「ほっ」と。キャンペーン
タグ:オニドコロ ( 2 ) タグの人気記事

2013年 01月 14日
草の実の戦略
e0134713_274839.jpg

冬の植物観察をしていたら、さっきまで浮かれて笑っていた末っ子が急に怒り出した。
どうしたの?と聞いたら、「ひっつき虫が取れなくって嫌なんだよう!!」と叫ぶ。
見たらタイツにセンダングサの種がびっしりと……。そりゃ面白がって薮を歩くからだよう。

あしがチクチクする!キーッ!もう嫌だ!もう歩かない!とすごい剣幕なので、取るのを手伝おうとしたが、ひっつき虫もなかなか手強い。
仕方無いなー、そう怒んないで家に帰ってガムテープで取ろうか……とジタバタするのをむんずと抱き上げてちょっと歩いたら、すぐに寝てしまった。
なんだよ、眠くて怒ったんだ。赤ちゃんみたいだな。

眠い子どもがぐずるのは、抱っこして運んでもらうための戦略。
ひっつき虫がくっつくのも、動物に遠くまで運んでもらうための戦略。どこか似ている。

* * * * * * * * * * * * * *

植物記』(埴 沙萌)を片手に持ち歩き、色んな戦略で勢力拡大を狙う植物の種子いろいろを探してみた。各派の呼び名は、『植物記』から引用。

【ヒッチハイク派】
 動物にくっついて運ばれる種


e0134713_275290.jpg◆センダングサ

センダングサはどれもひっつき虫として知られるが、多分これはコセンダングサ(小栴檀草)。

センダングサより小さく丸っこく、ポンポンした形状をしている。
アメリカセンダングサの種は太めで扁平な形だが、コセンダングサの種はほっそりしてる。


e0134713_22365385.jpg◆オナモミ

センダングサと並ぶ、ひっつき虫の代表選手。

毛に絡まると痛い。



【風まかせ派】
 遠くまで飛んでいけるような工夫をした種


e0134713_275775.jpg
◆セイタカアワダチソウ

泡立つような冠毛により、フワフワと遠くまで運ばれて行く。

e0134713_28891.jpg
◆オニドコロ

乾燥した実がはぜると、中にはプロペラのような翼のついた種子が入っていて、ヒラヒラと風にのって飛んで行く。

蔓に沢山ぶら下がっている爆ぜた実は、光沢のある造花みたいで綺麗。


【遠くへ行きたい派】
 単に落ちるのではなく、はぜたり、しなって勢いをつけて飛んで行く種


e0134713_20204865.jpg◆アメリカフウロ

これは晩夏の写真だけど、庭に沢山生えていて、パチンと弾けては小さな種を遠くまで飛ばす。

他にもカタバミ、カラスノエンドウ、スミレなど、庭によくある雑草って種をパチンパチンと弾き飛ばすものが多い。草刈りの時には、顔にパチパチ当たってちょっと痛い。



【鳥のごちそう派】
 美味しい実をつけて鳥を誘い、フンとして遠くの地に落としてもらう


e0134713_234265.jpg◆ヤブラン

地面からスッと伸ばした茎に、黒い実を沢山光らせている。

この実は人間も食べられると読んだことがあるが、試してみたことはない。どこでもよく見かけるので、遭難とかしたら食べるかも。

e0134713_28162.jpg◆リュウノヒゲ

ジャノヒゲとも言う。地際に綺麗な青い実をつけるので、末っ子が喜んで探す。

青い実の中には、瑞々しい白い果肉がつまっている。野鳥のシロハラなんかがよく食べるらしい。

[PR]

by macchi73 | 2013-01-14 07:07 | 雑草、野草 | Comments(2)
2009年 09月 13日
ヤマイモとオニドコロの見分け方
e0134713_19284375.jpg庭にいつの間にか生えていたヤマイモにムカゴが沢山できている。嬉しい。

しかし聞けばヤマイモに似た毒草としてオニドコロという草があるらしい。
本当にこれはヤマイモだろうか・・・。
食べても平気だろうか・・・。
自分で植えた訳では無いだけに、疑念が晴れない。

そこでヤマイモとオニドコロの見分け方を、webと図鑑で詳しく調べてみることにした。

●山芋と鬼野老の見分け方:
(1) 山芋にはムカゴができるが、オニドコロにはムカゴはできない。
(2) 山芋の葉は細長めで、オニドコロの葉は丸め。
(3) 山芋の葉を透かすと横に走る細かい葉脈がはっきり見えるが、オニドコロの葉を透かしても見えない。
(4) 山芋の葉は対生で、オニドコロの葉は互生。
(5) 山芋とオニドコロでは、蔓の巻き方が逆。


(1)が正しければ、ムカゴができてる時点で、うちのはオニドコロではないな。
ヤマイモのムカゴに似たものができるニガガシュウという植物もあるようだが、そちらのムカゴは苦くてとても食べられたものではないらしい。
なので、生のまま一粒だけシャクっと齧ってみた。美味しいじゃん。よし、これはニガガシュウではない。

(2)は比較した話だからな・・・。ヤマイモに詳しくない身ではよく分からない。
(5)は、右・左を逆に記述しているものがあったので、どれが正しいのか判断できず。
(3)も試してみたが、細かい葉脈は見えるものの、はっきりかどうかというと・・・うーん。自信ないなー。

e0134713_19152187.jpg

(4)については、ムカゴが出ているような部分については確かに対生(一箇所からペアになるように葉柄が出ている)だった。
ただし、地上から出ている最初の蔓に関しては互生だった。
あれ?オニドコロとヤマイモが混ざって生えてんの?なんて慌てたが、よくよくwebを調べると、ヤマイモも最初の蔓の葉は互生で、そこから枝分かれした蔓から対生になってるっぽい。
蔓植物全般に、最初の蔓は物に絡み付きやすいように互生であるものが多いということらしい。

e0134713_1916551.jpg

結局、ひとつ食べてみた感じがまろやかで刺激がなかったことと、(1)(4)がハッキリと山芋の特徴だったので、これは山芋で間違いないと思う。良かった。
でも念のため、子供たちにはまだあげない。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-13 20:09 | 雑草、野草 | Comments(0)