「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ザリガニ ( 4 ) タグの人気記事

2016年 04月 13日
アメリカザリガニ
e0134713_17462669.jpg

連日の仕事の後のPTA作業で疲れて帰宅したら、子供がいきなりの警戒態勢で、「あっ、お母さんはまだ家に入らないで!まだダメ!ストップ!」と言う。おお。なんか傷つくね。

で、もういいよ~という声でやっと歩を進めたら、何かを隠したポーズでニヤニヤしてる。そして背後から得意そうに取り出したのは、水の入った虫かご。中に黒っぽい何かが入っている。
e0134713_17423623.jpg

それから、大変な勢いで喋りまくる。
友達の中でザリガニ捕まえられたのは二人だけ、しかもピノのが一番大きかった!最近友達と遊びに行ってる川は遠いけどすごく良いポイントだよ~!いつも行くとき迷うんだけど、適当にぶーっと行くとそのうち着くんだよね〜と、ものすごく得意気。
e0134713_17562730.jpg

ううーん、生き物をこれ以上増やしちゃダメだろう……オタマジャクシや金魚のプールに入れたら食べちゃうだろうし、かと言ってアオと一緒じゃ逆に食べられちゃうだろうし……もう良いプールないぞ、どうすんだよ……とか多少苦情を言いつつ、ちょっと興味もあってやっぱりジロジロ見ちゃう。確かに、これはけっこうでかいな。
e0134713_17423928.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-04-13 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2015年 08月 23日
ヌスビトハギ(盗人萩)@落合川
e0134713_1382496.jpg
ちょっと遠いけど面白いところ見つけたからサイクリング行こうよと夫に誘われて、東久留米市の落合川というところに行って来た。南沢湧水群が水源の川で、水の中に下りて遊べる「落合川いこいの水辺」というスポットなどがあるらしい。行ってみたら、ものすごく水が綺麗でびっくりした。
e0134713_1383786.jpg
浅い場所では小さい子が遊び、深い場所では大きい子が泳いでいたりして、なんか昔話の川みたい。
こんなって知らなかったから今日は水着の用意なかったけど、今度ちゃんと泳ぎに来たいかも……(ただ、大人で泳いでる人いなかったかなー)。

東久留米 川クラブという団体が、環境の保全活動などしているようだ。凄いな。
e0134713_1385287.jpg
娘は、延々と水中を覗き込みながら、タニシやザリガニ(の死骸)など見つけていた。
なんか飽きないね。これは楽しいから、今度はお友達も連れてきても良いかもしれない。
e0134713_139559.jpg
それからサイクリングがてらもっと上流まで流れを辿って行ったら、エビがいっぱいいた。
手が短いからヌマエビ系だと思うんだけど、なんてエビかな?
それにしても綺麗な湧水だ……。すごく冷たくて透明。
e0134713_1391936.jpg
鬱蒼とした川辺の藪の中には、ピンクの小花が枝垂れて咲いていて地味に綺麗だった。
おっ、萩かな?と思ったけど、花がとても小さいから盗人萩だろうな。ひっつき虫の種はよく知ってるけど、花をちゃんと意識して見たのは初めてかもしれない。
e0134713_1393522.jpg
森の中からは、樹液の匂いがした。ルリタテハなんかも飛んでるし、良い樹液ポイントありそうな感じ。

で、探してみたら、なんか大きなポイントは殆どパテで塞がれてたりした……。残念。でも多分、スズメバチが集まるのを防ぐためだろうから、よく手入れされてる森ってことだろうな。
e0134713_1395869.jpg
そうして川遊び中、子供がピカーン!と顔を光らせて、「あ、川で冷やしておこう!」とペットボトルを水流で冷やしたりする。なんかそういうのが、子供は雰囲気があって好きみたいだ。なんとなく、感じはわかる気もする。

