タグ:エキナセア ( 5 ) タグの人気記事

2015年 06月 24日
ただモグラくんのズボンのためでなく
e0134713_863232.jpg
朝、庭をぐるっと歩いたら、見慣れない場所にエキナセアが咲いていた。
去年の晩秋に小さな苗を植えたところ、すぐ冬になって地上部が枯れちゃったので、「あー、ダメだったかな?」と諦めていたのに、土の中でちゃんと株を大きくしていたんだな。

免疫力を高めて肺炎予防などになるハーブティーを作れるっていう記事を読んで、あまり花色など気にしないで適当に3株植えたものだったけど、こんな花色だったとは。緑色の花が混じっていて面白い。
e0134713_864789.jpg
e0134713_865394.jpg

そういえば去年新しく植えたのって、このエキナセアくらいかも。庭ブログにあるまじき庭放置。

庭の園芸記録も、もう気づけば9年目くらいで目新しいことも随分減った。
だんだんと「この種類の植物ならこういう生態」みたいなノウハウも身についてきたせいか、草花の栽培記録をメモすることもあまり無くなって来たことに気づく。庭のログとして始めたブログだったけど、なんかもう植栽については変化もなくて、途中で育児ログ混じってきちゃってるしなー。しかもその子供も、そろそろ手を離れつつある……うーん、どうすっかなー。

……とかなんとか思いつつ、庭に宿根アマの種を蒔いた。
竜舌蘭の織物してたらなんとなく楽しくなってしまい、「そういえば子どもの時に見たアニメで、モグラが青い花の繊維をとってズボンを作ってたなー」なんて思い出し。あの植物は何だったろうと考えるに、たぶん亜麻(リネン)っぽいので、試してみようという訳。

e0134713_874060.jpg種袋には、『茎を利用して繊維をとるには、青い花が咲き始めたときに刈り取ると、すらりと伸びた美しい繊維がとれます。たねは果実が熟して黄色くなった頃、こぼれる前に茎ごと刈りとります。』とある。

種の蒔き時は春(4-6月)と秋(9-10月)で花期は夏(6-8月)だから、収穫は来夏になっちゃうかな。


なんか早起きして活動するのって、久しぶりだ。
ずっと朝起きられなくて出勤直前までゴロゴロする生活になってて、それが嫌でまた落ち込んだりしてたんだよな。それがちょっと変化の兆し。

残業抑えて3ヶ月目の効果がやっと出てきたか?それとも夜の散歩を再開した効果か?それとも先週ダンサーの人と飲む機会があり、嬉しい型をすれば嬉しくなるし悲しい型をすれば悲しくなるという話を聞き、嬉しい型をするように努め始めた効果か?今朝は、死んだ父がなぜかマイヨジョーヌのジャージを着てツールドフランス的な何かのレースに出ており、握手する夢を見た。自転車なんて乗らない父(たぶん運痴)だったが、後ろ姿を見送ったら、ヒョロい体型には意外と自転車選手姿が似合っていて、起きてから少し可笑しい気分だった。

いずれにせよ、植物に季節があるように、人にもなんかのリズムがあるというのは実感。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

子どもなら誰でも憧れるもぐらくんの青いズボン。


『もぐらとずぼん』(エドアルド・ペチシカ)


子どもの頃にテレビでやってた「もぐらくん」。絵本もあって馴染みのキャラクターだったが、チェコのアニメだったんだ。

大人になってからは近所の映画館などでも「クルテク」とかいって上映されてたり、ちょいオシャレな雑貨になってたりするのを見かける。



そして、マイヨジョーヌというのは、この黄色いジャージ。
ツールドフランスで総合優勝すると着ることができる。

そんなこととも知らずに単なる格好いい運動着として購入し、マイヨジョーヌを着てママチャリを乗り回していた若かりし頃の自分が恥ずかしい……。


『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』(ランス・アームストロング)


昔この本を読んで、自転車界の嫌われ者のアームストロングを好きになった。

と同時に、こりゃー嫌われるよなというアクの強さも感じられたし、アメリカ的なやり方を嫌うヨーロッパ自転車界のあり方も面白いと思った。

その後、ドーピングが発覚して「そうか……」とは思ったけど、まあ本を読んだ感じでも、勝ちへの執念がすごいというか、ドーピングでもなんでもアリっぽい雰囲気はあったもんなーとも思ったり。

スポーツ的にはアレなんだろうけど、とにかくレースにも病気にも何にでも絶対絶対負けたくない人の自伝という意味では、今読んでもたぶんある意味感動的だし、面白いのではと思う。


[PR]

by macchi73 | 2015-06-24 07:00 | 面白かった本など | Comments(3)
2014年 09月 01日
白アズチグモ、黄アズチグモ
e0134713_22352772.jpg

ちょっと前に見かけたアズチグモ(安土蜘蛛)。何故か毎年エキナセアの上で決まって見かける。
とんがり眼鏡をかけたような、面白い顔のクモだ。

この間は、白いのと黄色いのを別の日に見かけた。
で、体色にバリエーションがあるのだなと思ったのだけど、アヅチグモは数日かけて黄色から白まで体色を変化させることができると後から知った。

なので、私が見たのは、もしかしたら同一人物(同一蜘蛛)だったのかもしれない。
顔つきから判断しようとしても……うーん、種が違うと、全部同じ顔に見えちゃって、分かんないなー。
でも蜘蛛同士で見たら、全然似てないとか、こっちのルックスは好みだけどあっちは好みじゃないとか、そういうのもあるのかな。
e0134713_22352220.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-09-01 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2013年 07月 04日
7月の庭
e0134713_2385342.jpg

