「ほっ」と。キャンペーン
タグ:クリスマスローズ ( 15 ) タグの人気記事

2016年 02月 26日
2月ぐだぐだ日記
e0134713_19484996.jpg

庭でクリスマスローズが一株だけ先に咲き始めてた。
10年前に小さな2株を植えたらどんどん増えて、いつの間にか庭の木陰に広がりまくったクリスマスローズだけど、去年の夏に庭の木を切ってガンガン直射日光に当てたせいか、今年はちょっと勢いがない感じもする。まあでも、他の株も咲き始めないとわからないかな。

たぶん今年の満開時期は、例年よりちょっと早めで、来月頭くらい。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

最近仕事でよく行くオフィスのラウンジにグランドピアノがあって、面白そうですねとスタッフの人に話したら、練習室もあるから弾きたかったらそっちのアップライトピアノは使ってOKとの話。それで、しばらく昼休みに通って弾いてみたら、家の電子ピアノではスラスラ弾けるようになった曲でも、ピアノだとけっこう難しいということが分かった。なるほどなー、ピアノって電子楽器じゃなくて打楽器なんだなーと納得(打楽器は違うか?)。ピアノ、欲しくなっちゃうな。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

さらに先月から仕事で何度か行っている出先のすぐそばに、コンサートホールがあるのを見つけた。それで仕事帰りの夜にピアノコンサート聴いて、いい気分になって、ご馳走食べて飲んで帰る。

それで夜遅く帰宅して、また仕事忙しいねという話に「うんまあね……(今日はちょっと違うけど)」とか言葉を濁してたら、翌日、食事した店から忘れ物の電話があって、遊んでたのがバレバレ。

忘れ物を受け取りに行くついでに、今度は家族も呼んで、一緒にご馳走を食べた。
e0134713_19484734.jpg

当たり前なんだろうけど、ピアニストってピアノ上手いんだな。一台で弾いてても、ずいぶん沢山の音がでるもんだ。

コンサートでやってたラフマニノフってのをもっと聴いてみようとウェブで探したら、良いものを見つけた。デニス・マツーエフの弾くラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番、すげ格好良い! マツーエフ、すげ格好良い!!……好きになって、それから毎日聴いている。



ちなみにカラヤンの指揮で同じ曲のプロモーションビデオもあって、そっちはまた違った感じ。
カラヤンの美学により、見栄えの悪い人を後列に回して美男美女を手前に配置したり、音は別撮りで格好良い映像にしたりしてるらしい。道理で映画みたいな拡張高い映像で見応えあるが、後列に回されたらなんかへこむ……。





[PR]

by macchi73 | 2016-02-26 19:47 | 出来事・その他 | Comments(6)
2015年 03月 15日
クリスマスローズ増殖
e0134713_22573731.jpg

今日は夫のお父さんとお母さんが子供たちの進学祝いにやってきて、食事会をした。賑やか。
庭に花を綺麗に咲かせてるのねえ、と言われて見たら、今年も庭のあちこちの隅にクリスマスローズがぽこぽこ咲いていた。へえ!この間まで葉っぱばかりだったのに、いきなり花が目立つようになったな。

なんか、クリスマスローズって高価なイメージがあるが、庭だとこぼれ種でどんどん増える。
たまに交雑するのか、いつの間にか色や柄のバリエーションも増えたりしているようだ。
(でも、花屋さんで見かける高価なタイプは、うちのと違って増えにくい性質なのかもしれない)

最初に苗をもらって植えた時は「斑点が気持ち悪いヒョロッとした地味な花」というイメージだったが(失礼)、こう増えてみると、それなりに一つの風景をつくって風情を漂わせ始めており、年々好きな花になりつつある。

増やすコツは、とにかく花が咲いたら放置しておくこと。そのうち種がぷっくり膨らんできて、こぼれ種からその辺にたくさんの小さな芽を出し始める。発芽してから花を咲かせるまでに3年くらいかかるので、放置して4年目くらいから急に増殖を始めた感あり。混み合ってきたら、数年に一度、株分けするのも良いようだ。
e0134713_22575549.jpg

e0134713_2258187.jpg

e0134713_2258815.jpg

e0134713_2258215.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-03-15 23:08 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2015年 03月 01日
雨水、啓蟄
e0134713_19101721.jpg

