「ほっ」と。キャンペーン
タグ:アンズ ( 6 ) タグの人気記事

2016年 06月 09日
杏のジャム
e0134713_020372.jpg

朝、アンズ食べたいなーと話していたら、夜、夫が裏庭から収穫してきてくれていた。

で、アンズでジャムを作った。
種を外した果肉を軽く潰して砂糖にまぶし、キルシュをひと振りして、アクをとりながら煮込むだけ。

甘いものがそんなに好きではないので、ジャムを自作して「うわーっ!凄い美味しい!!」って思うことって実はあんまりないんだけど、アンズジャムだけは別格だ。ワイルドな強い酸味と香りのせいか、いつも感動してしまう。

アンズといえば、種を割ってとり出せるのが杏仁。
種が非常に硬くて割るのは一仕事なんだけど、夫に頼んでやってもらったら、とっても良い香り。それで、今年は思いつきでジャムに混ぜて最後に一緒に煮込んでみた。杏仁風味がつくかな?と期待したんだけど、残念ながらそれほどの効果はなく……。

せっかくの杏仁、無駄遣いですまない。

e0134713_0203626.jpg

でも、やっぱり杏ジャムはすっごく美味しい。
アンズ、うっまーい!アンズ、うっまーい!ぜっぴーん!!と、朝ごはんでうるさく叫んでいたら、その日の晩ご飯には、アンズジャムで焼いたお肉がサーブされた。満足。

e0134713_0203579.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

朝、出勤しようとしたら、庭で見たことがない蝶を見た。
モンシロチョウよりふた回りほど大きくて、薄ベージュで、褐色の網目模様が全体に入っている。

「えっ!イシガケチョウ!!?いや、まさか、でも何の蝶だ!?」と慌てたが、出勤前で時間がない。バタバタと玄関にかけこみ、おーい、庭のベージュの蝶が珍しいかも!ベージュ地に網目模様の蝶だよ、キャッチ&リリースたのむよ!帰ってきたら写真見せてよー!たのんだよー!と、夫に叫んで出かける。

帰宅したら、「写真みてごらん」と得意気に微笑む夫がいた。うわ、ホントにやってくれたのか、サンキュ!と、すごい期待してカメラに飛びついた。

「……え、ホシミスジの写真しかないけど?」

e0134713_0203346.jpg

いきなり声のトーンがだだ下がるのを抑えられない。ガッカリしてしまう。夫が、えっ?違うの?珍しくない?と慌てている。そうだ、夫は虫には興味がないんだった。私が夫の好きなドラマの内容を覚えられないのと同じで、夫も私が好きな虫を覚えられないのは仕方がないか。

ま、見たかったのはコレじゃないけど、これも凄い普通種って訳ではないよ(シジミチョウとかよりは……)、飛び方に特徴あって面白い蝶だよねと言ったら、「おお、良かった」と言った。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

部屋にギュウギュウ詰めの(?)お役人と会ったりしていて、夜が更ける。
なんて長い会議なんだ……資料を読み上げる声が読経のようだ……お腹が空いた……もう21時過ぎた……と、メールチェックなんかしてたら、家から一言メール。21。

それで家に帰ったら、大好物の夫手作りご馳走が並んでた。今日は21回目の結婚記念日なのだった。


テーマソングはゲンズブールのスワソンヌフ
6/9だから。

しかし動画のシチュエーションが全く分からない....。



昔、友達からの遊びの誘いに、面倒臭いから帰って寝るよ……なんて言いまくってた無気力人間である私に、夫はだいたい、「でも美味しいもの作ったからおいでよ」って言ってたもんだったよなーと思い出す。macchiは結婚したら何もしなくて良いよ、そのままゴロゴロしてれば全部世話してあげるよって言ってたくせに、結局私の方があくせく働いてんじゃんよー!詐欺だ!と不満を持ってしまうことも多い日々だが、よく考えると、夫がしてくれてることは二十数年前から別に変わってないのか……と、感慨深いような、愕然とするような。そのうちまた、怠け者になって、世話してもらお。遠い将来に。

e0134713_0203260.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-06-09 23:55 | 庭料理 | Comments(5)
2011年 06月 28日
生アンズのレシピ(タルト、シロップ漬け)
e0134713_731325.jpg

また帰宅が夜遅くになってしまった。あーあ。
一人の夜はヒマなので、野菜のピクルスやら副菜やら、朝ご飯のおともになりそうなものをガーッと作ってから眠る。

冷蔵庫を開けて思ったが、大家さんからもらったアンズ、そろそろ全部食べちゃわないとだ。
でもアンズは酸っぱいので、生だと一度にそんなには食べられないんだよなあ。
この間の焼きアンズは美味しかったけど、毎回同じ食べ方じゃ面白くないし……。
ということで、定番のジャムの他に、これまでやったことがない生アンズのレシピも試してみることにした。

●杏タルトの作り方:
(1) ビスケットを砕き、溶かしたバターと混ぜて、容器に敷き詰める。
(2) 即席カスタードを作り(レシピはこちら)(1)に注ぐ。
(3) スライスした杏をのせ、上からゼラチン(砂糖とリキュールで甘くしたもの)をかけてコーティングする。
(4) 冷やして固まったら完成!


