「ほっ」と。キャンペーン
タグ:カナヘビ ( 19 ) タグの人気記事

2016年 08月 08日
室内への夏の侵食
e0134713_12551065.jpg

夏休みの片付けと早起き、続行中。家族みんな、まあまあ頑張っている気配は感じられる(←程度は推してしるべし)。

私もちゃんとした朝ごはんを作ろうと思って野菜を探していたら、放置していた大きなサツマイモが発芽していた。サツマイモの芽って初めて見た。赤い蝋細工みたいで綺麗かも。ってか、野菜庫の野菜、揃って発芽しすぎ!にょきにょきと、なにかナウシカの研究室チックな空間になっている。……そのまま、そっと閉めとく。

サツマイモはずっしり重くてまだ瑞々しい感触もあったので、せっかく発芽しているところ悪かったが、乱切りにして蒸して朝ごはんにさせてもらった。ラッキーなことに、まだ甘くてホクホク美味しかった。

子供にだけ部屋片付けを命令するのも何なので、この夏は、大人も家を片付けている。
一番ごちゃついている私の部屋(散らかってるだけが原因じゃないんだ、我が家で一番狭い階段下の変な形の部屋だから仕方ないんだ……)の物を整理しつつ雑巾かけとかしていたら、カマキリが脱皮した痕跡を見つけた。

窓を閉めていても動植物が侵入してくるワイルドなマイルームなので、蜘蛛やらヤモリやらはすでにルームメイトとして認知済みではあったが、カマキリまで同居していたとは……。今もどっかにいるのかな?とキョロキョロしてしまう。
e0134713_12551339.jpg

部屋の隅には、1ヶ月前の草刈り中に掘り返してしまった爬虫類の卵を入れた水槽。

無事にカナヘビの子が孵ったので、庭に放した。
e0134713_12551645.jpg

そんな感じで、屋外と屋内が混然一体となっている我が家。夏の庭の生命の繁茂は、室内にまで確実に侵食してきている。

茂ったジャングルのせいで日差しは緑色に遮られ、閉まらない木枠のサッシのせいで気密性は皆無。うっすら汗かいてぺらぺらの薄着して、どっかから吹き込む生ぬるい風に肌撫でられながら、家のあちこちの暗くて涼しい場所で休む生物−−家族たち人間含む−−を見つけてあるく。

夏って鬱陶しいとこもあるけど、やっぱり夏が一番好きかも。
発芽と腐敗、誕生と死骸、じりじり灼ける日向と冷んやり湿った日陰、どっちも隣り合わせでブワーッと大量なところが、なにかお祭りめいてゴージャスな感じ。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こんなマイルーム、持ちたくもあり、持ちたくもなし。

e0134713_21541892.jpg『ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻』

「本を読まずに映画だけ観て分かった気になってはいけない!」と叱咤されたことはないか?宮崎駿のナウシカと、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』のファンの人は、だいたいそう言う(←偏見)。

でも、どっちの話も、映画だけでも面白くって、80年代の子供たちを楽しませてたと思う(エンデは映画に怒ってたらしいけど。確かに、ラストの変なオチシーンだけは要らない感がすごいけどな......)。

どちらの話も、映画になった一部分だけより、本で最後まで読む方が、どんでん返しもあり苦さもありでずっとずっと面白いのは同感。子供には映画も本も、両方みてほしい。


[PR]

by macchi73 | 2016-08-08 23:30 | 書籍・CD | Comments(4)
2016年 07月 16日
庭のハンサム&ビューティー
e0134713_23342385.jpg

バカンス前の忙しさで深夜帰りを続けて家を不在にしていたら、庭の鬱蒼さ加減が人間の居住区の限界値を超えてしまい、夫が全面的に草刈りをしてくれた。

そしたら夜。
帰宅すると庭でしょっちゅう見かけるガマガエルが、草薮を失って所在無げにしているのに出喰わす。はは。なんか悪いな。

うちのガマ君は、けっこうキリッとしてて凛々しいよね、というのが娘の評。確かに。オレンジ色に光る鋭い眼光と言い、スッと通った鼻筋と言い、彼はガマガエル界ではかなりのハンサムに位置しそうだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あ、そうだ。庭の草刈り中にデブッチョも見かけたよ、と夫が言う。