2月末日、家族全員連れて実家の葬儀に出たら、なぜか霊前でチンチロリンが始まる。大声の飛び交う真剣勝負の中、我が末っ子が大勝して小遣いを倍増させていた。おそらく亡き父が賽の出目に細工してくれたんだろうとか思う。

金曜の深夜バスで行き、土曜の深夜バスで戻るというハードスケジュールだったので、朝、全員ヨレヨレで自宅に戻る。気づけば日付はもう3月。門をあけたら、庭で黄色い福寿草がポカッと咲いてた。

毎年同じことを書いているが、この花を見ると、庭に春が来たなーとしみじみ思う。
庭の新しい一年の始まりだ。

昼からは雨。
底冷えはなくなって、ほんのり暖かい雨という感じ。
そういえば、今は二十四節気の雨水くらいで、週末は啓蟄になるようだ。

wikipediaによれば、雨水とは、雨が降って土が湿り気を含み始め、草木が芽吹き始める時期だという。
そう思って庭を見ると、本当だ、いろいろと芽吹いている。
e0134713_19105250.png

そして啓蟄とは、大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる時期だ。
ちょっと気になって、我が家の冬眠者を確認したら、モゾモゾ動き始めていた。

おおー。暦通り、週末には陽気地中にうごき、ちぢまる亀、穴をひらき出ることになるか?

e0134713_19113552.jpgもぞもぞと葉っぱが動いている。

どこだか分かるかな?

e0134713_19121685.jpgまだちょっと寝ぼけ気味っぽいけど、おはよう、また会えて嬉しいです。

今年も一年、楽しくやろう。


[PR]

by macchi73 | 2015-03-01 19:25 | 出来事・その他 | Comments(4)
2014年 03月 30日
浮き花
e0134713_16271099.jpg

娘と一緒に、庭の花を集めて水に浮かべた。
「これを浮き花と呼ぶ」って、生け花教室で教えてもらったようだ。

庭用の器に水を張って、その辺に咲いてる花をどんどん摘んでは浮かべていく。
この辺に赤い花を散らそう……とか、いい感じに整えつつ。アレンジは娘に任せた。

e0134713_16441321.png

ジャーン!完成。どうかな。

うーん。クリスマスローズとか入れないで、全部小さい花だけにして、いろんな水仙をいっぱい浮かべる方が好きだったかなーとは娘の弁。

その大きい花々を摘んで来たのは母です……。だって、派手で見栄え良いかなーと思ってさー。
でもそうね、アレンジ任せるなら、花も自由にさせた方が良かったね。もうちゃんと好みとか構想があるんだね。反省。

e0134713_16272264.jpg
浮かべたのは……

●水仙 ●忘れな草 ●桜草 ●雪柳 ●クリスマスローズ ●ナスタチウム ●ヒヤシンス ●花かんざし ●ネモフィラ ●フロックス ●ムスカリ ●ツボサンゴ

あと、名前を知らない幾つかの花。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

完成した浮き花を部屋に持ち込んだら、外で見た時より華やかに見える不思議。

光の感じもあるし、あとはやっぱり、庭だと器の外にもいっぱい自然があるからな。
屋内で、そこだけ切り取られたように自然があるっていう方が存在感は発揮するんだろう。華道もそうだね。

e0134713_16272670.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-03-30 06:26 | 庭仕事・収穫 | Comments(4)
2014年 03月 09日
2014・庭仕事始め
e0134713_0565886.jpg

待ちに待った休日だ!
お昼まで子どもの用事に付き合った後、「この週末は庭仕事するからね!」と宣言して、一日ずっと庭にいる。

たまに家族が出て来て、庭で一緒にランチしたりお茶したりする。
地面に這いつくばって庭仕事しながら、なんだか命の洗濯している気分。

昨日も雪だったし、日陰の地面は凍っていたりして、まだあんまり春めいてはいない庭だけど。
よくよく探すと、所どころに春の気配が。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いつも一番乗りで花を咲かせる福寿草が今年も咲いていた。
だけど今年は株が小さいみたい。やっぱり長いこと雪に埋まってたからかなあ。
e0134713_057650.jpg

