タグ:イチゴ ( 15 ) タグの人気記事

2017年 11月 12日
山のご馳走(栗茸クリタケ、冬苺フユイチゴ)
e0134713_00251042.jpg
友人知人10人ちょっとで、山歩きに行った。

山には美味しいものがいっぱい。

引率のキノコ名人がクリタケを見つけた。甘酸っぱくてジューシーな冬苺を摘みながら歩いた。フユイチゴ、香りも良くて、すごく美味しい!
e0134713_00250765.jpg
e0134713_00250222.jpg
12, 3才たちは子供同士でつるんで、大人とちょっと離れて歩く。山登りとかだるいわーと文句が多い。前思春期か。

木霊ポイントでみんなでヤッホー。私は狼の遠吠えをしたら、向こうから娘が別の鳴き声で返して来た。あれこれって?と思って別の声をもう一回。然すれば別の鳴き声が返る。ずっと昔、4、5歳の時に決めた遠吠え暗号だ。我らにしか通じないメッセージ。思わず顔がニヤっとして、まあ、好きなだけ思春期風を吹かせば良い。

山頂で、熱々のキノコ汁つくってソーセージ焼いてコーヒー入れて、みんなで持ち寄ったご馳走をいっぱいに広げてランチする。食事と陽光で体が暖まる。風の感触もちょうど良い。お日様が良く当たる斜面に寝そべって、少し食後の昼寝もする。
e0134713_00245875.jpg
下山になり、私はしんがりを務めたら、子ども達はふんわり積もった落葉に埋もれてみたり高いところによじ登ってみたり。今日楽しかったねーまた遊ぼうねと言い交わしている。

じゃあ連れてきてくれたり世話してくれた大人たちにも楽しかったありがとって言って来なよと言ったら、えーそれはヤだーと、やはり思春期風、生意気。なのにみんなにほんのり可愛がられて、まあ幸せな子供たちだよなと思う。
e0134713_00245225.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


『子どもといっしょに遊べる山−東京発日帰り36コース』(二木久夫)

JRだけで行ける東京近郊の山いろいろ。

やたら「トカゲ」を推奨していて「トカゲ?なんだろ?」と思ったが、どうも日の当たる斜面や岩の上で体を伸ばして日光浴することを、登山用語で「トカゲ」って呼ぶらしい。

トカゲ気持ち良いね。


[PR]

by macchi73 | 2017-11-12 23:55 | 【自然】きのこ、菌類 | Comments(2)
2016年 04月 28日
ワイルドストロベリー収穫開始
e0134713_19503710.jpg

ワイルドストロベリーが今年も沢山の赤い実をつけはじめた。
放課後に遊びに来る小学生たちのオヤツになったりしている模様。

今朝は雨降りの薄暗い部屋で、末っ子がホットケーキを焼いてくれたので、その上にトッピングしてみた。

e0134713_19503548.jpg
学校で借りたレシピ本を見ながら、「ピノコやるね。一人でやらせてね」と焼いてくれたヨーグルトホットケーキ。

レシピとしては、ホットケーキミックスを混ぜる時に卵と牛乳とヨーグルトを加えるだけ。美味しかった。

1枚目は、ちょっと色黒。ポツンと液だれした時に誕生した、とっても小さいチビ・ホットケーキもついている。

2枚目は、ちょっと色白。

3枚目で、ふっくら焼けた。


ワイルドストロベリーは、普通のイチゴより香りが強いのが特徴。すっごい甘い香りで美味しそうだ!これは長所。

そして、普通のイチゴよりもジューシーでないのも特徴。物凄く良い香りなのに、食べてみると、「あれ?こんなもん?」って拍子抜けする。これは短所。

でも今年の果実は、例年より大きくて食べ応えがあって、かなり美味しかった。多分、去年の冬に全株植え替えをして肥料も与えてみたせいだと思う。

e0134713_19503325.jpg


[PR]

by macchi73 | 2016-04-28 23:55 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(3)
2012年 05月 19日
ベリーサワー
e0134713_14541275.jpg