−−写真撮ったから見てごらん。デブッチョは尻尾の先が折れ曲がっちゃってるからすぐわかるんだ、元気そうだったよ……

で、写真を見たら、相変わらず悩ましげな流し目を送るデブッチョがそこに。デブッチョも、カナヘビ界ではかなりのクールビューティーなマダムのような気がする。

e0134713_23342174.jpg


さらに、東側の庭でも、今春オタマジャクシから孵ったアカガエルたちの目撃情報が家族から寄せられる。へえ!オタマジャクシの池からは割と距離があるのに、けっこう移動するもんだな。チビカエルたち、だんだんと体を大きくしながら、どんどん庭の中で冒険に出ているようだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんな感じで、不在ながらも庭のみんなの様子を聞く夏休み直前。
園芸心のない夫の草刈りは、なんというか、すっかり庭が丸坊主という感じで「うわー」と笑ってしまったけど。

でもまあ、すっきりして嬉しい。サンキュ。

e0134713_23341666.jpg
[PR]

by macchi73 | 2016-07-16 23:55 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)
2016年 05月 17日
晩春の庭
e0134713_10122.jpg

ユスラウメが赤く色づいて来た。
週末あたりには1回目の収穫ができるかな。

今年は雨が少なかったからか、ここ数年の悩みだったフクロミ病が発生してないようだ。
e0134713_101045.jpg

バラもぼんぼん咲いている。
今年の5月は夏日が多いみたいで、バラはせっかちに豪華に咲いて、さっさと終わってしまいそうだ。

もったいないので、休日の朝にはせっせと摘んで、どんどんバラジュースバラサワーにしてしまう。
e0134713_10653.jpg

e0134713_14551.jpg

食用に使ったのは、毎年のことだけど、芳香性の次のバラたち:
  • ショッキングピンクのゼフィリーヌ・ドルーアン。アガサ・クリスティーの『杉の棺』では重要な推理に使われた、まったく棘のない柔らかい枝を持つ芳香の薔薇。
  • 深紅のスヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャマン。黒っぽく見えるほどマットな濃い赤が綺麗。強く香る。
  • 薄い花びらがギッシリとボール状に咲くローズ・ド・レッシュ。香りも良いが、花びらが柔らかいので美味しい。美味しいって、バラへの褒め言葉じゃないかもしれないが。
e0134713_0595798.jpg

今年は玄関脇にまで伸ばしたゼフィリーヌ・ドルーアンの誘引がいい感じで出勤前に眺めるのが楽しかったんだけど、そろそろ終わりが近づいてきてて、ちょっと寂しい。

ゼフィリーヌ・ドルーアンは優し気な感じがとっても良いバラなんだけど、花保ちはあんまり良くないんだ。全体的に柔らかい佇まいなので、すぐにハラハラ散ってしまう。
e0134713_135987.jpg

逆に花保ちが良いのは、オレンジ色のジャスト・ジョーイ。
花びらがけっこうしっかり固くて、開ききってもかなり長い事ピンピンして咲いている。そして花が巨大。迫力。

香りも良いが、香りの系統がレモン系なので普段はバラジュースには入れないんだけど、今回は娘の希望で入れてみた。そしたら、ちょっと渋みが出た気がする。花びらが厚いからかな?
e0134713_14217.jpg

そんな感じで、駆け足の春。
そろそろ庭のあちこちに初夏成分が混ざり始めてる。一雨降って明けたら、もう夏かもな。
[PR]

by macchi73 | 2016-05-17 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(5)
2015年 08月 30日
水辺の生物(ヤゴ、アカガエル、トウキョウダルマガエル)
e0134713_10562148.jpg

