タグ:コゲラ ( 1 ) タグの人気記事

2017年 02月 26日
冬の野鳥と鳥媒花
e0134713_1325322.jpg

冬の庭は虫も花も少なくてガランとした印象だが、鳥類は夏より多くやってきている気がする。草が茂ってない分、目に付きやすいだけかもしれないが。

今年は、庭の金木犀の幹の上をうろつくコゲラ(小型のキツツキ)を初めて見た。キツツキの住む庭なんて面白いから、居ついてくれたら嬉しいけどなあ!

この時期、庭で見かけるのは、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラが圧倒的に多い。どこにでもいそうなのに意外とやってくる頭数が少ないのは、カラス、スズメ、ハトかな。この傾向は、たぶん庭の花の蜜を目当てにやってくる鳥が多いからだと思う。ツバキやウメの花に頭を突っ込んで、顔に花粉をつけて飛び立っていくメジロをよく見かけるし。

e0134713_813583.jpg
(↑写真は、12月下旬に皇帝ダリアの蜜を吸うメジロ)

そんな風に、虫がまだいない寒い時期に咲くツバキやサザンカは鳥に花粉を運んでもらう戦術をとっており、鳥媒花と呼ばれる。鳥媒花の植物は種類が少ないため、花にとっては同じ種類の植物に花粉を運ばれる利点があり、鳥にとっても他の鳥と餌の争いを少なくできる利点がある。

鳥媒花は、wikipediaなどによれば、次のような特徴を持つことが多いようだ。
  • 鳥が止まりやすいようにしっかり固い花の作り
  • 色は赤系(=鳥は赤をよく認識する)
  • 虫を呼ぶための芳香は持たず(=鳥は虫に比べて嗅覚は弱い)
  • 昼に花を咲かせ(=夜行の鳥ってそういないしな)
  • 薄いが大量の蜜を出す(=鳥が満足する量をって感じか?)
  • 花期が長い

蜜を大量に出す、という記述に心惹かれて、庭で咲いていたツバキの花芯に指をつっこんでちょっと味見してみたが、大量の花粉が粉っぽいばかりで味は殆どしなかった。虫の多い時期に、香り高く濃い甘い蜜を少量湛える夏の小花たちの方が、人間がチュッと吸って楽しむには良いかもしれない。人間の味覚は、あっまーいものに慣れてるからな。

ちなみに、私のように花粉を運ばないくせに花の蜜を味わおうという行為を、盗蜜という。
もう少ししたら咲き出す、裏庭のアンズの花に集まるシジュウカラやスズメ、ワカケホンセイインコなんかも盗蜜者たちだ。メジロやヒヨドリが、花に嘴を差し込み優しく蜜を吸うのに対して、盗蜜する鳥たちは、花ごと千切って食べてしまう。

【冬から早春に、庭で見かける鳥リスト】

ほぼ毎日見かける定住者は、多い順に、
ヒヨドリ
・メジロ (*庭に巣もある
・シジュウカラ(*庭に巣もある
・スズメ(*庭に巣もある
キジバト
カラス

毎日ではないがちょくちょく姿を見かけるのは、
・ツグミ(*動画あり
・ジョウビタキ(年によって、メスが来たり、オスが来たり)
ハクセキレイ
ムクドリ
オナガ
ワカケホンセイインコ

一度、または数回見たことがあるだけなのは、
・ウグイス
モズ(*早贄もたまに見かける)
・カワラヒワ(*公園で撮影)
・コゲラ(*公園で撮影

[PR]

by macchi73 | 2017-02-26 14:00 | 【生物】野鳥 | Comments(6)