「ほっ」と。キャンペーン
タグ:クコ ( 3 ) タグの人気記事

2010年 12月 19日
浜辺のクコ(枸杞)
e0134713_22284591.jpg

毎年、この時期に海に遊びに行くと、海岸の林の縁にモジャモジャと絡まって伸びている。
以前、一枝持ち帰って庭に挿木してみたが、やはり海岸とは全然違うせいか、実をつけることもなく今に至っている。

e0134713_2221878.jpg
しかし海岸では、庭とは違ってすごい雑草っぷり。
一回この姿を見ると、園芸店などで黒ビニールポットで売られているクコ苗が詐欺っぽく思えるほどだ。

あんまり沢山生えているので、なんとなく今まで摘んだことがなかったが、今年は末っ子と一緒に紙コップ一杯くらい集めてみた。

e0134713_2227895.jpge0134713_22271662.jpg

洗って一粒、二粒食べてみたら、ほんのり甘い。が、特に美味しくは無いなー。
なのでクコを食べるとしたら、クコ酒にするか、乾燥させてからお粥にでもトッピングするのが良さそうだ。

e0134713_22472182.jpg
「こっちの赤い実だったら一個でたくさんついてるよ」と、娘が見つけて来たのはマムシグサ。

うわー!それは毒草だよ!

と周りの皆さんに教えられて、こと無きを得る。
「そうかー」と娘。「じゃあこれは釣のとき魚の餌にしよう」……って、毒漁!?

まあ、マムシグサを口にした場合、その瞬間に強い刺激と痛みがあるから、食べてしまう人はまずいないようだ。でも怖いね。赤って美味しそうだもんね。

[PR]

by macchi73 | 2010-12-19 22:39 | 雑草、野草 | Comments(0)
2010年 12月 14日
冬の海岸の植物
今日遊びに行った海岸で見かけた花は、イソギク、ススキ、ハマダイコン、ハマベノギク、コマツヨイグサ等。
しかし時期柄、寂しく枯れかけの花よりも、色付いた実が目立つ植物の方が多かった。

●トベラ:
岸壁沿いに密集して広がっていた木。
実がはじけて、中に赤い果肉が見えていた。

e0134713_0285157.jpg

●マサキ:
海岸沿いにずーっとウジャウジャ生えていて、実がびっくりするくらい沢山ついていた。

e0134713_03269.jpg

●クコ:
薬膳などにちょこっと入れられているので貴重なイメージがあったが、地面を覆う薮になって実をたくさんつけていた。やっぱ、こんな風に蔓延るような強い植物だから薬効もあるってことかな。

e0134713_034169.jpg

●ノイバラ?:
バラ系の実だとは思うんだけど・・・ノイバラかな。薮の中で赤い実をつけていた。

e0134713_0351572.jpg

●カラスウリ:
どこでもおなじみ。でも綺麗。

e0134713_036129.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-12-14 23:56 | 雑草、野草 | Comments(0)
2009年 02月 23日
メバル釣り、クコ(枸杞)
e0134713_2084827.jpg

海岸で昆布拾いとバーベキュー。
ついでに子どもたちのオモチャのような釣り竿で海釣りを試したらメバルが大漁。本当に釣れるとは思ってなかったので驚いた。

さらについでに、海岸を覆って絡み合っていたクコの枝を持ち帰り、裏庭に挿しておく。根付くかな?今は実の無い時期なので「本当にこれがクコ?なんかヨレっとした雑草じゃない」と夫に疑われるが、海岸で毎年冬には実をつけるのを見ているので間違いないはず。多分・・・。

ちなみに、海岸のクコゾーンには、トゲトゲの硬い枝と、細くてトゲのない細い枝が入り乱れており、「どうせならトゲの無い方にしよ」と細い方を持って来た。そして帰宅後、ウェブで調べるとクコにはトゲがあるそうだ。多分、若い枝だからまだトゲがないとかそういう感じだと思うけど・・・間違ってクコでないものを持ち帰っている可能性も無きにしもあらず。

e0134713_21131871.jpg

クコの育て方:
●花期は7〜9月。紫色の小花をつける。
●収穫時期は9〜12月。
●挿し木で簡単に増やせる、らしい。
●日当り良くやや湿り気のある土を好む。施肥などは不要。
●放置しておくと茂りすぎるので、長く伸びた枝は冬に刈り込むと良い。
●害虫に好まれ、うどん粉病も発生しやすいらしい。


2010/10/8
花が咲いた。とても小さい。そして一輪だけ。
しかしとりあえず、クコの花であるのだけは間違いなさそうだ。
でもこの調子だと、実がつくのはまだ何年か先っぽいなー。

e0134713_20451057.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-02-23 19:50 | 【生物】魚・貝など | Comments(0)