「ほっ」と。キャンペーン
タグ:オミナエシ ( 3 ) タグの人気記事

2010年 09月 28日
秋の七草:女郎花(オミナエシ)
e0134713_1914887.jpg

秋の七草の一つ。
パッと見がフェンネルに似てるので、つい収穫しそうになるが、全然別の科の植物だ。

似たような姿でもっと大きく、白い花を咲かせる「男郎花(オトコエシ)」もある。
花の名は、「むかし飢饉の際、男は白い米の飯(オトコメシ)を食い、女は黄色い粟の飯(オンナメシ)を食べていたことに由来する……」なんて話を読んでブルーになる。

そっか……この綺麗な花にそんな飢饉にまつわる話が……弟切草も真っ青だ……。

なんて思ったが、よくよく調べると、どうも後世にできた作り話っぽい。なんだー。
だいたい、ご飯に見立ててるとしたら、大盛り過ぎるよな。全然飢饉じゃない。
[PR]

by macchi73 | 2010-09-28 19:13 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2010年 09月 20日
秋の気配
e0134713_1832239.jpg

昨夜の草刈りをビニール袋に詰めたりしていた本日。
突然お向かいさんがやって来て、要らなくなったというバードテーブルをくれた。
うへえ!嬉しい。庭仕事、するもんだなー。

にやにやしながら久しぶりに荒れた庭を歩き回ってみる。
いつの間にか、なんとなく秋の気配漂う植物たちの時期になっていた。

e0134713_18272016.jpg
数珠珊瑚。
赤い実をつけ始めている。

奥に見える小菊は、着物の柄にありそうだから友禅菊かな?(適当過ぎ)

e0134713_1828897.jpg
彼岸花。
年々ちょっとずつ数が増えている。

しかし通路の傍に咲いたものは無惨に踏み倒されていた。がーん。
多分、昨夜の草刈りの時に踏んづけたんだな……。

e0134713_18275644.jpg
女郎花。
秋の七草のうちの一つ。

背が高い小花は涼し気。

e0134713_18274336.jpg
香りあざみ。
背が高くなるタイプ。
よくその辺に生えてくるアザミとちがって、トゲトゲしてない。

末っ子は、甘い匂いがすると言う。
私にはよく分からない。(鼻が悪いのか?)

e0134713_1828191.jpg
もらったバードテーブルは、金木犀の株元、ススキとエノコログサの後ろに配置した。
うちの庭にも似合うかな?

ちなみにこのエノコログサは、花穂が長くて全体的に赤褐色をした園芸種。雑草を放置しているように見えるが、草刈りを手抜きした訳ではない。

地面が枯葉(何年もの?)に覆われているのは、庭仕事の手抜き。
枯葉を掃いたためしなし。

[PR]

by macchi73 | 2010-09-20 18:50 | 庭仕事・収穫 | Comments(2)
2009年 09月 28日
オミナエシ(女郎花)
女郎花の育て方:
●花期は8〜10月。
●日当りがよく水はけの良い場所を好む。
●地面の浅い所を地下茎を伸ばして殖えるので、株元は乾燥させないようにマルチングしておく。
●地植えの場合は、自然に地下茎でも広がるが、花後に株分けでも増やせる。種まきで増やす場合、撒き時は3月頃。


e0134713_13565634.jpg
ロゼット状の苗を植え付ける。
苗の植付けの適期は春。


e0134713_13574048.jpg
成長期に伸びてくる葉は深い切れ込みの入った葉。
背が高く伸びるので、たまに切り戻して分岐させた方が花数が多くしっかりした株になる。

e0134713_1424127.jpg
晩夏から秋にかけて、黄色い小さい花を咲かせる。
草丈は高いが、茎や葉の線が細くて鬱蒼とはしないので、場所はあまりとらない。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-28 19:22 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)