夏休みの最後の日曜は雨。ちぇ。
まあどうせ、必死で宿題消化に勤しんでいる娘は出かけられないけどな(がんばれよー)。

とか言うと、とたんにプリプリする娘を尻目に、お母さんは一緒に過ごした夏休みを振り返る。今年はけっこう色んな場所の水辺に出かけて遊んだな。


ヤゴ: 水蠆 

草の上にヤゴの抜け殻を見つけて、その辺りをよく見たら、水中にもヤゴの姿が見えた。
これはシュッと細身のタイプのヤゴなので、トンボの中でもヤンマの仲間っぽい。
(シオカラトンボやアカトンボの場合はもっとお腹が丸っこくて、セミっぽい形をしている)
e0134713_10572645.jpg

よく知られたことだが、ヤゴはトンボの幼虫だ。
親であるトンボは陸生昆虫なので水中では生きられないのに、子ども時代はエラ呼吸する完全な水生昆虫。そういう昆虫はけっこういるけど、面白いよなーと思う。

昆虫に記憶ってどのくらいあるかわからないが、空から水中見て、「お、後輩がいる」とか思ったりは……どうなんだろう、多分しないのかな。


トウキョウダルマガエル: 東京達磨蛙 

もっと何かいないかなーとか探し回って、池の縁の藪をゴソゴソ歩いていたら、足元から大きめのカエルが飛び出して逃げていった。
e0134713_10574211.jpg

背中の中心に一本線が見えるのが特徴のカエル。
この線は、トノサマガエルとダルマガエルに共通する特徴だけど、全体的に体が丸っこくて背中が滑らかな感じがあるから、トウキョウダルマガエルかな(トノサマガエルの背中にはボコボコした小隆条がある)。

トノサマとダルマの分布には諸説あるようで、トノサマは中国大陸〜日本の西部にしか分布せず、それ以東はダルマとしている図鑑もあるようだ。が、一方、これらはとても近い仲間で、交雑も可能なので関東あたりの種はトノサマとダルマのハイブリッドだと書かれている記事もあった。が、Wikipediaを見たら、そのハイブリッド説も今は怪しくなっているらしい。

トノサマやダルマって可愛いユーモラスな顔のカエルで、よく絵本とかの挿絵になっているのはこのカエルのイメージのことが多いんじゃないかなと思う。


アカガエル: 赤蛙 

全体的に色が赤茶色っぽくて、背中の両側に線が入っているのが特徴のアカガエル。
アカガエルって背中にイボとか小隆条がなくて体もスマートなので、ちょっとハンサム or クールビューティーっぽく見える。
e0134713_10575851.png

Wikipediaによれば、アカガエルの仲間は世界中に分布し、どれも運動能力に優れた種が多いようだ。直線的で角ばった体型をしている種が多いが、それは運動のための骨格・筋力が発達しているためらしい。

アカガエルの仲間には、体色を変えられるものは存在しないという。運動能力が高いと、あんまり必要ないからかな?


その他  

それと、本で作り方を読んだと言って、今年は笹舟を作っては熱心に水に流している娘をよく見た。上手いもんだ。そして段々と熟練し、よい笹舟については一家言持つようになったようだ。
e0134713_10564918.jpg

また、これは別に水辺に限らず草木がある場所どこにでもいるけど、娘が大好きなカナヘビは、今年もいっぱいキャッチ&リリースした。どこに出かけても目ざとく見つけて喜んで手に乗せて、各個体の細かい特徴とか気にしてよく見てるし、扱う手も優しげで、本当に大好きなんだなーと思う。

変な話、カナヘビの方も娘に捕まっても大人しく手乗りとかしてて、ちょっと仲良しに見えるくらいだ(トカゲとかに比べて、もともと警戒心の薄い性質っぽい)。

これはやっぱり夏休みの自由研究として一度飼って、ちゃんと世話して、身近で産卵や孵化も見たからだろうな。

知ることは好きになることに繋がるって、子どもを見てると、本当にそう思う。
e0134713_10581219.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-08-30 12:04 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2014年 07月 21日
ヤセッチョ再会
e0134713_2322624.jpg

娘が「わー、ヤセッチョいたー!」と、嬉しそうに庭からカナヘビを連れて来た。
本当にそうかどうかは分からないけど、私も夫も見るなり、本当だヤセッチョだ!と感じる。
一番慣れてたヤセッチョらしく、なんだか動作も優しい気がする。

