タグ:カゲロウ ( 7 ) タグの人気記事

2017年 07月 15日
アオバハゴロモ(青葉羽衣)とクサカゲロウ(草蜉蝣)
e0134713_1161627.jpg

最近、庭の色んな植物の茎に、白いフワフワの綿のようなものがついている。

病気か?害虫か?アブラムシで蝋物質出すタイプって多いからなあ……と思って近くでよく見たら、アオバハゴロモが点々と枝の裏にいるのに気づいた。君、足元にそんないかにもベタつきそうな得体の知れない白いフワフワあるところ、よく集えるね、嫌じゃないの、という感じ。

それでもっとよく見たら、フワフワの中に微かに動くものあり。フワフワと見せかけて、虫の隠れ家だったか!
e0134713_1161430.jpg

それでそれで、もっともっとよくよく見たら、アオバハゴロモと謎の白い綿々の虫、顔立ちがそっくりじゃないか!?

……近親者の予感。

で、調べたら、やっぱりアオバハゴロモの幼虫だった。フワフワをまとってフワフワの中に隠れることで、目くらましの効能があるらしい。うーん、遠くからでもフワフワに白く覆われた枝って目立つから、目くらましより目印になっちゃってる気もするが。
e0134713_1161245.jpg

それでそれでそれで、もっともっともっと良く見たら、子である綿虫に小突かれているアオバハゴロモを発見。白いフワフワ虫にお尻をガンガン小突かれて、ヨロヨロと前に進むアオバハゴロモ成虫。うわー、アグレッシブ。反抗期か?それとも虫だとやっぱり、幼虫は成虫を近親関係にある者だとか認識しないのか?
e0134713_116952.jpg

それでそれでそれでそれで、もっともっともっともっと良く見たら、どうもお尻を小突いてるヤツって、周りのフワフワ幼虫たちと雰囲気も動き方も違う。

下の写真、左がアオバハゴロモの幼虫たちで、右が小突き虫。アオバハゴロモの方がどこかヒツジっぽい雰囲気だとしたら、右のヤツはなんかオオカミっぽい気配がある。背中のフワフワが盛り上がり過ぎてて、アオバハゴロモから剥いだ皮を被って変装しているようにしか見えないんだけど……。
e0134713_116651.jpg

っていうか、裏側から見たら、胴体が丸見え。二本の鎌のような大顎を持ったこの姿ってよく知ってる。クサカゲロウの幼虫じゃん!

アオバハゴロモは草の汁を吸う虫だけど、クサカゲロウの幼虫って肉食。羊の皮を被った狼。アオバハゴロモの皮を被ったクサカゲロウか。

クサカゲロウの幼虫には、背面に鉤状の毛を持ち、そこに植物や獲物の死骸などを引っ掛けて背負うタイプがいるらしい。Wikipediaによれば、アリなどの攻撃から逃れるためのカムフラージュという説もあるようだが、もしかしたら変装して獲物に近づくためってのもあるんじゃないの?と疑ってみたりして。




[PR]

by macchi73 | 2017-07-15 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2016年 11月 08日
陽炎みたいなカゲロウの群飛
e0134713_191922100.jpg
湖の周辺で、たくさんの羽虫がキラキラと光りながら不思議な上下運動をしているのを何度か見かけた。カゲロウの群飛だ。

羽ばたきながら上昇した後、羽ばたきを止めて下降するという動きを繰り返すので、なにか波形を描く群舞のように見える。これはスウォーミングと呼ばれる繁殖期のオスの動きで、この群の中にメスが飛び込んで来ると、オスはそのメスを伴侶として捉えて、スーッと群から離れていく。

e0134713_19545278.jpg

カゲロウの幼虫は水中で育つが、羽化して成虫になったとたん、このように空中で繁殖ダンスをした後に水辺で産卵し、その短い成虫期間を終える。

成虫期間は本当に繁殖のためだけの一瞬なので、カゲロウの成虫は摂食機能も持たない。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-08 20:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2016年 05月 08日
キバネツノトンボ
e0134713_1493862.jpg

友達と山菜採りピクニックに行って来た。

とは言え、私の目的は山菜ではなく虫なのだった。

何年か前、同じ場所でキバネツノトンボをいっぱい見かけたんだよな。
でもキバネツノトンボはもともと生息地が限定的な上、東京ではすでに絶滅、付近の県でも割と軒並み絶滅危惧I種になってしまっていて、その後、見かけたことがないんだった。久しぶりに見てみたい。