夏休みもあと一週間だよ……としみじみ言う娘がおかしい。
休みの間は色々付き合いたいけど、お母さんは急な欠員の代打に指名されてしまって、明日から一ヶ月は仕事が酷いことになりそうな感じ。できれば夏休み中は一緒にご飯食べたりと思っていたので、とても残念だ。
e0134713_1404041.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-08-23 23:55 | 雑草、野草 | Comments(0)
2009年 04月 11日
メダカとザリガニ
e0134713_16221128.jpg

庭に埋めたトロ船で暮らしている。

白メダカしか入れていないのに、何故か黒メダカとザリガニが増えた。
よその子たちが投入したっぽい。

エサも与えていないのに元気。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-11 16:27 | 【生物】魚・貝など | Comments(0)
2008年 11月 03日
ビオトープ:発砲スチロール箱で池を作る
図書館で『ホームビオトープ入門』(養父志乃夫著)という本を借りて読んだ。
そして我が庭を見渡せば・・・木の実、草の実、小鳥も虫もいるが、一つ足りないものがある。それは水場!
ということで、小さな池を作ってみることにした。

気をつけたのは、以下の点:
●ボウフラが湧いて薮蚊発生装置にならないよう、メダカを入れる。
●水質を保つためには水草による光合成が必要なので、よく日の当たる場所にする。
●夏場にメダカが煮えてしまうのを防ぐために、夏には蔓植物で半日陰を作れるようにセッティング。
●小さい水場では定期的な水足しが必要になりそうなので、蛇口から近い場所に。
●水草はできるだけ屋外で冬越し可能そうなものを選んでみた(アナカリス、スイレン)。


2008/10/25
(1) 材料を用意(急に作りたくなったため大したものが手元にない・・・)。
宅配便で使われていた発泡スチロール箱と、古い子供プールの底の防水シート。
水草と水生植物の土だけは園芸店から購入。

(2) 穴を掘ってビニールシートを敷き、発砲スチロール箱を埋める。
全部埋めるのは穴掘りが大変だし、末娘が間違ってハマってしまいそうなので、上1/3は地上に出しておくことにした。
発泡スチロール箱は底に点々と小さな穴が開いているタイプのため、下にビニールシートを敷いて防水。
うーん、こんな作りで防水になってるかな?ちょっと適当。

万が一水位が下がってしまった時にメダカが逃げ込める水たまりになるよう、発泡スチロール箱の真ん中にコップを埋めるようにして土を敷く。
e0134713_19174818.jpg

(3) いよいよ水入れ。
水を一杯に注いでしばらくして見ると、水深が3cmくらい下がっている。
がーん!最初から水漏れか。
もう一回水を足して観察してみると、ビニールシートの重し兼土手にした石たちの間から少しずつ水漏れしている場所が幾つかある。やはり作りがいい加減過ぎたか・・・。

水漏れ状況を確認しつつ土やら石やら木やらで水漏れを塞いでいったら、なんだかゴテゴテした変な形の池になってしまった。かなり格好悪い。しかも当初予定より水深も少々浅めだし。
いつもながらの計画性の無さを反省!でもやり直すのは面倒だから、今回はとりあえずこれで良いや。そのうち運用のコツがつかめたら、ちょうど良い感じに直そう。

向かって左側の浅い部分が小鳥の水浴び用、右側の深い部分がメダカ用・・・と、勝手に妄想して悦に入る。

e0134713_1915828.jpg

(4) 水草入れ。
日中はカルキ抜きのために放置しておき、夕方になってから水草とバクテリア(夫が水槽に使っていた残り)を入れてみた。
外から生物が侵入し易いように、隣には池への足場になる枯れ木など置いておく。

2008/11/02
どうしても水位が思っていたところより低くなってしまうので、思い切って作り直し。
いつものことながら、「最初からきちんと計画を立ててやっておけば良かった・・・」と反省しきり。なんでも急がば回れってヤツだなあ。

