タグ:キツツキ ( 1 ) タグの人気記事

2011年 05月 01日
夏鳥探鳥会:キビタキ、オオルリ
e0134713_9441057.jpg

井の頭かんさつ会主催の「夏鳥探鳥会」に行って来た。
今回は、末っ子が喜ぶかなーと思い、子どもチームに参加してみる。

冬鳥探鳥会に比べて、今の時期は木々に葉が茂っているので、鳥を見つけるのが大変だ。
事前に鳥のさえずりを覚えて、鳴き声から探す、というのをやってみたが……難しいなあ!!
声は聞こえても、姿はなかなか見つけられず。

でも、色んな鳴き声を聞けて楽しかった。
センダイムシクイは本当に「ツルチヨギミ〜」と鳴いていたし。
(歌舞伎の先代萩の登場人物の「鶴千代君」の名前から、「先代ムシクイ」という名前になったそうだ。仙台に由来する鳥なのかと思ってた……。)

今回見られたのは、エナガ、キビタキ、オオルリ、バン、アオゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、ハシビロガモ。中々の収穫!

e0134713_10354976.jpg
他の小鳥達のように飛び回らず、惜し気もなくその姿を晒してくれたアオゲラ。

子どもでも双眼鏡で探して観察できて、とても楽しませてくれた。

e0134713_1052561.jpg鮮やかな黄色のキビタキ。

やっぱり色鮮やかな鳥って見るとドキドキする。
すばしこくて、ちゃんとした写真は撮れなかったが、見られて嬉しかった〜!

e0134713_1071075.jpgこちらは真っ青なオオルリ(のはず)。

逆光で、その魅惑の青さは分からず……残念!

e0134713_1014043.jpg
蛍光イエローの太い足を持つ「バン」。

漕いでる割りには泳ぐのが遅いなーと思ったら、バンは足指の間に水掻きがついていないと言う。
水鳥なのに、それは大変だ!

e0134713_10175479.jpg
ハシビロガモの夫婦。
派手な方がオスで、褐色の方がメス。カモってだいたいそういう風になっているそうだ。

本当はもう日本を発っているはずの冬鳥だが、今年は例年より2週間ほど夏鳥・冬鳥の動きが遅いらしい。そう言えば、桜が咲くのもそれくらい遅れたもんなー。



その他、鳥ではないが、観察できたもの。

e0134713_10234795.jpg
甲羅干しするカメ。
やっぱりまだ少し寒いのかな?頭数は少ない。
うちのアオが活発になるのも、まだもう少し先っぽいなー。

殆どがミシシッピアカミミガメで、在来種を圧倒しているらしい……。

e0134713_10261954.jpg
井の頭公園の丸々大きなコイたちの中でも、一際大きくて「お堀のヌシか!?」とギョッとさせられる魚が一匹。

これは中国からやってきた「草魚(ソウギョ)」。
草をよく食べる大型魚で、水場の掃除屋として導入されたらしいが、今では「草食べ過ぎ!」と言われたりしてるようだ。

e0134713_1031387.jpg
日向ぼっこしているアオダイショウ。
太いな。

e0134713_10323086.jpg
探鳥会が終わって、娘に感想を聞いたら、「ダルマ体操と、皆と遊ぶの楽しかったあ!!」と一声。

「えええー、鳥は!?」と思ったけど、それなりに鳥の名前と習性まで覚えていて、やっぱり楽しく学ぶのがチビには一番そうなのであった。


[PR]

by macchi73 | 2011-05-01 10:46 | 【生物】野鳥 | Comments(0)