で、山菜取りはみんなに任せて、私はほとんど一人で虫探しをしてた。
結果、すばらしい収穫!キバネツノトンボは予想通りブンブンブンブン飛び回っているし、その他にも面白い虫や生物をたくさん見ることができた。楽し過ぎ。

e0134713_149362.jpgキバネツノトンボは、こんな感じに広く開けた日当たりの良い草原に棲む。

草の茎に産卵するので、河川敷の草原などである程度の草丈のあるイネ科植物が多いところを好むようだ。

生息地は限定的だが、姿が見られる場所では、けっこうまとまった数の個体を見ることができる。

e0134713_1493434.jpg前翅は透明なくせに、後翅だけが不透明な黄色と黒。

オスのお腹の先には、丸い鈎がついていて、このフックで空中でメスを捕まえて交尾する。


e0134713_1493236.jpg

そして、山菜採りチームも、すばらしい収穫!末っ子も頑張った!
左から、ゼンマイ、セリ、 ハナイカダ、ミョウガタケ、ミツバ、ノビル。
e0134713_1492598.jpg
その場で料理できるものはランチにして、それ以外は持ち帰った。

毎度のことだが、みんなの持ち寄り料理の数々が面白くてかつ美味しく、「マメだなあ!」とびっくりだ。色んな山の実の果実酒の飲み比べが楽しかった。素晴らしいご馳走を堪能して、お日様にいっぱいあたって、いっぱい歩いて、満腹&クタクタになる。今回一緒に行ったのは、下はピチピチの大学生たち〜上はご年配まで様々だったけど、それぞれの工夫を凝らした持ち寄りの品を見てると、みんな楽しく暮らすのがほんとに好きなんだろうなあと感じる。私も仕事も遊びも楽しくやろう。
末っ子も、みんなに遊んでもらってチョーご機嫌だった。私とは別行動で、大きい人たちの中で自分も一丁前の友人らしく振舞ってるのが離れて見てても面白かった。楽しく連れ回してくれた人たちに感謝。

そして夜。
一緒に来なかった我が家の大学生たちにもお土産の山菜でご馳走を作って、好評を博す(メインに巨大なローストビーフを作ったので、そっちを喜んでた節もあるが……)。末っ子が、楽しそうな笑い声とともに今日の出来事を話してる。

とっても良い休みだった。今年のGWは、そんな感じ。
e0134713_1491947.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-05-08 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2013年 05月 06日
キバネツノトンボ(黄翅角蜻蛉)
e0134713_2143244.jpg

友だちが山菜採りBBQに行くというので、Olympus TG-2のマクロ撮影を試しに付いて行った。
子どもは子供同士で遊び、大人たちは山菜を採っている間、私は一人で虫探しに歩き回る。
誰もいない草原や薮の中で、一人でハアハア言ってるの(?)すごい楽しい!

カメラを構えて広い野原を這い回っていたら、時々、頭上を高速で横切る変な虫がいるのに気付いた。

撮影しようと何度も野原の端から端に追いかけたが、少しでも近付くとすごく遠くまでブーンと飛んで行ってしまう。
クタクタになって顔には塩が吹いて来て、諦めそうになったところで、ちょうど足元から2, 3メートルくらい先の草の上に舞い降りて来た。ラッキー!!
また飛び立ってしまわないよう、息を殺してジリジリ近付いて、やっと撮影できた(マクロは無理だったけど)。

嬉しい!こりゃ見たこともない変な虫だー。
ちょっとヘビトンボに似た雰囲気があるから、カゲロウの仲間かな。

体長2.5cm。黄と黒の模様のある後翅と・透明な前翅で、直線的に力強く飛ぶ。
大きな触覚の先端には黒い玉のようなものがついている。
顔は虻みたいに毛深くて、眼はトンボみたいに大きい。

帰宅してから調べたところ、アミメカゲロウ目ツノトンボ科のキバネツノトンボという虫だと判明。
成虫は4〜6月に出現し、捕まえると悪臭を放つらしい。

webで調べると、絶滅危惧類に指定されていたり、希少種と書かれていることも多かったが、今日の草原では5,6匹は見かけたと思う。場所によって扱いが違うんだろうとは思うけど、珍しいものが見れたと思うと、とっても嬉しい。
e0134713_2143284.png

[PR]

by macchi73 | 2013-05-06 21:53 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2011年 08月 15日
アリジゴク(蟻地獄)
e0134713_2358457.jpg