ビニールシートが古いせいか、小鳥用浅瀬の水位を保つのが難しいようだ。
仕方無いので池は水生生物用と割り切って、本の通りタフ船を利用して水深は一定にすることにした。池の中には大小の石や割れた植木鉢を伏せて入れて、生物が住み易そうな水底を意識してみる。

水が落ち着いてから、夫がメダカ20匹とヤマトヌマエビ5匹を投入。
岸辺には瓦礫の山とソダ山を作り、小鳥(は無理かな)とコオロギ・バッタ類、トカゲの産卵場所を作っておいた。
メダカもヤマトヌマエビも越冬可能そうな記事はよく見るが、念のため冬にはビニール屋根をかけて保温した方が良さそうかな。

e0134713_11195082.jpg

2008/11/5
水が奇麗に澄んで来て、中でピコピコ元気に泳ぐメダカの姿がよく見えるようになった。
毎朝、楽しく観察してから出勤している。
餌になる虫などもいないであろう最初だけは・・・ということで、餌やりを一度。

2008/11/7
帰宅したら渋い顔の夫から「今日、子供たちが来て池をめちゃくちゃにして行ったよ・・・」と報告あり。上の息子の友達がザリガニをとって来て池に投入し、そのザリガニ捕獲にトライして皆で池をかき混ぜて行ったようだ。
水がまた粉塵で濁ってしまったため、ザリガニは捕獲されたのか逃げたのかまだいるのかは不明。

まあ、子どもたちが遊ぶための池でもあるしなあ。
ただ一つ心配なのは、ザリガニってメダカを食べてしまうんじゃないのか。水が澄んだら探してみよう。それと、どんな生態系を作りたいのかは、子供たちに説明しとくべきだったな。反省。

2008/11/8
朝みると、既に水は全くの透明。ザリガニはいない、かな?
最初に水を張った時は透明になるのに数日かかったのに、今度はすぐ透明になるってことは、バクテリアとか光合成とか、なんやかんやが上手く行ってるってことだろうか。

2008/11/14
このところずっと10度程の寒さだったが、今日は久々に暖かい。
メダカがピコピコ泳ぎ回って楽しそうな様子を写真に撮ろうと思って近付くと、ササッ!と石やら水草やらの陰に隠れて、全然姿が見えなくなってしまう。速い・・・。

遠くからそっと撮影。水面の反射が邪魔だなあ。

e0134713_20383241.jpg


2009/2/21
厳しかった冬もそろそろ終わり。
最近は春だなーと感じられる暖かい日も多い。
一時期、メダカをあまり見かけなくて「寒さにやられたか?」なんて思っていたが、暖かくなったらまた元気に姿を見せるようになった。
今年も元気で何より。
3月になったら、池の底に溜った落ち葉を掃除して、ちょっとスッキリさせないとだな。

2009/4/11
子供たちが「なんかメダカ大きくない?」なんて言う。
そう言われると、なんだか冬前よりだいぶ大きく逞しく、しかも数が多くなっている気がする。
秋にはまだ子どもだったってこと?
しかも白いメダカを入れたはずなのに、今は白メダカと黒メダカがいるのは何故だ?
成長すると黒くなるタイプってのがいるのかな。

「うーん・・・」と水面を見ながら考え込んでいたら、ブワッと水底を横切るものあり。
うわ、超ど級のメダカだ!!と驚いたが、よく見たら小さなザリガニだった。
メダカを獲ろうとしているんだろうか。活発に動き回っているが、メダカはさらに活発。

e0134713_161756.jpg

2009/5/11
これまで綺麗だった水が、2,3日前に急に濁ってしまった。
暖かくなったし、そろそろ掃除とかしないとまずいのかなあ・・・と思っていたら、また急に綺麗な水に戻った。
原因は分からず。でも、やっぱり止水を放置のままじゃあダメなもんなのかなあ。
メダカを一旦出して・・・とか考えると億劫だなあ。
[PR]

by macchi73 | 2008-11-03 11:25 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)