「ほっ」と。キャンペーン
タグ:カレーリーフ ( 2 ) タグの人気記事

2010年 11月 05日
夜のどんぐり
e0134713_21222197.jpg

末っ子が集めたドングリで遊ぶ約束をしたのに、今週はなかなか家に帰れず子供たちの顔を見ていない。
まあ世の中、お父さんはそんなもんだ……ってな同僚の話を聞いて、「いやでも私はお母さんだし!」と危機感を覚え、今日は逃げるように帰宅した。

夫が晩ご飯を作っている間、末っ子と手をつないで夜の散歩に行く。
色付いた葉っぱを拾っては私のポッケに入れるので、財布が枯葉のくずまみれになる。
公園の木の下で、積もった落葉を蹴り上げる。真っ暗な宙に黄色い葉っぱが舞って散り、子どもも跳ね回る。

e0134713_21394113.jpge0134713_21394933.jpg
拾った葉っぱとどんぐり、庭の花と実を糸でつなげて装身具を作った。

ちびインディアンみたいだ。

e0134713_22203373.jpg
こまも作った。

結構回る!

丸いドングリより、長いドングリで作った方が面白い動きをする。

回すのは夫が家族で一番上手。
回転中に邪魔しても、ホッピングして回り続ける。おもしろーい!

皿の上で、お互いのコマを戦わせてみたりする。


e0134713_093364.jpgドングリと言うのは、ブナ科の木の実の総称らしい。
先日見つけたトチの実なんかは、大き過ぎてドングリとは言わないのかな。

今日遊んだドングリは……帽子が綺麗な横ボーダーだから、カシの木か。
小さくて丸いのは、白いものに覆われているからイチイガシ?
大きくて長いのはシラカシかなあ。

近いうち、どんぐり図鑑を持って出かけても面白いかもしれない。明日の土曜も仕事だけど。

e0134713_2213697.jpg

どんぐり以外は庭で拾った。
黒いのがカレーリーフの実、赤いのがヤブコウジの実、オレンジのがハニーサックルの実、緑のはキンカン。白い花が野路菊で、赤い袋状の花はチロリアンランプ。庭の地面を探しまわっていたら甘い香りがした。

今の時期、香るのは何の花だろう?
不思議に思っていたら、しばらくして香りの元を発見。
フジバカマの枯れ葉が、甘い香りを放っているのだった。
フジバカマの葉が桜餅の香りがするっていう話は、枯れ葉になってからのことだったのか。初めて知った。

[PR]

by macchi73 | 2010-11-05 22:46 | 出来事・その他 | Comments(0)
2009年 04月 11日
カレーリーフ(カレーツリー、南洋山椒、大葉月橘)
カレーリーフの育て方:
●春〜秋に繁る葉を料理に利用する。
●6月に開花し、9月に実ができる。
●日照などには案外五月蝿くないようだ。
●耐寒性が無いので越冬だけが難しい。冬には屋内に取り込むこと。後は手間いらず。
●菜園に生えているカレープラントとは全く関係ない。カレープラントの方がカレー風味ではあるが、カレー調理には使わない。カレーリーフにはカレーの風味は無いが、カレー調理に利用する。ややこしい?


e0134713_22474153.jpg

夫の大のお気に入り。
レモンとカレーリーフは我が家では夫の植物とされており、お昼の虫取り(テデトールってやつ)にも余念なくかなり優遇されて育っているようだ。くそー、こういう時は昼間に在宅してるのって凄い羨ましい。
ちょっとゴマっぽい風味もある爽やかな野菜のような味で、我家の夏のカレーには欠かせないアイテム。

2005
インド人の同僚から帰省のお土産として、大きなピニール袋に一杯もらう。
彼の地では、庭に生えているとか。本当は、毟ってすぐ使う方が美味しいらしい。

2007/7
もらった大量のカレーリーフを使い切り、苗を探し続けること一年余り。
やっとホームセンターで3株購入。300円ほどの黒いビニールポットの小さな苗だ。
耐寒温度が10℃というので、日本では冬越しできないかなーとも思いつつ、鉢植えと地植えに分けて育ててみることにした。

2008/1
鉢植えのものは玄関の中へ取り込み、越冬トライ。
しかし、やはり南国育ちのカレーリーフに日本の冬は厳しいものだったようだ。
地植えのものは枯れ、鉢植えのものも枝が根元から落ちてしまった。落葉ならぬ落枝?
夫が心配そうに「枯れたかな?枯れたと思う?」と五月蝿いので、「いやあ大丈夫でしょ。普通だよ」と我家の庭仕事担当者の風格で断言。

2008/4/29
てっぺんに新芽が展開し、息を吹き返した様子。良かった。

e0134713_22553746.jpg

2008/5/15
枯れたように見えた幹や枝も、また瑞々しさを取り戻して元気になってきた。

e0134713_2256546.jpg

e0134713_2342768.jpg
2008/6
小さくて地味な花を付けた。

2008/07/08
実ができた。

e0134713_2365773.jpg

2008/08
夫が大きな植木鉢を買って来た。
カレーリーフを植え替えるとのこと。
そこまで植物のケアをするなんて珍しい。よっぽどカレーリーフが気に入ってんだな。

2008/09/06
実が赤くなり、その後、黒く熟してきた。
夫が「食べられるらしいよ。食べてごらんよ」と何度も強く勧めるので食べてみた。
微かに甘いカレーリーフの味がした。

e0134713_2391328.jpg

2009/3
夫のカレーリーフの大鉢、広いスペースに細い幹一本なので、ついつい余ったスペースに種など蒔きたくなってしまうが、「ダメ!カレーリーフだけで良いんだ」と夫が許してくれない。そして春と秋の種まき時期も過ぎてゆく・・・。守鉢奴!

しかし、子供たちが貰って来た大量のルッコラを植える場所が無く、「カレーにルッコラも入れれば良いじゃない」とか何とかいいくるめて、やっと寄植えとなった。

e0134713_1784547.jpg

2009/6
いつの間にか、ルッコラは鉢から庭に下ろされぐんぐん繁殖中。
やっぱりどうしても寄植えは嫌なんだな・・・。

そしてルッコラにとって替わったのは、ムングダル(緑豆、インド豆)
どうやら夫的にはカレーものなら一緒に植えても良いようだ。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-11 23:40 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(7)