ちなみに、デブッチョらしき黄色くて大きい個体は私も出勤前に何度も見かけている。
そっちはシッポが曲がっているという特徴もあるので、多分間違いなくデブッチョだろう。
(でもデブッチョは結構パクッと噛み付いてくるから私は見るだけにしてる)

そうして庭で若いカナヘビを見かければ、もしかしてチビッチョーズたちの誰かかなと思う。それは何となく嬉しい感じだ。

でも、「また今年も飼おう!」とハッスルする娘には、それは止めようと話した。
私たちは知り合って、ラッキーにも生きて再会した。その親近感だけ胸に、あとは自由に庭で会うだけにしておこう。カナヘビの寿命は7年、その中の一夏って長いからね。もう閉じ込めちゃうのは止めよう。

……ってちょい嘘だけどな。
一番の理由は単に世話が面倒くさい。去年は人力で餌になる虫を集めるの大変だったからなー。


夏を迎えた庭は、隙間無く草に覆われて、歩けば足下から色んな生物が飛び出す。
今日は小さなバッタが、一足ごとにピョンピョン沢山跳ね回るんで、足下で泡が弾けてるみたいだった。
これなら毎日カナヘビもお腹いっぱい食べてるだろう。
あともう少し、草刈りしないでおいても良いかな。

e0134713_2322822.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

子供たちと休日の買い物がてら、映画の『思い出のマーニー』を観て来た。

アリエッティと同じ監督ということで、もしかしたらマーニーの原作も物凄く面白いのでは……という雰囲気を強く感じた(アリエッティの原作はとっても面白い。映画も好きだけど)。

『思い出のマーニー』(ジョーン ロビンソン)

この話、河合隼雄が『子供の宇宙』か何かで取り上げていて、面白そうだなーって思った記憶があるんだけどまだ読んだことがなかった。

今回、映画を観て感じたダイジェスト感のようなものが、多分小説の方ではじっくり描かれているんではないかと感じたので、この夏休みに子供と一緒に読んでみようと思った。

岩波少年文庫のセレクトと翻訳って、だいたい当たりだし。
この内容なら、秘密の花園とかみたく、やっぱり日本よりは西洋舞台が似合う気もするし。



ちなみに今日の映画の感想は、小学3年生は「アリエッティの方が好きだなー」、高校生は「そう?面白かったよ」で、私としては最後まで飽きずに観られたが、言葉での説明が多い感じで、映画ならではの映像・音・動きが渾然一体になった「うわー面白かったー!」感は少なかったかもしれない(←豪華映像が好きな質)。
[PR]

by macchi73 | 2014-07-21 20:29 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(6)
2014年 05月 06日
緑爆発の予感
e0134713_14115338.jpg

5日ほど家を明けて帰宅したら、いきなり庭の緑が濃くなっていた。
やばい、例年の夏の雑草ジャングルが近づいて来た気配。

ジャスミンの蔓があちこち絡み付いて伸びて、良い香りを振りまいている。
出かける前には咲いていなかった花が満開になっている。

e0134713_14115720.jpgここに引っ越ししてきた時から生えていた巨大なオオツルボ。

球根がガンガン殖えて、今年はなんと30株になっていた。ううー、綺麗なんだけど葉っぱも鬱蒼とよく茂って、面積喰うんだよなあ……。


それから庭の色んな場所に、西洋オダマキ各種が咲いている。
冬には枯れて消えてしまうが、毎年毎年、春になると必ず大株になって咲くオダマキは、爆発的にはびこりもしないし、放置庭においての優等生だ。
e0134713_14121488.png

4月に美しかったネモフィラは、伸びきってかなりゴチャゴチャと野方図な感じに……。
もう刈り込む方が良いんだろうなあと思いつつ、なんとなく勿体なくてできずにいる。
零れ種を見込んで、枯れるまでこのままにしておいて、最後に雑草と一緒に刈り込んじゃおうかな。
e0134713_14122132.jpg

