タグ:カメムシ ( 23 ) タグの人気記事

2017年 07月 10日
薹が立つ、鬆が入る、ガスパチョを作る
e0134713_21364757.jpg

庭の野菜がどんどん育ってしまって収穫が追いつかず、食べ頃を逃してしまうことしばしば。

去年収穫し忘れていたチコリを放置していたら、花茎がぐんぐん伸びて薹が立って、薄青い花を幾つも咲かせた。綺麗。
e0134713_21364565.jpg

その隣には、ずらりと花を咲かせたラディッシュ畑(でもこちらはとても地味な花)、ナガメの餌場になっている。

時々図鑑を見ながら、

「ジンメンカメムシ、私は小さいとき確かに庭で見たことあるのに……」

と不本意そうに呟く娘が見たのは、このナガメだったのではと私は疑っている。(日本に人面亀虫はいないはず)

薹が立ったとは言え、根っこは赤く盛り上がっていたので、試しに引っこ抜いて食べてみたが、固くて辛くて鬆(す)が入って美味しくなかった。根菜は、花を咲かせちゃうとダメっぽいな。
e0134713_2136442.jpg
梅の枝の上や、アジサイの花の中にはキュウリの黄色い花。バラの花の陰には、色づいたピーマン。いたる所に遍在するミニトマト。
e0134713_21364210.jpg
藪の中に蔓を伸ばし、密かに巨大化してしまったピクルスキュウリを見つけた。あーあ、また収穫時期を逃してしまったかな?と食べてみたら、プリップリで水分たっぷり。あれっ、これは美味しい。

こんなに膨らんでしまっては、チビキュウリとしての見た目の面白さは無くなってしまったが、味は全く問題なし。果菜は意外と収穫時期は長いのかも。
e0134713_23473220.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

夏菜園の定番野菜、トマト・キュウリ・ピーマンがあれば、お手軽冷製スープのガスパチョがおすすめ。
我が家は家族全員ガスパチョが大好き。毎日でも良いくらい好きだし火も使わなくて簡単なので、夏の野菜消費のための定番料理となっている。手抜きしたい時は、これとパンだけでも十分満足。
e0134713_231284.jpg
【ガスパチョのレシピ】
トマトと夏野菜をミキサーにかけて、冷蔵庫で冷やしてからいただく。トマトは主役だから絶対必要だけど、あとは生食する夏野菜を数種類、適当に入れちゃえばOK(ピーマン、キュウリが定番だけど、パプリカ、セロリ、パセリ等も入れても美味しい)、調味料の分量も味見してお好みで増減しちゃってOK。晩に多めに作って冷蔵庫で寝かし、次の日の朝ごはんにすると、味が馴染んでもっと美味しい。

●トマト 3個(主役なのでもっと多くても。ただし真っ赤に完熟した味の濃いのを使いたい)
●ピーマン 1個
●キュウリ 1本
●玉ねぎ 1/4個
●にんにく 1片
●食パン 1枚(とろみ付け目的。バゲットでも良い。量も適当)
●水 50cc(なめらかになる程度。適当)
●オリーブオイル 大さじ2(私は多めでも好き)
●白ワインビネガー 大さじ1(普通の穀物酢でも何でも良い)
●塩、胡椒、クミン 少々(クミンは無くてもOK)



[PR]

by macchi73 | 2017-07-10 23:55 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)
2016年 12月 28日
クヌギカメムシ(椚亀虫)
e0134713_18524675.jpg

散歩中、点々と何匹もクヌギカメムシを見かけた。

クヌギカメムシは、晩秋から初冬くらいまで樹皮の隙間などに産卵活動を行うカメムシだが、その卵は暗緑色のゼリーに包まれた魚卵のような、ちょっと気持ち悪い見た目をしている。でも、検索したら、そのゼリーによって母の腸内共生菌が子らへ引き継がれるという、大事な役目があるようだ。
産総研:
 → クヌギカメムシの共生細菌入り卵塊ゼリーの機能を解明

孵化した幼虫は、そのゼリーを摂取することによって、栄養供給、植物適応、農薬耐性などの重要な生物機能を獲得するという。なんとなく、人間の初乳みたいだ。
e0134713_18524464.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-12-28 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 12月 21日
キマダラカメムシ(黄斑亀虫)
e0134713_133676.jpg

