タグ:ウィンターコスモス ( 3 ) タグの人気記事

2012年 11月 10日
夜毎に石の橋の下で
e0134713_22154971.jpg

秋晴れの休日。
庭に出てみると、案外花が多くて賑やかな感じだ。
夏の花殻がつきっぱなしだったのを切り戻し剪定したら、また秋の薔薇が咲き出してる。
ちょっと風邪っぴきで鼻水すすりながら日向ぼっこしてたら、体が暖まって元気になった。

午前中は子供の劇を観に行く。
お、この間染めた水色のシャツ、他の衣装小物と色合いが似合っててとっても良い!
劇の間ずっと、どの場面でも我が子にガッツリ焦点が合ってしまって、なんか可笑しく思う。
普段観る舞台とはまったく異なる鑑賞法だよな。ふふ。
他の親御さんたちも多分そうなんだろう。

夜には街に出て、久しぶりの友人たちと飲み会。
海外にいる人たちにはTV通信で繋げて、あたかも一緒のテーブルについているように会話したりして。
出会ってから20年になるんだねと言われて、我々もインターネットも、あの頃からずいぶん遠くに来たもんだなあと感慨深く。みんなそれぞれ元気で嬉しい。
これからも元気で会えるように、体に気をつけて(と考えるようになったところが20年の歳月だなあ……)頑張ろうと思う。

e0134713_22201335.jpg

どんどん花を咲かせるウィンターコスモス。

e0134713_22204239.jpg
野路菊も今週からポツポツ咲き出した。

e0134713_2221298.jpg
パイナップルセージは良い香り。

寒さに少し弱いらしいが、2010年に植えてからずっと露地で越冬して、年ごとに大株化している。


e0134713_22222765.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * *

庭で光ってる薔薇とセージを眺めていたら、ちょっと前に読んだ本を思い出した。
中世プラハ、バラとセージの呪(まじない)の物語。

『夜毎に石の橋の下で』(レオ・ペルッツ)

狂王と偉大なラビと麗しき人妻と黄金に愛された豪商の物語。
それから時々、食いしん坊とか不運な男とか天使とか犬とか。

冒頭の一遍『ユダヤ人街のペスト禍』、ラビ登場がやたら大げさで重々しくて微かに可笑しい感じがガルシア・マルケスっぽくて凄く好きだったので、一気に引き込まれた。

連作短編集っていう形式って面白いなあ!!と満足の一冊だ。
一遍ずつも幻想的だったりオチがあったりして面白いが、最後に全体が繋がった時も快感だ。一度読み終わってから、多分もう一回、最初の方を読み直してしまうタイプの本だと思う。

読んでる途中で、この王様って澁澤龍彦が書いてたあの人じゃん……って思い出したら、二重写しで何となく切ない気分になった。
後で知ったが、ラビも豪商も実在の人物らしい。
最初からそっちの知識もあれば、もしかしたらもっと面白く読めるのかもしれない(知識無しでも充分面白いけど)。


[PR]

by macchi73 | 2012-11-10 23:58 | 書籍など | Comments(0)
2012年 10月 31日
小さいハロウィン
e0134713_2253910.jpg

夜、気付いたら末っ子が一人だけ魔女の仮装をしている。ギョギョ!
そうだ、今日はハロウィンだった!

例年なら友達が泊りに来たりパーティーに参加したりしているんだけど、今年はどうも忙しさと疲れで何も準備してなかった……。
パーティー無しで残念だよねと言ったら、「今日、庭で取ったチビスイカで御馳走作ろう」と言う。
食材を見せてもらうと、小さいスイカのような実、イヌタデ、ドクムギ、リュウノヒゲの実、ヤブマメ、ノビルの球根、チロリアンランプの花なんかが取り揃えられている。

e0134713_22585121.jpgこの小さいスイカは何だったろう。

夏に植えたけど薮に埋もれてしまい収穫できなかった小玉スイカか、丸キュウリか……。


それで、小さいハロウィンパーティーをした。
パーティーの準備に忙しく走り回る小さな人。甲斐甲斐しい。
e0134713_22534130.jpg

その後、お客さん――多分、熊の仮装中――もやって来て、寛ぎのハロウィンの会食となった。良かったね。
(ご飯にドクムギ入ってるけど……)
e0134713_22541027.jpg

そして人間用にも、娘が庭の花を摘んでテーブルに飾り、息子が夜の街を一走りしてケーキを買って来た。
仮装した末っ子と息子(いつの間にか)と、それから家族全員で、一応のハッピーハロウィンをして、おやすみ。
e0134713_22542674.jpg

