タグ:オサムシ ( 2 ) タグの人気記事

2014年 08月 21日
林で見かける、足が速い大型甲虫:オサムシ、キマワリ
e0134713_04922.jpg

近くの自然公園の森林の中を虫を探して散策していたら、樹上や林床を素早く歩き回っている甲虫がよく目に付く。動くものって目につきやすい。

地面の枯葉の間を歩き回っているのは、オサムシ。翅は退化して飛べないが、健脚の虫だ。

前に庭で見たアオオサムシより地味な色味だったから、オオオサムシ(大筬虫)かと思う。
「オ」が多いな……。

e0134713_0103952.jpg体が大きくて見栄えがするので、夫と子どもが喜んで捕まえようとする。

が、「オサムシの放屁には強烈な毒があるんだよ」というようなことを教えたら、「うわー!」と言って逃げ出す。大げさ。


木の幹の上を素早く歩き回っていた真っ黒な甲虫。
ゴミムシとかゴミムシダマシとかクチキムシとかの仲間だな……とはすぐ思ったけど、この辺りって地味なものが多くて難しいんだよなあ。

e0134713_0263819.jpg
これは、ゴミムシダマシの仲間のキマワリ(木廻)っぽい。木の上をよく早足で歩き回っているから、キマワリと呼ばれる。

この辺りの仲間の中では大型なので、目に付きやすい。

体は丸いのに、足が妙に長いのが特徴。


[PR]

by macchi73 | 2014-08-21 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2011年 04月 10日
アオオサムシ(青筬虫)
イチゴのランナーから出た子株を分けようと土を掘ったら、虫が出て来た。オサムシだ。

e0134713_19125572.jpg

長くて強力な足で、非常に力強い動きをする。
歩くのが速いが、後翅は退化して左右が癒着してしまっているので飛ぶことはできない。
日中は土中や倒木の中などに隠れ、夜に活動する。
虫の中ではかなり強い部類で、食物連鎖の頂点あたりにいるため、庭を色々な害虫から守る「庭つくり虫」として園芸家には割と好まれてきた。

しかし雑食性なのは成虫のみで、幼虫は種によって、カタツムリ食・ミミズ食・ヤスデ食など、特定の対象しか食べないようだ(カタツムリ食のマイマイカブリは日本固有種で有名)。
青オサムシは、フトミミズ科食なので、庭に益虫かどうかというと、どうなんだろう?

ちなみに、手塚治虫(昆虫好き)のペンネームはこの虫に由来する。
ギョロ目で首が長いのが似てるから、ということらしい。

e0134713_19131046.jpg強烈な毒ガスを噴出すると聞くので、あまり触りたくはない。

だけどよく見ると、メタリックな黄・オレンジ・緑に光る模様は綺麗かも。


[PR]

by macchi73 | 2011-04-10 19:20 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)