「ほっ」と。キャンペーン
タグ:イオノプシディウム ( 1 ) タグの人気記事

2014年 03月 16日
イオノプシディウム
e0134713_11182478.jpg

イオノプシディウムの育て方:
●花期は3〜5月。株を覆うように、小さな花をいっぱいにつける。
●日当りの方が花付きが良いが、半日陰でも育つ。
●草丈がとても低い(5cm程度)ので、他の植物の陰にならないようにする。
●施肥は不要。放任しておけば、こぼれ種で増える。
●意図的に広範囲のグラウンドカバーに育て上げたい場合は、冬になって枯れたら集めて乾燥させておき、春か秋にばらまくと良いようだ。


庭の草むしりをしていたら、今年はやたらあちこちに生えている小さい花がある。
小さなヘラ型の葉に、薄紫色の十字型の花。紫花菜にも似た佇まいからしてアブラナ科っぽいかな。
これ、なんていう雑草だろう。初めて見た。可愛いから、あまり毟らないで残しておこう。

で、調べたら雑草じゃなかった。
イオノプシディウムという名前で売られている園芸種らしい。
そういえば、去年、娘専用の庭の一画にグラウンドカバーとして何か植えていた記憶がある。
その後、水道管工事でその辺りが大きく掘り返されたので、多分、こぼれ種がアッチコッチに散らばったんだろう。

この広がり方を見るに、小さいけれどかなり強い植物っぽい。
今年の庭の良いグラウンドカバーになってくれることを期待。

e0134713_11182758.png

[PR]

by macchi73 | 2014-03-16 23:24 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(0)