「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ガマズミ ( 2 ) タグの人気記事

2015年 03月 16日
挿し木の誘惑(『自己流園芸ベランダ派』)
e0134713_0182371.jpg

末っ子が生花教室から持ち帰った花の名前を聞いたら、ガマズミだという。

ガマズミって、山に生えてるアレか!?
夏には白い花を咲かせ、秋には赤い実をつけるというアレか!?
その果実はなかなかの美味で果実酒にもなるという、アレか!?

で、末っ子から一本、一番エネルギーが充実した感じの枝をもらって庭に挿木をした。

ふふ。今年の秋の楽しみが一つできた。どうか根付きますよう、ナムナム。
e0134713_0183520.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

実は末っ子の花材から挿木するのは、これが初めてではない。
……というより、これはと思う花材は、たいてい挿木を試していると言っても過言ではない。

庭に来た小学生が嬉しそうに「あーネコヤナギだー」と言ってるそれ、それも生えてるんじゃなくて挿木してるだけなんだよね。やはり末っ子が花材として持ち帰ったものを、捨てるのが勿体なくて地面に挿してしまったのであった。
e0134713_0191356.jpg

でも我ながらおかしいと思うのは、数年前にもネコヤナギを挿木して、そして巨大化させてしまって、手に負えなくなって抜いたという経験もあるのだった……。なのにまた、このまま捨てるのは忍びないと言って挿木してしまう。このガーデナーの心性や如何に。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなことを思っていたら、同じ症状を呈している人をみつけた。

『自己流園芸ベランダ派』 (いとうせいこう)

ベランダ園芸に勤しむ人間を「ベランダー」と呼び、その植えては枯らす不毛でありながら豊かな園芸生活の日々を綴った一冊。

その中で、著者が花束によく入っている「細くて緑色の茎がクネクネしてるだけのやつ」(←トクサか富貴竹のことか?)が挿木で根付き易いという事実に気づいた時の喜びについて書かれた一節を発見した。そうか……ケチな根性から挿木をしていたのか、私も。
もらった花束から鉢を作ろうとするケチな根性は、全ベランダー共通のものだろう。わらしべ長者的というか、無から有を生みたがるというか、カスピ海ヨーグルトの生産にも似たお得な感じが我々を刺激する。

正直なところ、同著者の園芸エッセイとしては、前に出版された『ボタニカル・ライフ』の方が、構成がちゃんと考えられているというか、いちいちオチも用意されていて読んでて面白い。『自己流園芸ベランダ派』は、ただもうそのまま、"オレの園芸覚書"くらいの内容で、よく言えば自然、悪く言えば漫然とした印象だった。ただ、同じようないい加減な園芸仲間だと、そういうのあるある、的な面白さはそこここにある。

私が、そうそう、そうなんだよなあ!と思った一節は下記。草木に対して、だんだん「こうすれば良いかも」ってな勘は磨かれてる気はするんだけど、それが本当かどうかは、実際のところ、分からないんだよな。
……(略)……
にもかかわらず、エンジェルズ・トランペットは咲いた。咲いたどころの話ではなく、むしろ花期が長くなった。

簡単にするとこうなる。
(1)剪定したら咲いた。
(2)剪定せずに咲いた。
さて、以上二つの事実から俺はどんな解答を導けばいいのだろうか。

……(略)……
また「基本的に剪定は欠かせないが、剪定せずとも咲く場合がある」という人もいるだろうし、「剪定はいらない。だが、剪定しても咲く」という人があるかもしれない。もう何が何だかわからない意見だが、実は園芸書がそんな感じだ。
植物というものは機械と違って、”こうすれば絶対にああなる”とは決まっていない。

……(略)……
だが、我々ベランダーはなるべくその事実を認めずにいたがる。自分の知識と判断と労働とで花を咲かせたと思いたいからだ。
エンジェルズ・トランペットが咲いた要因を、俺は結局は知り得ない。

ちなみに、この本を読んだ後、娘の花材の中にトクサを発見して、つい挿木してしまった。
特別に好きでもないし、庭に欲しい草木でもないんだけど。
[PR]

by macchi73 | 2015-03-16 00:45 | 書籍・CD | Comments(5)
2008年 11月 24日
赤い実
秋から冬にかけて、庭先で赤い実をつける木が多いので、どれがどれかの覚え書き。

我家にあるのは、南天、ヤブコウジ、カラタチバナ。
その他、近所の公園などでも、ソヨゴ、ガマズミ、ピラカンサをよく見かける。

●南天:
小さくこんもり刈り込んでも、2m近く伸ばしても、病気知らず・虫つかずで元気。
葉は薄くて柔らかく涼しげな感じ。直立する枝に房になって実がつく。
放っておくと根元からどんどん枝が伸びてきて株立ちになり、混合って鬱陶しくなるので、気が向いたらバサバサ刈り込むようにしている。

e0134713_2224310.jpg


●ヤブコウジ:
丈15cmくらい。裏庭にも生えているが、丈が低い上に実が少なめで葉っぱの下につくため、あまり赤い色は目立たない・・・。
たまに公園の雑木林の下生えで広範囲に広がっているのを見かける。環境が合えば地下茎で広がるらしい。

e0134713_22155241.jpg


●ソヨゴ(2008/11/23 深大寺城跡で撮影):
背はかなり高くなる。雌雄異株なので、実がつかない株もあるようだ。
葉っぱは硬くてツルっとした感じ。この葉が風でソヨソヨ鳴ることからソヨゴと言うらしい。
漢字では冬青と書く。冬でも常緑の葉が名前の由来。

e0134713_2224423.jpg


●ガマズミ(2008/10/05 山梨県山林で撮影):
野生でも庭木でも、わりと色んな場所で見かける。
葉の表面に葉脈の凸凹が目立ち、毛が生えている。実は甘酸っぱくて食べたり果実酒に使えるようだ。
葉がビラビラと大きくて暗い感じもするが、実が美味しいならちょっと一株欲しい気もしている。

e0134713_22303461.jpg


カラタチバナ
万両などに似てるが、背は低い(4, 50cm)。赤実だけでなく白実もある。
e0134713_2295376.jpge0134713_2210623.jpg


●ピラカンサ:
ウチには生えていないが、「うわー!」ってくらいモッサリと朱色の味を房成りにしているのはこの木。
個人的には、ちょっと実を付け過ぎじゃないかと思う。
[PR]

by macchi73 | 2008-11-24 22:46 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)