公園で、うちの庭では見かけないカメムシを見た。

黒い体に黄色のラインとドットが入って、ちょっとお洒落な感じ。なんだか派手な印象だなと思ったら、国内に生息するカメムシ最大種っぽい。大きい虫にはスター性を感じる。

この虫はキマダラカメムシ。東南アジア原産の帰化種で、近年急速に分布を広げているらしい。
東京都で観察されたのは2010年とのこと。

さらに画像を調べてみたら、幼虫は「琵琶かリュートみたいだね」と子供と話し、ギター虫とか適当に呼んでいたカメムシだった。あー、これだったら、けっこうその辺でちょくちょく見かけてるな。

e0134713_133393.jpg手持ちには、あまり良い写真が無かったので、ギターっぽさが伝わらないのが残念だ……。

「キマダラカメムシ 幼虫」というキーワードで画像検索をかけると、リュートやマンドリンそっくりな姿がいっぱい出てくる。



* * * * * * * * * * * * * * * * * *

リュート。
近所の街角でもたまに演奏している人を見かけるが、典雅でとても良い音色だと思う。


[PR]

by macchi73 | 2016-12-21 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2016年 05月 05日
ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)の集団越冬
e0134713_23511452.jpg

友達やらその知り合いやらと、山菜採りハイキングに行って来た。
目的地に着くなり、みんなが「うわー変な虫がいっぱいいる!」と騒いでる。

ナニ?変な虫ですと!?いきなり胸ときめく朝。今日は良い日になりそうだ。

で、見せてもらったら、桜の大木のウロに、サシガメらしき虫がウジャウジャしていた。おおー、壮観!全身が真っ赤な様子は、庭でも見たことがあるアカシマサシガメにちょっと似てるんだけど、大きさが倍近くあってやたらデカイし、白黒ストライプの縁が盛り上がっていてアカシマサシガメとは形が違って、うーん、見たことがないサシガメだな……。
e0134713_23511351.jpg

とりあえず皆には、これはサシガメの仲間だと思う、触ると刺されて痛いから要注意だよと話したら、めでたく虫博士の称号をいただいた。知らない人たちにもそう呼ばれて、うへー、ちょっと恥ずかしいかも。

そして件のサシガメは、帰宅してから調べたら、ヨコヅナサシガメだった。
Wikipedeaによれば、『ヨコヅナサシガメは日本に生息するサシガメの仲間では最も大型の種類で、不用意に触れると刺されることがあり、刺されると激痛を伴うので注意が必要』とのこと。うん、これは知ってる情報だ……。
そして、『体の黒色部は羽化直後の外骨格が硬化する前の段階では鮮やかな赤色をしている』とも書かれてあった。へえ、これは知らない情報だ……それであんなに真っ赤だったのか。てっきり、赤い種なのかと思ってしまったよ。

ヨコヅナサシガメは、数十から数百匹の幼虫が樹洞などに集まって集団越冬し、翌年の春に羽化して成虫となるらしい。

なるほど。
そう知ってから思い返すと、昼間に見たウロの中には幼虫もいたし、脱皮殻がいっぱいあって、そこから出てきたばかりの赤い成虫たちもいっぱいいた。黒化した成虫もいたようだけど、暗い穴の中では赤に比べて目立たないから見逃したんだろうな。あと、おそらく黒化が終わった者はウロから出て行って活動したりもするのだろうから、そんなに数がいなかったのかもしれない。

e0134713_23511147.jpg
集団越冬したと思われる幼虫たち。

まだ腹部の縁がそんなに盛り上がっておらず、庭でもたまに見かけるシマサシガメっぽい姿をしている。


e0134713_23511071.jpg
幼虫から成虫へと脱皮した時のものらしき脱皮殻。

穴の壁面いっぱいにびっしりと並んでた。

e0134713_235183.jpg
脱皮直後の成虫。ものすごい鮮やかな赤色だ。

幼虫と違って、腹部の縁が盛り上がっている。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなこんなで誰もサシガメに刺されもせずに(?)無事にハイキングに出てからは、草原で活動するヨコヅナサシガメを何匹も見た。
e0134713_2351686.jpg

ぱっと見は白黒モノクロームの姿だが、体の裏側を見ると、赤い色も残ってる。
可動部分の柔らかいところが赤いって感じかな?
e0134713_2351542.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-05-05 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 04月 22日
ホソハリカメムシ?(赤い腹部背板と、紫の後翅)
e0134713_20521236.jpg

出勤前の庭で、先日の強風の犠牲者を発見。
黄色っぽい体に、赤い腹部、薄く透き通った紫色の後翅がカラフルで目を惹く。

体のシェイプからは、あ、ホソハリカメムシに似てるなって思ったけど、庭で見るホソハリは地味な姿で、こんなにカラフルなイメージじゃないしなあ……。

とりあえず、遅刻しそうなので、写真だけ撮って出かけた。

それで帰宅後、似たような赤い虫を探してみたけど、見つからない。
カスミカメの仲間にもちょっと雰囲気が似てる気がするけど、この個体のような胸部両端が尖っている特徴を持つカスミカメはいないようだし、となると、やっぱりホソハリカメムシか。

