこ?どこ?」と見つけられない末っ子。
ミッケだよ〜。よく探してごらん。

足は体の両端だけについていて、真ん中はツルンとした棒みたいだ。
それで、あの動き(Ω)なんだな。すごい筋力だ。

シャクトリ虫は、シャク蛾の幼虫。
種類も色々あるらしいが、緑がかった褐色のアッサリした肌の様子から、これはヨモギエダシャクかな。
[PR]

by macchi73 | 2011-04-21 22:34 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 09月 17日
トンボエダシャク→ウメエダシャク(梅枝尺)
e0134713_2213754.jpg

最近毎日のように見かける蝶・・・じゃなくて、蛾かな?
この横広の翅の印象は、先日見たカノコガに似ている。

図鑑を調べると、シャクガ科トンボエダシャクという蛾のようだ。
食草はツルウメモドキ。
さてはウチに繁りまくっている蔓草の中に、ツルウメモドキってのもあるんだろうな。

e0134713_2213248.jpg


→ コメント欄でのご指摘により、トンボエダシャクではなくウメエダシャクだと判明。
分かりやすい見分け方は、翅の下側が櫛状の模様になっているかどうか。

ウメエダシャクの食草は、梅をはじめかなり広範囲に渡るらしい。
なのでトンボエダシャクに比べて、住宅街で見かける機会も多そうだ。

[PR]

by macchi73 | 2009-09-17 22:16 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)