うわー。早くも7月になってしまった。
バカンスの月だ!嬉しい。仕事の進みが思わしくない!やばい。

相反する気持ちに引き裂かれ、動悸がしつつ重苦しい気分で台所から庭を見たら、窓辺に長ーいブドウの房が下がっている。
これは旧約聖書の中で、大人ふたりが棒でかついだと記されている巨大な葡萄、ネヘレスコールという品種だ。
おお。植えて数年。やっと巨大と言えなくもない房をつけたなー。
古代の約束の地カナンに生えていた豊穣のシンボルが、いま私の庭に……って思ったとたん、みるみる広がる空想。乳と蜜の流れる場所。出勤前の逃避。

ちなみにこの窓は、上からは葡萄、下からは白ゴーヤに覆われつつあり、外から見ると真っ暗だ。
ちょっと荒んだ廃墟のようで、ご近所さんにやや恥ずかしい。
が、部屋の中から眺める景色は、実は明るい緑色なので気に入っている。

それと薄紙みたいな質感の赤い花が、今年はあちこちで咲いている。零れ種で増えたケシの花だ。
そっか、春に咲くナガミヒナゲシとは違い、こっちのケシは夏に咲くんだっけ。
e0134713_238517.png

庭の緑はますます濃く、花の色も派手なものが増えてきた。
何年か前に一本植えたムラサキバレンギクが、いつの間にか株立ちになっている。
今年はまだ割と涼しいけど、庭の様子は段々と夏本番へ移行中。
e0134713_2384784.jpg

夏が一番すきな季節なので、そんな窓辺の風景を見ては浮かれてみたり、仕事でくよくよしてみたり。
色々と気がかりも多いけど、明けない夜はない、終わらないプロジェクトもない(はず!)と言うことで、あまりキリキリしないで今年のバカンスを迎えられますように……と、なんとなく窓辺の葡萄の巨大な房に手を合わせてみる。偶像崇拝、葡萄崇拝。

子供の時から、苦しくなると神頼みしてる。
私の神様がいるとしたら、たぶんその辺の草むらに住んでてハンディサイズだと思う。
小さいけど結構イチかバチかの時には頼りになるし、イマイチだった時も「まあ意図としては悪くなかったよ、一つの挑戦として良かったと思うよ」とか「戻って来れただけすごいって。もうけもん、もうけもん」とか「まあ、、、今回のは練習ということで」とか言ってくれる。

すごい妄想。子供のときから進歩なし。
[PR]

by macchi73 | 2013-07-04 23:44 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(6)
2012年 07月 25日
アヅチグモ(安土蜘蛛)
去年一本だけ植えたエキナセアが、今年は株立ちになっている。
ちょっと嬉しくなって周りをぐるっとしたら、なんだか花の上に白いゴミが……。

e0134713_1645667.jpg

よく見たら、真っ白な蜘蛛だった。
ワカバグモに似た雰囲気だからカニグモの仲間かなーと調べたら、アズチグモという蜘蛛らしい。

e0134713_1634418.jpg

このように、体が大きめで白くて目立つのが♀。
オスは、体の大きさが半分くらいで、色も褐色らしい。
それじゃあ多分見つけても、同じクモのオスだって分からないかもしれないな……。

なんてやってると、「虫ばっかり見てないで出かけようよー」と呼ぶ声は末っ子。
って、毎日遊んで出かけてばっかりじゃん!とは思ったが、せっかくの夏休みだしな。
ということで、今日は夕涼みがてらこれから映画に行こう。なんだっけ、ピクサーの新しいヤツあったよね。

* * * * * * * * * * * * *

メリダとおそろしの森 オリジナル・サウンドトラック(試聴可)

じゃじゃ馬お姫様が馬で駆け巡る広大なスコットランド風の自然の景色と、音楽の組み合わせで「ウワー!」と感覚的に感動する。最近の3D用の映画って、だいたいそんな感じ。ゾワゾワっとして楽しい!綺麗!

怖いシーンでは、思わず頭を抑えてうずくまる娘。迫力だねー。

ストーリーも飽きずに最後まで面白く見たけど、つい、「えー、なんか良いご両親なんだからもっと正攻法で……」って思ってしまった(賢母好き)。寧ろお母さん可愛い。多分ファミリーストーリーって、見る側の好みでグッとくる・来ないってあるなー。


[PR]

by macchi73 | 2012-07-25 16:14 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2011年 08月 07日
エキナセア(紫馬簾菊;ムラサキバレンギク)
エキナセアの育て方:
●花期は6~10月。
●日当り良く、乾燥気味の場所を好む。
●種をとって春と秋に蒔くと増やせる。
●冬には地上部は枯れるので、刈り込んでマルチングしておく。
●大株になったら春に株分けできるが、けっこう難しいらしい。
●施肥不要。加湿が苦手。
●花・葉・茎などを乾燥させてハーブティーにすると、免疫力を高めて風邪やインフルエンザ予防になるらしい。


e0134713_9481772.jpg

一年後には大株になると言うので、一本だけ植え付けた。
まだちょっと寂しい見た目。

背が高いが(80cmくらい)、茎ががっしりと太いのでぐにゃぐにゃしてしまうことは無いようだ。
同じく日当りと乾燥を好むファウンテングラス(ペニセタム)と組み合わせてみた。

* * * * * * * * * * * * * *

2012/7/10
去年はヒョロっと一本立ちだったエキナセアだが、今年は茎を何本も伸ばして、株立ちになっている。
いいね〜。

e0134713_084913.jpg


2013年7月
今年は更に株立ちの数が増えた。
そんなに勢いよく広がる訳ではないが、地道に勢力を拡大している。うれしい。

e0134713_17242810.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-08-07 09:52 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)