タグ:カマキリ ( 9 ) タグの人気記事

2016年 10月 10日
ハリガネムシと、衣替え
e0134713_0582586.jpg
ちょっと前から急に寒くなって、虫の死骸を見ることが増えた。なんだか寂しい感じがする。
って言っても、本当は常に虫は死んでるんで、取り立てて今の時期に特別に死骸が多いってことでもないんだろうけど。なにか冷え冷えとして、物悲しい。
e0134713_0582427.jpg

この間は、カマキリが死んで、そこに寄生してたハリガネムシも死ぬしかない、って場面を見た。

ハリガネムシは、本当なら秋頃には宿主を操って水場まで連れて行き、水中に脱出して越冬するはずなんだけど、途中で宿主に死なれてしまったようだ。カマキリもこの寒さで弱ってて水場まで辿り着く体力が無かったのか、それとも人に踏まれちゃったりした事故死なのか。



そんなこんなで、寒くて悲しい今日この頃。

なんでこんなに心もとないんだ……とめそめそ震えながらよく考えたら、ノースリーブや半袖しかないせいかもと気付いた。

それで、薄暗くて寒い週末に、衣替えをした。暖かい長袖を着たら、元気が出てきた。
人間って、虫とちがって衣類や自力で熱を保って冬を越し、いくつもの季節を見ることができるんだもんな。雪と氷の世界を知らず、一回きりの季節しか見ずにその辺にボタボタ落ちて死んでいく虫の分も、私は冬の景色をよく見て活動しようと思った。恒温動物として。長寿な生物として。まだ秋だけど。
e0134713_0582247.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


衣替えで、持ってる服を全部並べてみたら、もっさり大量だったのに驚いて、数えてみた。
スーツ2、ジャケット3、コート1、ジーンズ3、パンツ6(うへ、同じのばっか)、スカート3、ワンピース2(旅行用)、カーディガン2、ノースリーブ5、半袖7、長袖7、シャツ4、セーター2で、42着!(パジャマと運動着と式典用を除く)

服、そんなに持ってないと思ってたけど、年々増えて、けっこうあるもんだな。
だけどその中で毎日よく着てるのって、季節に関係なく1年中同じパンツ・同じTシャツだけだということに気づいてしまった……。しかも、古いものほどずーっと良く着てる気が。がーん。

で、着てないものは捨てようかと思ったけど、そうすると古いものを残して新しいものを捨てるというヘンテコなことになりそうだったので、この秋からは、全然着てないものも敢えて着るようにしてみて、それでも着なかったら処分しようかな、とか思う。

『運命の11着を選べると女の人生は動きだす』(MALIKA)

どんな服を選ぶかでどんな未来がやってくるかが決まる、らしい。なぜだ。

うまくやれば、どうも手持ちの服を11着まで減らせるっぽいので(違うかも。適当)、ちょっと読んでみようかなーとか思ったり。


[PR]

by macchi73 | 2016-10-10 13:22 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(7)
2016年 08月 08日
室内への夏の侵食
e0134713_12551065.jpg

夏休みの片付けと早起き、続行中。家族みんな、まあまあ頑張っている気配は感じられる(←程度は推してしるべし)。

私もちゃんとした朝ごはんを作ろうと思って野菜を探していたら、放置していた大きなサツマイモが発芽していた。サツマイモの芽って初めて見た。赤い蝋細工みたいで綺麗かも。ってか、野菜庫の野菜、揃って発芽しすぎ!にょきにょきと、なにかナウシカの研究室チックな空間になっている。……そのまま、そっと閉めとく。

サツマイモはずっしり重くてまだ瑞々しい感触もあったので、せっかく発芽しているところ悪かったが、乱切りにして蒸して朝ごはんにさせてもらった。ラッキーなことに、まだ甘くてホクホク美味しかった。

子供にだけ部屋片付けを命令するのも何なので、この夏は、大人も家を片付けている。
一番ごちゃついている私の部屋(散らかってるだけが原因じゃないんだ、我が家で一番狭い階段下の変な形の部屋だから仕方ないんだ……)の物を整理しつつ雑巾かけとかしていたら、カマキリが脱皮した痕跡を見つけた。

窓を閉めていても動植物が侵入してくるワイルドなマイルームなので、蜘蛛やらヤモリやらはすでにルームメイトとして認知済みではあったが、カマキリまで同居していたとは……。今もどっかにいるのかな?とキョロキョロしてしまう。
e0134713_12551339.jpg

部屋の隅には、1ヶ月前の草刈り中に掘り返してしまった爬虫類の卵を入れた水槽。

無事にカナヘビの子が孵ったので、庭に放した。
e0134713_12551645.jpg

そんな感じで、屋外と屋内が混然一体となっている我が家。夏の庭の生命の繁茂は、室内にまで確実に侵食してきている。

茂ったジャングルのせいで日差しは緑色に遮られ、閉まらない木枠のサッシのせいで気密性は皆無。うっすら汗かいてぺらぺらの薄着して、どっかから吹き込む生ぬるい風に肌撫でられながら、家のあちこちの暗くて涼しい場所で休む生物−−家族たち人間含む−−を見つけてあるく。

夏って鬱陶しいとこもあるけど、やっぱり夏が一番好きかも。
発芽と腐敗、誕生と死骸、じりじり灼ける日向と冷んやり湿った日陰、どっちも隣り合わせでブワーッと大量なところが、なにかお祭りめいてゴージャスな感じ。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こんなマイルーム、持ちたくもあり、持ちたくもなし。

e0134713_21541892.jpg『ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻』

「本を読まずに映画だけ観て分かった気になってはいけない!」と叱咤されたことはないか?宮崎駿のナウシカと、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』のファンの人は、だいたいそう言う(←偏見)。