庭のベリー類が実を結び始めた。
葉っぱをかきわけて、収穫する。宝探しっぽい。

e0134713_14543189.jpg
一際甘い香りがするのは、ワイルドストロベリー。

味はイチゴの方が美味しいが、香りはイチゴの何倍も甘いので、加工用に重宝する。


e0134713_14544595.jpg
プチルビーは、味も香りも見た目もラズベリーに似てる。

実は先週だか先々週、たわわに実っているプチルビーを見て、週末に時間ができたら収穫しようと思ってたんだった。
が、今日見たら、殆どの実が花托から外れて地面に落ちてしまっている。がーん。
プチルビーサワーを作ろうと思って、リンゴ酢と氷砂糖、買ってきておいたのになー。

e0134713_14551832.jpg残っている果実も、触るとすぐポロリと地面に落ちる。

柔らかくなってしまっていて触ると潰れるし、もう熟れ過ぎだ。

プチルビー(というよりラズベリー全般か?)って、収穫時期がシビアなんだな。次回からは、見つけたらすぐに収穫するよう気をつけよう。


仕方無いので、冷凍ラズベリー、ほんのちょっとのプチルビー、ワイルドストロベリー、イチゴを混ぜて、ベリーサワーを漬け込んだ。
大人が昨日漬けたローズウォッカを飲む時、子供たちにはベリーサワーを飲んでもらおう。色、同じだし。

e0134713_14561950.jpgベリーサワーの作り方:
●煮沸消毒した小瓶に、ベリーと氷砂糖とリンゴ酢を入れる。
●3日後くらいからが飲み頃。
●そのままだったら、冷蔵庫で2週間保存化。
●3日後にベリーを取り除けば、1ヶ月は保存化。


今回はジャムの大瓶(果実酒瓶と比べるとすごく小さい)に漬け込んだので、多分すぐ無くなっちゃうから、ベリーは取り除かないと思う。

飲み終わった後に残ったベリーは、朝食のスコーンかパイの具にするつもり。


2012/5/29
夕食時には、大人はローズウォッカで、子どもはベリーサワー。
色が全然違うのは、子どもたちはベリーサワーの牛乳割りが気に入ってしまったから。

牛乳割りにすると、色はほんのりピンクで、味と食感は天然フルーチェと言った感じ。
ラズベリーの香りが出ていて酸味もまろやかになって、とっても美味しい。

e0134713_2129614.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-05-19 23:53 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2012年 03月 11日
ワイルドストロベリーの植え替え
e0134713_18472871.jpg

ワイルドストロベリーの育て方:
●冬と真夏以外にはずっと花と果実をつけ続ける。
●水はけの良い日向を好む。根が浅いので乾燥と過湿に弱い。
●施肥は不要。日当たりの良い痩せた土地だと実をつけやすい。
●普通の苺より味は劣るが、放っておいても茎が自立して地面に果実が触れないので手間要らず。
●1, 2年に一度、春に株分けを兼ねて植え替えること。
●植え付けは3月から。嫌土をするので、同じ場所に植え付けない。
●秋に株分けで増やせる。ランナーから出た子株を分けて植え付けると良い。


この週末も子供イベント目白押し。
そして時間があれば、小学校への道に慣れるために末っ子とてくてく散歩。うーん、ダルイ。
途中の花屋さんに寄り道して、「でも、学校の行き帰りには寄り道はダメだよ」とか言う。説得力弱し。

まだまだ寒い気がするけど、庭ではクロッカスやらヒヤシンスがあちこちで咲き始めている。春だ。
ワイルドストロベリーの新苗を幾つか植え足した。
今回の苗は、葉の色が明るい黄緑色だ。弱って黄変している訳ではなく、そういう品種らしい。

ちょっと前まで庭中ワイルドストロベリーだらけだったのに、いつの間にか減っちゃったんだよなー。
きちんとした育て方を調べてみたら、長期間の植えっぱなしを嫌う植物なので、時々植え替えをしないといけないようだ。
と言う事なので、庭に生えている古い株は土を落として別の場所に植え替えてみる。こんなんで……良いのかな?

