「ほっ」と。キャンペーン
タグ:クランベリー ( 6 ) タグの人気記事

2010年 12月 16日
ミニクグロフのアイシングパウンドケーキ
e0134713_2253176.jpg

仕事を8時に終えて、すっとんで帰る。
今日は家に新しいケーキ型があるんだよな〜。
お楽しみがあると、寒い夜道も足取り軽く、顔がにやける。
なんだろう、この気持ちは。今は大きくなってしまった双子たちを保育園に迎えに行っていた頃の気分に通じるかもしれない。

e0134713_23412037.jpg
クグロフ型と呼ばれるこの形は、アルザス地方由来のものらしい。
クラシックな姿に一目惚れした。

で、玄関を入るや否や、そのまま台所に直行。
冷や飯をちゃちゃっとかきこんで、いきなりケーキ作り。
お風呂も済んで寛いでいる子供たちが「何作ってるの?」と興味津々で寄って来る。
そして毎回のことだが、「これ舐めてもいい?」と、テーブルの上に並べたバターやらココアやら砂糖やらに目を輝かしている。なんで子供って、お菓子の材料を舐めるのが好きなんだ。

e0134713_2362742.jpg
1時間後には、ココアのパウンドケーキが焼けた。
ただのパウンドケーキなのに、形が違うだけで何だか豪華。

e0134713_237838.jpg
しかも中心部が抜けて、つまみ喰いパーツまで自動生成される。
なんと便利な。

思い返すに、ここで止めておけば良かったのかもしれない。
が、さらにクラシックな感じにしてみたく、インターネットの画像検索でひっかかったアイシングデコレーションを試してみようなんて思ってみたりして。

今日はじめて知ったが、アイシングって殆ど材料が要らないんだよな。
粉砂糖を卵白で溶かすだけ。風味が欲しければ、レモンをちょっと加えるくらい。
5分くらいでできる。で、それをケーキにかけるだけ。

そんなレシピを読んで、なんて簡単なデコレーションだ!と思ったんだけど。
やってみると、思ったように美味しそうに垂れてくれない。
で、アレー?アレー?と重ねがけしているうちに、なんだか段々と悲惨な感じの見た目になってしまったのであった。

トップに飾ったのは、ピスタチオとクランベリー。
イメージとしては、ヘンゼルとグレーテルに出て来るような、懐かしのお菓子っぽくしたかったんだけどなー。
コツを掴むまで、デコレーションは何回かやってみないとダメかもだ。
[PR]

by macchi73 | 2010-12-16 23:54 | 庭料理 | Comments(0)
2010年 10月 31日
クランベリー植え替え
e0134713_2055133.jpg

猛暑のせいだろうか、今年はクランベリーの実が全部萎びてしまった。がっくし。

株自体も茶色くカサカサになってしまって、いかにも弱々しい佇まい……。
緑のツルも辛うじて数本残ってはいるが、大半は曲げるとポキポキ折れてしまう。

初夏までは、凄く調子が良かったんだけどなあ。
原産地が寒い地方なだけに、ちょっと猛暑に傾くと覿面にダメージを受けてしまうようだ。

夏は日陰に置けば暑さは凌げるんだろうけど、一年中日陰に置いておくと花付きも悪くなるしなあ。
やはり、季節によって場所を移動できるように、クランベリーは鉢植えで育てるのが正解なのかもしれない。

小さくなってしまった株の養生も兼ねて、クランベリーは全部、地植えから引き上げることにした。
根が張り易いように、フカフカの酸性土を入れた鉢に植え替えてみる。
来年は、夏には日陰に・他の季節には日向に移動してみることにしよう。

e0134713_20561935.jpg
これまでは水切れを恐れて避けていた鉢植えだけど、ブルーベリーとクランベリーを寄植えにして裏庭に並べてみた。全部で3鉢。
一鉢だけだと水遣りを忘れてしまうかもだが、3鉢あれば忘れないんではないかと……。

置いてあるのは、亀庭の手前。
アオの水替えの時には鉢にも水やりするようにすれば、水切れすることもないだろう。

[PR]

by macchi73 | 2010-10-31 21:07 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2010年 05月 29日
クランベリーの花
e0134713_16484015.jpg

自生地環境を参考にして去年の秋に移植したクランベリーが、今までに無い勢いで花を沢山咲かせている。
植え替えが効いたのか、それとも4年目で株が充実してきたからなのか。
この調子で実も沢山つけてくれると嬉しいな。

