タグ:キンカン ( 4 ) タグの人気記事

2016年 11月 18日
晩秋の庭(放置の結果)
e0134713_148731.jpg

ずっと自分の家の庭は放置でいたので、久々に庭を巡回してみて、反省を心に刻むための晩秋の庭のメモ。

剪定もせずに放置していた紫陽花が、面白い色になってあちこちでドライフラワー化している。

同じく放置していてひょろひょろと伸び放題のバラの枝には、秋の花が咲き始めている。

金魚とメダカが、いつの間にか大きくなって、まるまる太ってる。亀はそろそろ冬眠準備かな。

金柑や柿やニラなど色んな作物に果実や種ができているが、放置に任せて地面へ零れるままになってたり。

いつもこの時期いきなり花盛りになって存在を思い出させるパイナップルセージは、今年も元気で名前通りパイナップルみたいな良い匂いを放っている。すっかり存在を忘れていたが、クリスマスのご馳走のためにドライにでもしておくか……。
e0134713_14844.jpg

植物一つ一つをみれば、それなりに細々と一年の活動を行っているんだけど、全体的にはどうみても荒れたボサボサの庭。ちゃんと人住んでるのかよ!?廃墟かよ!?という感じ。やばい。来月は段々と時間ができそうだから、今年中には一度綺麗にしたいとこ。ホント、ずっと放置でごめんよ……と樹木の幹を撫でてみると、少し温かくて、いいよ、と言われている気もする。娘なら、木は生きてるからって言いそうだが、樹木が金属や石の壁に比べて暖かい気がするのは、単に熱伝導率が低いから。

全休日が何かで埋まっているカレンダーを見るとかなりうんざり&ぞっともするが、仕事や家族や地域のことでスケジュールが埋まるっていうのが、つまり、子育てして働く40代ってことなんだよなあ、と思ったり。それとも、違う在り方も、やろうと思えばできるのか?

秋の夜長は綺麗な庭の写真の載った本とか読んで、庭整備の計画たてよう。
e0134713_148276.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-18 07:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(3)
2016年 02月 14日
金柑と胡桃のチョコレートケーキ
e0134713_213556.jpg

先月、実付きのキンカンを花屋さんで買った。
購入時の小さな鉢から、手持ちのスリット鉢に植え替えようと思ってたんだけど、2月は休日出勤と朝帰りが続いてグッタリしてしまい、気づけばそのままずいぶん日が経ってしまっていた……。その間ずっと、キンカンの苗と鉢と用土は庭先に出しっ放し。すっかりヒヨドリやメジロのお食事処となってしまっている。
e0134713_213229.jpg

それでとりあえず、鉢はリビングのすぐ外の縁側に避難させた。
ここならガラス一枚挟んですぐそこに人がいるし、野鳥も怖がって寄って来ないだろう……と思ったのに、大胆にも人のすぐ傍までやってくるヒヨドリが一羽いる。肝が据わったヤツだなあ。
e0134713_212922.jpg

子供が面白がって「うわーすごい、すごい近くまで来るよ〜!」と、ヒヨドリの様子を伺いながら、ジリジリと少しずつリビングの中へと鉢を移動し始める。恐れ知らずのヒヨドリ、どこまでなら食べに来るかな?
e0134713_212564.jpg

結果、さすがに家の中までは食べに来ないことが分かった。

それで、まだ庭で未練がましくキンカンを見ているヒヨドリを横目に、人間は美味しそうな果実だけ摘み取って、キンカンとクルミのチョコレートケーキを焼いた。柑橘類とチョコレートの組み合わせ、私は好きだ。しかし、「え。俺はすっぱいものとケーキは別々の方が好きだ」と夫。あらま。次から覚えとく。
e0134713_212364.jpg
それからまた鉢は庭に出して、残りの果実は小鳥たちに譲る。途中で横取りしてごめんよ。



[PR]

by macchi73 | 2016-02-14 12:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
2010年 12月 18日
ヒメリンゴ(姫林檎)




末っ子の幼稚園の大きな木に、赤い実が沢山ついている。
なんの実かなーと見上げていたら、ヒメリンゴだよ食べられないよ、と娘が教えてくれた。
本当だ。木に名札が下がってる……ってか、心読んだな。

園庭には、他にも実のついた木がいくつか。
冬の実っていうのも綺麗で良いもんだ。

e0134713_1225484.jpg
大きなキンカンの木。
すっごいたわわに実がなっている。

ウチのキンカンは、毎年ほんのちょっと実をつけるだけなのに……。
何年たったらこんな大木になるもんなのか。

e0134713_122834100.jpg冬の青空に紅葉ってのも綺麗。

「うちの紅葉ってモッタリした葉っぱだよね。こういう繊細な形の方が良いなあ……」と、羨む夫。

何を!と何故かちょっとムッとしつつ、確かにモミジには案外色んな葉の形があるんだよなあ……と、ジッと葉を見る。

[PR]

by macchi73 | 2010-12-18 12:23 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2010年 01月 24日
金柑プチマル
キンカンの育て方:
★結実までの年数:4年目で初結実。初年度は実が少ないかも。
鉢植えで実がたわわについている株でも、地植えにするとまた数年は実がつかなくなる。
結実を早めたい場合は、スコップ等で地中の根を切ったり傷つけて生命の危機を感じさせると良いらしいが、そこまで急かすこともないか。
●花期は5〜7月。
●プチマルは晩生なので収穫は11月〜12月。
●施肥は12〜1月。油かす等の有機肥料を。


2006/10
イングにて購入。チビ苗だが小さい実が2つ付いている。楽しみだ。
2006/11
苗に成長見られず、実も萎む。えええー!
2006/12
ホームセンターで鈴なり苗を発見して凹む。あんなにたわわにするには、どうしたら良いんだろう。

2007/5
そろそろ花が付くはずなんじゃない?と思って見たら、なんか葉っぱが虫に喰われて凄いことに・・・。
レモンの葉も同様だし、イモムシは柑橘類の葉っぱが好きなんだな。
2007/11
葉は無くなり、寂しい姿。農薬を使うべきなのか・・・。
でもなー。いいや、無農薬で。

2008/3
新しい葉っぱが出て来て、枝の先端が明るい黄緑色で奇麗だ。
今年は実が成りますよう。
こまめに虫はとろう。

2009/9/19
去年も実がつかなかったしもうダメかなーなんてガッカリし、その後すっかり金柑のことは忘れていた。
そして今日、草刈りをして薮から姿を現した金柑を見たら・・・なんと実がついている!!
4年目にしてやっと収穫なるか!?

e0134713_22272448.jpg

2009/10/31
ちょっと膨らんできたかな・・・?

2010/1/5
実は金色になって来たけど、表面が傷のようになって滑らかじゃない部分がある。
よく見ると、他の実も同様の状態だ・・・。
なんでだろう。病気や虫食いって感じもしないけどな。

e0134713_2144434.jpg

2010/1/24
オレンジ色に熟した実のうち、表皮が綺麗なものを収穫して家族で食べた。
おお、美味しいじゃん!
種無しの実と、種ありの実があったが、市販のキンカンより総じて種が少ないみたいだ。

e0134713_1353695.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-01-24 13:05 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(8)