でも、どっちの話も、映画だけでも面白くって、80年代の子供たちを楽しませてたと思う(エンデは映画に怒ってたらしいけど。確かに、ラストの変なオチシーンだけは要らない感がすごいけどな......)。

どちらの話も、映画になった一部分だけより、本で最後まで読む方が、どんでん返しもあり苦さもありでずっとずっと面白いのは同感。子供には映画も本も、両方みてほしい。


[PR]

by macchi73 | 2016-08-08 23:30 | 【その他】日記 | Comments(4)
2012年 08月 19日
脱皮するカマキリ
どう見ても、カマキリに対して抜け殻が小さ過ぎる気がするんだけど……!?
体を乾かしてるうちに、抜け殻も乾いて小さくなったのかな。

……とか思ったら、脱皮する昆虫って、脱皮直後に急激に大きくなる & 脱皮前に欠損していた体の部分も再生したりするらしい(そのかわり、綺麗に脱皮できないと体の一部が小さいままになったりして、生き延びるのが難しいことにもなる)。凄い。

e0134713_2355151.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-08-19 19:53 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2010年 08月 08日
庭の捕食者たち
収穫の終わったトウモロコシの上に食事中のハラビロカマキリがいた。
自分の体より大きなトンボを食べている。
カマキリってそんなに素早そうに思えないのに、空飛ぶトンボをどうやって捕まえてるんだろう。
不思議だ。

e0134713_22295153.jpg

更に、何かを抱えて目の前を横切って行く羽虫を発見。
目で追っていると、ブーンと飛んで、物干竿にとまった。ムシヒキアブだ。
虫引虻の中でも、これは大きくて毛深くて褐色と黒のシマシマだから、「シオヤアブ」のメスかな。
(オスだと、お尻の先に真っ白な毛束がついてる)

自分と同じくらいもあるカメムシを抱えてよく空を飛び回れるよなあ。パワフル。

e0134713_22315517.jpg

そして地面を見れば、暑さにやられたミミズに集まるアリたち……。
どこもかしこも、食べたり食べられたりだ。

e0134713_22343230.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-08-08 22:27 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2010年 07月 01日
ハラビロカマキリの幼虫
e0134713_194315.jpg

アジサイの上に小さなカマキリ発見。

この特徴的な反り返った寸詰まりのお腹は、ハラビロカマキリの幼虫だろうな。
成虫を、そのまま小さくしたような姿だ。
[PR]

by macchi73 | 2010-07-01 19:07 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2010年 02月 16日
ハラビロカマキリの卵
e0134713_1471161.jpg

梅の木にカマキリの卵発見。
オオカマキリの卵のようにフワフワ丸い見た目でなく、艶があって固そうなこの卵はハラビロカマキリのものだ。
デコレーションクリームのように(?)ピョコンと尖った部分がある。
[PR]

by macchi73 | 2010-02-16 01:53 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2009年 11月 08日
オオカマキリの卵
繁り過ぎて、納屋の屋根を越え、キッチンの窓辺にまで伸びてきたパッションフルーツを刈り込んだ。
そう言や、先日のオオカマキリ妊婦はどうしたかな・・・なんて思っていたら、卵発見。
その辺りは刈り込みせずに残しておく。

カマキリの卵の孵化は初夏。
5月後半頃からは、忘れずに娘と観察すること。

e0134713_22364519.jpg

[PR]

by macchi73 | 2009-11-08 22:41 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 10月 12日
オオカマキリ
e0134713_1253760.jpg

パッションフルーツの葉っぱの陰に、でっかいカマキリを発見。
かれこれ一週間くらい、パッションフルーツの茂みの中で行ったり来たりしている。

これくらい大きいカマキリというと、チョウセンカマキリかオオカマキリのどちらからしい。
前足の付け根の点の色が、チョウセンカマキリならば赤く、オオカマキリなら黄色いはず。

e0134713_124844100.jpg
(大きさはこれくらい。頭からお尻までで9.5cm)

が、お腹はブヨっと膨らんでいるし、ちょっと近付いて観察するとすぐにこちらをキッと睨みつける気の強さだし、怖くて前足の付け根なんか見られないかも・・・なんて躊躇していたところ。

e0134713_12494491.jpg
夫が飛び出てジャジャジャジャーン。
つかの間の男らしさを誇示して、また料理のために台所へ戻っていったのであった。

前足の付け根は黄色かった。よってこれはオオカマキリ。
このお腹の大きさは妊婦かな。不躾な真似を詫びつつ、そっと元の場所に戻しておく。

ところで、何度もカマキリに睨みつけられているうちに疑問がわいた。
いつもこちらを凝視する、カマキリの目の黒い点は何だ?
複眼なのに、黒目ってことはないだろうに・・・。

調べてみたら、これは偽瞳孔(ぎどうこう)というもので、複眼の一部を見たい方向に移動するらしい。やっぱりコッチ見てたんだな。
[PR]

by macchi73 | 2009-10-12 20:49 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2008年 11月 24日
ハラビロカマキリ
e0134713_22561969.jpg

オリーブの木陰に、ハラビロカマキリ発見。
イラストなんかに描かれているカマキリより、腹部が寸詰まりの感じで可愛い見た目。
[PR]

by macchi73 | 2008-11-24 23:15 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)