タグ:ゲンノショウコ ( 4 ) タグの人気記事

2017年 11月 15日
秋の山野草:釣舟草、竜胆、秋海棠、現の証拠、天南星、黄花秋桐、薬師草、野紺菊、山芹、野原薊、森薊
山歩きすると、気づけばいつも皆からずっと遅れて一人歩きになってる。別に体力が無いからじゃなくて、すぐに道端のものに興味を惹かれて立ち止まってばかりだからだと思う(多少負け惜しみ)。

目の端に動くものや色付いたものがあると、すぐそっちに目がいっちゃう。木漏れ日なんかも光と色がチラチラ揺れるから、ついついずっと眺めちゃう。ちょっと馬鹿なのか、または蛙の仲間なんじゃないかと思う。でも一緒に行ってる人たちも、どんどん一人だけ先に行っちゃう人、ずっと喋ってる人、一言も喋らない人、落語家、スピリチュアル、サイコパス、みんなバラバラなので、まあいっかと思う。そう思って一人でゆっくり見て歩く。

そういう訳で、今回もいろいろ野の花を見た。見るとだいたい名前が頭に浮かんで、いつの間にか植物の名前が自分の中に溜まったもんだなと可笑しい。よく忘れもするけれど。

* * * * * * * * * * * * * * * *

ツリフネソウ(釣舟草)。

e0134713_2251416.jpg

リンドウ(竜胆)。

e0134713_22513931.jpg

シュウカイドウ(秋海棠)。

e0134713_22513770.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠)かな。前に見たのとちょっと花弁の感じ違うけど。

e0134713_22513517.jpg

テンナンショウ(天南星)の実。見るからに猛毒。

e0134713_22513369.jpg

キバナアキギリ(黄花秋桐)。秋の山に咲く、薄黄色の和風サルビア。

e0134713_22513064.jpg

庭のオニタビラコ(鬼田平子)に似てる。
茎が分岐する感じ、仏の光背に似た形の葉が茎を抱く感じから、ヤクシソウ(薬師草)ではと思う。

e0134713_2251287.jpg

野菊って、株の個体差もあるし、そっくりなものが多すぎてあまり見分ける自信がないが、たぶんノコンギク(野紺菊)の白花種か。

e0134713_22512518.jpg

セリ科も花だけだとよく分からないな。たぶんヤマゼリ(山芹)。

e0134713_22512219.jpg

アザミが色んなところに咲いてた。全部同じ種類だと思ってたけど、よく見ると葉っぱの感じが違うものがある。最後の写真は森アザミ、他のは野原アザミかな。

e0134713_2251446.jpg
e0134713_22511034.jpg
e0134713_22511392.jpg

多分これだけ種類が違うモリアザミ。
森アザミは葉っぱが特徴的で、根っこは「山ゴボウ」という名前でよく漬物にされて売られている。

e0134713_22512071.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-11-15 22:00 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2010年 11月 14日
ヒメフウロソウ(姫風露草)
ヒメフウロソウの育て方:
●花期は4~7月。よく広がる。
●日当たりと水はけの良い場所を好む。夏の高温多湿にはやや弱いので、夏期は半日陰になる場所に植える。
●耐寒性はあるが、凍らせないように。
●秋に株分けで増やせる。


風露草や、庭に勝手に生えているゲンノショウコやアメリカフウロにも似てるけど、属が違うらしい。
風露草・ゲンノショウコ・アメリカフウロは、どれもフウロソウ科フウロソウ属。
姫風露草はフウロソウ科エロディウム属。

風露草と比べると、姫風露草の方がずっと暑さ寒さに強くて広がり易いらしい。

私の中での分類は、
 ・アメリカフウロ = 雑草 (庭に蔓延っている)
 ・ゲンノショウコ = 野草 (薬草として有名な分、雑草よりちょっと高級なイメージ)
 ・ヒメフウロソウ = 園芸種(花屋さんで苗を売っていたから)
 ・フウロソウ= 山野草 (育てたことはないが管理が難しいイメージ)
って感じ。

2010/11/14
苗を植付けた。
すごーく小さいけど、今後の広がりに期待。

e0134713_22262777.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-11-14 22:45 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2009年 05月 22日
ゲンノショウコ(桃花)
e0134713_20374115.jpg

庭隅の雑草観察をしていたら発見。
最初はムラサキカタバミかと思ったが、それにしては色が淡いのでよくよくみたら葉の形が全然違う。

この形はどこかで見た・・・と思い出すに、去年の秋のキノコ狩りで見かけたゲンノショウコ(白花)と同じだ。
あの時見かけたのは白花の株だったのに、今回のは薄桃色だ。
図鑑の写真はショッキングピンクだったので、「株によって花色が違うんだな」とは認識していたが、ホントに全然違うんだな。
[PR]

by macchi73 | 2009-05-22 20:45 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2008年 10月 16日
ゲンノショウコ(白花)
2008/10/5
大月の山林で撮影。白花の株。
遠目に見たら、花と葉の感じがちょっと二輪草に似ていた。
ただし、よく見ると、二輪草とは違って雄しべが薄紫で目立っている。

同じ種の花かなーと思って図鑑を調べたが、二輪草は春の花でキンポウゲ科なのに対してこちらは秋の花でフウロソウ科だった。
種としては、寧ろ道端などでよく見かけるアメリカフウロに近い。
また、図鑑で見ると、花色のバリエーションは、白〜紫〜ショッキングピンクと幅が広い。

変な名前は、下痢止めの薬草として使うと効き目が物凄いことから来ている。写真左上方に写っている果実は、秋も深まると裂開してオミコシの屋根のような形になるため、ミコシグサ(神輿草)の別名もある。

e0134713_2291326.jpg

2009/5
自宅の庭で、桃色の花を咲かせる株を見つけた。
花色だけ見ると、全然違う草のよう。本当に花色に幅があるんだな。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-16 22:17 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)