これでまた春にはイチゴがいっぱいとれるよ、なんて子供たちに話していたら「春じゃなくって今食べたいね」とか言う。
「ちょっと買って来る?」「ついでにもう一回、学校まで行く?」とか元気なことこの上無い。
うるさいけど、欲求に満ちあふれてるって良いことかもねえ。

大人は色々あるとすぐに疲れてしまうが、今やりたいことやりながら、エネルギー補充して行けたら良いかもな。
でもなんか、そもそも何もやりたく無い気分のことが多いし、やりたいことのうち出来ることって考えると、またちょっと減っちゃうもんだし……なんて、子供たちに言っても通じないか。通じなくて良かった。

どんな気分でも、せめてフットワークは軽く保ちたいとこ。
イチゴ、食べよ。

e0134713_18481787.jpge0134713_18481982.jpgお菓子作りの有能な助手だが、ちょっと場を外して戻ってくると、口の周りにクリームをつけている。

チラッ、ニヤッとこっちを見る目が物を言う。

何か言って欲しそうなので、敢えて言わない(意地悪)。

e0134713_1849168.jpge0134713_184954.jpg 飾り付けは助手におまかせ。

結構センスいいじゃん!って思っていると、最後はゴテゴテになるのが定番のオチ。


[PR]

by macchi73 | 2012-03-11 19:40 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)
2011年 06月 18日
ベリー収穫、桑の実は全滅……
e0134713_20305295.jpg

曇天と薮で暗い庭だが、緑の合間にピカピカ果実が光ってる。
雨でダメになる前に、娘と一緒に収穫した。

e0134713_210343.jpg色とりどりのベリーは綺麗だが、生食して美味しいのは苺とブラックベリーくらいなんだよなー。

ちょっと食べたらあとは色々とりまぜて冷凍貯蔵して、お菓子やサワーに加工して使うことになる。

e0134713_20423684.jpgしかし恐ろしいほどに鬱蒼と暗い庭だ。
庭木も繁り過ぎて、空が見えないゾーンが幾つか。

まあ、でも、夏に涼しいメリットはあるかもしれないな……。
とにかくやるべきは、薮蚊を防ぐための草刈りか。



もう収穫できそうなのは、ラズベリー、ブラックベリー、レッドカラント、ホワイトカラント、イチゴ。

e0134713_20521437.jpge0134713_2050592.jpg

e0134713_20555111.jpge0134713_20554812.jpg

サルナシアケビフェイジョアも今年は豊作っぽい。
収穫時期は、まだ先だけど。

桑の実は、何故か全滅しちゃった。
白くしなびたようになったと思ったら、茶色く干涸びている。
病気にしては葉っぱは元気そうなので、低温続きか、雨の時期が悪かったかな……。

e0134713_20565798.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-06-18 21:13 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2011年 06月 18日
黒パン、イチゴ、それとジューンベリー
e0134713_1941275.jpg

人事異動などがありこれまでと毛色の違う仕事が増えたので、家でも仕事本とか書類とか読んでいる。オエー。
職場では時間が過ぎるのが速いし、家ではなんだかボンヤリしちゃうな。
たぶんやってみれば嫌な仕事でもない、身になる気はするんだけど。なんとなく灰色の気分だ。

そんな日、Ameliaさんから自家製黒パンとイチゴジャム、ジューンベリージャムが届いた。
ナイフで切ってみたら、薄ーく切れる。このモッチリした重さ、良い感じ!
早速、塩っぱいチーズとトマトを乗せて、スープのお伴にしてみた。
私が買う黒パンと比べると、黒さと酸味はちょっと控えめ。でも子供たちにはこの方が食べ易くて好評。
噛めば噛むほど旨味がでるようなパン。美味しい。豪華な朝食だ。

e0134713_19543090.jpgせっかくだから、ジャムとも合わせて食べてみる。

朝からキャビアだ!と喜ぶ息子よ。ジューンベリーだから。

ジューンベリージャムって初めて食べた。美味しいし、見た目が面白い。タルトに乗せたりしたら見栄え良さそう。

いっぱい貰ったのでお菓子にも使ってみよう。

e0134713_2013754.jpg
イチゴのジャムは、一粒一粒がそのまま形を残していて、ジャムっていうよりコンポートみたい。
これ、どうやって作るんだろう。

自分でイチゴジャムを作ると果実は煮くずれちゃうんだけど……。水分多めに、ゆっくり煮るのかな?