あちこちで咲いているクロッカスも、今年はなんだかヒョロヒョロして小柄な感じ。
でも確か去年もそんなこと思ったし、これは雪のせいじゃなく、ずっと植えっぱなしで放置だからかも。

長い株は8年くらい植えっぱなしだし、今年は忘れずに花後にカリ分の多い肥料をあげるようにしてみよう。
ちなみにカリ分が多いのは、草木灰や堆肥らしい。忘れないように明日買って来よう。
e0134713_0571392.jpg

庭の四隅でバサバサと茂っていたクリスマスローズの古い葉を全部取り除いたら、やっと花が見えるようになった。
大きい株の足下には、実生で育った中くらい〜小さい株が沢山生えてる。
最初に植えたのは 2, 3株くらいだったのに、気づかないうちに随分殖えたよなあ!!
e0134713_0571852.jpg

クリスマスローズは地味な花ではあるけど、実生で増えて行くうちに、少しずつバリエーションが出るようだ。
よく見ると、白い八重、壺形の赤紫、薄黄色の丸花、俯いて咲くドット柄、上を向いて咲く紫など、いつの間にか少しずつ違う花が増えていて面白い。
e0134713_0572538.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなこんなで、暗くなるまで庭にいた。
あっちを耕し、こっちを埋めて、満足してとっても幸せな気分だ。

「でも、庭がどこも変わってないように見えるけど?」とは家族の弁。

ふっふっふ。素人だな(?)。
そんな、花屋さんから満開の花苗を買って来て植えましたなんていう素直な庭仕事では、こう、クレイジーな庭心はじんわりしないのだ。

私は今日は時限爆弾をしかけたつもり。
春になったら大爆発くるぞーって思いながら、今は何にも見えない庭を、ニヤニヤして眺めるのが楽しいの。

[PR]

by macchi73 | 2014-03-09 01:14 | 庭仕事・収穫 | Comments(5)
2013年 03月 10日
カメ災難
e0134713_0483332.jpg
日曜日、朝から20℃超えで、すごく暑い!
娘と庭で、零れ種で殖えに殖えたクリスマスローズを摘んだりして遊んでいたら、汗ばんで来た。
こりゃあもう春本番も良いとこだと思い、「そろそろアオも起こしてみようか〜」と、まだ冬眠中のカメにちょっかいを出してみる。

最初は枯葉のベッドから引っ張り出されてちょっと迷惑そうだったが、すぐに日差しに暖められたらしく、思っていたより機敏に動き出すアオ。
e0134713_0483728.jpg
さっそく娘にいじりまくられ、あちこち引っ張り回されていたが、なんとなく従順な態度だ。
以前のように「シャー!」と威嚇の声を出すこともなく、逃げもせず、少しは懐いたかなー喜んでるのかなーって感じがする(それともまだ眠くて本調子が出てないだけか?)。
e0134713_0484286.jpg
納屋の冬眠スペースも片付けて、亀庭に水を張って、今日からまた屋外で暮らしてもらうことにする。
で、「暖かくて気持ち良さそうだね〜!そうだ!亀庭に食べられる菜っ葉を植えてあげよう!」なんて思いつき、菜っ葉を買いにGO!
花屋さんへと急ぎながら、額に汗をかき「なんか夏みたいに暑いね〜」と話していたのだが……。

道の途中で、突如、妖しい突風が!
水色だった空が、端からみるみる黄色く染まり、道が暗くなってきた。

e0134713_0592755.jpg細い露地で、ゴオゴオ言う風と黄色い砂埃に恐れをなし、娘とブロックの陰に隠れる。

さっきまで暑かった空気が、どんどん冷えて行くのが分かる。

コレ何?と聞かれて、「多分黄砂かな?でも変てこな風景だね……」と顔を覆いながらジリジリ進んだら、花屋さんたちはガラス戸の向こうに避難(?)して、みんなで空を見上げていた。
そうして菜っ葉を購入して、黄色い世界をまた突っ切り、何とか無事に帰宅。
その頃には、ブルっと震えるくらい、外は寒くなっていた。
どうやらこの奇怪な天候は、南風と北風がぶつかった嵐が砂塵を巻き上げる煙霧という現象らしい。こう寒くなったのを見るに、多分北風が勝ったんだな。