夫の実家にお盆帰省中、納屋の後ろにアリジゴクの巣が沢山あるのを見つけた。
繰り返し模様のような、小さなすり鉢状のものが並ぶ地表。
うへー。なんか怖い。

アリジゴクは、ウスバカゲロウの幼虫。
すり鉢状の巣を構えて、その中に落ちて来たアリなどを捕食する。
後ろ歩きしかできない。また、食べるだけで排泄しない。おかしな虫だ。

e0134713_23593836.jpgアリジゴクの巣を見つけて、蝉の抜け殻で掘り返す子ども。

そして、アリジゴクを捕獲(蝉の抜け殻で)!!

e0134713_001394.jpg大きさはこれくらい。チビだ。

しかし体の割にアゴが大きく目立っていて怖い。

捉えた虫の体液を吸い取った後、この大アゴで死骸を巣の外まで放り投げるらしい。

e0134713_003983.jpg
そうして夜には皆で(?)花火。

田舎の夜は真っ暗だ。
流れ星が見えたと息子が喜ぶ。

……しかしなんでみんな、てんでばらばらに無言でやってるのか。それは楽しいのか?


お盆ということもあり終戦記念日ということもあり、実家の人たちに昔の話など聞いてみる。
代々大きな農家だったという夫実家では、戦時中もヤミ米を出す側だし、けっこう悪くない暮らしで泥棒に狙われたりしていたそうだ。
一方その頃、自分の母方の実家なんかは町暮らしで米を買わんとする側の生活だったし、父実家は異国の病院でロシアの脱走兵に人質にされたりしていた……などなど色んな話を思い合わせて、なんか色んな場所で色んな事が起きていたんだなと不思議な感じがする。


『この世界の片隅に』(こうの史代)

そんなタイミングで、夫が田舎の夜のためにコンビニで買って来た漫画本。「コンビニ漫画かあ」と、全然期待せずに読んだら、面白かった。

戦争の話だけど、世界の中心で叫ぶ物語じゃなくて、世界の片隅の記憶って感じで淡々とした雰囲気で描かれている。普通におっとりした女の子が所帯を持った大人になって行く様子は、どこでも見かけそうな風景。ただそれがたまたま戦時下の広島だった、という話。

……って、これは戦争の時だけじゃなく、今でも、世界中どこでも誰にでも、そういう大小の「たまたま」は満ちているんだろうと思う。渦中からでは俯瞰は難しいが。

漫画の中では、その「たまたま」が沢山の伏線の形で綺麗に回収されていて読み応えがあった。現実の世界では関連性はもっと拡散されていて、なかなかこう、密に紡がれた意味を見出すのは難しいけど。

多分こういう生の意味って、「振り返る」っていう視点で見出されるもんなんだろうと思う。そのせいか、この漫画にも郷愁というか懐かしい感じが漂ってる。


[PR]

by macchi73 | 2011-08-15 23:50 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 06月 21日
ヘビトンボ
e0134713_02317100.jpg

秩父に登山に行った夫が、夜も遅くなっての帰宅。
晩ご飯一緒に食べるって言ってたのによう!とやや非難の目で見たら、「ごめんごめん、お土産あるからさ」というので喜んだところ、「変な虫の写真撮ってきてあげたよ」と言う。あんま嬉しくない。

・・・変な虫だ。
透き通った翅に黄色で星を散らした模様はファンシー。
しかし体型は首が太くて案外ガッチリしてる。
骨太の娘がフワフワのチュチュを着ている風情。ある意味可愛い。
翅や全体の印象からすると、こないだ見たカゲロウの仲間か。

調べてみると、やはりアミメカゲロウ目だった。ヘビトンボ科ヘビトンボ。
骨太な印象に違わず、大顎で噛む力が強いことを蛇になぞらえてヘビトンボと呼ばれるらしい。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-21 00:42 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 05月 06日
カゲロウ
e0134713_18444076.jpg
パンク修理のため自転車をバラしたらフレームにくっついていた。

腹の先端から伸びた二股の尾毛が気持ち悪くて「何だコレー!」って思ったが、後で調べてみるとカゲロウの一種のようだ。
カゲロウって儚くて綺麗なイメージがあったけど、それはウスバカゲロウのイメージか。
詳しい種名は分からないが、これはフタオカゲロウの仲間っぽい。

ちなみに、カゲロウの成虫には摂食機能が無いらしい(そして子どもの時には排泄機能がない。食べて、出さない)。

大人になったら、何も食べずに繁殖だけして死んで行くのか。
なんだか切ない・・・と思いかけたが、「あ、でもそれも良いかも。楽ちんで」なんてすぐ思ってしまう。我ながら無精過ぎ。

[PR]

by macchi73 | 2009-05-06 18:52 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)