カメムシの仲間は、前翅の付け根側半分だけが硬い鞘のようになっていて、その下に薄く大きな後翅を収納しているため半翅目(はんしもく)と呼ばれる。翅の下の腹部背板なんて普段は人目に触れないので、ホソハリカメムシが実はこんなに赤いヤツだってのを知らなかっただけかもしれない。

そういえば、確かに赤っぽい体を持つカメムシの仲間は多いんだよな。
庭でもよく見るアカサシガメアカスジカメムシナガメセアカツノカメムシ、それと庭にはいないけど、アカナガカメムシとか。もしかしたらホソハリカメムシも、赤い背板の上に紫の薄翅が折りたたまれて重なることで結果的に地味な暗褐色に見えていたのかも。

今度、生きてるホソハリ見つけたら、ちょっとだけ翅の下の背中、見せてもらおうっと。
[PR]

by macchi73 | 2016-04-22 21:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2014年 08月 17日
アカスジカメムシ(赤筋亀虫)@フェンネルの上
e0134713_23044100.jpg

「おーい、綺麗な虫がタックサンいるよ〜!おいでよ〜!」と呼ばれて庭に出たら、手にアカスジカメムシを沢山乗せた末っ子を発見してギョギョっとなった。

e0134713_2355096.png
両手に何匹もカメムシを乗せて、満面の笑み。

菜園のニンジンを収穫していたところらしく、爪の間に土もいっぱい。野放図っ子。


そ、それはカメムシだよ、ヤバイよ!と慌てて教えたが、「うん、でも臭くないよ」と言う。
本当かよーと確かめてみたら、確かに臭いは出していないようだった。

調べてみるに、カメムシの中でも派手系のものは臭いニオイを出さないものが多いらしい。
この虫は毒はないようだけれど、赤と黒の虫って毒虫が多いしな。体色が警戒色になってて、臭いを出す必要が無いのかもしれない。

で、庭をみたら、あっちにもこっちにもアカスジカメムシが……。
どうもフェンネルが大好きらしく、庭で巨大化したフェンネルの上に群れになって歩き回っている。
臭わないと知っても、やっぱりカメムシって思うとちょっとギョッとする。

e0134713_2310698.png

[PR]

by macchi73 | 2014-08-17 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2013年 05月 29日
ヒゲナガカメムシ(髭長亀虫)
e0134713_194929.jpg

前足が太くて触覚が長いカメムシ。
イネ科の植物の穂を吸汁する。

横から見たら、長い口を折り畳んでいるのが見えた。
これを植物に突き刺して汁を吸う。
逞しい腕の太さがなんか笑える。まさか筋肉ではないだろうし、なんの意味があるんだろ。

e0134713_1941289.jpg


[PR]

by macchi73 | 2013-05-29 22:57 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 07月 27日
【夏休みの自由研究】雑草調査(押花図鑑作り)
e0134713_20271983.jpg

夏だ!ロングバケーションだ!
よーし今年もバカンスに行くぞー!!と思っていたのに、今年は諸事情で休み中も2,3日置きに締切があるという事態に。
でもまあ殆どはオンラインで何とかなりそうなので、明るいうちは遊び回り、メールや電話を返答したり無視したりしながら、夜、ギリギリの時間帯になってから「あー……仕事しないと……」なんて、渋々パソコンに向かったりしてる。

むー。なんだか懐かしいこの気持ち。

そっか、これは夏休みの宿題だ!

しかし昔は「怒られたっていいモーン!宿題、やらないモーン!」と図太かった子どもでも、お金を貰っている社会人となってはそんなブッチはできないのであった。

で、子どもが宿題をやってる時に自分も一緒に仕事しよっかなーとか思ったりする。連れション感覚。
ちなみに今年の子どもの自由研究は、お出かけのついでに道端などで何かしらの草を摘んでは押し花にして、図鑑で調べるという研究になった。絵本『リネアの12か月』の真似である。

図鑑は、分厚くて格好良い、私の『日本の野草 (山溪カラー名鑑)を使いたがっていた娘だが、挫折。ふ。
身近な草花を調べるのなら、『花と葉で見わける野草』が子どもにも大変使い易い。

e0134713_2022168.jpg

隣で見ているとつい色々口出ししてしまいたくなるが、案外、放っておいた方が面白い観察が描かれているようだ。

チラッと横目で見ると、特徴をスケッチとかして良い感じじゃん!
観察の目の付け所もなかなか良い(親バカ)。その調子、その調子!
e0134713_204127.jpg