出かける前の意気込みは消え、「寒いから、菜っ葉はまた明日以降に植えようか……。ね。」とひよる娘と私。

結局、外には、冬眠から叩き起こされた上、冷たい北風にさらされて殺風景な庭で夜を越さなくてはならなくなった亀が一匹残されただけなのであった……。申し訳ない。
e0134713_0484539.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-03-10 23:57 | 出来事・その他 | Comments(3)
2012年 03月 04日
クリスマスローズの発芽
e0134713_15137.jpg

クリスマスローズの蕾と若葉が上がってきているので、古い大きな葉っぱを全部、地際から刈り込んだ。

そしたら、その辺り一面にビッシリと、小さな小さなクリスマスローズの芽が……。凄い!
全然摘花もしないで、一年ずっと放置してたからなあ。

これ全部が開花株になったら、庭が大変なことになりそうだ。
クリスマスローズの森になっちゃうじゃん!
しかも実生のクリスマスローズは、親株とはかなり違う花を咲かせることが多いらしい。
この芽から、様々な花が咲く可能性があると思うと、これはかなりワクワクする。楽しみだ。

……とか思って調べたら、発芽から開花までは3, 4年かかるらしい。
なんとも気の遠くなるような話だなあ。上の子たちが高校卒業してしまう。

それってまだまだ想像もできないほど先の話のような気がするが。
案外、子供たちの高校卒業時には、庭に溢れるクリスマスローズを眺めながら「そういえばあの時の実生の……」なんて思っていたりすんのかもしれない。

e0134713_154667.jpg 小さいけれど一丁前にクリスマスローズっぽい形になっているものもチラホラある。

これは去年種から発芽したものってことかな。

にしても、こんなに小さくては、花が咲く株になるのはどれだけ先になることやら。


[PR]

by macchi73 | 2012-03-04 07:36 | 出来事・その他 | Comments(4)
2012年 02月 20日
ヘレボラス・オリエンタリスとヘレボラス・ニゲル
株分けを繰り返して庭の周りにぐるりと生えているクリスマスローズが花を付け始めた。
最初に咲き出したのは赤花だ。
場所のせいか品種のせいか分からないが、毎年この株が一番早く咲く。
例年通り行けば、これから少し遅れて、白花、黄花、八重咲きも咲き始めるはず。

e0134713_1843550.jpg

これらの、どんどん自家増殖しているクリスマスローズたちとは別に、今年はもう一株、新顔が増えた。
同じく「クリスマスローズ」というタグで花屋さんで売られていたものだけど、これだけ少し雰囲気が違う。
花が全く俯かず、正面を向いて咲いている。

e0134713_1841116.jpg

調べてみると、たぶん新顔はヘレボラス・ニゲルという品種で、イギリスで「クリスマスローズ」と呼ばれるもののようだ。
対して、庭にもとからあったクリスマスローズたちは、ヘラボレス・オリエンタリスという品種で、イギリスでは「レンテンローズ」と呼ばれる。

オリエンタリスもニゲルも、極寒期に沢山の花をつけてくれるので、庭の彩りになってくれてありがたい植物だ。
育て方はどちらも同じっぽい。

クリスマスローズ(ヘレボラス)の育て方:

●花期はニゲルが12月〜3月、オリエンタリスが2〜4月。
●花はニゲルの方が低い場所で上を向くようにこぢんまりと咲く。オリエンタリスは茎を高く伸ばし、俯いて咲く。
●葉が小さくて艶があるのはニゲル。ガサガサして巨大な葉はオリエンタリス。
●寒さに強いが、暑さと夏の直射日光に弱いので、落葉樹の下などに植えると良い。
●新しい芽が展開し始めたら、古い葉は根本から取り除く。
●乾燥には強いので、庭植えなら水遣りはほぼ必要ない。我が家の様子を見るに、施肥も特に必要なさそう。
●3年くらいで大株化したら、ナイフでバリバリと切り分けて株分けすると花付きが良くなる。
●種が出来る前に摘花する方が株の衰えは少ない。ただ、交雑した種からは新しい色や姿の花が咲くので、そちらを楽しみたい場合はそのままにしておくのも良さそう。
●ニゲルは白花だが、オリエンタリスは様々な色・模様があり、交雑で更に多くの姿が出現する。植えっぱなしにしておくと段々色んな株が増えて、ちょっと面白い。


e0134713_2112249.jpg

なんか一本だけ、ろくろ首のような……
[PR]

by macchi73 | 2012-02-20 20:41 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(2)
2011年 03月 27日
春の花、大集合
e0134713_21172299.jpg

庭にいま咲いている花を集めて、水盤に飾ってみる。

寒椿、三須臾、沈丁花、紫花菜、木瓜の花、ローズマリー、ヒヤシンス、オオイヌノフグリ、冬知らず、ヒヤシンス、福寿草、クリスマスローズ、チオノドグサ、プシキニア。

一箇所に集めてみると春爛漫っぽいけど、庭全体で見ると、まだポツポツ色が散っている程度。

この時期、強烈に甘い香りの花が多くて――ヒヤシンス、水仙、沈丁花――部屋に飾っていると、ちょっと酔いそう。

e0134713_21253325.jpg
けっこう色々咲いてるよね、この中で何種類くらい分かる?と夫に聞いたら、

「知らない花ばっかりだなー。35種類くらいあるかな?」

という返答。

いやあ、いくらなんでも35種類は無いだろう……。適当すぎ。妻の趣味、夫無関心。


[PR]

by macchi73 | 2011-03-27 21:15 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2011年 03月 21日
クリスマスローズ(黄花)
地震からこっち、オフィスに行っても人が少ない。
部屋には自分一人で、電気もつけずにシェードを下ろして仕事したりしている。
薄水色のシェードを通して窓の光が差し込む部屋は暗くて静かで、水の中にいるみたいだ。
災害対策以外では、絶対止められない最低限の業務を行うだけなので、いつもより帰宅も早かったりする。
日常業務を回しつつ、なんだかやっぱり非日常的な感じだ。

出勤時に甘い匂いがするので見たら、ヒヤシンスが咲き始めていた。
通勤路でも所々フワッと良い香りが漂って来る。見回せば、梅やら沈丁花やら。
地震で忘れていた。

久々に庭を見たら、クリスマスローズの薮の中にまた見慣れない蕾を見つけた。
色は黄緑色っぽく、丸っこい感じ。

e0134713_19183326.jpg

咲いている場所は、赤花と白花のちょうど真ん中。
翌日に咲いた花を確認したら、淡い黄緑色の花びらに赤紫のドットが入っていた。
植えた記憶が全然無いんだけど、交雑した実生苗という可能性もあるんだろうか。

e0134713_20173214.jpg


e0134713_2020346.jpg
こちらが隣で咲いている白花。
白と言っても純白ではなく、薄黄緑〜ピンクベージュくらいに変化する。
尖った輪郭で、ドットはあるが薄い。

e0134713_2021344.jpg
もう一方の株は赤花。
花の輪郭が丸っこいところは、黄花のヤツに似てる。

e0134713_20224137.jpg
少し離れた場所には、純白の八重。
これも今年始めて見た花だが、こちらは数年前に植えた覚えが確かにある。


明日からはやっと仕事も本稼働。
こうやって色んな仕事を通常通り動かしていくことが連動して、生活の多くの面が、多少の不便あれ普通に回って行くんだよな。
リーマンなんて社会の歯車だよとはよく言われることだが(誰に…?)、ホントそんな感じ。
でも、今日の食材を買えるのも遠くの状況を確認できるのも、みんながそれぞれの仕事を回している結果だし。
歯車できるのも幸せかも。
[PR]

by macchi73 | 2011-03-21 19:26 | 栽培日記:春の植物 | Comments(4)