タグ:キキョウ ( 6 ) タグの人気記事

2014年 08月 07日
浜ホニャララ@式根島:ハマゴウ、ハマボウフウ、ハマユウ、ハマシャジン、ハマナタマメ、ハマカンゾウ
e0134713_22115037.jpg

私はまだまだ泳ぎたいのに、体が冷え切ってしまった娘が岸にあがりたがる。
「ちょっと子どものこと見てよう!」と夫を探してキョロキョロしたら、大物の魚を追って、ずっと沖の方でポツンと小さな点のようになっている姿が見えた。

むむ。いつもは「オレ泳げないから……」と、水遊びから逃げている夫なのに。
絶対沈まない救命胴衣を贈ったら、いきなり海のハンターになってしまっている。魚に夢中になっている。

そうこうしている間にも、飛ぶように軽やかに水辺から遠ざかっていく娘。
仕方ないから追いかけた。
e0134713_22103749.png

で、岩場を子猿みたいに登って逃げていく娘を追っかけたら、浜辺は意外と花が沢山だ!
野生の花畑、綺麗かも。浜辺だけに「ハマほにゃらら」っていう名前の草が多い。

ハマゴウ: 浜栲

振り返ったら、岩場の斜面を覆い尽くすように咲いていた紫の花。
卵型の艶のある硬い葉は、ユーカリの葉に似た芳香があるらしい。
e0134713_2294616.jpg
e0134713_22101621.jpg


ハマボウフウ: 浜防風

浜辺に自生する野草だが、美味しくて薬効もあるため、よく食用とされ海岸などで栽培もされる。
ただし最近は、砂浜の減少や乱獲によって、自生地が激減しているそうだ。
e0134713_22102630.jpg


ハマユウ: 浜木綿

万葉集にも出てくる浜辺に咲く大きな花。豪華。

み熊野の 浦の浜木綿百重なす 心は思へど直に逢はぬかも  柿本人麻呂
e0134713_22103053.jpg


ハマシャジン: 浜沙参

浜辺に咲くタイプのツリガネニンジン。
薄紫色の花が群生していたが、その中に混じって、ときどき白花種(シロバナハマシャジン)も咲いていた。
e0134713_22102081.png
e0134713_2294051.png


ハマナタマメ: 浜鉈豆

ナタマメに似た豆をつける浜辺の野草。明るいピンク色の大きな花は綺麗。
豆も大きく、がっちりとした鞘は10cm以上にもなるが、とても硬くて食用にはできないようだ。
種子は海流に乗って広く散布されるというから、きっとそのために固く頑丈にできてるんだと思う。
e0134713_23103337.jpg


ハマカンゾウ: 浜萓草

暖地の海岸に群生するオレンジ色のユリ科の花。
野に生えるヤブカンゾウにそっくりだけど、ハマカンゾウは常緑なのが違うところ。
柔らかい葉をお浸しにして食べると美味しい。
e0134713_2293870.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-08-07 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(2)
2010年 09月 26日
秋の七草:桔梗(キキョウ)
キキョウの育て方:
●花期は6〜9月。蕾が紙風船みたにプクッとしていて面白い。
●フカフカした酸性土を好む。
●真夏の直射日光と乾燥には弱いので、午前中だけ直射日光があたるような場所に植える。
●乾燥が苦手。ハダニを防ぐためにも、水やりはたっぷり草全体に。
●冬には地上部が枯れる。地上部が枯れた後に、株分けで増やすことができる。
●勝手に増殖するタイプの植物ではないようだ。ずっと植えっぱなしでいたら、段々株が細って花数が少なくなってきている……。5月頃に挿し芽で株を更新できるらしい。


秋の七草の一つ。
山上憶良の詠んだ秋の七草の「朝貌(あさがお)」とは、キキョウを指すという説が有力らしい。
桔梗は別に朝だけ咲いてる訳じゃあないのになー。不思議。

e0134713_22512973.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-09-26 23:26 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2008年 10月 19日
秋のホタルブクロ
ホタルブクロが、末娘のベンチの陰でひっそり咲いていた。夏の花のはずだけど、ここ数日暖かかったから狂い咲いたかな。