このボサボサさ加減、そろそろ刈る刈るボーイの出番かもしれない。
でも、去年カナヘビを飼育してからというもの、ボーイを使おうとすると「カナヘビ巻き込んじゃったらどうするの!?」と責められるので、何となく納屋にしまい込んで使えなくなっているんだよな……。

今年の春は、草は刈りたし・カナヘビ見たしで悩ましい。うーん。
[PR]

by macchi73 | 2014-05-06 14:00 | 出来事・その他 | Comments(2)
2013年 11月 20日
疲れ大人(夜行性)
e0134713_23524519.jpg

ずーっと平日の夜は子供に会えてない。
親としての自分はこれで良いのか?って思うと凄い焦る。色んなところが痛い。
夜中に帰るとパジャマの夫がお茶を入れてくれたりして有り難いことだが、一方で、主夫って責任無くて良いな、毎日昼間はのんびりゆったり、夜は子供と一緒で良いなって妬ましくもある(ごめん、お互いに言い分は色々あるだろうってのは分かりつつ、隣の芝)。

それで夜中の寂しいテーブル見たら、子供からの手作りカードがあった。
ページをあけたら、「つかれてるのに」って文字が飛び込んで来て、グサッと来る。そうかー。お母さん疲れてるかー。……なんか泣けた。

それでもう1ページあけたら、中央で子供が「もっと虫つかまえようね」って言ってる。
その手の中にガッシリつかまえられているのは、懐かしのカナヘビ。トボけた顔で「うん」って言ってる。……なんか笑えた。

今の生活のバランスは良くない。でも最悪でもない。
簡単に、解決策は言えないけど。
e0134713_235244100.png

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

仕事の書類は何度読んでも頭に入らないのに、子供の本をつまみ読んでは心揺さぶられる。逃避状態。

『星の王子さま』

色んな人が訳してるけど、この河野万里子訳、良いと思う。本の作りも綺麗。
こうして僕が今書いているのは、彼を忘れないためなのだ。友だちを忘れてしまうのは、悲しいから。友だちは、誰にでもいるわけではないから。そして僕だって、数字にしか興味のないおとなになってしまうかもしれないから。
……(中略)……
(王子さまは)たぶん、僕も自分と同じだと思ったのだろう。けれど僕は、残念ながら、木箱のなかのヒツジを見ることはできない。たぶん、僕はもう、おとなたちと多少同じなのだろう。いつのまにか僕も、年をとってしまったにちがいない。


[PR]

by macchi73 | 2013-11-20 00:02 | 書籍・CD | Comments(2)
2013年 09月 07日
再会
e0134713_8294782.jpg

庭でデブッチョとヤセッチョに会ったよ、時々会うよと報告があった。
もう一匹、とても体格の良い仲間と連れだっていて、家にいたときより更に太ってたと言う。
デブッチョは体の色が明るい黄色なので目立つんだよね。

別れたはずなのに、別れてない。良かった、良かった。

急いで急いで仕事して帰って、ベッドの家族がギリギリ起きてたり眠ってたり。
別れてないはずなのに、私は微かに家族と別れ気味。あーあ。

今月は週末も出勤が多いけど、休みの日には私もデブッチョたち探そう。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


日々、家に工作が増えているのを見て、昼間の子どもの活動を想像する。
いま学童クラブではやっているのは木工らしい。フクロウやキノコを作っていて、結構上手い。


リアルコンストラクション

クラブから帰宅してからは、木材ではなくウレタンの木材で工作しているようだ。

何か作ってはバラし、また何かに作り替えたりしている。前に見た時は船だったのに、鳥になって、今はカナヘビ。足や顔の感じで、デブッチョとヤセッチョを表現していて笑った。


[PR]

by macchi73 | 2013-09-07 02:14 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(8)
2013年 09月 02日
カナヘビを野に放つ
e0134713_21332841.jpg

最後の卵も無事孵り、今日からは新学期なので、カナヘビを庭に還した。

実は昨夜のうちに、夏休みの終わりと共にカナヘビにバイバイしよう……ということになったのだが、庭に放した直後に懐中電灯を持った娘がまた回収してきてしまって、今朝に延期になったのであった。ちょっと笑った。