2010/7/1
気付いたら、小さな実になっている。
この調子で、落果しないで大きくなってくれよー。

e0134713_2021746.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 16:53 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 09月 27日
クランベリー移植 & クランベリーチョコマフィン
草津白根山ハイキングにて自生クランベリーの広がり具合を見て感動。
我が家の庭隅で縮こまった感じで過ごしているクランベリーにも、もっと良い環境を与えたくなった。
庭でクランベリーが伸び伸び育って広がるためには、以下の条件が必要と思われる。

●温度:涼しい場所の植物なので、夏の酷暑を避けられる場所が良さそう。
●湿度:自生地は高層湿原と呼ばれるような場所だから水切れ厳禁らしいが、かといって見た感じではジメジメした様子はまったくなかった。
●土壌:酸性土が良いらしい。割と小石混じりの水はけの良さそうな土に見えた。
●日当り:周りには高い草木は無く、日当りは良かった。


水切れ厳禁ってことは、鉢植えはダメだ。水切れさせない自信がない。
地植えで日当り良く夏涼しい場所っていうと、夏だけ木陰になる落葉樹の下かな。
酸性土を好むって言うから、同じく酸性土を好むブルーベリーの株元が良いだろう。
風通しと日当りと雨水を確保するため、周囲を薮に囲まれないように小石などでマルチングして植えてみることにした。

e0134713_14483415.jpge0134713_14484463.jpg

移植作業で実がポロポロ落ちるので、今ついている実は収穫してしまう。

e0134713_14571224.jpg

チョコレートとクランベリーの組み合わせが美味しいということを聞き、子供たちとクランベリー入りチョコマフィンを焼いてみた。ほろ苦甘いマフィンの中に熱々のクランベリーが詰まっており、口のなかで酸っぱく弾ける。あつ。うま。

e0134713_15554390.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-09-27 16:01 | 庭料理 | Comments(0)
2009年 09月 23日
クランベリー(蔓コケモモ)
クランベリーの育て方:
★結実までの年数:2年かな。実付きのものを植えた翌年は、未熟な極小の実を見ただけで終わってしまった(管理が悪かったのかもだが)。翌々年は、片手にいっぱいくらいの収穫。
●冷涼な気候と湿り気を好む。
●酸性土を好むので、植付け時にピートモスを混ぜると良い。
●収穫は9〜10月。


2006/9
通りがかりの花屋さんで実つきの小株を購入。庭に植える。
2006/10
どんどん実は赤くなるが、完熟する前に小鳥か誰かに食べられてしまう。悔しくて、未熟なうちに食べてみたら苦酸っぱかった。
2006/12
お、紅葉してる。

2007/4
また葉が緑になってきた。
2007/5
よくよく見ると小さい花がついている。割と綺麗だ。極小だけど。
e0134713_17303479.jpg

2007/6
小さい白い実をつけた。直径4mmくらい。
2007/8
なんだか株が消え入りそう。暑さが苦手だというから、日当りが良い芝生の隣はキツいのかな。柳イチゴの木陰に移動してみる。

2008/2
春に向けて草刈りしていたら、地を這う堅くて細い蔓を発見。辿っていったら柳イチゴの下のクランベリーから伸びていた。長い蔓!育ち過ぎた柳イチゴの陰で、クランベリーの存在はすっかり忘れていた。お詫びに蔓はそのままどこまでも伸びるように放置しておく。
2008/10/12
実を収穫して蒸しパンを作ってみた。家族に好評でニヤリ。


2009/9/23
草津白根山の高層湿原の下草として広がるコケモモを見て感動。
うちの庭のコケモモなんか、ランナーだけは伸ばすものの、何年たっても全然広がらないのになあ。
こんな感じで、涼しくって湿った水はけの良さそうな場所が好きなんだな。
庭でこの環境を再現するのは難しそうだけど、もしかしたら西の日陰が一番近いかもしれない。
今年はその辺で育ててみようかな。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-23 20:22 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2008年 10月 12日
ツルコケモモの蒸しパン



蔓コケモモを収穫して、蒸しパンを作ってみた。
市販の蒸しパン用粉に、ナッツと蔓コケモモを混ぜ込んで蒸すだけ。超お手軽レシピ。

硬くて水分のない実に見えたが、蒸すと弾けて真っ赤な果汁が出て来る。
甘味はなくて酸っぱいだけなんだけど、子どもたちと夫には意外なことに好評でおかわりをリクエストされる。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-12 19:43 | 庭料理 | Comments(0)