今日気付いたが、ホタルブクロの葉は、茎の上の方では先の尖った木の葉っぽい形なのに、根元の方ではハート形なんだな。根元の方だけ見てると、別の植物みたいだ。
冬の間に根元の葉(根出葉と呼ぶようだ)だけ残ってるのを見て、草刈りしてしまわないように気をつけねば。

e0134713_145098.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-19 01:05 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2007年 09月 17日
ホタルブクロ
蛍袋の育て方:
●花期は5〜8月。
●株分けは9〜10月、または春。伸ばした匍匐枝で芽のついている部分を切り分けて植える。
●花が終わった後は株元から刈り込む。
●夏に半日陰になる水はけの良い場所に植える(過湿だと根腐れする)。


2005/8
那須高原をサイクリングしていたら、山でホタルブクロを見かけた。
花の形が面白くて茂みの中で目を引く。

e0134713_17212637.jpg
2006/9
日本花卉から苗購入。

2007/1
冬だが葉っぱは割と元気そう。夏が楽しみ。
2007/9
夏は過ぎたが、何故か花は咲かなかった。うーん。

2008/2
株分けしてもらったので、再度挑戦。南西の白露錦の根元に植えた。
また、八重咲き品種の根っこを購入してヤマボウシの根元に植えた。
2008/5/20
咲いた!山で見たのよりも鮮やかな紫で綺麗。
しかしこの場所は・・・一昨年植えて去年咲かなかった苗が、今年になって咲いたものらしい。という事は、今年植えた二株(まだ全然咲く様子はなし)も、今年は咲かないで来年咲くのかな。

e0134713_0364340.jpg
2008/6
咲いた!
ヤマボウシの根元から伸びていた雑草っぽい草が白八重のホタルブクロだった。
抜かなくて良かったー。

e0134713_1324146.jpg
[PR]

by macchi73 | 2007-09-17 18:58 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2007年 06月 18日
カンパニュラ(メディウム)
カンパニュラの育て方:
●花期は4〜6月。
●種まきは5月。
●日照は好むが夏の暑さに弱い。・・・とは言え、我が家ではかんかん照りの駐車場脇で長い事元気に咲いていた。


2007/2
カンパニュラに宿根草と一年草の2種類あるのを知らずに、一年草の苗を買ってしまった。梅の木の下に植える。
2007/6
ぐんぐん伸びて、直立した茎に花を沢山つけている。可憐な花を想像していたのに、茎も逞しく花もかなり大きく全体的に堅く締まった手触りで、風が吹いても揺れない。ベルのような形は可愛くて子供達がブーケに使って遊んでいると見栄えがする。

e0134713_1346843.jpg
[PR]

by macchi73 | 2007-06-18 22:34 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2007年 04月 17日
糸シャジン(糸沙参)
イトシャジンの育て方:
●花期は6〜9月。
●日光を好むが、夏場は木漏れ日のあたるような涼し目の場所に植える。
●水はけの良い場所を好む。
●種まき、株分けで増やす。


2007/3
おぎはら植物園で苗を購入。夏の半日陰を好むということなので、カエデの根元に植えてみる。ただ、水はけはどうだろ。少し湿っぽいかな。
2007/9
茎がもの凄く細いのに、すらりと上に伸びてグッタリしない。
しかも花付きが良く花期も長いし、良い事尽くめ。気に入った。
2007/11
花が終わったあと、そのまま地面に鋤き込んでおいた。種で来年も咲くと嬉しい。

e0134713_14245923.jpg

2008/8
今年も同じ場所に咲いたが、周りで大きく繁っているカサブランカやコレオプシスに埋もれて負けてしまっている・・・。
モサモサの茂みの奥にチラッと薄紫の花が見えて、かき分けてみると消えそうになりながら健気に咲いているという感じ。
今年のこれ以上の花は諦めることにして堀り上げて、もう少しスッキリした場所に移しておくことにした。

2009/6
今年も他の草に埋もれつつも、健気に咲いている。
細い茎に小さい花だけど、そのか細い感じが茂みの中で却って目立つ。
姿を消しそうで消さない、結構丈夫な植物かも。

e0134713_120550.jpg
[PR]

by macchi73 | 2007-04-17 20:05 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)