でも実は、ハロウィンってこんな風に家族でお祝いするものでは無いよなあ多分?とか思ったり。
(家族の誰もよく分かってない)

[PR]

by macchi73 | 2012-10-31 23:13 | 【その他】日記 | Comments(8)
2012年 10月 29日
ウィンターコスモス
e0134713_2213855.jpg

ウィンターコスモスの育て方:
●花期は秋〜初冬(10〜1月)。
●耐寒性、耐暑性ありで丈夫。地植えにすると増える。
●徒長しがちなので、夏に刈り込むと脇芽が出てしっかり育つ。
●施肥は元肥くらいで、あとは不要。肥料が多いと、葉が茂って花が少なくなる。
●種まき・植え付けは春が適期。植え替え・株分けも春に行う。
●種まき、株分け、挿し芽で増やせる。


庭の隅に、点々と黄色っぽい花が咲いている。
近寄って確認したら、蕾が沢山ついていて、これから冬に向かってどんどん咲き始めそう。
これなんだっけ?と調べたら、ウィンターコスモスのイエローキューピットという品種のようだ。
中心から外側に向かって、黄色〜クリーム色のグラデーションになっており、マットな質感の花びらが可愛い感じ。

うーん…そう言えば去年、グラスガーデン化を計画していたときに植えたような気もする……。
すっかり存在を忘れていたのに明らかに勝手に大株化して花数も増えていて、随分と丈夫な植物っぽい。
庭の緑も褪せてきたこの時期に花をつけてくれるなんて、庭の彩りとして重宝しそうだ。
(って言えるほど、彩りは無いが)
e0134713_22133031.jpg

放置して荒地化させてしまった庭にもちゃんと咲く花にホロリ。

今週から1ヶ月は少し早めに帰れそうなので、晩ごはんを家族と食べた後に、夜園芸をしよう。
まずは夏で終わった一年草を抜いて、夏越しで大株化した植物を少し綺麗に刈り込んでみよう。
それで地面をフカフカに綺麗に整えたら、改めて来年のための球根なんか仕込もう。
仕事も休みをとって、庭仕事したり健診の再検査(がーん!)に行ったり、ちょっとのんびりしよう。

庭も自分も、来月は溜まった疲れの回復に充てるぞー。
エネルギー補充するぞー。夜遊び残業控えるぞー。それで家庭での上の空も治すぞー。コタツ出すぞー。鍋するぞー。おー!

* * * * * * * * * * * * *

今日は残業無しで早く帰って、子供たちと並んで色々とジャンクな読書。
お菓子とジュース買ってくれば良かったなー!

エムブリヲ奇譚(山白 朝子)

なんか和風の幻想文学みたいなのが読みたくなって、図書館で目立ってた表紙の本を立ち読みして借りた。
最初の方、泉鏡花か何かっぽくて面白いかも……!ってぐんぐん読んで、一気に読み終わった。
途中から筆が乗ってくるとライトノベルテイストとB級ホラー臭がチラッと顔を出して、「あれ、これ乙一って作家じゃない?」と思ったら、本当にそうだった。
なんか別名義で書いていることもあるらしい。

いつも幻と現の間をふらふら迷子になる旅の二人の道中日記のようなストーリー。
ちょっと、しりあがり寿の『真夜中の弥次さん喜多さん』シリーズ(とても好き!)も思いだした。

乙一は、随分昔にジャケット買いして読んだ『暗い所で待ち合わせ』って本が好きだったんで、その後続けて5,6冊読んでみたんだよなー。サクサク読めるし。
他の本は余りにも若者向け過ぎて好きにはなれなかったんだけど、今回のエムブリヲ奇譚は面白かった。
幻想的だけどオチもあり、ノリ過ぎないで叙情を保てる余地も残されていて、夜の娯楽タイムにうってつけ。
個人的には、乙一は調子良くスラスラ書いてるなーって本よりは、筆を抑え気味の努力が感じられる本が面白いかなと思う(と、読者対象外と思われる年齢層の読者が主張してみる)。


『暗いところで待ち合わせ』


これを初めて読んで、乙一ってイイかもと思ったんだった。なんだか静かな感じでかなり好きだった。装丁も良いなと思った。


『夏と花火と私の死体』


デビュー作で評価高いようだったが、私のような中年にはつまらなかった。まあでも、ジャンプ小説受賞作なので、そもそも読者対象外なのに読んだ中年の方が全面的に悪いと言える。


[PR]

by macchi73 | 2012-10-29 22:40 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(9)