タグ:カヤツリグサ ( 2 ) タグの人気記事

2012年 07月 27日
【夏休みの自由研究】雑草調査(押花図鑑作り)
e0134713_20271983.jpg

夏だ!ロングバケーションだ!
よーし今年もバカンスに行くぞー!!と思っていたのに、今年は諸事情で休み中も2,3日置きに締切があるという事態に。
でもまあ殆どはオンラインで何とかなりそうなので、明るいうちは遊び回り、メールや電話を返答したり無視したりしながら、夜、ギリギリの時間帯になってから「あー……仕事しないと……」なんて、渋々パソコンに向かったりしてる。

むー。なんだか懐かしいこの気持ち。

そっか、これは夏休みの宿題だ!

しかし昔は「怒られたっていいモーン!宿題、やらないモーン!」と図太かった子どもでも、お金を貰っている社会人となってはそんなブッチはできないのであった。

で、子どもが宿題をやってる時に自分も一緒に仕事しよっかなーとか思ったりする。連れション感覚。
ちなみに今年の子どもの自由研究は、お出かけのついでに道端などで何かしらの草を摘んでは押し花にして、図鑑で調べるという研究になった。絵本『リネアの12か月』の真似である。

図鑑は、分厚くて格好良い、私の『日本の野草 (山溪カラー名鑑)を使いたがっていた娘だが、挫折。ふ。
身近な草花を調べるのなら、『花と葉で見わける野草』が子どもにも大変使い易い。

e0134713_2022168.jpg

隣で見ているとつい色々口出ししてしまいたくなるが、案外、放っておいた方が面白い観察が描かれているようだ。

チラッと横目で見ると、特徴をスケッチとかして良い感じじゃん!
観察の目の付け所もなかなか良い(親バカ)。その調子、その調子!
e0134713_204127.jpg

しかし、ある時点を超えると、「面白いこと思いついた!」という呟きと共に、どんどん観察スケッチに不要なものが描き込まれていく。

いや、そこで止めておいた方が……。

e0134713_2044940.jpg小人の絵は要らないのではないか。

「注:ほんとうは あしは ない」とか書くくらいなら、足はつけなくても良かったのではないか。

これまでの人生で、「蛇足」という言葉がこれほどピッタリな状況を見た事がない。


これは一言忠告してやらねば、と声をかけようとしたら、「あ、そうだ!アサガオの観察もしなくっちゃ!」と飛び出す娘。小学生は、色々宿題多いんだねえ。

しばらくして「アサガオに虫がいっぱいいたから取って来た〜!」と高々と袋を掲げて戻って来た。
ギャー!と叫ぶ高校生たち。うわあ。

e0134713_2052981.jpg
老いも若きもまとめて捕獲されたカメムシ一族。

アサガオの汁を吸って弱らせる虫だから、まあ、世話としては正解かもしれない。

テデトールってやつだな。


* * * * * * * * * * * * * *

宿題を目前にして逃避していたように、仕事から逃避して読書に走る夜。
扇風機の前に本の山があって、お菓子とジュースがあったりすると、なんか夏休みの懐かしい気分になる。

『ちはやふる』(末次由紀)

こないだ一泊旅行に行った先で読んだ漫画が気になって、十数巻を大人買いして帰る。
百人一首カルタを頑張る少年少女の物語。
系統としては、和ゲーム精進モノで、『ヒカルの碁』の少女漫画版という感じ。

ちょうど百人一首をやり始めている高校生長女に好評で、その後は娘が買い集めている。
登場人物たちがひっきりなしに泣いているが、なかなか熱血で面白い。何かを一途に頑張るという点で、子供たちに安心して読ませられる内容なのも良し。


『煙か土か食い物』(舞城王太郎)

海外のペーパーバックっぽい装丁が面白そうだったので、読んでみた。
文章は今風でチャカチャカだが、道具立ては横溝っぽい。
横溝の世界に、それを茶化す現代風な探偵が入ったらこんな感じか。

謎は「さあ考えてみようかな」と思った瞬間に探偵に解かれる。何だよ!
ミステリーの形を借りた、ファミリーストーリーか何かっぽい。
爆発的に愛情深いとこがある登場人物たちは、笑うとこなのか感動するところなのか……。

暴力的だが何となく面白かった。
文章に独特のテンポとスピードがあるので、よく町田康と比較されたりしてるみたいだ。
でも町田康は落語の味わいで子供たちにも進め易いけど、舞城はちょっと母からは勧めにくいかな。

関係ないが、これまで「おうじょう まいたろう」と覚えていたことに、今日気付いた。
図書館の検索で出なかったはずだー。「暴力的だから図書館にはないのかな?それほど酷くないけどな?」とか思ってたよ。


[PR]

by macchi73 | 2012-07-27 20:31 | 【こども】自然学習、自由研究 | Comments(5)
2006年 08月 21日
イネ科雑草(カヤツリグサ、エノコログサ、メヒシバ)
雑草と言えばイネ科。
似たような、でも色んな草が、ピョコピョコピョコピョコあちこちに蔓延っている。

●エノコログサ:
初夏から目立ち出す。茎は細く滑らかで葉も柔らかい感じ。穂が真っ直ぐ立っている。

e0134713_0344789.jpg

ちなみに夏の終わり頃から目立ち始める、葉茎が硬くて穂が枝垂れる、もっとボサボサした感じのエノコログサは「アキノエノコログサ」という別種らしい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

●カヤツリグサ:
葉や茎はいかにもイネ科だが、先端で爆発っぽく穂が分れているので見分け易い。

e0134713_0410100.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

●メヒシバ:
一番雑草っぽい(独断)。

e0134713_0425115.jpg

メヒシバ、コメヒシバ、アキメヒシバ、オヒシバ・・・と、似たようなのが色々あるが、どれもありふれていて、すぐ近くで繁っていたりするので、比べてみるとなんとなく分る。
[PR]

by macchi73 | 2006-08-21 00:30 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)