しかし、ある時点を超えると、「面白いこと思いついた!」という呟きと共に、どんどん観察スケッチに不要なものが描き込まれていく。

いや、そこで止めておいた方が……。

e0134713_2044940.jpg小人の絵は要らないのではないか。

「注:ほんとうは あしは ない」とか書くくらいなら、足はつけなくても良かったのではないか。

これまでの人生で、「蛇足」という言葉がこれほどピッタリな状況を見た事がない。


これは一言忠告してやらねば、と声をかけようとしたら、「あ、そうだ!アサガオの観察もしなくっちゃ!」と飛び出す娘。小学生は、色々宿題多いんだねえ。

しばらくして「アサガオに虫がいっぱいいたから取って来た〜!」と高々と袋を掲げて戻って来た。
ギャー!と叫ぶ高校生たち。うわあ。

e0134713_2052981.jpg
老いも若きもまとめて捕獲されたカメムシ一族。

アサガオの汁を吸って弱らせる虫だから、まあ、世話としては正解かもしれない。

テデトールってやつだな。


* * * * * * * * * * * * * *

宿題を目前にして逃避していたように、仕事から逃避して読書に走る夜。
扇風機の前に本の山があって、お菓子とジュースがあったりすると、なんか夏休みの懐かしい気分になる。

『ちはやふる』(末次由紀)

こないだ一泊旅行に行った先で読んだ漫画が気になって、十数巻を大人買いして帰る。
百人一首カルタを頑張る少年少女の物語。
系統としては、和ゲーム精進モノで、『ヒカルの碁』の少女漫画版という感じ。

ちょうど百人一首をやり始めている高校生長女に好評で、その後は娘が買い集めている。
登場人物たちがひっきりなしに泣いているが、なかなか熱血で面白い。何かを一途に頑張るという点で、子供たちに安心して読ませられる内容なのも良し。


『煙か土か食い物』(舞城王太郎)

海外のペーパーバックっぽい装丁が面白そうだったので、読んでみた。
文章は今風でチャカチャカだが、道具立ては横溝っぽい。
横溝の世界に、それを茶化す現代風な探偵が入ったらこんな感じか。

謎は「さあ考えてみようかな」と思った瞬間に探偵に解かれる。何だよ!
ミステリーの形を借りた、ファミリーストーリーか何かっぽい。
爆発的に愛情深いとこがある登場人物たちは、笑うとこなのか感動するところなのか……。

暴力的だが何となく面白かった。
文章に独特のテンポとスピードがあるので、よく町田康と比較されたりしてるみたいだ。
でも町田康は落語の味わいで子供たちにも進め易いけど、舞城はちょっと母からは勧めにくいかな。

関係ないが、これまで「おうじょう まいたろう」と覚えていたことに、今日気付いた。
図書館の検索で出なかったはずだー。「暴力的だから図書館にはないのかな?それほど酷くないけどな?」とか思ってたよ。


[PR]

by macchi73 | 2012-07-27 20:31 | 【こども】自然学習、自由研究 | Comments(5)
2012年 07月 10日
ナガメ(菜亀)
e0134713_1347367.jpg

お母さん来てよ!ピノコの畑に面白い模様の虫がいるから!と、娘に呼ばれた。
見ると黒地にオレンジ色の模様のカメムシが、娘の二十日大根の葉の上で交尾している。ナガメだ。
名前の由来は、アブラナ科を食害するカメムシだから菜亀(ナガメ)。

これ、捕まえても平気?手が臭くなっちゃいそうかな?と末っ子。
お。形からすぐカメムシの仲間と認識しているとは。末っ子、だいぶ虫に詳しくなったな。
高校生の長女(虫嫌い)なんかは、「え、テントウムシの仲間じゃない?」とか言ってるのに。

人の気配を感じて、繋がったまま逃げ出すカメムシたち。
電車みたい!と笑う娘。なんでくっついたままなの?と不思議がる。

昆虫って、交尾中は簡単にはずれないように連結器が付いてるんだよね。
言葉が通じないから、相手が勝手に走り出したりした時でもくっついていられるようにかな?
またはトンボなどの飛翔交尾のケースを考えるに、一緒に飛んだり逃げたりできるようにそうなってるのかなとも思うけど、不便な気もするな……。本当のところは、よく知らない。
[PR]

by macchi73 | 2012-07-10 06:30 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2011年 09月 08日
アカスジキンカメムシ(5齢幼虫)
e0134713_20234418.jpg

仕事の移動中に、アスファルトの上でジタバタしているキラキラ光る虫を発見。
見たことないカメムシだなーと思って、書類に包んで持ち帰る。

調べたら、アカスジキンカメムシの幼虫だった。
なんだー。初めて見るカメムシではなかったか。ちょっと残念。

成虫も綺麗だが、幼虫はまた違った光沢があって面白い。特に触覚が真っ青に光っていて綺麗だ。
でも構造色って、カメラではなかなか綺麗に再現できないんだよなあ。

e0134713_2025472.jpg
とぼけた顔みたいな模様を背中にしょっている。

[PR]

by macchi73 | 2011-09-08 20:19 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)