コーティング用のゼリー液が残ったので、刻みアンズと一緒にゼリーにしとく。

e0134713_735266.jpge0134713_735784.jpg

そして朝。
甘酸っぱくて冷えっとしてて美味しい!家族にも喜ばれて嬉しい。
一日のはじまりにデザートがあるって、なんとなく幸せだ。

e0134713_744145.jpge0134713_745193.jpg

● あんずのシロップ漬けの作り方:
(1) アンズをさっと湯通しして瓶に入れる(殺菌のためなので、実が硬いうちに取り出す。煮崩NG!)
(2) 砂糖+水+リキュールを小鍋で煮詰めてシロップを作る
(3) (2)のシロップを、(1)の瓶に注ぎ、味が染みこむまで冷暗所で保存する。


e0134713_752791.jpg
作り方はとっても簡単。
でも、つけ込んでから2,3ヶ月待たないといけないらしい。
それはちょっと待ちきれないので(短気)、心持ち果肉がしんなりするところまで煮込んでみた。
これならすぐに味が染みるんじゃないかな。来週中に食べてみよう。みんなで一緒に。

● 杏仁:
アンズの種の中身。杏仁豆腐の材料になる。
青酸が含まれるが、砂糖で無毒化することができるらしい。


アンズ料理していたら、種が沢山とれた。
杏仁豆腐のアンニンって、これの中身のことだよなと思ってと割ってみたら、中にはナッツのようなものが入っていた。辺りに、杏仁豆腐そっくりの芳香が漂う。
むはー。杏仁、良い匂い!

杏仁には咳止めなどの効能があるとも言われ、外国ではそのまま食べるところもあるようだ。
が、青酸配糖体が含まれているため、迂闊に食べてはいけないという記述も見かける。
そう言えばよく推理モノで「ガイシャの口元からアーモンド臭……これは青酸カリ!!」なんて場面があるが、あれって、この芳香のことなのかな。
だとしたら、ガイシャ、美味しそうな匂いさせてんだなあ。

砂糖で無毒化できるなら、お菓子に使ってみようかとも思ったが、青酸カリの「即死!」って感じのイメージが強すぎて、ちょっと怖い。なので今回は勿体ないけどサヨナラした。
青酸配糖体と青酸カリは違うんだろうけどね……。

e0134713_762717.jpg
[PR]

by macchi73 | 2011-06-28 07:10 | 庭料理 | Comments(2)
2011年 06月 22日
焼きアンズ
e0134713_8115638.jpg

早起きしたらお茶葉が切れてた。コンビニに買いに行く。
戻って来たら、朝日を透かした葉っぱがパーッと光っていて、すごく綺麗だった……んだけど、なかなか上手く撮れないもんだなあ。写真にすると、なんだか全然違ってしまう。

カメラの設定を色々変えて、綺麗に撮れるまでトライしようかとも思ったが、やめた。
そう言えば、今朝はもっと良いものがあるのだ……。ふっふ。

庭の裏側の大家さんのアンズの木の収穫を、昨日もらったんだった。
大きな鍋いっぱいぶんある。
生で食べても夏の味って感じで美味しいんだけど、今朝はデザートに焼きアンズを作ってみよう。

熱したフライパンに、バターと砂糖を引いて、アンズをちょっと焦げ目がつくまで焼くだけ。
最後にちょっとラム酒を振ってみる。

e0134713_8155718.jpge0134713_8154949.jpge0134713_8155275.jpg

完成。アンズは焼いてもけっこう酸っぱいので、甘いアイスと一緒に食べた。
「プール嫌だなー」が最近の朝の食卓での合い言葉になっている子供たち(我が家にはクロールできる人が一人もいない)。
今日も各々頑張りましょう!

e0134713_8134411.jpg
[PR]

by macchi73 | 2011-06-22 08:32 | 庭料理 | Comments(0)
2011年 03月 26日
春のめざめ
と言っても、思春期やミュージカルの話ではなく……。
裏庭の杏の花が満開。春だ。

e0134713_2045319.jpg

春風と陽光に誘われて、あちこちの地面や水面からにょっきり顔を出すものたちがいる。

e0134713_20492565.jpg
地面からニョキニョキ伸びる土筆。

スギナになるとちょっと憎いが、この形は愛嬌があって憎めない。

e0134713_20495141.jpg
そしてお日さまに目を細めているのは……。

春だ!目覚めだ!

でもまだ餌は欲しくないみたい。
[PR]

by macchi73 | 2011-03-26 21:05 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(0)
2010年 03月 14日
アンズ
裏庭のアンズの大木が、ここ1,2日で急激に咲き出した。
その辺りだけすっかり春爛漫の趣きだ。

春の訪れを知らせる花木は色々あるが、我が家での咲く順番は、
白梅→紅梅→河津桜→アンズモクレン→ユスラウメ庭梅→山桜→桜、といった感じ。

アンズはそれらの花の中でも、濃い目のピンクと丸っこい形で、一番華やかな印象。
初夏に収穫できる果実も美味しく豊産性で、見て良し味わって良しの優秀な花木だ。

e0134713_1464325.jpg

こんな春めいた日の我が家。
何故か台所にはワラワラと4,5人、でかい男子中学生が集まり、ホワイトデーの菓子作りなどしている。
チョロリチョロリと手伝う我が家の娘たち。
「何個必要なの?全部で何個おかえしにするの?」と妙に気にしている。また成果物を狙っているらしい。
なんだか笑える。
[PR]

by macchi73 | 2010-03-14 15:19 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2008年 06月 17日
アンズのジャム
裏庭のアンズが今年もたわわ。
大家さんから収穫のお裾分けをいただいた。

e0134713_15312024.jpg

綺麗な実はそのまま生で食べ、残りはジャムにする。
生で食べる杏は甘い梅のような味だ。スモモにもちょっと似てる。美味しい。

そのまま煮詰めてジャムにするとかなり酸っぱ目に仕上がるが、末娘はそのすっぱさがたまらないらしい。
黙々とパンに塗っては、表面のジャムだけ舐めて「すっぱ!すっぱ!」と嬉しそうにしている。

e0134713_15351135.jpge0134713_15352355.jpge0134713_15353620.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-06-17 15:30 | 庭料理 | Comments(0)