私たちだとなかなか捕まえられないのに、末っ子は妙にカナヘビを捕まえるのが上手い。6月から数ヶ月、ずっと過剰なスキンシップしてたからなあ。そりゃ別れ難いよなー。
e0134713_21332678.png

もっとずっと飼ってたいよーと抵抗する末っ子。
でもなー。これからは学校に行ってるから、毎日カナヘビのために虫を捕まえるのは難しいのでは?カナヘビだって、誰にも世話されずに狭い水槽の中で過ごすの退屈なのでは?それに今ならカナヘビたちも庭の虫をいっぱい食べてから冬眠に入れるけど、寒くなってから放すんじゃ冬眠に失敗しちゃうかもしれないよ……などと話して、朝になったらさようならだよと納得させる。

e0134713_21332434.jpg丸々太ったカナヘビたちと別れを惜しむ。

もう娘の手乗りになっていてなかなか逃げない……と思ったが、しばらくしたらチョロチョロっと草むらに消えていった。

うーん。なんかしんみりしちゃうね。


まあ、庭のキンモクセイの下の薮に定住していてしょっちゅう遊んでいる別のカナヘビなどもいることだし、デブッチョ・ヤセッチョ・チビッチョーズだって、また庭でちょくちょく会えるはず。冬眠がうまく行けば来年・再来年もずっと会えるかもだし、彼らの子々孫々の繁栄も見られるかもと思えば、庭の毎年の楽しみだよ。
人間の方で、見分けられるかどうかは分からないけどなー。
e0134713_21332029.jpg

さよなら。またね。元気でね。

[PR]

by macchi73 | 2013-09-02 21:40 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)
2013年 08月 18日
キアゲハ羽化と、カナヘビ孵化
e0134713_18332020.jpg

一泊二日で夫実家に帰省しようとしていた朝。
家のコルクボードに止められていたキアゲハの蛹が羽化した。
ゆっくりと伸ばして乾かし中の新品の翅がうっとりするほど綺麗……。
しばし家族で眺める。ほー。

あ、でもそろそろ出かけないとだよ!遅くなっちゃうよ〜!と、蝶をそっと庭に見送って車を発車したら、なんと今度は、ツルン!と卵からチビカナヘビが飛び出した(そろそろ生まれそうなので、心配で車に乗せてた)。
なんてタイミング!

どうする?どうする?出先には餌が無いよ!?まずくない?と慌てて車をUターン。家に戻る。
e0134713_18331812.jpg

で、web検索などして「カナヘビベビーは一日目は卵の栄養でOK、二日目からよく食べ出すらしい」「餌になるのは微小な虫!あ、テラリウムで繁殖しているコオロギの赤ちゃんがちょうど良さそう!」などと調べ、ベビーをテラリウムに放って家を出た。

そして翌日、飛ぶように帰宅。
部屋に入るなり、テラリウムに直行すると、元気にウロチョロしてるチビカナヘビを見つけた。

e0134713_18331658.jpg
ええ〜可愛い〜!!と、虫嫌いの長女までがうっとりして「ちょっと触らせて」とか言う(ってカナヘビは虫じゃないけど)。

なんでも赤ちゃんって可愛くできてんだな〜。赤ちゃんパワー凄い。


親カナヘビたちは親コオロギを食べ、子カナヘビは子コオロギを食べている模様。
たった一日見なかっただけで、ずいぶんとしっかりした姿になったことよ。子どもの成長は早いねえ!

e0134713_18331098.jpg
つぶらな瞳がいかにも純真そうで、子どもらしい顔立ち。

末っ子の観察によれば、「カナヘビの子どもはオスだった。大人より柔らかい体をしている」とのこと。

名前は「チビッチョ」となった。

e0134713_1833686.jpg
チビッチョを見てから大人たち(デブッチョとヤセッチョ)を見ると、でかい!そして大人っぽい!と思う。

表情も、なんかこう、純真というより企みがありそうな……。


[PR]

by macchi73 | 2013-08-18 18:30 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)