タグ:シクラメン ( 3 ) タグの人気記事

2010年 10月 17日
原種シクラメン
原種シクラメンの育て方:
●花期は夏〜秋。原種シクラメンには何種類かあるようで、花期が違うものもあるらしい。
●園芸種のシクラメンよりかなり小さいが、丈夫で庭植えも可。
●高温と多湿に弱い。雨・風にあたらない場所で、夏には半日陰になるように育てる。
●花後に分球して増やせる。また、種によっても増える。


e0134713_2121088.jpg

夏の後始末の草刈りをしていたら、末っ子に作ったトンネルの奥でひっそり咲いている原種シクラメンを見つけた。
とても小さい花だが、雑草の中で濃いピンクが目立っている。

何年か前に植えて何も世話していないが、毎年、夏後の草刈り中に発見するんだよなあ。
雑草ぼうぼうの中でもずっと衰え知らずなので、かなり丈夫な植物という印象。
今年も、去年同様、また庭を荒れさせてしまったな……と、この花を見るたびに思う。
[PR]

by macchi73 | 2010-10-17 21:12 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2009年 09月 16日
庭再生計画1:イメージトレーニング
夏の間、手入れをただの一度もしなかったら、すっかり荒廃してしまった我が家の庭だ。
茫々たる雑草の海に分け入って、「夏草や、つわものどもが夢の跡・・・」なんて呟いて、落涙。
草の間に間に埋もれた花の色などが見え、風情がなくもないような気が・・・しないか。
そろそろ涼しくなって来たし、夫の視線も日に日に冷たいし、なんとかこの荒み切った地を再生させないといけない。

e0134713_22254562.jpg
(メヒシバの薮を掻き分けた奥にひっそり咲いていた原種シクラメン。季節は晩夏で街中の庭なのに、落ち葉たっぷりの地表・・・)

でもなんだろう、夏の間に茂らせたって、こんなに暴れない庭の作りっていうのもあると思うんだよな。
つまりこれは、植物配置の失敗(部分的には)。
「世話しなくても育つように」ということのみで頭がいっぱいで、個々の生育環境だけしか念頭に置かずに植物を配置していった結果がこの鬱蒼とした廃墟風の庭ではないか。
全体を統一するコンセプトがない故に、ばらばらに繁って荒みを感じさせるんだよ!

・・・なんてことを考えつつ、今週は寝る前に造園の本を何冊か読んでみることにした。
イメトレ、イメトレ。で、連休は一気に草刈だ。やるぞ。

e0134713_22442751.jpg
(近所の図書コーナーの造園棚にあった本をまとめ借り。外国かぶれっぽいラインナップがちょっと恥ずかしい。
ハウツーや植物図鑑は家にあるので、こう、なんというか、庭心をゆさぶるような本が読みたいんだ・・・)
[PR]

by macchi73 | 2009-09-16 23:18 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2006年 10月 19日
ガーデンシクラメン
ガーデンシクラメンの育て方:
●花期は11〜4月。
●枯れた花や葉は根元から引き抜く。
●5月に葉が全て枯れたら、それは休眠に入ったサイン。その後は一切水を与えないこと!
●夏も地上部が枯れなかった場合は、涼しい場所で月一で液肥を与えて育てる。


2006/10
駅前花屋で3株購入。白、赤紫、ピンク。
庭に植えたら、近所の年配の方数人に「シクラメン庭に植えたらダメよ」と注意される。これはシクラメンじゃなくてガーデンシクラメンだから良いみたいですよ、と言っても「勿体ない・・・」と残念そう。もしかしたらガーデンじゃない方のシクラメンは室内高級花ってイメージがあるのかな?

e0134713_1553231.jpg2006/12
ピンクの株だけ、溶けてしまった。他2株はすごく元気。
2007/2
植えてからずーっと非常に綺麗に咲いていて、奥庭に植えたのに前庭からでも目立つ。
しかも良い匂い。この時期はすごく苗が安いし来年はもっと数を増やしてみようかな。


2008/2
今年も一株追加。雨が当たりにくいよう、ヤナギイチゴの下に植える。
一昨年植えた株たちも、去年の夏には枯れてヒメツル草に埋もれて姿を消したと思っていたのに、また今年も花芽が顔を出している。
[PR]

by macchi73 | 2006-10-19 00:47 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)