外は曇天。梅雨寒の時期。
それでも朝食に力を入れれば、目も覚めてくるし、ちょっと爽快。
たぶん、一日が仕事一色の頭になっちゃうってのが、灰色の原因なんだな。
仕事が増えて呆然としちゃってんだったら、逆にプライベートのタスクやレジャーも増やしたら良いのかもしれない。割合が5:5になるように。
そうやって気がつけば、こなせる事の総量が増えてるもんなのかもしれないし。
e0134713_2045240.jpg

庭のバラ、一度ぜんぶ刈り込んで花を無くしたのに、また咲いてる。
[PR]

by macchi73 | 2011-06-18 20:14 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2011年 05月 22日
グルメスイート
娘が今日摘んで来たイチゴ、中まで果肉が真っ赤だ。面白い!
そういえば、去年植えたイチゴの中にグルメスイートっていうのがあったんだっけ。

e0134713_22193918.jpg

去年の秋からイチゴを何株か植え足して来たので、庭のあちこちで大きなイチゴができている。
(何年か植えっぱなしで広がったイチゴもあるんだけど、そちらはちょっと小粒化している)

植え足した品種は、グルメスイート、宝交早生、桜香、桃薫だっけな。
桃薫はグルメスイートとは逆に、熟しても白っぽいままのイチゴらしい。
今年はイチゴの食べ比べができそうで楽しみ。

ちなみにイチゴを地植えにする場合、株の隣に板やら瀬戸物の破片やらを立てておくと地面に果実がつかず、綺麗な果実が収穫できる。マルチングより楽なのでオススメ。

e0134713_22212252.jpge0134713_22213346.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-05-22 22:33 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 11月 26日
夜のイチゴ(グルメスイート)
いちご(グルメスィート)の育て方:
●苗タグの説明によれば、果肉の中まで赤く、味が濃いのが特徴のイチゴらしい。
●ケーキの飾りや、ジャムに向くとのこと。
●基本的な育て方は、イチゴを参照のこと


e0134713_1903870.jpg

2010/11/26
いつもよりちょっと早目に帰れた日。
末っ子と明日の朝食の食材を買いに出たら、途中の花屋さんでイチゴ苗が売られていた。
庭のイチゴも野良イチゴになって久しいし、今年はちゃんとした品種を植えてみるか。

で、娘が選んだのは、グルメスイート2株 & 宝交早生1株。
宝交早生というのは、いわゆる普通の昔からのイチゴ。香り高いが、やや酸味は強めのようだ。
グルメスイートというのは、中まで真っ赤な果実がなるらしい。変わってて良いかもね。

3株購入して帰宅し、娘とプランターに植え込んだ。
既に辺りは真っ暗だが、週末は仕事がちょっと入っちゃったしな。

深植えにならないように気をつけて……と。
株元のマルチングには、敷き藁の替わりに、レモングラスをたっぷり刻んでおいた。良い匂い。

e0134713_1913462.jpge0134713_1914223.jpg「毎日世話して、一番最初に食べちゃうね!」とはりきる娘。

少し心配なのは、こう夜の活動が多いと、夜のガーデニングが普通だと思ってしまわないかということだ……


2011/4
暖かくなったら、株が思っていたより大きくなってきた。
鉢植えだとちょっと窮屈そうな気もして来たので、ぜんぶ地面に植え替えた。
ランナー伸ばして、増えろ、増えろ!!
[PR]

by macchi73 | 2010-11-26 19:21 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 06月 25日
サマープディング(大)
e0134713_720577.jpg

この時期、どうしても毎日ちょこちょこと色んな果実が少しずつ採れる、といった感じになってしまう。
大きな畑があれば、一気に一つの種類を大量に収穫したりもできるんだろうけどなあ。
住宅地の趣味の園芸では、ちょっと無理かも。

なので、単一果実じゃなくて、色んな果実を混ぜて使える良いレシピは無いかなーと思っていたら、サマープディングというものがあることを知った。早速作ってみる。

サマープディングの作り方:
●庭にあるベリーをごちゃ混ぜに鍋に入れ、3分ほど煮る。
「水+砂糖+ベリー(+あれば洋酒を少々。ラムやキルシュワッサーなど)」が本当らしいが、今回は「ベリー+自家製レモンサワー」にしてみた。
●器にパンを敷く。パン同士の隙間が空かないように、継ぎ目はしっかりと指で抑える。
●パンの上にベリーを置いていく。果汁は後ほど使うので、中に詰めるのは果実のみ。
●途中で上にパンを一枚置き、さらにその上にベリーを置く。2階層にする感じ。
●最後にパンで蓋をする。餃子を閉じる時のように、隙間はしっかり指で圧着する。

e0134713_7272016.jpge0134713_727346.jpge0134713_7275253.jpg
●次に、鍋に残った果汁を、パンに染み込ませるように回し入れる。
●果汁を全てかけたら、ラップをして、上からギュウギュウ押す。
●しっかりと重しをした状態で、半日冷やす。


e0134713_7291168.jpge0134713_7292295.jpg重しには、果実酒容器とバナナを使った。
バナナのカーブが、ボウルのカーブにぴったりだ。


翌朝。容器をひっくり返して中身を取り出し、ベリーとミントで飾り付け。

e0134713_7221971.jpg
まだちょっと白い部分があるなー。
もっとソースを多くした方が良かったみたい。
ベリーに含まれるペクチンのせいだろうか、汁っぽくはなくてプルンとした感触。


生クリームを添えていただきまーす。
美味しい!酸味がしっかりしててレモンシロップを使ったのは成功だった。
ラズベリー、ブラックベリーなどの香りの強い果実と、ミントが物凄く良くあう。

e0134713_7174051.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-06-25 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(6)
2010年 06月 23日
庭のベリーのチーズケーキ
e0134713_702291.jpg

先月からちょくちょく摘んでは冷凍していたベリー類が貯まって来た。そろそろ何かに使いたい。
平日の夜ではじっくり焼き上げる時間も無いので、レアチーズケーキにしとくか。
子供たちと急いで作るため、手抜き & お手軽レシピでGO!

e0134713_705895.jpg(1) まずはケーキ台。
クラッカーとバターを袋に入れて叩きまくり、粉砕したものを容器に敷いて冷蔵庫でしばらく冷やす。
「このー!」「こんにゃろー」とか言いながら袋を叩く子供たち。まさか、なにか不満が?

(2) クッキー台を作っている傍らで、チーズケーキの中身も作る。
クリームチーズ (50g強)+砂糖(味見して適当に)+卵1個を混ぜ合わせる。
スプーンでグチャグチャ混ぜてるだけで、チーズがダマになってるが……気にしない!

(3) 豆乳ホイップ+牛乳をコップ1杯ほど温め(150cc弱?)、ゼラチン(5g弱)を投入してよく混ぜる。
豆乳と牛乳をミックスした理由は、ちょうど使いかけがあったから。生クリームがあれば、それでもOK。

e0134713_723078.jpg(4) (3)が冷めるのを待ちながら、果実と黒蜜をちょこっとだけ火にかける(果実の形が崩れない程度)。
いろんなベリーをごっちゃにして冷凍してしまったので、ミックスベリーのソースになった。
今回は黒蜜しかなかったが、本当はメープルシロップなどを使うのが正統だと思う。

(5) 冷めた(3)と(2)をよく混ぜる。
おお!ちょっと温かい(3)のおかげで、(2)のチーズのダマが消えて滑らかになった。ラッキー。

(6) (5)を(1)の中に注ぎ入れ、冷蔵庫で冷やしておく。
子供たちはここでおやすみ。明日の朝に食べようね。

e0134713_731677.jpg(7) (6)が固まったら、上に(4)のソースをかける。
果実は、煮くずれていない綺麗な形のだけ飾る。

翌朝。庭のミントとカラント、ホイップクリーム(豆乳…)で最後の飾り付けをして完成。
雑な作り方でも、庭で育った果実で作ったと思うと、とっても美味しい。

e0134713_77239.jpg

付け合わせのドリンクは、豆乳ラテ。
ショウガとスパイスで濃い目のチャイを作って豆乳で割り、豆乳ホイップクリームを浮かべて、黒蜜+すり黒ゴマ+きな粉でトッピング。
どれだけ豆好きなんだって感じだな。

e0134713_7132761.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-06-23 07:17 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)